スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

田母神「論文」の影響 

 当ブログの12月17日付エントリで、その前日2008年12月16日の、第170回国会 外交防衛委員会の質疑で、共産党の井上哲士議員が田母神氏の「論文」から始まった問題の追及をしたことを紹介した。

 その時の答弁で、浜田靖一防衛相はこんな見解を述べていたものだ。

そもそも、その前に、田母神さんの件に関して大変、逆に言うと、井上先生のお話を聞いているといかにも影響力があってすごいなというようなあれがあるわけですが、私はそうは思っていませんで、そもそも、だからこそ私は責任取って辞めていただいたというのもあるわけで、私はそんなに影響力のある人間だとは思っておりませんし、(後略)

(強調は引用者)
 一方、当の田母神氏、講演で忙しそうである。

 講演に先立ち記者会見した田母神氏は「(講演では)一民間人の立場で話すが、前空幕長として見られるだろう」と発言。「日本は自衛官に発言させまいとする力が常に働いているが、自衛官はもっと自分の思ったことを言っていい」とぶちまけた。

 講演では「専守防衛は抑止力にならない。自分の国がより強い方がより安全だ」「核ミサイルの発射権を日本に与えてくれという(米軍との)交渉は、私はできると思う」などと、核武装を容認する考えを並べ立てた。

「ぶちまけた」「並べ立てた」の表現に、絶句してしまったのは私だけだろうか。そこまでの表現を使う、この記事を書いた人の心情が興味深い。
 そして、同じ記事の別の箇所;

「制服自衛官の99%が私を支持していると思う」と自身の影響力を強調した。

(以上の二箇所、共同通信2008/12/23 20:40『田母神氏「制服99%が支持」 講演で影響力強調』より一部、強調は引用者)
…浜田防衛相とは、かなり見解が違うようである。今後も、共産党の井上議員はじめ、議員の皆様の追求に期待したいと思うのであった。
 ちなみにこの講演は、『日本会議熊本が主催した「村山談話の撤回を求める熊本県民集会」』で行われたものだそうな。

 さて、公表と報道としては19日付で、歴史教育者協議会のホームページに公開されたのは24日のようだが、143名の連名による『田母神・前航空幕僚長問題についての歴史家有志の見解』が公表されている。  かなり長い文章だけど、読んでおく価値があると思うので、是非。

  『田母神・前航空幕僚長問題についての歴史家有志の見解

 一部引用すると、(強調は引用者による)

この「論文」の結論は、日本は侵略国家ではなかったという点にあるのだが、その論拠はきわめて杜撰で批判にも値しないものである。このような「論文」が最優秀賞に選ばれたことは、政治的な作為によるものと感じないわけにはいかない。さらに、このような「論文」の著者が航空幕僚長という地位にあり、その下で自衛隊の幹部教育が行われ、それに桜井よし子氏や「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーが講師を務めていたことも明かになっており、その影響力は無視できないものがある。この懸賞論文に多数の自衛隊員を応募させたことも、このような教育の一環と見てよい。

 この問題が大きく報道されると、田母神説を支持する意見が自衛隊以外にも意外に多くみられ、ヤフーのネット調査では58%の支持があったと本人が誇っている。だとすれば、この問題の背景にはかなり深刻な事態が潜んでいると考えざるを得ない。政府や自民党内にも田母神説に半ば共感する空気があるといわれ、政府は過去の戦争についての歴史認識を明確にすることなく、田母神氏を懲戒免職ではなく定年退職とすることで幕引きをはかったのである。その意味で、戦後の歴代政権が過去の戦争責任をあいまいにしてきたことが、この問題の根底にあるといえよう。こういう状況を見ると、論文の名に値しない感想文ともいうべきものに過ぎないとはいえ、安易にこれを支持する風潮もみられるので、基本的な論点について批判を加えておくことが歴史研究者・教育者の責任であると考え、ここに私たちの見解を公表することとした。

…論文がカギ括弧に入っている辺りに、にやりとしてしまった(^^;
 なお、18日の日刊スポーツの報道によると、浜田防衛相は18日の参院外交防衛委員会で、『田母神俊雄前航空幕僚長を定年退職させたことについて「過去の処分例からすると、免職までにはとても至らない」と述べ、懲戒手続きを取っても免職は不可能だったとの認識を示した』とのこと。
 以下で、5つの論点に整理して、逐次、田母神「論文」を論破しているが、その一部は、

 田母神氏は、相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはないというが、1931年の「満州事変」における「満州」全土への進撃、盧溝橋事件以後の中国全土への攻撃、1940年のフランス領インドシナへの進出、1941年以後の太平洋地域への進撃など、いずれも相手国の了承を得ていないからこそ戦争になったのである。これらはとうてい条約に基づく「駐留」などと言えるものではない。


 コミンテルン陰謀説は冷戦時代のアメリカでつくられたものだが、何の根拠もない


 そして、まとめとして、

 田母神氏は「我が国の歴史について誇りを持たなければならない」と言う。しかし、日本はあの戦争に敗北し、「再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し」(日本国憲法前文) 新しい平和国家としての道を歩みはじめたのである。このことにこそ我々は誇りを持たなければならないのであって、戦前の歴史に誇りを持つことは「再び戦争の惨禍が起こること」に通ずる危険がある。そればかりでなく、このような見解を持つ人物が自衛隊のトップにいたことが世界に知られるならば、日本の国際的信用を失墜させ、日本への警戒心を高めるだけであって、日本にとって何のプラスをももたらさないであろう。

…既に、「このような見解を持つ人物が自衛隊のトップにいたこと」は国際的に知れ渡っています。 参考;当ブログ12月2日付『田母神氏@外国特派員協会、その後(追記有)

 11月13日付『朝日新聞』の「私の視点」欄で、志方俊之帝京大学教授(元陸将)は、この「論文」が自衛隊内の「長年の鬱屈」を示したと言い、これを解決するためには憲法を改正して自衛隊の存在を明記する以外にないと主張している。これは田母神「論文」の狙いが改憲キャンペーンの一環であることをあらわしているといってよい。
(中略)
このような時期に過去の侵略を美化する言説が、こともあろうに自衛隊の最高幹部によって主張されたことには、日本の将来を誤らせるものとの強い危惧の念を抱かざるを得ない。私たちは、すべての国民の皆さんに対し、歴史の事実を学ぶことを通して、このような動きに対する厳しい監視の目を注がれるよう訴える。

と、訴えで「見解」が閉められていたので、それに応えてエントリにてご紹介してみたのでした。
スポンサーサイト
[ 2008/12/26 19:39 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(9)

   No. 5515

田母神「論文」の中身を木っ端微塵にする「論文」を大々的に発表したら面白いかもしれません。懸賞金はどうしましょ^^
もうタモ様はじめとする自爆史観者はまとめて無人島にでも行って、そこで大ニッポソ帝国でも何でも好きに作って欲しいと思う今日この頃です。
[ 2008/12/26 21:46 ] 449pMq2M[ 編集 ]

   No. 5516

> 田母神「論文」の中身を木っ端微塵にする「論文」
<
歴史教育者協議会のこれが、決定版というかテンプレみたいなものですかねぇ。

>まとめて無人島にでも行って
<
竹島か尖閣諸島にでも(ぼそ)
尖閣諸島の場合は、棲息する稀少種に迷惑ですかねぇ。

韓国にもウヨさんが結構居ると聞くから、日韓の自爆史観論者に竹島あるいは独島にまとめて棲んでいただくと、棲む方的にも本望かも。
[ 2008/12/27 12:26 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

なんと熊本城内で…。   No. 5517

 こんばんは、アオネコです。熊本県民として、全く恥ずかしい…。熊本県は確かに保守的で、健軍町、という現自衛隊も駐屯する軍事的晴れやかさに親和的な県民性ではありますけど、時代の雰囲気に流されない自主自尊の誇りがあると思っていました…。日本会議が組織されているとは聞いていましたが、その住所が熊本城内であることに、吃驚いたしました。地方議会に大きな力、というのはそうなのでしょうね…。今年は築城400周年で、二の丸御殿も復元され、熊本県内ではお祭り気分だったのですが、その一部でこんなことが行われていたとは…。同じ城内にある美術館や博物館には親近感を持っておりました分、余計に気味が悪いです。加藤清正がどう思うでしょうねぇ…。(自分は侵略は侵略だと認める、とか?)
[ 2008/12/28 00:41 ] SFo5/nok[ 編集 ]

すみません、まちがえました。   No. 5518

 すみません、昨日のコメントで、築城400周年は401周年、二の丸御殿は本丸御殿の間違いでした。伏してお詫びとともに訂正させていただきます。
[ 2008/12/28 12:29 ] SFo5/nok[ 編集 ]

あ"~   No. 5520

>アオネコさん

いや、まぁ、私も住んでいる所の選挙で選ばれた知事があんなんだったり、出身地で知人がたくさんいる所の選挙で選ばれた知事があんなんなので、一人の県民・都民・府民なだけでは、なんともなりがたい話はたくさんあるものだと(^^;
…報道では参加人数に触れていないようですし、県外参加者もいるでしょうから、「村山談話の撤回を求める熊本県民」と銘打ってても、ねぇ。
[ 2008/12/28 21:12 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

オッパッピー田母神   No. 5527

碧猫さんお久しぶりです。引越しなどで忙しくて拙ブログの更新はストップしているのですが、こちらのブログは時々拝見しておりました。
田母神さんの話ですが、昨日のテレビ朝日「TVタックル」に出てましたよ。核武装論者の勝谷誠彦と「憲法は国民を縛るもの」と真顔で言う三宅久之が大きな顔をしているこの番組に出たこと自体が最悪でした。気分が悪くなるのを我慢しながら見ていたんですが、案の定、二人は田母神さんの「論文」や「そんなの関係ねぇ」発言を擁護し始め、森永卓郎氏が「侵略戦争」と言っただけで怒鳴り散らして話をさせないようにしていました。声の大きな人間だけが勝つ番組です。あまりの酷さに途中でテレビを消そうかと思ったんですが、気を良くした田母神さんが『オッパッピーまで言えばよかった』と悪乗りしているところまで見てしまいました。最近よくテレビ出演しているみたいです。どこまで調子に乗るんでしょうか。
[ 2008/12/30 09:53 ] eBcs6aYE[ 編集 ]

   No. 5528

>山木さん

いつもご訪問ありがとうございます。
…田母神氏も、退職金がらみで何か発言があったようですが、講演料でずいぶん稼げてるんじゃないですかねぇ。

「TVタックル」レポートありがとうございます&お疲れ様です。
調子づいてますねぇ。
こちらでも、田母神氏の「TVタックル」出演に言及している人がいましたが、
http://www.melma.com/backnumber_45206_4337844/
肯定的に評価する声の大きな人が多いのが、なんとも。。。
「意気込みや個人的な意見を吐露しただけであり、何ら目くじら立てるほどのことはない」って、おいおい。。。

Apemanさんとこにも相変わらずの人がでるようですし、ポモの人達が足止め効果に貢献するし、なんだかなぁ、ですよねぇ。
http://d.hatena.ne.jp/uedaryo/20081224/1230117294
[ 2008/12/30 15:48 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

100%侵略戦争   No. 5529

>「意気込みや個人的な意見を吐露しただけであり、何ら目くじら立てるほどのことはない」
詭弁ですね。似たような擁護のパターンで田母神「論文」を「言論の自由」と言う人がいますが、「何を言っても批判されない自由」なんてあるわけがないですし、久間前防衛相の「原爆投下はしょうがない」発言も同じように擁護してなければおかしいです。

このコメントの人「大陸進出も満州建国も、当時の状況を踏まえれば、防衛戦略の一環であった」とも言ってますが、「防衛」っていったい、中国軍が日本のどの場所にいつ攻め込んで来たのかを、ぜひこの人に教えてほしいものですね。満州事変も日中戦争も、日本軍が中国に攻め込んで占領したという原因と結果から見ても100%侵略戦争です。
[ 2008/12/31 00:26 ] eBcs6aYE[ 編集 ]

   No. 5531

>似たような擁護のパターンで田母神「論文」を「言論の自由」と言う人がいますが
<
ご本人も筆頭に、言論の自由とか言い出す方も多いですねぇ。
田母神氏が産経新聞記者やらの他の職なら、その「言論の自由」を行使しても、クビは検討されなかったでしょうけど。


>「大陸進出も満州建国も、当時の状況を踏まえれば、防衛戦略の一環であった」
>日本軍が中国に攻め込んで占領したという原因と結果から見ても100%侵略戦争です。
<
これ、どこかの教育委員長も放言していた、朝鮮半島の植民地支配を植民地支配じゃないと言い張るのと似ていますね。
中国の資源を目当てに占領したのでしょうに。
欧米がしたのは植民地支配や侵略で、大日本帝国がしたのは別物といった先入観がある風に見えます。
[ 2008/12/31 16:55 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/588-82e32572


[戦後責任]統幕学校教育についての国会審議

毎日新聞 2008年12月26日 「空幕長論文問題:「自覚不十分が原因」 防衛省報告書、幕引き優先」  防衛省は25日、政府見解に反する論文公表で更迭された田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長の問題に関する調査報告書を政府の防衛省改革会議に提出した。あいまいだった
[2008/12/27 12:28] URL Apes! Not Monkeys! はてな別館

[メモ]アパ懸賞論文ネタ

いつも保守の立場から劣化しきった産経文化人(笑)を批判している切葉鳩さんのブログより転載。 愛国と田母神氏の件とアパ・花岡などの考察らしきもの - ステージ虱発 http://bananaseed.iza.ne.jp/blog/entry/841435 非常に面白いカキコを発見したので掲載しちゃう(笑) ※
[2008/12/28 15:04] URL dj19の日記

歴史家・松本健一氏による「田母神論文」の反論

明けましておめでとうございます。 昨年10月、航空自衛隊の田母神(たもがみ)俊雄氏が、日本の侵略戦争を正当化した論文を書いて、アパグループ主催の「真の近現代史観」懸賞論文で最優秀賞を受賞するという問題がありました。政府見解と異なる論文内容が問題となり田母神...
[2009/01/04 09:30] URL 今津ひさみのブログ












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。