スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イギリス下院外交委員会報告書における「慰安婦」問題言及に関する報道における不可思議 

 このエントリの前に、「イギリス下院外交委員会から慰安婦問題へのアクション」として、イギリス下院外交委員会の「Global Security: Japan and Korea (リンク先はPDF)」レポートに関する報道をお持ち帰りした。

 この報道に関しては、「Stiffmuscleの日記」さんがレポートそのものを探し出した上でエントリを上げて下さっており、前述のPDFはStiffmuscleさんのエントリ経由だ。レポート本文のhtmlバージョンへのリンクはStiffmusclさんがエントリに貼って下さっているし、該当部分は引用して下さっている。麻生首相への言及の下りなんか大変に興味深いが、おそらくもうじき、Stiffmuscleさんが翻訳を添えてくださることだろう と、期待中(^^;
 そうしてアクセスが容易になっている「Global Security: Japan and Korea」レポートだが、これそのものの内容を確認しても、イギリス議会は「慰安婦」問題に対して、かなり重く注目しているとみてよさそうだ。

 だが、日本の国内の報道は、何か変だ。

 MSN産経(共同配信)2008.12.1 01:19付
北の日本人拉致、国際社会が認識を 英下院外交委が報告書

 英下院外交委員会は30日、日本と朝鮮半島に関する報告書を発表、北朝鮮による日本人拉致問題について「日本国民と政府にとって感情的な問題であるのは当然で、国際社会はそれを認識すべきだ」と強調、平壌の英大使館を通じるなどして北朝鮮に圧力をかけ、日本への支援を継続するよう英政府に勧告した。

 一方、第二次大戦中の旧日本軍の従軍慰安婦問題は「韓国民と政府にとって痛ましい感情的問題」であり「その重要性は日本を含め国際的に理解されるべきだ」とした。
(後略)

「慰安婦」問題に関しては、この約2行のみ。この後、「慰安婦」問題とほぼ同じ文字数を割いて、『竹島』問題に言及している。
 このエントリ前の「イギリス下院外交委員会から慰安婦問題へのアクション」で言及したようにAFP配信の報道における主要な重心は「慰安婦」問題と見て良さそうなのに、この違いは一体何事?
産経オリジナルでなく(<-産経オリジナルなら力一杯納得するらしい(^^;)、共同配信の様子なのに?

 意外に感じつつ他の報道を探すと、それどころではなかった。
 時事ドットコム 2008/11/30-20:55付
拉致問題、日本の感情理解を=竹島めぐる対立は「遺憾」-英外交委報告 (引用魚拓)』
 約二行かけて北朝鮮による日本人拉致問題に関し「日本国民と政府にとって、当然の感情的な問題であることを国際社会が認識すべきだ」としてイギリス政府へ日本に支援継続するようにと記述し、1行半で竹島問題に関して言及した後に、最後の二行で

 一方で、第2次世界大戦中の従軍慰安婦の問題について、「韓国国民と政府にとって依然、苦痛を伴う感情的な問題であり、日本を含めて世界がその重要性を認識すべきだ」と明記した。

この記述のボリュームは、ほぼ「日本人拉致問題」と同等ほどである。
 冒頭に「日本と韓国に関する報告書を公表し」とあったので、「北朝鮮」の話であるはずの「拉致問題」にばかり言及するのっておかしくないかと少し混乱したが、元のレポートタイトルは「Global Security: Japan and Korea」。元もと必ずしも韓日関係だけの話ではないから、その点はともかく。…もちろん、日本人拉致問題解決のためイギリス議会の力添えはある方がいいのは間違いはないだろうし。
 でも、元のレポートや国外の報道の重心の置き方と比較すると、重心を変えている様子に、どうにも不可思議感が先に立つ。そしてさらに。

 時事ドットコムの報道が「まるごと魚拓」を取れないので、こっちで魚拓を撮ろうかとYahooやGooやInfoseekで配信された報道も確認したのだが、そうして気付いた件も不可解だ。
  
(Yahoo、Goo、Infoseek、それぞれ、サムネイルをクリックすると原寸大に拡大)
時事配信記事がこれらのサイトで再配信される場合に、記事が短くなること自体は良くあることだ。でも、今回の場合、大元の情報が歪んで伝えられているのではないだろうか。
 再配信記事では、記事のタイトルは同じ(拉致問題と「竹島」問題のみに言及)、内容は拉致問題へのイギリス政府の支援継続と「竹島」問題までしか言及されておらず、最後の二行がそっくり省略されて、「英外交委報告」で「慰安婦」問題への指摘を受けた話が無かったことになっているのだ。

 …各国の「慰安婦」公式謝罪要求決議の多くからは、「慰安婦」問題に関する歴史教育を要求されているのだが、歴史教育どころの騒ぎではないようだ。そういえば、宝塚市議会による『日本軍「慰安婦」問題に対して、政府の誠実な対応を求める意見書』に以下の一節があったものである。

今、世界中で、日本軍「慰安婦」問題を解決するための運動が広がりを見せています。
 しかし、これらの世界の動きは日本では必ずしも十分に報道されていません。

産経・読売だけがそうなら納得…するのもなんだが、それだけではないようだ。


 もちろん、「英外交委報告」の指摘の重心がそんなことになっているのは日本の国内報道の大半だけだ。
これの前のエントリで紹介した後で見つけたが、中国語紙がさらに2紙報じていた。
自由時報 即時新聞 11/30 18:58付
英議員:日本應正視慰安婦對亞洲傷痛
短い記事だが、この報道は「慰安婦」問題への指摘しか報じていない。

 そして、もう一紙。
星洲日報/國際‧2008-11-30 16:15付
英國‧外交事務委會報告指出‧日應正視慰安婦課題
…これも、記事タイトルから見るからに「慰安婦」問題に関してだと解るわけだが。自動翻訳さんの意見を集約すると、記事題名は「イギリスの外交事務委員会報告が、日本が「慰安婦」問題を正視するのが当然だと指摘する」といったところだろうか。内容も自動翻訳を使って見てみるに、AFPの英語版がほぼそのまま(「慰安婦」問題の記述が詳細な方)だ。つまり、

 20万人にもおよぶ女性が、朝鮮、中国、フィリピン、インドネシアやその他の国から拉致され、第二次世界大戦下の日本軍用売春宿で働くことを強制されたと、運動家達は語る。

「日本を含む国際社会は、その重要性を認識すべきだ」

 日本は女性に対する犯罪における軍の関与については謝罪したが、1945年に連合国に降伏する前に軍用売春施設を運営した責任は否定している。

といった記述はきっちりある様子。
 なお、解る人には即座にわかることなんだろうけど(私はしばらく気付きませんでした(^^;)、この新聞は中国語だが中国の新聞ではない。星洲とはシンガポール(^^;

…そういえば、最近

タイで、ビルマで、インドで、シンガポールで、インドネシアで、大東亜戦争を戦った日本の評価は高いのだ。

というような意見を、どこかで見たような気がするなぁ。評価は結構厳しいような気はするんだけど。

 ちなみに、平成14年に実施された「18歳以上の識字層の男女800~895名」を対象にしたアンケートで、第二次世界大戦中の日本について、「悪い面を忘れることはできない」人が、フィリピンやシンガポールの回答者に3割程いらっしゃるそうである。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/12/01 08:02 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(4)

時事&産経のトリミングかも   No. 5445

4. We conclude that there is a realistic prospect of Japan normalising relations with North Korea, if progress can be made to resolve both the North Korean nuclear issue and the issue of North Korea’s abductions of Japanese nationals, but that these issues should be resolved separately.
(へぼ訳)
北朝鮮の核問題と日本人拉致問題の両方に問題解決に向けた進展があれば、日本が北朝鮮との関係を正常化することが実際に期待できると結論する。しかし、これら2つの問題はそれぞれ別個の問題として解決をめざすべきあるとも結論する。
----
産経も時事もこの部分は記事にしてませんね。これは拉致問題と核問題をセットにして政治取引材料にしようとする日本政府の姿勢に疑問を投げかけていると取れます。

翻訳のほうは、期待しないで待っててください。
[ 2008/12/01 22:37 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

   No. 5446

>Stiffmuscleさん

 報道そのものが短いので、情報を取捨選択するのでしょうけど、それにしても、産経経由の共同も時事も元ネタと違ったニュアンスにしすぎに見えます。

 ちょっと情報を探せば見つかるような話でも情報を把握せずに吹き上がる人が多い様子なのに、こんな微妙な事になっていれば何を指摘され非難されているかの情報って敷居が高いことになってしまいますね。


翻訳、お時間の余裕のあるときにでも、できましたらよろしくお願いします。
[ 2008/12/02 12:59 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

星洲日報   No. 6203

星洲日報はマレーシアの新聞のようです。こちらに詳しい説明がありました。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9613/yomimono/singaporepress.html

(もともとはシンガポールで創刊されていました)
[ 2009/07/08 01:17 ] CgvbChdo[ 編集 ]

   No. 6205

>takeさん

 御教授ありがとうございます。またえらいドラマチックな変遷を辿った新聞だったんですね。
[ 2009/07/08 18:57 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/571-f5ba700d














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。