スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

評判を拾ったり、蒸し返したり 

 麻生新内閣について、個人的には注目度が低かったのでスルーしようと思っていたが、韓国紙と中国紙で評判をみたので、一応お持ち帰り保存。

 評判は、、、少なくとも韓国からは上々の反対(下々?)。
面白いことをしているのが朝鮮新報。

日本語版の記事の一つ、2008/09/25 08:59:12付のタイトルが『麻生新内閣:問題発言の常連、親韓派ら多様な顔ぶれ(上)』なのだが。本文と掲載写真で見るに、どう見ても同じ記事の韓国語版タイトルは『'정치인 2세' 내각』。自動翻訳さんによると「'政治家 2世' 内閣」なのだそうな。

 本文出だし前半を日本語版から引用。

 「(植民地時代の)創氏改名は、朝鮮の人たちが『名字をくれ』と言ったのがそもそもの始まり」(2003年5月)という問題発言をしたことがある麻生太郎新首相の内閣の顔触れを見ると、自民党内で「問題発言の常連」とされる二人が主要閣僚に任命された。

この「問題発言の常連」は、原文だともっと辛辣なニュアンスであるようだ。次の段落には小見出しがついている。その小見出しは、日本語版だと「問題発言の常連2人」なんだが…。
 韓国語版の小見出しをつけて、日本語版から一部引用。

◆両大「妄言師」登竜
 国土交通相に起用された中山成彬氏は、元文部科学相在任中の05年に「竹島(独島の日本名)を日本の領土として教科書に明記すべきだ」と発言し、いわゆる「竹島妄言」騒動を巻き起こした人物だ。中山氏は旧日本軍の従軍慰安婦の存在自体を否定し、慰安婦に関する記述を教科書から削除する運動の先頭に立った。国会で最大の極右集団で、歴史歪曲(わいきょく)教科書を支持してきた「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の会長も務めている。

 また、財務相と金融担当相を兼任することになった中川昭一元自民党政調会長は、A級戦犯を祭る靖国神社に毎年参拝し、日本の核武装を主張する極右派だ。慰安婦の強制連行を認めた「河野談話」の修正も要求している。

…「妄言師」。
なお、「竹島妄言」は、韓国語版だと「中川妄言」となっているようだ。
韓国からは、新首相とこの2人の注目度が高い。

 あるいは、ハンキョレ新聞  2008-09-24付の記事だと、
극우·세습 의원…‘아소 사람들’ 전면 배치 (極右・世襲…「麻生内閣」全面配置)』

(略)
麻生総理は、就任するやいなや、自分のカラーを鮮明に打ち出した。彼は、この日、衆議院本会議で総理に選出された後に断行した人事で、内閣に強硬右派・世襲・側近など、自分と政治信条と出身背景が似ている議員達を大挙抜擢した。
(略)
右派や側近
 侵略戦争や植民支配を肯定する自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」出の議員達が多く任命された。(後略)

…という感じ。
 朝鮮新報では「外相には韓日友好関係の礎を築いた中曽根康弘元首相の息子に当たる中曽根弘文元文相がそれぞれ起用された。」と言及された、親・韓国&中国路線であることに言及のあった新外相も、世襲議員であることのみレポートされていた。

 一方、中国紙では、
 新浪網  2008-09-25付の記事によると、
麻生委親華外相建關係

 自民党総裁の麻生太郎氏が、水曜日の衆議院本会議で首相に任命された後、迅速に閣僚名簿を公表した。新閣僚の多くは保守派で、「中国脅威論」の中川財務相を含む。しかし、親中の中曾根弘文外相も任命されており、彼は中国との関係を強化すると公言している。
(中略)
 17人の閣僚名簿を見ると、どうしても麻生首相が「縁故任用」している印象はぬぐいがたい。しかし、彼らは内政において意見が近くとも、中国に対する態度では大きく異なる。

 二階俊博経済産業相は、日本の政治家で最も中国に友好的な国会議員の一人で、常に日中友好議場に尽力している。中曾根弘文外相と小渕優子少子化対策相は、それぞれ元首相の中曽根康弘と小渕恵三の長男と次女で、いずれも父世代の対中関係を重視する理念を受け継いでいる。
(中略)
 しかし、自民党内の最右派の一人、中川昭一財務相は「中国脅威論」吹聴者であり、従軍慰安婦の存在を否定し、日本の核武装論を唱えている。かつて小泉内閣で文科相を務め、今回は国土交通相に就任した中山成彬氏は同様に、南京大虐殺を否定し、「慰安婦」問題における日本政府と軍隊の責任も否定している。初入閣の森法相は、台湾を「国家」と呼ぶ。

自爆系、親中系どちらにもバランスよく言及されているようではある。また、中国からの自爆系注目度は、韓国で注目の2人に加え、森法相の注目度が高そうだ。


 さて、新首相について、おさらいというか、記憶をリフレッシュするために蒸し返しておこう。
(以下、強調は引用者(の勢い)による)

麻生氏には「上から見下ろす視点」しかない。そもそも1979年に総選挙に立候補した時、支援者に対して「下々の皆さん」と発言したというエピソードが物語ってあまりある。一連の失言騒動も、もっとも苦しんでいる立場にいる人たちを想像することが出来ないことに由来していると思う。

上から下を見下ろす人に総理の資質なし』(Yahoo!みんなの政治 - 保坂展人 - 活動記録、2008年9月22日付)より

偏見・差別

 「東京で美濃部革新都政が誕生したのは婦人が美濃部スマイルに投票したのであって、婦人に参政権を与えたのが最大の失敗だった」(一九八三年二月九日、高知県議選の応援演説)

 「創氏改名は、朝鮮人の人たちが『名字をくれ』と言ったのが始まり」(二〇〇三年五月三十一日、東京大学での講演)

 (北朝鮮のミサイル発射について)「(朝鮮労働党の金正日総書記に)感謝しないといけないかもしれない」(〇六年七月八日、広島市内での講演)

 「地球温暖化を心配する人もいるが、温暖化したら北海道は暖かくなってお米がよくなる」(〇六年九月十三日、札幌市での総裁選演説)

 「七万八千円と一万六千円はどっちが高いか。アルツハイマーの人でも分かる」(〇七年七月十九日、富山県高岡市での講演)

 (幹事長就任のあいさつで訪ねた江田五月参院議長に)「審議をしないとどうなるか。ドイツでは昔、ナチスに一度(政権を)やらせてみようという話になった」(今年八月四日)

 「岡崎の豪雨は一時間に一四〇ミリだった。安城や岡崎だったからいいけど、名古屋で同じことが起きたらこの辺、全部洪水よ」(九月十四日、名古屋市での総裁選演説)

新総裁 麻生氏 発言録』(2008年9月23日(火)「しんぶん赤旗」)より。

2005年10月15日 福岡県太宰府市での開館記念式典の来賓祝辞で
「一文化、一文明、一民族、一言語の国は日本のほかにはない」
(2005年10月16日 朝日新聞)
「(北海道ウタリ協会から、アイヌ民族の存在を否定するような発言で、憤りを覚えるとの抗議を受けて)民族、言語、文化が大幅に入れ替わらず比較的まとまってきた日本の特徴を述べた」
(2005年11月1日 朝日新聞)

麻生太郎 おもな発言録』(JANJAN 2006/09/08)より。

「やかましい」は「プロ」の意味?麻生氏、農水相を擁護(朝日新聞)
(略)
 太田氏と同じ福岡県出身の麻生氏は「関西以西の人は『やかましい』とみんな言う。『あの人はワインにやかましい』というのは普通の表現だろう」と解説。(中略)太田氏はテレビ番組で、国内の食の安全対策について「日本は安全なんだけど消費者、国民がやかましいから徹底していく」と発言。(後略)

vanacoralの日記』さんの2008-08-19付『「やかましい」と「しょうがない」』経由。

…新首相の最大の注目点は、やっぱこの路線になってしまうのは仕方あるまい(多分)


 こっちもあるけど。
2008年9月13日(土)「しんぶん赤旗」『自民総裁選候補の政治資金 巨額の“上納金” 飲食費

 総裁選最有力候補といわれる麻生太郎幹事長は、集金額も最多です。同氏の資金管理団体「素淮(そわい)会」の収入は一億三千六百五十万円。このうち八千四百七十万円が昨年六月に都内のホテルで開いたパーティーの収入です。

 一晩で八千万円以上も集金したパーティーですが、会場代などにかかった経費はわずか五百四十二万円。しかもパーティー券の購入先がはっきりしているのは、九社が購入した七百二万円分だけで、残りは公表義務のない二十万円以下として処理されており、実態は不透明です。(後略)


asahi.com 2008年9月25日11時51分『未明の初閣議 首相、身ぎれいにと指示』から一部のみ

 25日未明の初閣議では、首相は政治資金の問題について「自ら説明できるように」と各閣僚に収支の内容を十分把握しておくよう指示。

不透明なのは、きっと説明できるんだろうから、議員さん、どなたか質問してくれないかな。
スポンサーサイト
[ 2008/09/25 18:00 ] 四方山話 | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/527-c0e8be48


麻生内閣発足

少し前のことですが、9月24日に麻生内閣が発足しました。 (組閣5日目にして、はやくもやめちゃったかたもいるけれど。) 「麻生首相が閣僚名簿発表、34歳小渕氏が戦後最年少入閣」 「平均年齢58.2歳、若返る=初入閣は5人-麻生内閣」 「<麻生新内閣>2世議員、...
[2008/09/30 00:14] URL たんぽぽのなみだ~運営日誌

[ネタ]小泉進次郎氏の論文があったよ。

えーと、ブログサボってる間に国土交通大臣があっというまに辞任したり、NYで株価が暴落したりと大変なわけです。それと、12万アクセス越えをいたしました。ありがとうございます。お礼にといってはなんですが、小泉純一郎氏の政界引退記念として、ご子息の書かれた論文のご
[2008/09/30 15:37] URL おこじょの日記












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。