スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2007年になっているそうだ 

頼りない伝聞形のタイトルで恐縮ではありますが、明けましておめでとうございます。

一応、習慣上、おめでとうございますと書いては見たものの、本当におめでたいのかなぁ?
だいたい、年が明けたとか、今日から2007年だとか、自分で計測して確認する訳じゃないから伝聞のみな訳で、いい加減な話ではある。まぁ、世間のみなさまがテレビでそういっているからきっとそうなんだろう。


12/31の19時過ぎまで仕事をしていたし、1/1は朝に猫の給餌に起きただけで14時まで寝ていたので、実際に世間でどういう出来事が起こっているかさっぱり解らない(ぉぃぉぃ)。だいたい、今年は31日が(よく考えたら)日曜日だったもので、12月の最終週は一日余分に働いて損した気分だ。


一応、12/31の晩ご飯は汁そばで、1/1は焼いた餅を具だくさんの醤油味の汁物に入れて食べるけど、それらしい行動はそれだけ。

年賀状? なにそれ、おいしい? (私の方から出さない…毎年買い損ねるから出せないのを、皆さんいい加減に理解してくれないかなぁ)
おせち料理? 美味しくないから嫌い。
大掃除? ああ、そういえば30日とか31日に、ご近所さんが何か熱心に掃除してたな。私は今年11月ぐらいにまじめに掃除したから略。
初詣? 別に信心してないから、未だかつていった事無い。
除夜の鐘? そういえば聞こえないな。
帰省? 仕事あるし、混雑嫌いだし。


という訳で、ワタクシメ、日本国民多数派の皆さんと世界観なり宗教観が異なるような気がするけど、深く考えないようにしよう。


そんな私は、勿論、門松を飾ったりしめ縄を飾ったり鏡餅を飾ったりする習慣はもたない(実家でもやってなかった)。
しかも、育った地域が新興住宅地だったからか、そういう物を近所が熱心に飾っているのもあまり見た事がなかったのだが。
数年前にお江戸に越してきて驚いた。
みなさまご熱心です。
そこで今年はブログネタに撮影させていただきました。

門松がありました。
syogatsu7

多分、こういうのが標準的な形ではないでしょうか。
高さは1メートルはあろうかという感じ。
立派ですねー。


別の門松。
syogatsu2

青々して綺麗。


さらに別の門松。
syogatsu4

竹の先が斜めにカットされていない。
こういうパターンもあるんだ。
あまり、他人様の懐具合をどうこう考えるのもなんだが、こういう門松ってかなり高価なんではないだろうか。
どう見てもナマの植物を使ってるし、毎年使い回しはできそうにない。
門松様の足下の細工なんかも、綺麗にできているし、、、しかし、そもそもこういう物はどこに売っているんだろう。
不思議だなぁ。


↑のような門松を設置するスペースがないのか、こちらは、まさに松だけが出入り口の両脇にくくりつけてありました。文字通りの門松?
syogatsu5

こういうのはきっと生花屋に売ってそうですな。


しめ縄が飾ってありました。
syogatsu1

こりゃまた立派ですなぁ。


また別のしめ縄。
syogatsu3



また、商店街の街頭に竹がくくりつけてあったり、
syogatsu8


街頭と街頭の間に、こんなしめ縄風の飾りが付けてあったり。
syogatsu6


竹のくくりつけてある街頭の足下には、これまた松がくくりつけてある。syogatsu9

この商店街の近くには神社があるから、余計にかな?

いやーみなさま、信心深いですなー。

ちなみに、鏡餅の写真は撮影のしようがありませんでした、屋内の飾り物だし、うちにはないし(笑)。
スポンサーサイト
[ 2007/01/01 23:23 ] 小ネタ | TB(2) | CM(3)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます   No. 314

本年も、よろしくお願いいたします。

私は東京の下町出身なので、お正月の松飾りとしめ縄は鳶の人が年末につけに来るもんだとばかり思っていました。
新婚当初は千葉に住んでいたのですが、年末にいくら待っても鳶が来ないのでビックリ。
スーパーで松飾りを売っているのを見て、2度ビックリ。

しかし、今はその実家のすぐ側に住んでいるのですが、ここにも鳶はやってこない。
東京下町でも、すごく狭い範囲での風習だと知りました。
[ 2007/01/03 15:20 ] -[ 編集 ]

これは日本民俗学の範疇でしてね   No. 316

gegenga さんが驚くのも無理はないです。門松っていうのは文字通り,家の門にしつらえるものでして,冬の間に仕事がなくなって暇な大工や鳶職が考え出した「御飾り」だと柳田國男の本に書いてありました。それも江戸の下町の葛飾区とか足立区なんかのふるーい町民の住んでた所だけの風習だそうで。

こういうのを「世界観」だとか「宗教観」だと自覚していないことの方がもっと恐ろしいんだけどね(笑) 最近,あたしはこれに「ヤマト教」と名付けようかなと思ってたり。銀河を離れ,イスカンダルへ,はるばる臨む~♪ (+_+)☆\ばき!(--;)

[ 2007/01/03 18:29 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

花のお江戸の…   No. 318

なるほど、これも標準語と同じように、お江戸の一地域の風習が日本全体の風習として広まったモノだったんですね。
しめ縄っぽいのものが混ざっていたり、幣っぽい紙飾りが入っていたりするから確かに宗教色がつよいような。

しかし、私自身は、ヤマト教徒の皆さんから魔女狩りされかねないほど異端のようなので困ったモンです。何といっても、物心付いて以来墓参りにも行った事がないという非常識っぷりで。
え?お彼岸?あぁ、おはぎが安売りしている日ですね。以上終了、見たいな。
[ 2007/01/04 11:15 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/58-5aef2f22


あけましておめでとうございます

猪突猛進も、亀の歩みも。どちらも良いと思える、年の功。(年賀状より流用:笑)年末はさすがにバタバタして、いただいたトラックバックやコメントにお返事をせぬままに年を越してしまいました。今日はこれから実家に行ってしまいますので(徒歩10分ですが)...
[2007/01/03 14:41] URL かめ?

あけましておめでとうございます

もう2007年ですか。早いですね.去年はあけおめ。で、子どものプチナショぶりを嘆じておりましたなあ。あれから1年、プチナショぶりはなりをひそめたようです.週刊朝日の新春号を見てたら、占星術研究家の鏡リュウジ氏がインタビュー記事に出てました.そいで、昨今の
[2007/01/04 10:07] URL tsurezure-diary












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。