スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓国議会で「慰安婦」名誉回復決議案採択 

 今月8日に、韓国国会の女性委員会で「慰安婦名誉回復決議案」が議決されていた事は当ブログでも取り上げていたが、どうやら続報とでも呼ぶべき報道が出たようだ。

 毎日経済(聯合)2008.10.27 10:52:25付、
국회, 일본군위안부 피해 사과.배상촉구 (国会、日本軍「慰安婦」被害への謝罪と賠償を要求)」、
サブタイトルで、「日本政府へ公式謝罪、被害補償、関連法制定を要求」。

 以下、自動翻訳をいくつかかけた最大公約数的なんちゃって翻訳のメモ。

 韓国国会は27日の本会議で、日本軍「慰安婦」被害者名誉回復のための、公式謝罪および賠償要求決議案を通過させた。決議案は、「1930年代から第二次世界大戦に至る期間に、アジア・太平洋地域の女性らを日本帝国主義の軍隊における性奴隷とさせたことに対して、日本政府が被害者らに公式謝罪することを促す」という内容だ。

 決議案はまた、「日本政府が、人道に反する犯罪行為に対して日本国内の歴史教科書に真実を十分に反映させ、『慰安婦』被害者らに対して被害を補償することと、日本国会が関連法制定を迅速に推進すること」を促す一方、このために韓国政府の積極的で明白な役割を果たすことを要求した。

…相変わらず、決議本文見つけられず(^^;


 以下、追記。
 今回はえらく素早く日本紙も取り上げてきた。…産経なのだが(産経だからだ、と表現すべきか(^^;)
共同配信のニュースであるようだが、47NEWSの方では見当たらないようではある。不思議な話だ。
 MSN産経(共同)2008.10.27 13:08付、
韓国国会が慰安婦問題めぐり決議、日本に謝罪などを要求
満場一致での採択との記述後に、

問題解決を求める声が広がっているにもかかわらず、「日本政府が受け入れずにいることに深刻な憂慮を表明する」としている。

 さらに、被害者が高齢化し、健康が悪化、生存者数が急激に減少しているとして、韓国政府に、今回の決議内容を日本が履行するよう「明確な役割」を果たすよう求めた。韓国では、今年4月の総選挙前の国会でも関連決議案が提案されたが、任期満了で廃案となっていた。




聯合ニュース(日本語版) 2008/10/27 14:03付
元慰安婦への謝罪・賠償求める決議案、国会が採択

KBS GLOBAL Monday, October 27, 2008 13:21:20
Bill Urges Japanese Apology for Comfort Women

上記二報、いずれも、韓国語版聯合ニュースと同じ。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/27 12:35 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(3)

有田よしふ激怒   No. 5308

オフトピですが速報
統一教会弁護士による言論封殺に、有田よしふ氏激怒!
http://d.hatena.ne.jp/ni0615/20081027
この弁護士は、藤岡信勝の弁護士でもあります。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/765244/

かつて「株式会社ウェディング」事件を目撃したので知ってます。わたしは、いろんなところに貼ってあって、スペース経営者が削除要請にこれじゃあ、とてもと、応じられないようにしたらどうかと思っています。

[ 2008/10/27 19:59 ] -[ 編集 ]

ハングルが読めたらなぁ・・・   No. 5310

朝日もごく短く伝えてます。
■韓国の国会が従軍慰安婦決議 日本に謝罪など求める(asahi.com - 2008年10月27日)
http://www.asahi.com/international/update/1027/TKY200810270401.html

韓国議会HPの英語ページでは情報が探せませんでした。
[ 2008/10/28 00:09 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

   No. 5311

>ni0615さん

 情報ありがとうございます。
全然、背景情報に明るくない方面の話題なので、それらしいお返事ができないのですが(すみません(^^;) 統一協会って、まだ元気だったんですねぇ。



>Stiffmuscleさん

 レスの方が遅くなっていてすみません。
議会HPは私も歯が立ちませんでしたが、すでに御覧頂いているとおり、『調査会法情報』さんで見つけました。2007年のオーストラリア動議にまで言及されていたのはちょっと驚きました。

 「実質的名誉回復がなされるよう」という主旨や提案理由もあわせて、問題を的確に指摘するテキストとしての機能ももつ、優れた決議文だと思えます。
[ 2008/10/28 23:56 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/547-53dafbe9














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。