スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

死刑問題に関するメモ 

ちょっと、こっちを先にメモ。

クリスマスの執行について;
法務大臣は執行日を指定できないという意見を述べている人を見かけたので。
この件に関しては、ネットレベルでは確実そうな情報を拾えないが、

「法務大臣が署名、押印して執行命令書が作成されると、拘置所長に届けられ、5日以内に死刑が執行される。監獄法第71条2項の規定により、大祭祝日(国民の祝日)、土曜日、日曜日、12月31日・1月1日(元日)・1月2日には死刑の執行は行われない。
執行予定日は、死刑囚やその家族・マスコミ注;kaetzchenさんよりご指摘いただいたので引用者により抹消線追加)・被害者の家族等、外部には一切知らされない。」(出典 Wiki「日本における死刑」

「法律では、死刑の執行は命令から5日以内にする(刑事訴訟法476条)とあるだけで、執行の方法、場所、執行官などの明文規定が存在しません。法律の裏付けのない執行が行われています。
 執行される死刑囚も恣意的に選び出されます。高齢者や精神障害者、犯行当時少年だった者にも死刑が執行されています。」(出典「死刑廃止フォーラム、隠されている日本の死刑」)

一方、
「月曜クリスマス執行
 93年以降では、初の月曜日執行である。これまでは圧倒的に木金が多かった。しかも、クリスマスの執行である。
ただ、今年は仕事納めの28日が木曜で、まさかこの日に執行するわけにもいかないため、さしあたり本年度最終週の初日となったのかもしれない。またクリスマスのような一種の慶事も執行に関係はしないという意思表示も込められているかもしれない。

単に日程上の結果であるかもしれないが、穿った見方をすれば、クリスマスの日に邪悪な者を抹殺して国民への贈り物とするというような冷笑的かつ政治的でもある意図が込められていないと断言もできないのではないか。」(出典)「死刑問題特捜室

…法務大臣が「クリスマスにしろ」と明確に命じた可能性は低そうには思える。しかし、署名し命令を発効した時点が時点であれば、他の選択肢が狭められる可能性は低い。
あるいは、なぜ、四人分の命令を出したからといって、三カ所の拘置所でクリスマスに四人とも、なんだろう?
明確ではなかったにせよ、圧力の存在は疑えるかもしれない。

とはいえ、クリスマスに執行してしまえば、国際的にどのように写るか。
「一種の慶事も執行に関係はしないという意思表示」を国民相手に示すよりは(あるいはその種の事をなぁんも考えないよりは)、傍目からどう見えるかを考えて「クリスマス」を積極的に避けた方が、人権感覚もない上に国際感覚もない国と思われずにすみそうな物だが。


なお、上述の死刑問題特捜室の12/26日付けの記事で他にも気になる情報を見かけた。
この記事、今回の執行の特徴として上述の月曜クリスマス執行以外に、
・バラエティ
・高齢者にも執行
・再審への圧力?
・飛ばされた理由
・孤立
・背景
の項目で、それぞれ分析がなされており、一読の価値がある。
中でも、高齢者への執行の項目で「25年から30年以上も前の事件では既に社会的記憶も薄れており、強烈な処罰感情が残存しているわけでもないため、あえて執行を急ぐ理由は何もないはずである。結局、溜まったものを処分するという「在庫一掃セール」の感覚なのである」との分析は、納得できるだけに物悲しい気分に凹む。

また、孤立の項目で、今回執行された方のお一人を「死刑廃止キリスト者連絡会」が特に救援していたが、「同会がキリスト教系の死刑廃止運動としてはかなり活発であることから、あえて見せしめ的に選ばれた可能性もある」とのことであった。実際に、死刑廃止キリスト者連絡会のホームページでは、今回の執行に対する抗議文が掲載されており、その画面をスクロールしていくと、確かに今回執行された方を含む死刑確定者との交流誌発行のお知らせ等も記載されている。


さて、「死刑に関する事実と数字」(原文"Facts and Figures on the Death Penalty"の2006年12月12日に更新された原文を和訳したもの、とのこと)によると、
「アムネスティ・インターナショナルの最新の情報によれば、
* 88の国と地域があらゆる犯罪に対する死刑を廃止している。
* 11カ国が戦時の犯罪など例外的な犯罪を除くすべての死刑を廃止している。
* 29カ国が事実上の死刑廃止国と考えられる。つまり、これらの国々は法律上は死刑を存置しているが、過去10年以上いっさいの執行がされておらず、死刑執行をしない政策または確立した慣例を持っていると思われる。

合計128カ国が死刑を法律上または事実上廃止していることになる。
* 残り69の国と地域が死刑を存置し適用しているが、どの一年間をとってみても実際に死刑を執行している国の数はそれよりもはるかに少ない。 」

とのことである。やれやれ。
そして「2005年中に、22カ国において少なくとも2,148人が処刑され、(中略)判明しているすべての執行の94パーセントが、中国、イラン、サウジアラビア、米国で行なわれた。」
なのだそうだ。

日本においては絞首刑で執行されているとの事だが、小さな生き物相手であっても脊椎を破断して命を奪う事は実行者の心に負担が大きい。それを言葉の通じる同族相手にする仕事とは、執行人の苦悩はどれほどのものか推して知るべしだそう。それだけでも死刑廃止の材料としては十分だろうが、最近では自分が死刑になる事を目的に子どもを手にかけれる人まで出ている訳だ。
廃止すべきとの結論を採る為の材料は、十分ではないのだろうか。

追記;
EU駐日欧州委員会代表部による記事「EUと死刑」
「1999年以来EUは、ジュネーブで開催される国連人権委員会のすべての会合で死刑に関する決議を提出してきました。直近の2005年3月の決議は、前回の決議より多くの賛成票を得て採択されました(引用者注;日本、アメリカなどは否決との事)。この決議も、死刑存置国に対し、死刑の廃止または執行停止を求め、国連経済社会理事会が1984年に採択した「死刑に直面する者の権利の保護の保障に関する決議」を遵守するよう呼びかけています。
(中略)

EUから日本へのメッセージ
EUの死刑廃止政策は、特に日本と米国に向けられています。この2大民主国家は、EUと多くの価値を共有しており、通常は国内外で人権尊重に対するコミットメントを明確に主張しています。

死刑廃止の是非は、世論調査によって決めるべき問題ではありません。凶悪犯罪の発生直後とあってはなおさらのことです。死刑制度の廃止は、国家としての主義の問題です。ひとつの社会を統括する政府には、この問題に関する議論の舵取りを行う責任があります。根強い偏見に賛同したり、死刑執行にまつわる秘密主義を助長したりすべきではありません。それより1日も早く、透明性を高めるための自由な討論を開始することが求められます。日本政府は、この問題が公開の場で偏見なしに議論されるよう、イニシアティブを取るべきです。

そのような議論を可能にするために、また、日本でも無実の人に有罪判決が下されたことがある点を考慮して、EUは日本に対し、死刑廃止への第一歩として、1993年に解除された事実上のモラトリアムを再導入するよう要請します。それがかなわなければ、少なくとも、死刑執行の際に一定の最低基準を遵守するよう求めます。死刑確定者のリストから任意に選び出し、その家族にも弁護士にも事前に通知することなく、絞首刑という残酷な方法で刑を執行することは、EUが防ぎたいと考える最低基準違反の一例です。」

…スミマセン、世論調査(しかもネット上の)参考にして凹んでしまいました。


その他資料
とりあえず:死刑の現場とは
死刑廃止にむけての市民的および政治的権利に関する国際規約第2選択議定書(仮訳)
「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム'90」
82年以来の死刑被執行者一覧


ついでに、McRashさんのところでご紹介のアンケートをペタリ


世論調査@インターネット
【死刑制度】 維持すべきか?
法務省は12月25日、死刑囚4人に対して死刑を執行したと発表しました。



これを契機に、死刑制度について皆さんの賛否、意見を賜りたいと思っています。

あなたは、"死刑制度"を維持すべきだと思いますか?





(参考WEB1が他の方が作成した前回調査結果。参考WEB2が産経新聞記事です。


維持すべき
どちらかといえば維持すべき
どちらかといえば廃止すべき
廃止すべき
わからない
その他






【死刑制度】 維持すべきか?


↑あれ?今年五月分↓より、存続賛成派が減っている?

死刑制度


スポンサーサイト
[ 2006/12/29 23:59 ] 備忘録 | TB(3) | CM(15)

碧猫さんまで Wiki を……(^^;)   No. 307

| 執行予定日は、死刑囚やその家族・マスコミ・被害者の家族等、外部には一切知らされない。」

っていうのは少なくともウソだよ(笑) だって,マスコミには予め知らされていて,報道協定によって何日の何時までは報道するなと言われてるだけだもん。

碧猫さんまで,素人の書いた情報に振り回されちゃ困るな。
[ 2006/12/30 12:10 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

「死刑廃止キリスト者連絡会」   No. 308

は主に日本基督教団を中心として,カトリックや救世軍なども参加している組織団体です(あたしも以前募金したことがある)。

ただ,日本基督教団に対する,あからさまな圧力が特に創価学会からありますね。今年はクリスマス・リースを3個,彼らによって破壊されました。今から街に行って在庫が残ってたら買ってくるつもりだけど……100円ショップならあるかな。あったら5個くらい買って,徹底抗戦してやるつもりです。何せこちらは目が不自由だから現行犯で抑えられないのが悲しいところ。

# 教会にも創価学会からの嫌がらせが凄いですよ~!

ちなみに,ネットアンケートの死刑賛成派はそのまま自民・公明支持層による組織票だと考えて良いです。
[ 2006/12/30 12:18 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

ははは~   No. 309

Wikiからひきたかったのは執行されない日取りだけだったので、蛇足でしたね。

天皇誕生日は祝日だから、その日の執行はあり得ないだろうとそもそも思っていたので、その部分の補強をしたかっただけなんですよ(笑)。だって他に情報無かったしー、私の生活圏にまともな本屋ないしー、地域の図書館は遠いしー(行く暇もないしー)、所属組織の図書室はこっち方面の情報ないしー(専門外)、と、言い訳4連発。
まぁ、マスコミだけが情報を握っていて報道しないなら、大筋では同じ事かも。かといって、本人、家族に知らせるのがいい事とも思えず。執行させられる方の人たちはどうなんでしょうねぇ。。。朝出勤していったらいきなり職務命令が下るんでしょうか(泣)。


>ちなみに,ネットアンケートの死刑賛成派はそのまま自民・公明支持層による組織票だと考えて良いです。

む。
このアンケート、女性の回答者数がえらく少ないのはどういう訳だろう?女性はこの手の質問に答える事そのものを避けるのかとつらつら考えていたんですけど、、、そういう事ですかね。

[ 2006/12/30 12:58 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

死刑について   No. 310

こんにちは、碧猫さん。
クリスマス執行についてですが、理由の分析、興味深く読みました。いずれにせよ、政治は結果によって評価されますから、25日を選んだ理由がなんであれ、批判は免れないと私も思います。
それから、死刑に関する記事を私もいくつか書いて、一つ二つTBしたのですが届いていないようです。よろしかったらごらんいただければ幸いです。
一つだけならこれかな。
http://t-t-japan.com/~muranose_rena/blog/rena.cgi/permalink/20061229175752
ではこれからもよろしくお願いします。
[ 2006/12/30 13:21 ] 6fyJxoAE[ 編集 ]

追記しています   No. 311

EUのページを見つけたので追記しました。

>村野瀬玲奈さん
ご訪問ありがとうございます。
クリスマス執行については、ご指摘の通り、どういう理由があっても結局その日にしてしまった以上、非難を受けてしかるべきだと思います。私が拾い集めた事情をあわせても26日という選択肢は残っていたと思いますし。
勿論、執行しないという選択肢の方がよかった事は当然です。
…追記したEUの記事の内容で、さらにトホホな気分が募りました。

TBはどちらからどちらでも、調子が悪いみたいですね。
ご招待ありがとうございます。
いずれにしても、しばしば拝見させていただいておりますので、これからもどうぞよろしくお願いします。
[ 2006/12/30 13:34 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

26日にしなかったのは   No. 312

やっぱり,創価学会による,あからさまな日本基督教団に対する挑戦だと見て良いと思いますよ。そのうちカトリック協議会も正式なコメントを出すそうです(ヴァチカンとの連絡に時間がかかってるらしい)。もっともヴァチカンは中国に支店を置きたいというのがアジア戦略の第一で,日本がどうなろうと知らんてのが本音かもね(笑)

私は実は学生時代にカトリックで洗礼を受けましてね。今の土地のカトリック教会はジェズイット,つまり私より過激なので,プロテスタントへ逃げてきたという訳(笑) 

[ 2006/12/30 17:19 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

そ、そこは、、、   No. 313

>kaetzchenさん
>>私より過激なので

…………・・・・・・
・・・・そこはお約束のツッコミどころでしょうか?(笑
村野瀬さんのところで、自ら「問題児」と名乗っておいでなのを見て、内心思わず突っこんだのは、きっと片手に余る人数がいた事でしょう。
だいたい「児」なんですか?(爆
[ 2007/01/03 00:23 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

問題児……   No. 315

「痔」かも知れません。(+_+)☆\ばき!(--;)
[ 2007/01/03 18:06 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

申し訳ないのですが   No. 1302

>碧猫様

申し訳ないのですが、私は非常に頑強な死刑存置論者、反「死刑廃止」論者です(勿論、「現行の」死刑「制度」が満足の行くものだとは思ってはいませんけれども)。
それで以前から廃止論者の方に聞いてみたいことなどが沢山ありまして、碧猫様が廃止論者と(今日、このエントリを見て)知りましたのでご迷惑でしょうけれども白羽の矢を当てさせて頂きます(もし死刑賛成の立場からの書き込みが、ここのルールで禁止であるならば、このコメントを削除してください。またその旨を告げて頂ければ2度とこの問題での書き込みはしません)。

とりあえず、一つだけ。

>それを言葉の通じる同族相手にする仕事とは、執行人の苦悩はどれほどのものか推して知るべしだそう。それだけでも死刑廃止の材料としては十分だろうが

ここの箇所なのですが、処刑執行を例えば機械によって全自動化する等の処置を施し、従って執行人の「心理的負担」が無くなるのであれば、現行の死刑制度の持つ一つの欠点が是正された、ということに同意していただけますか?


[ 2007/07/08 02:36 ] pzI.xN/.[ 編集 ]

全自動化死刑執行装置…?   No. 1305

>Phlsさん

私は、胸を張って死刑廃止論者といえるほど確固としているかどうかは疑問の余地はありますし、根本的なところで他の人を自分と同じ意見にしたいような熱意に欠けますし、ましてやPhlsさんのようなタフな論者と長い議論をできるようなタイプじゃありませんのでご了承下さい。


>処刑執行を例えば機械によって全自動化する等の処置を施し、従って執行人の「心理的負担」が無くなるのであれば、現行の死刑制度の持つ一つの欠点が是正された、ということに同意していただけますか?

たしかに、御意見の措置が執られた場合、死刑執行業務に就いている方の心理的負担が少し減る可能性はあることを否定しようとは思いません。

ただし、全自動とはどのようなことを想定していらっしゃるかが解りかねます。
死刑執行業務に就いている方が過程をモニターせずに済ませられるとも思えませんし、執行後の死刑囚の方の状態を(死刑執行業務に就いている方が)目の当たりにせずに済ませられるとも思えません。従事する方の心理的負担がやはり重いものである事自体は重いままでしょう。(ある種の参考;http://eboli.exblog.jp/5824518/
また、その全自動化の装置を作る技術者に苦悩を負わせる可能性を無視はできません。以上のようにざっと考えただけでも、あまり意味のある仮定とは、私には思えません。

それにしても興味深いのは、例えば、戦争犯罪無かった派が自説を展開するために極端な仮定や例を引くことをよく見かけますが、Phlsさんもこの件に関しては同じ手法をおとりになっているように見えることです。


その他、国家による殺人をどう考えるかといった視点もありますね。
ここでの論点と直接関係があるとはいえませんので、参考になるかどうかわかりませんが、一応、この辺もどうぞ。
http://d.hatena.ne.jp/youhei2007/20070309
http://d.hatena.ne.jp/buyobuyo/20070524#p1
http://d.hatena.ne.jp/buyobuyo/20070527#p1
[ 2007/07/08 07:34 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

長文失礼します   No. 1307

>私は、胸を張って~ご了承下さい

すいません、不本意なことを強いてしまいました。
今回でこの件でのコメントは最後にします。


>全自動とはどのようなことを想定していらっしゃるかが解りかねます。

部分的な回答ですが、モニターについて言えば画面に人がそのまま映るのではなくポリゴンになって映る監視カメラが使えると思います。これはもともと普通の店などで使われる監視カメラでは、問題のない普通の人のプライバシーを侵害してしまうので開発されたものです。ポリゴンであれば少なくとも或る程度心理的負担は減るのではないか、と考えています(勿論、画面がポリゴンでも心理的負担はかかる、という意見はありえることは承知しています)。
その他の過程の部分及びその「全自動化の装置を作る技術者に苦悩を負わせる可能性」等考慮に入れていなかった点は自分の課題としておきたいと思います。

>それにしても興味深いのは(以下略)

技術面での具体的な詰めがかなり甘かったので御批判・御指摘は半分当たっていますが、意図的にあのような抽象的な書き方をしたので半分は当たっていないと考えます。
ネトウヨと同じで方法を用いていると誤解されたままでは流石に不本意なので解いておきたいと思います(もっとも私が誤解であると考えているだけで実際は批判は当たっているのかもしれませんが)。

先のコメント時に私は概略次のように考えていました。

執行人に対して心理的負担が0となるような技術が開発されたというような理想的極限の実際上の成立可能性を碧猫様が同意しても、そこから碧猫様が私の提案に沿った形で死刑制度の改善に賛成するとは限らない。
何故ならば、

1.死刑囚が「殺されるのであれば機械によってではなく、人間の手によって殺されたい」と主張する可能性を考慮に入れて、そのような場合、機械による死刑は非人道的であると主張する可能性がある
2.或いはもっと強く、「死刑が機械によるものであることは道徳的に許容不可能である」と主張する可能性がある

の2つの可能性があるのだから。
つまり「機械による死刑という着想の原理論次元に於ける拒絶」という選択肢を選ぶかもしれないと思ったので、この原理上の問題を解決しないことにはその先に進めないと考え、具体論に踏みこまず抽象的な表現に留めたという次第です。
但し、私は
「現行の死刑制度の持つ一つの欠点が是正された、ということに同意していただけますか?」
と書いたので、上述の「機械による死刑の拒絶」という回答は、直接の回答ではなく的外れである、という印象を与えてしまいましたので、この印象が原因で上記或はその他の回答を妨げてしまったようでしたらお詫びします。

おつきあい頂きありがとうございました。
[ 2007/07/08 13:17 ] pzI.xN/.[ 編集 ]

私もこれをこの件のラストとさせていただきますが   No. 1308

>Phlsさん

ポリゴンであっても、そのスイッチを押すのは誰でしょう。スイッチを押すことでもたらされる結果を解っているヒトが押すわけですね。人間には、因果関係を類推できる能力や想像力が備わっていることも無視はできません。

そして、私は、私自身の個人的背景事情に言及したくはありませんが、えぼりさんとは違った意味で「生き物の命が中断されること」の意味を、実際にとてもよく知っているんです。ヒトがヒトの命を絶つのは、結局、非人道的な事でしかあり得ないと考えます。
[ 2007/07/08 13:50 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

それならば   No. 1334

死刑執行のハンコを押すのを嫌がった法務大臣もいましたが、押印機化はむずかしいかも。
ならば「現行死刑制度の問題点」とやらの解消には、死刑を求刑した検察官と、死刑判決を確定させた裁判官が、執行のスイッチを押すのがいいということになりますね。
[ 2007/07/10 18:22 ] -[ 編集 ]

そうすれば   No. 1337

近頃のような、死刑判決が簡単にでる風潮も抑制されるかもしれませんが。でも、裁判官制度が導入されたらと思うと、バーチャルリアリティ感覚のノリで盛り上がっている連中が目に入るので、凄く嫌な気分です。
[ 2007/07/10 22:11 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

Re:それならば    No. 1340

>南郷力丸様

量刑判断に影響を及ぼす可能性があるので法務省内の方が良いと考えます。
ちなみに、私はマスコミの被害者報道や碧猫様の述べている裁判員制度ように加害者に過酷な量刑判断を下す影響を与える因子についても批判的です。
(裁判所内への遺影持込は不当と言えるかどうかはすごく迷いますけど……)

>碧猫様

>裁判官制度が導入されたらと思うと

通常の刑事犯罪に国民を参加させるのではなくて国が被告として訴えられる裁判に国民を参加させて「国民の普通の感覚」で国の主張の正当性を判断してもらえば、と言いたくなりますね。
[ 2007/07/11 00:38 ] pzI.xN/.[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/57-952c5624


クリスマスの死刑執行について

昨日のエントリーに、シッポちゃんからこんなコメントをいただいた。私は死刑制度がある以上、死刑執行がクリスマスだからといってそういう感傷を抱くのも少し違和感があるんですけどね。これが本人の誕生日とかなら
[2006/12/30 11:50] URL Tomorrow is Another Happy

あけましておめでとうございます

もう2007年ですか。早いですね.去年はあけおめ。で、子どものプチナショぶりを嘆じておりましたなあ。あれから1年、プチナショぶりはなりをひそめたようです.週刊朝日の新春号を見てたら、占星術研究家の鏡リュウジ氏がインタビュー記事に出てました.そいで、昨今の
[2007/01/01 21:54] URL tsurezure-diary

変化球派? アンチ死刑廃止コメント(?)のいろいろ

McRashさんのところに、「被害者の責任」を言い募る新たな死刑廃止議論での参入があり、http://mcrash-f2.workarea.jp/archives/2007/06/post_125.html#c5436 碧猫さんのところで、変な質問者が出てきました。http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-57.html#c
[2007/07/10 23:02] URL みんななかよく












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。