スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

産経の報道を信じるか、産経に報じられた側が報道を捏造と指摘した抗議を信じるか 

(21日、1:45追記有り)

 メモ(^^;

17日。
 21:04付で、MSN産経が、「南京大虐殺記念館、信憑性乏しい写真3枚を撤去」として、

 中国・南京市にある南京大虐殺記念館が、信憑(しんぴょう)性が乏しいと指摘されていた写真3枚の展示を取りやめたことが17日、政府関係者の話で明らかになった。「連行される慰安婦たち」「日本兵に惨殺された幼児たち」「置き去りにされ泣く赤ん坊」の3枚で、日本の研究者らは南京事件と無関係だと指摘していた。(後略)

と報じていた。(強調は引用者による)

 いきなり、少し脱線してしまうが、この記事にに付いた「はてな」のブクマコメで、「はてなリング ー 歴史修正主義に反対します」に言及する人がいたり等々で、こそっと(でもなく?)興味深く見ていた(^^;

 一方、なんだか不可解なコメントもついてたので、どういう意味だろうと不思議に思っていた。産経新聞記事に共感を持っていると覚しき立場から「修正主義」云々書いている人が結構いて、何を意図したコメントか解らなかったのだ。すると、

D_Amon [歴史], [南京事件] 歴史修正主義批判は歴史の修正に対する批判ではなく、歴史の捏造・歪曲・否定に対する批判であって、学術的手順を踏まえた修正は当然のことなのに、それを理解していない人が存外多いことがブクマコメから分かる。 2008/12/18

hokusyu [歴史認識], [南京事件], [歴史] ↓研究の進展による「修正」は「歴史修正主義」とは呼ばないの。/ていうか、南京事件に無関係だから撤去したわけであって、信憑性関係ないじゃん!何だこのタイトル。http://www.nextftp.com/tarari/nanshi/nanshibakugeki1.htm 2008/12/18

…そういう「修正主義」に対する理解をしている人がいるとはそもそも思っていなかったので、なんのこっちゃと不可解だった点がようやく腑に落ちた(^^;
「研究が進展した成果による修正」と「歴史修正主義」を混同する人もいるのか、と。
 D_Amonさん、hokusyuさん、ありがとうございました、と秘かに感謝しつつ。
と書いておきたかったのが脱線の目的だった(^^;

 18日。
Apes! Not Monkeys! はてな別館」さんの「産経新聞の「捏造」」が公開。

(略)
撤去されたという3枚のうち「置き去りにされ泣く赤ん坊」は「南京の旧日本軍とは関係ない」とは言えないのだが(上海に上陸した日本軍が南京へと進軍したのだから)、「撮影場所が南京ではない」と言えばそれはその通り。

さて問題は「事実無根だったと判明している“百人斬り”」という一句。最高裁で原告(「百人斬り」の両少尉の遺族)の敗訴が確定した素量の高裁判決は、次のように事実認定している。
(中略)
すなわち、あたかも白兵戦において「斬った」かのような報道、および東京日々新聞第4報(例の有名な写真が掲載されているもの)でそれぞれ106人、 105人とされた「戦闘戦果」については「甚だ疑わしいもの」とされているわけであるが、他方この報道の背後に「「百人斬り貌争」として新聞報道されることに違和感を持たない競争をした事実」があったことは否定できないとされてもいるのであって、裁判所の結論はどう考えても「事実無根ではない」である。産経新聞が独自の主張として「事実無根だ」というのであればそれは単なる誤謬であるが、こうした裁判所の判断を無視して「事実無根だったと判明している」などと書くのはそれ自体が事実無根の捏造と言うべきだろう。
(後略)



 19日。公開の時間は03:59。
MSN産経『【主張】南京大虐殺記念館 問題写真撤去を第一歩に

(略)
 日本の外務省は同記念館が南京事件から70年にあたる昨年12月に再オープンして以降、この3枚を含む複数の写真について、史実に反するなどとする日本の学問状況を非公式に中国に伝えてきた。3枚の問題写真の撤去は、こうした外交努力の成果といえる。

 外務省が歴史問題で中国にこのような働きかけを行ったことは極めて異例だ。当然とはいえ、その努力を評価したい。(中略)
 今回、中国が3枚の写真を撤去したのは、明らかな誤りだけを認めたにすぎず、歴史問題で軟化したとみるのは早計である。(後略)



 同じく19日。
中国網 「日媒称南京大屠杀纪念照片不符事实被撤 (日本メディア、南京大虐殺記念館の事実に反した写真を撤去したと報じる)」

日本の右翼新聞である《産経新聞》は、19日付の「主張」と銘打った記事において、南京大虐殺記念館の3枚の写真が、歴史的事実に反している為に撤去されたと、日本外務省の官吏が、最近語ったと報じた。
(中略)
 報道が伝えるところによると、この三枚の写真は広く研究者や新聞記者から、日本の戦争犯罪の証拠と考えられてきた。しかし、一部の研究者はこれらの写真が、事実と符合しないと発見した。そして、2007年12月13日の、70周年記念の記念館再開時に、これら写真が再度展示されていたのが、日本の研究者らによる、これら写真が事実と符合しないとの指摘が外務省を通じて伝えられ、写真の撤去に至ったという。
(後略)

この報道は、ほぼ、産経の報道をそのまま(結構マイルドに)伝えた内容だった。

 ところが、さらに同じく19日。
 完全に当事者の侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆が、「严正声明」を公表。

今天,日本《产经新闻》在其“主张”栏目中称:“2007年12月13日南京大屠杀70周年纪念日时,这些照片被再次展出,日本学者通过日本外务省向中国通报了其研究结果,侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆随后撤去了这三张图片”。

对此,本馆严正申明:自去年12月13日本馆新馆扩建开展后,没有撤换任何一张照片。对《产经新闻》别有用心捏造事实,诋毁本馆声誉,表示强烈抗议!

(今日、日本の《産経新聞》はその「主張」欄にて「2007年12月13日の南京大虐殺70周年記念日の時に再展示されていた写真について、日本の研究者らが日本外務省を通して中国側に彼らの研究を伝え、その結果、南京大虐殺記念館はそれら3枚の写真を撤去した』と報じた。

 これに対して、当館は、去年12月13日の当館の新館開設後、1枚の写真の入れ替えも行っていないと、厳正に明らかにする。下心を持って事実を捏造する《産経新聞》が、当館の名誉を貶める事に対し、強く抗議を表す!)

侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆
2008年12月19日


まとめ。
・産経が「明らかになった」としてこの件を報じた情報源は、「政府関係者の話」。
・中国網によると、その「政府関係者」は「日本外务省官员」(日本の外務省の役人)。
・当の侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆(南京大虐殺記念館)は、産経報道は捏造だと抗議。

…産経さんには、(産経記事だけ読むとどっちの政府関係者か解らない人からの)伝聞に基づくのではなく、実際に現地におもむいて取材した事実に基づく、実際に起こった出来事がなんなのかを明確にする、続きの記事をお願いしたいと思った。

撤去された写真が「南京事件」に関係しない写真とか、そういう話以前で引っかかるのではなぁ。


参考;
黙然日記』さんの2008-12-19付『産経また捏造、現実保守の論拠、他。』 (下線と強調は引用者による。)
 どうして「また」がつくのかなぁ?(棒)



以下、21日、1:45追記分;
安禅不必須山水』さんが2008/12/20付『お粗末<主張>で産経新聞は謝りたくない相手に頭を下げる羽目に!』で、情報をまとめて下さっていました。

 一部引用;

「第4回 中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国会議員の会」に呼びつけられた、外務省の小原参事官は、質問に答えて次のように述べている。

前回は開館当日、その後関係者(国内・在外)および専門家にも訪問・分析してもらった。その報告をまとめると、

(中略)

・別紙(1)(2)(3)の写真は撤去された。
・別紙(4)(百人斬り)の写真は残っている。ただし以前より展示は小さくなっている。
・各種写真はまだ残っているものが多いが、パネルではなく切り替えができるモニターにして展示している。
http://www.mukai-noda.com/20/20a.html

別紙(1)(2)(3)の写真とは、今回産経が報じたもの。
小原参事官は、昨年12月のリニューアルのときに既に3枚の写真は無かったと報告している。外務省の参事官がである。

したがって、外務省が「リニューアル後に3枚の写真の撤去を要請する」などということはあり得ない。

 この「第四回 中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国会議員の会」は、平成20年6月19日となっていた。「別紙(1)(2)(3)の写真とは、今回産経が報じたもの」に関して、元情報の確認を取り切れなかったが、「「中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国会議員の会」第三回全体会議」(平成19年9月12日)に、以下の記述が

外務省との主なやりとりは以下の通り。

 上海の駅で泣いている赤ん坊の写真など間違い写真は撤去するよう申し入れている、と外務省から前回の返答があった。


 どうも、やはり産経に疑問符が付いてしまうような。


スポンサーサイト
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2008/12/20 12:54 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(5)

>ni0615さん   No. 5490

>ところで、中国側の抗議は12月19日付<主張>には抗議しているが、12月17日付<記事>には直接抗議していない。これは中国側による微妙な外交的配慮だと私は思う。
<
 izaブログに「コメントを書く場合はログインしてください」とかいてあるので、ここでこそっと(^^;

 17日の産経記事には「写真3枚の展示を取りやめたことが17日、政府関係者の話で明らかになった」とだけ書いてありました。一方、19日の主張では「昨年12月に再オープンして以降、この3枚を含む複数の写真について、史実に反するなどとする日本の学問状況を非公式に中国に伝えてきた。3枚の問題写真の撤去は、こうした外交努力の成果といえる。
 だから、抗議の対象は19日の「主張」なのでは?
[ 2008/12/21 02:09 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

碧猫さんにお答え   No. 5491

>だから、抗議の対象は19日の「主張」なのでは?

ハイ
中国側の抗議もそのように19日の「主張」に対して行っています。<政府関係者>を表ざたにしないようにでしょう。

ハイ
私もそうした認識で、
>ところで、中国側の抗議は12月19日付<主張>には抗議しているが、12月17日付<記事>には直接抗議していない。これは中国側による微妙な外交的配慮だと私は思う。

と書いたのですが?
文章が未熟だったでしょうか


《追記》
>「別紙(1)(2)(3)の写真とは、今回産経が報じたもの」に関して、元情報の確認を取り切れなかったが

ごもっともです。私もあとでこんな頁(最終更新日:javascript:alert(document.lastModified) ⇒「2008.8.28」)
http://www.mukai-noda.com/motomerukai.htmlを発見しましたが、ますます怪しさを増すばかりです。
[ 2008/12/21 02:35 ] yNkD6PME[ 編集 ]

   No. 5492

>ni0615さん

お返事ありがとうございます。
再度、17日の産経記事を読み直してみましたけど、この記事の表現だと「新館オープン時に件の3枚の写真を展示しなかったことを今頃だけど報道した」と逃げ道がありそうです。だから、<政府関係者>への配慮抜きにしても、17日記事まで抗議の対象とするのは、記念館側としても拙い手であり、これだけの記事ですませていれば記念館はスルーしたか、新館オープン時に既に展示してなかったとさらっと談話を出す程度にしたのじゃないかな、と思えたのです。
 記念館側が、外務省にたいして何か言いたいわけではなく、〆たいのが産経であろう、という意味で、「中国側による微妙な外交的配慮だと私は思う」と表現なさっていたのでしたら、私の読解力不足です。
すみません。

 なお、新華網で朱成山館長の談話がが出ていましたが、
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/newscenter/2008-12/20/content_10531344_1.htm
産経の論調が、東中野修道氏や小林進氏らの右翼学者の歪曲史観に基づくものだと御指名で(^^;
新館開館時から、件の3枚の写真は展示からはずれているそうですね。


>http://www.mukai-noda.com/motomerukai.htmlを発見しましたが、ますます怪しさを増すばかりです。
<
貴重な追加情報をありがとうございます。
向かって右の一枚は、今回、産経が報じた「連行される慰安婦たち」「日本兵に惨殺された幼児たち」「置き去りにされ泣く赤ん坊」とは別のようには見えますね。でも、産経の「主張」がアウトなのは、左と真ん中ので既に明らかなような。
[ 2008/12/21 13:46 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

あ、やっぱり来てた!   No. 5493

ウチに来たのと同じトラックバックが、こちらにも、やはり来ていますね(笑)
[ 2008/12/21 15:30 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

   No. 5494

>gegengaさん

はぁ。
見るからに、いろいろと言葉の定義が違いそうなので、多分お話が通じなさそうですよね。
[ 2008/12/21 15:48 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/584-227fdfc5


沖縄県議会、中国領海侵犯に抗議!

 沖縄の県議会が、中国の領海侵犯に抗議していました。  日テレより転電です。 引用元:日テレ ======================================================= 今月8日、沖縄・尖閣諸島沖の日本領海に中国の海洋調査船が侵入した問題で、沖縄県議会は19日、中国政府に
[2008/12/21 14:31] URL ネトウヨのブログ

反戦左翼の人たちに質問

 常日頃から疑問に思っていることが何点かあります。  とくに反戦平和を主張する自称左翼の人々にうかがいたいことがあります。    はたして、日本の軍備を無視した反戦思想が成り立つのか?  ということです。  もっとも、実際には自称左翼の人々が広めている反戦
[2008/12/21 14:31] URL ネトウヨのブログ












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。