スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

台湾立法院にて、「慰安婦」謝罪要求決議採択 

(11/11午後に暫定アップ、12日に加筆等有り)

 台湾の国会にあたる立法院にて、「日本軍慰安婦」被害者への謝罪と賠償を求める決議案が、11日午前9時55分に、全会一致で採択とのこと。エントリを暫定アップした時点から、決議文のそのものを探しているが、未だネット上では見つけることができない。しかし、報道から推して、歴史教育まで要求した、かなり厳しい内容だったようだ。
 …今のタイミングということは、田母神前航空幕僚長の論文や、実は自衛隊で靖国史観教育をしていたような報道も出ていたわけで、田母神しの後押しによる「全会一致採択」かもしれないという推測は、あり得るかもしれない。

 そして、この度の台湾立法院決議の注目度が高くて、各国決議の度ごとに報道を探して回る私としては、かなり驚いている。主要国内紙はほぼ全て報じているし、非常にたくさんの地方紙も共同配信記事を報じている。ちなみに、MSN産経は、少なくとも今のところ報じていないようだが、こう徹底されると微笑ましい気分すらしてくるけど、多分勘違いだから控えなくてはと思ってしまった

 以下、気付いて拾った順で、国内報道を列挙。
 共同通信 2008/11/11 13:50 
台湾、慰安婦で日本に謝罪要求 立法院が決議」より、元もと短い報道だけど一部引用。

決議案は超党派の立法委員(国会議員)らが提出。同委員の1人は「決議が現在の日台関係に影響するとは思わない。慰安婦だった女性はいずれも高齢で、1日も早く日本政府に謝罪してほしい」と述べた。



 時事ドットコム2008/11/11-12:24 
慰安婦問題で日本は賠償を=台湾立法院、決議採択」より一部。

(略) 超党派の女性議員や元慰安婦の台湾女性らが立法院に提出した決議文は、台湾の旧日本軍が大戦中、慰安婦を従軍させたことを「性奴隷制度」と批判するとともに、元慰安婦の名誉と尊厳を回復するよう要求。「日本政府はきっぱりとした態度で歴史的責任を認めるべきで、謝罪と賠償を求める」としている。
 元慰安婦の女性(92)は同日、台北市内で記者会見し「決議が採択されて安心した。立法委員(議員)の努力に感謝する」と述べた。



 asahi.com 2008年11月11日19時4分 
元慰安婦への謝罪・賠償求める決議採択 台湾立法院」より一部。

(略)
 決議案は、与党国民党と野党民進党の議員らが共同で提出。旧日本軍が台湾の慰安婦を従軍させたことを批判したうえで、「年齢が80~90歳に達しており、彼女らの生存中に名誉と尊厳を取り戻して問題を徹底的に解決するため、日本政府は補償措置を取るべきだ」としている。(後略)



 読売新聞2008年11月11日20時43分
台湾の立法院、慰安婦問題で日本に謝罪要求決議」より一部。

(略) 
 決議案は、与党・国民党、野党・民進党の女性議員らが提出。決議は慰安婦問題を「性奴隷制度」として批判、日本政府に対し史実として教育していくことも求めた。

 決議に法的拘束力はないが、日台関係に微妙な影響を与えることも予想される。

短い記事だが、最後の1行を入れずにいられないところが、読売らしいといえるかもしれない。そして説明なしに、『「性奴隷制度」として批判』とわざわざ書いているところが、らしい、ような。

 毎日新聞 2008年11月11日 22時03分
台湾:従軍慰安婦問題、賠償求める決議 立法院が採択」より一部。

(略)
決議案は与党・国民党と野党・民進党の立法委員(国会議員)が共同で提出した。日本政府に対し「従軍慰安婦問題についてあいまいな態度をとらず、謝罪し、日本軍の性的な奴隷制度の歴史的責任を認めるべきだ」と主張、「正確な史実」を後世に教育するよう求めている。

 台湾ではこれまでも、従軍慰安婦だったと名乗る女性や支援者が抗議行動を続けてきた。(後略)

他に表現の仕様もあるだろうに、「従軍慰安婦だったと名乗る女性」とは微妙な底意を感じさせる表現を使うものだ。

 国内紙の各報道を読み比べると、決議が要求するアウトラインはおぼろげに見えるが、日本語で読める報道で一番情報がまとまっているのは、2008-11-11 21:21:37 配信のレコードチャイナ、
<慰安婦>日本に公式謝罪と賠償を要求、議会が決議―台湾」より一部。

(略) 台湾立法院は、日本政府がはっきりとした態度で公式にこれを認め、大戦中の日本軍に「性の奴隷」として扱われた元慰安婦への直接謝罪と歴史的責任を全うするよう求めている。今回、提案書を提出したのは、党派を超えて集まった女性立法委員(議員)ら23人。提案書は、第2次大戦中に日本軍が植民地や占領地で若い女性や少女を強制または騙して召集し、軍の性的奴隷として性的サービスを強要したと指摘。だが、日本政府はいまだに政府名義の謝罪と賠償を拒んでおり、被害者は心の傷を抱えたままだ、と批判した。 (後略)



 ちなみに、今回の決議に先だって出ていた報道。
The Taipei Times, Nov 08, 2008「Rights group urges Japan to apologize to comfort women

Taiwan News「Taiwan Legislative Yuan expected to approve resolution on comfort  英語の報道も、今回は結構出ていて(韓国の決議の時は少なかったのだ)、なかでも、インドで「Zee News, India」と「Reuters India, India」と、二つ報道されているのに驚いた。台北発の報道とロイター電は、Stiffmuscleさんが、「台湾国会で「慰安婦」謝罪決議案が可決」として、翻訳を上げて下さってるので、リンク。

 韓国語報道も、現在、2社分が、ネットで読めるようだ。内容はほぼ中国紙とかぶる。
毎日経済(タイペイ ロイター=聯合ニュース)11月11日18時36分
대만, 日에 위안부 공식사과 요구 (台湾、日本に公式謝罪要求)」、決議を受けて行われた被害者の記者会見が、婦女救援社會福利事業基金會という情報があった。ここに決議文が掲載されるかも?

新聞社名、よく解らないが、内容的には時事とよく似ている2008-11-11 16:05:49付
대만입법원, 일본군위안부 문제 사죄·배상 요구 결의안 채택 (台湾立法院、日本軍隊慰安婦問題で謝罪賠償要求決議案採択)」


 そして、中国語報道は数知れずでている。しかし、内容はだいたいかぶっているようで、暫定アップ時にお持ち帰りしておいた台湾立法院内で公表されていたプレスリリースらしきものの詳細な方の文章そのままのすら見受けられるようだ。

 まずは、台湾立法院の11日付プレスリリース;「[記者會] 台灣慰安婦決議文通過!」へのリンクを貼っておいて。

 それから、おなじく、台湾立法院にあった「立院決議 要求日本政府對慰安婦道歉賠償 (立法院の決議 「慰安婦」に対して日本政府が謝罪し賠償する事を要求する)」へもリンクを貼っておく、と。
 この立法院で拾えた文章は、上述の通りにほとんどの中国語報道の核になる情報を網羅しているようなので、これを(Stiffmuscleさん訳を参考に)、自動翻訳使いのなんちゃって意訳で保存。

 立法院は、本日の会議にて、日本政府に対し「はっきりした、曖昧でない態度でもって、戦時日本軍性奴隷制度の歴史的責任を公式に承認し謝罪すること」、被害を受けた生存者に対して直接に謝罪して賠償し、一刻も早く「慰安婦」被害者の名誉と尊厳を回復し、国連の人権委員会の勧告に従い、今の世代と次の世代にこの件における正しい歴史教育を行うよう、要求する決議を採択した。

 立法院の王金平院長は、「慰安婦」は既にはっきり存在する事実であるのに、日本の裁判所は元「慰安婦」らに不利な判決を下し続けてきたことは、「不公平であると考える」と語った。

 この決議は、民主進歩党籍の黄淑英・立法委員、中国国民党籍の楊麗環・立法委員、民進党立法院党及び共青団幹事長の頼清徳、民進党籍の潘孟安・立法委員らが提案し、連署人として、国民党中央政策会の林益世執行長などの23人を含む。

 提案人は、提案理由として、第二次世界大戦下、日本の植民地と占領地において、無数の女性や少女が欺しや誘拐によって、従軍性奴隷になるよう強制され、軍隊に性的サービスを提供させられた。日本政府は、今なおこの戦争責任を承認せず、しかも、なんどとなくこの事実を否定する適当でない発言が繰り返され、無数の女性の名誉と尊厳を中傷した。そのため被害者らは、日本政府の大義名分のための謝罪や賠償を拒絶しており、今なお、癒しがたい傷で苦しんでいる、と、説明する。

 また、決議の提案理由として、台湾の「慰安婦」被害者の生存者はすでに80-90歳であり、被害者らは生存中の解決を望んでいる。日本政府は、人権意識をもって、被害者の名誉と尊厳を回復し、先の戦争で残した問題を解決し、補償するための施策をとるべきであると、指摘している。

 さらに提案は、アメリカの国会が昨年採択した「曖昧さのないはっきりした態度で公式謝罪と歴史的責任の受諾を日本政府に要求した」決議を、台湾立法院も重視すべきであり、「慰安婦」が人権問題であることを重視した国際的な風潮を受け、日本政府に、今なお懸案となって解決していない「慰安婦」問題を正視し、立法手続を踏んで、直接被害を受けた生存者者に賠償するよう求めている。

 韓国、アメリカ、EUの議会が、全て類似の決議を採択している今、台湾も声を上げないわけにはいかない、と、黄淑英委員は、記者に語った。


…そして、決議の本文、未だ見つからず(^^;
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/11/12 00:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(4)

お久しぶりです   No. 5352

ご無沙汰いたしております。

「台湾は親日なんだ!」と常々叫んでいるネトウヨ諸君がこのニュースを聞いてどのような顔をするのか見てみたいですね。

おそらく、「あれは中国の傀儡の馬英九政権が悪いんだ」なんて言い訳をはじめるのでしょうが。
[ 2008/11/13 03:52 ] 5DEkIR7g[ 編集 ]

   No. 5354

>toremokoさん

コメントありがとうございます。

>「台湾は親日なんだ!」と常々叫んでいるネトウヨ諸君がこのニュースを聞いてどのような顔をするのか見てみたいですね。
<
少なくとも、産経新聞は、いまのところ黙殺を決め込んでいるようです(笑)。
もしかしたら、もうすぐ「正論」か「主張」で

>「あれは中国の傀儡の馬英九政権が悪いんだ」なんて言い訳をはじめるのでしょうが。
<
という記事が出るかも。

…ん、ネトウヨさん達のお話でしたっけ?
[ 2008/11/13 12:25 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

決議の本文?   No. 5369

私は、立法院HPの議事處「立法院第7屆第2會期通過之議案」の一番下の右の「備註」欄に「決議」として掲載されているのものが決議文ではないかと思ったのですが……。その左に書いてある「議案名称」とも対応していますし。違うでしょうか? もう少し調べてみたいと思いますが……。
http://www.ly.gov.tw/ly/global/file_download.jsp?UploadPath=/ly/upload/01_introduce/0104_section/unit_07/file&FileName=200811121739201.pdf
日本政府應以清楚且不曖昧的態度,正式地承認、道歉且接受戦時日軍性奴隷制度的歴史責任,対受害倖存者進行直接謝罪和賠償,以利早日回復慰安婦受害者的名譽和尊嚴,遵守聯合国人権委員會建議,且教育這一代和下一代有關這段正確史實(日本政府は、はっきりとした曖昧でない態度で、戦時の日本軍の性奴隷制度の歴史的責任を公式に認めてお詫びをし、引き受けて、被害を受けたサバイバーに対して直接に謝罪と賠償をして、一日も早く慰安婦の被害者の名誉と尊厳を回復し、国連の人権委員会の勧告に従って、今の世代と次の世代に正確な史実を教育するべきである←あまり良い訳ではないかもしれません)。
[ 2008/11/15 20:20 ] quji3vvQ[ 編集 ]

   No. 5371

>遠山日出也さま

御教授ありがとうございます。漢字は(ある程度)読めても、中国語は解らないままに探しておりましたので、見つけることができませんでした。
それに、他国の決議とは、ちょっと様子が違っているんですね。

どうもありがとうございました。
エントリにあげて、人目に付くようにします。
[ 2008/11/16 15:45 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/557-f99ff48c


台湾国会で「慰安婦」謝罪決議案が可決

(鋭意追記中) 台湾、慰安婦で日本に謝罪要求 立法院が決議(47 NEWS - 2008年11月11日) 【台北11日共同】台湾の立法院(国会)は11日、第2次大戦中の旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐって、日本政府による公式謝罪と被害者への賠償などを求める決議案を全会一致で採
[2008/11/11 23:35] URL Stiffmuscleの日記












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。