スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国連・自由権規約委員会による第5回日本政府報告書審査が終了 

 10/15および16日に、ジュネーブの国連欧州本部で開かれていた国連・自由権規約(B規約=市民的および政治的権利)人権委員会による日本に対する人権状況審査が終了したそうで、報道が出ている。なんでも、10年前に行われた前回審査時の問題提起に十分な対応がなされていないとの批判が、委員より相次いだという。
 ところで肝心の話の前に。10年ごとというのは、そう決まっているのかと思っていたら、こんな報道があった。(以下、引用中の強調等は引用者による)
 共同通信 2008/10/17 10:05、
日本の死刑、代用監獄に批判続出 国連委、10年ぶり対日審査』から、一部。

 B規約委員会の審査は162の同規約の全批准国を対象に5-6年ごとに規約の順守状況をチェックする制度。今回の審査は日本政府の事前の報告書提出の遅れなどから、10年ぶりの審査となった。

…スタートから、印象の悪い真似をしていたらしい。そして…

 asahi.com 2008年10月17日10時13分付、
日本の死刑・代用監獄に批判相次ぐ 国連規約人権委審査」によると、

(略)
 死刑制度は98年の前回審査で「廃止に向けた措置」の勧告を受けたが、この間、執行数は増加した。委員からは「30年も死刑囚として過ごして70代で死刑が執行された事例は理解に苦しむ」「死刑を巡っては世界的に廃止の流れがある」といった指摘が出た。日本政府は「国民世論の多数が凶悪犯罪については死刑もやむを得ないと考えている」と従来の主張を繰り返した。

 警察の留置場を拘置所代わりに使う代用監獄制度については、委員が「取り調べが長時間になる一方、弁護士との接見が限られる事態を招く」と指摘。日本政府は「廃止すれば、日本の刑事司法制度の利点の基盤が損なわれる」と答えた。(後略)


 毎日新聞 2008年10月17日 東京朝刊、
死刑廃止:「勧告は…」国連人権委が日本批判』から、一部。

 委員たちは前回審査で「死刑廃止に向けた措置を取るべきだ」と勧告したのに、対応が取られてこなかったと不満を表明。「世論の支持」を死刑存続の理由に挙げる日本政府に、「この問題では、政府が世論をリードすべきだ」と指摘した。


 時事通信(via goo)2008年10月17日(金)08:30、
死刑制度に不満相次ぐ=国連委の対日人権審査で』から、一部。

(略)月末までに公表される勧告措置を盛り込んだ同委の最終見解書では、日本に厳しい判断が下されそうだ。日本政府は会合で、(略)国内世論があることなどを踏まえ、死刑制度を存続する方針を説明。これに対し、委員の間からは「人権問題である(死刑)制度の存廃を世論調査で決めるべきではない」などと批判的な意見が続出した。

この報道タイトルで「不満」と表現するのは、委員の批判が感情的という印象をもたらさないか(もたらしたいのか)と思えたりして。

 そして再度、共同通信『日本の死刑、代用監獄に批判続出 国連委、10年ぶり対日審査』から、一部。

閉幕に当たりポサダ委員長は「委員会はフラストレーションを感じたと思う。前回の政府見解から十分なフォローアップや(人権状況の)改善がなされていない」などと総括した。


 どの報道も、最終見解が日本に対して厳しい内容になる可能性を指摘している。
ところで、日本紙の報道は、批判が集中したのは死刑制度や代用監獄制度ばかりのように報じられているようにみえる。
だが。

 聯合ニュース(via 毎日経済)2008.10.17 05:58:17付だと、焦点が全然違う。

유엔, 日상대 '군대위안부 문제' 집중 심사" (国連、日本対象に『軍慰安婦問題』を集中審査)」。
タイトルからしてこうなっていた。内容を例によって、自動翻訳にて超意訳メモ。

早急な対策作りや歴史教科書からの削除が追求される

 国連で、日帝時代下の、「軍慰安婦」問題が俎上に上がった。国連B規約人権委員会(委員長ポサダ氏)は、日本政府が提出したB規約履行に関する第5次報告書の審査を、16日に終えた。ジュネーブで二日にわたって行われた審査で、相当数の委員らが、日本政府に対して「慰安婦」問題に関する早急な対策をするよう促したと、委員会が明らかにした。

 ある委員は質問を通じ「日本は歴史的な行動をとって、被害者らに正義をもたらすべきだ」としながら「日本は一般国民に、『慰安婦』問題に対する教育をし、被害者らに補償をする用意があるのか」と問い詰めた。彼は「『慰安婦問題』は1945年以前に遡る、時間の経った事件であるだけに、被害者・加害者の高齢に関連して早急に措置を執らねばならない」と強調した。

 他の委員からは、「軍慰安婦問題」は非常に重要な問題だとしながら、「私は強制的な性関係で『慰安』を感じる人は見たことがなく『慰安婦』という用語は非常な混乱をもたらす」と指摘した。

 また、ある委員からは「日本のいくつかの歴史教科書では、この問題に関する記述が歪曲されていて、他の教科書では記述そのものが抜け落ちているという報道がある」と指摘しつつ「日本の一部閣僚らが、『慰安婦』の存在自体を否定している話がある」と取り上げた。続けてこの委員は「日本は、現在、人身売買防止の主導的立場にあるだけに、胸を開いて、この『歴史的人身売買』事件の被害者らに補償を提供することが適切である」としながら「戦時下の強姦問題は、人権法を教育するに当たって最も重要なトピックとなっている」と付け加えた。

 また、他の委員からも「日本は『慰安婦』問題を、歴史教科書の記述からはずさせてはならないし、閣僚らがこの問題を否認する発言をさせておいてはならない」と発言が続いた。

 これに対し、日本主席代表の上田秀明・外務省人権人道担当大使は、答弁として、「慰安婦」被害者に送ったという日本国総理大臣の書簡を紹介し、「総理がその書簡を通じ、謝罪と遺憾の意を表した」と説明した。上田大使は続けて「元『慰安婦』らが暮らす韓国とオランダを含めたさまざまな国において関連プロジェクトを準備したし、『慰安婦』問題を記述した教科書ある」と主張した。

 これらに対してポサダ委員長は、「軍慰安婦問題」も含めた総括として、「一部では肯定的に評価できる措置が執られているが、引き続き憂慮すべき要素が残っている」としながら、日本政府側が対策を準備することを勧告した。


…月末の最終見解書待ち、ということで。



参考;
外務省;人権外交
外務省;国際人権規約

Stiffmuscleの日記」さんの2008-10-16付で『「慰安婦」問題を解決する気ゼロの日本政府』より、

(日本が出した報告書に関する考察の際に提起された問題のリストとそれに対する日本政府の答弁など;引用者注) これらの文書に目を通した感想を言えば、日本政府は「慰安婦」問題は、法的にはサンフランシスコ平和条約やそれに類する二国間条約で、真相究明や道義的責任も、河野談話、アジア女性基金、アジア歴史資料センター(アジ歴)、歴代総理のお詫びの手紙でほぼ解決したと考えており、それが国際社会に受け入れられるものだと信じているようである。いつも国連の各会議で答弁している通りの内容を繰り返しているだけなのだが、このまま同じ戯言を繰り返していれば、被害国や被害者がそのうち「和解」してくれるとでも思っているのであろうか?

…今回実際に行った答弁も、従来通りだったようだ。

Stiffmuscleの日記」さんの2008-10-17付で『「慰安婦」問題を解決する気ゼロの日本政府 その2
第5回日本政府報告書審査についての国連プレスリリースへのリンク有り。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/17 17:23 ] 四方山話 | TB(4) | CM(7)

ぼちぼち訳してます   No. 5286

「慰安婦」問題は「人権規約に加入する前の出来事だから、おまえらに言われる筋合いはないが」みたいなことも抜かしてますね(紹介いただいたプレス・リリース)

Turning to comfort women, the delegation stressed that in the first place, the Covenant did not apply retroactively to issues that arose before 1979, when Japan acceded to the Covenant. It was thus beyond the mandate of the Committee to deal with the issue of “comfort women”.

凄いゴーマンです。このプレス・リリースはほんまに腹が立つやら情けないやら・・・こんな政治体制は即終わりにしないとアカン!
[ 2008/10/17 22:00 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

   No. 5290

トラバありがとうございます。
人権NGOのヒューマンライツナウが9月に国連人権理事会のフォローアップを求める意見書を出していてそちらも参考になれば、と思います。
私のリンクからも飛べますが、URLはっておきますね。
http://www.ngo-hrn.org/active/uprhrnop.doc
河野談話のふしゅう、じゃない、踏襲はいまや慰安婦に対する単なる「同情」にとどめておくための手段になってしまってるような気がするんですが・・・
[ 2008/10/18 01:51 ] 449pMq2M[ 編集 ]

   No. 5293

>Stiffmuscleさん

お疲れ様です。現在の追記部分、拝見させていただきました。
えーっと、この回答書を出した国は、たしか人権理事会の理事国だった筈なんですが(こればっかりですが)。

…呆れられてるでしょうねぇ。



>秋原葉月さん
>国連人権理事会のフォローアップを求める意見書
<
御教授ありがとうございます。
うわー。
「日本は、今後の活動として、日本人の同情を理解していただく(promote understanding of the sympathy of the Japanese people)、慰安婦を思いやる活動をする(operate in the activities for caring the former “ comfort women)などと抽象的な答弁をするにとどまった。」ですか。
…各国から出ている謝罪要求決議とか読んでるんでしょうか。。。
[ 2008/10/18 17:48 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5295

こちらもご参考になるかと。
http://www2.ohchr.org/english/bodies/hrc/hrcs94.htm
[ 2008/10/21 09:06 ] z/AVyrZM[ 編集 ]

   No. 5297

>仲さん

どうもありがとうございます。
…勉強させていただきます(^^;
[ 2008/10/21 20:02 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

外国人は魚!   No. 5302

1945年、法務大臣:外国人は魚だ。ゆでるか、焼くか、食べれば良い。日本政府は人権を日本人のみで認めている(それも中途半端です)。自公政権もとで、人権条約への批准は口先に過ぎないのです。
[ 2008/10/26 10:48 ] -[ 編集 ]

   No. 5305

>ジャマル.サベリさん
>自公政権もとで、人権条約への批准は口先に過ぎないのです。
<
ごもっともなご指摘だと思います。口先というか言い訳というか。
これで、人権理事会の理事国なんて、情けない話です。
[ 2008/10/26 14:55 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/542-cd951dbd


「慰安婦」問題を解決する気ゼロの日本政府 その2

国連の自由権規約委員会による第5回日本政府報告書審査についての国連プレスリリースが出た。 HUMAN RIGHTS COMMITTEE CONSIDERS REPORT OF JAPAN (16 October 2008) またしても読んでいるうちに翻訳する気力がなくなった。日本政府ヤル気なし。会議ではかなりケチョンケチ
[2008/10/17 17:33] URL Stiffmuscleの日記

まぁ日本は内向きだから

日本の死刑・代用監獄に批判相次ぐ 国連規約人権委審査(朝日新聞)  ジュネーブの国連欧州本部で開かれていた国連規約人権委員会の日本に対する人権状況審査は16日、2日間の日程を終えた。質疑では死刑や代用監獄制度などをめぐり、委員から「10年前(前回審査)の...
[2008/10/17 23:18] URL 非国民通信

人権状況を改善しなくても非常任理事国

昨日国連総会で、国連安保理の非常任理事国として5カ国を選出した。 その5カ国は、オーストリア・メキシコ・トルコ・ウガンダ・日本なのだが・・・。
[2008/10/18 20:38] URL flagburner\'s blog(仮)

日本は国連に喧嘩を売る気らしい

国連:「死刑一時停止」を採択 日本は反対--決議案(毎日新聞) 国連総会は18日、死刑執行の一時停止などを求める決議案を賛成多数で採択した。決議採択は2年連続。というご時世に ↓こういうことをするというのは 死刑執行:今年15人、確定者上回る 9年ぶ...
[2008/12/22 20:22] URL かめ?












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。