スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

後期高齢者医療制度見直しに関する報道いろいろ 

 20日朝のTBS番組で、舛添厚労相が、悪評高い「後期高齢者医療制度」見直しに関する発言をしたそうで、各社が一斉に報じている。
(以下の引用において、強調等は引用者による)

舛添要一厚生労働相は(略)「後期高齢者医療制度に代わる新しい医療制度を創設する」と語り、後期高齢者医療制度を維持する政策からの方針転換を打ち出した。同相はこの考えを自民党総裁選での勝利が有力視される麻生太郎幹事長にも伝えたことを明らかにし、「麻生政権ができれば政策として実現する。所信表明演説にも盛り込まれる」と述べた。(後略)

日経ネット2008年9月20日付『厚労相「麻生政権で新制度」 後期高齢者医療 』より。
 あるいは、

(略)
「どんなに論理的にいい制度でも国民に支持されなければ長期に維持できない。政権も代わる時期でもあり、じっくり問題点を洗い出す」と話し、次期内閣では抜本的に制度を見直す必要があるとの考えを表明した。(中略)

 見直しにあたっては(1)75歳以上という年齢で分けない(2)保険料の天引きを強制しない(3)負担について世代間の反目を助長する仕組みにしない、との原則を掲げた。最低1年議論し、それまでは現行制度を維持する。舛添氏は「(現制度の)廃止とは一言も言っていない」とも語った。

asahi com 2008年9月20日12時20分付『後期高齢者医療制度、抜本見直しも 舛添厚労相表明』より。
「論理的にいい制度」?
んで、「新しい医療制度を創設する」けど(現制度を)「廃止とは一言も言ってない」?

 舛添厚労相による後期医療制度に対する評価は、共同通信だとこういう表現だ。

「よくできた制度だが、国民に支持されないと維持できない。大胆に見直すべきだ」と強調。麻生氏もこうした考え方を了承しているとした上で、総裁選では麻生氏を支持する考えも示した。

共同通信2008/09/20 12:06付『後期医療廃止、麻生氏が言及へ 所信表明演説で、と厚労相』より。

 …「よくできた」「論理的にいい制度」が「世代間の反目を助長する仕組み」であるらしい。また、麻生氏がこの「大胆に見直すべき」の考えを了承しており、舛添氏は総裁選で麻生氏を支持するそうな。asahi報道の先に引用したのと別の箇所にもこういう記述がある。

舛添氏は、福田政権の閣僚としてではなく、自民党の一議員としての私案であることを強調した。

 番組で舛添氏は自民党総裁選での勝利が確実視される麻生幹事長と事前に相談していたことも明らかにし、「こういう形で見直すことについて麻生幹事長もまったく同じ考え方。首相になれば、所信表明演説でこれをおっしゃると思う」と述べた。

asahi com 2008年9月20日12時20分付『後期高齢者医療制度、抜本見直しも 舛添厚労相表明』より。
…現在進行形で福田政権の閣僚である癖に、私案であるそうな(それも、次期首相候補との談合済み)。

 ところで、この件の報道はなぜか産経が詳しい。

MSN産経 2008.9.20 11:22付『後期高齢者医療制度「大胆に見直す」 舛添厚労相が私案(1/2ページ)

(略)「どんなに論理的で細密に作られていても、国民が支持しないような制度は大胆に見直すべきだ」と述べ、現行制度を廃止し、新制度創設を検討するとの私案を明らかにした。舛添氏は次期首相が確実視される自民党の麻生太郎幹事長の了解は得られていると説明したが、野党からは「実現性のない選挙対策だ」との批判が出ているほか、同制度を推進してきた与党にとっても“寝耳に水”の話で、今後の混乱が予想される。

 他社報道でも、『番組に同席した公明党幹部からも「聞いてない」との発言が出るなど、与党内での調整はこれから』(asahi)、『同席した公明党の山口那津男政調会長は「与党に何の根回しもない。しっかりと説明してほしい」と舛添氏に苦言を呈した』(共同)だそうな(呆)。
 なお、「国民が支持する」事は論理を構築する上で優先すべき条件であって、国民に支持されなかった事実はその論理が間違っている事を意味しているにすぎない。ここは民主主義の国なのだから。

 そして、

 舛添氏によると、舛添氏が19日に麻生氏と会談した際、麻生氏は舛添案を了承。舛添氏は「私の政策を支持する方を総裁選で支持する」と麻生支持を明確にした上で、舛添案について「仮に麻生氏が首相になれば所信表明演説で言うと思う。これは麻生氏の考えだ」と強調した。

…舛添氏にとっての政権内生き残り作戦という理解でいいのだろうか。

後期高齢者医療制度「大胆に見直す」 舛添厚労相が私案(2/2ページ)』には、

 ただ、舛添氏は事前に福田康夫首相や町村信孝官房長官の了承を得ておらず、その真意について「今の政権でやることではない。新政権に現職大臣として一石を投じるべきだと思った」と説明。

現職大臣としての発言なら、現在のトップに了承を得るのが筋というものではないのか?
ってか、各社の報道を読み合わせると「現職大臣として一石を投じる」「一議員としての私案」を出したらしい(謎)。

 舛添氏は雑誌「中央公論」9月号で、後期高齢者医療制度に対する高齢者らの反発を「こういう無責任な国民のありようは、『観客型民主主義』とでも言えば分かりやすいだろうか」と厳しく批判していたが、最終的には次期衆院選を前に国民への説得をあきらめた格好。

…なんなんだ、この人物は?

 番組では、民主党の長妻昭政調会長代理が同席していたそうで、「選挙対策の単なるパフォーマンス」と、厳しく批判したそうだ。当たり前である。
スポンサーサイト
[ 2008/09/20 17:15 ] 四方山話 | TB(3) | CM(2)

「論理」への固執ぶりを見て   No. 5158

お久しぶりです。

後期高齢者医療制度をささえる「論理」とは何でしょうね? 政府はごまかさず、堂々と教えてほしいです(笑)。

同時に、ここまで後期高齢者医療制度の「論理」に固執するのは、裏があると思います。後期高齢者医療制度は公的医療費支出削減の一方策にすぎませんから。

後期高齢者医療制度には、医学的必要性とは無関係に医療内容を制限しようとしたり、医療費がかかる健康保険組合は保険料を上げるなどの「論理」が導入されています。政府はこの「論理」を他の医療制度、他の世代、保険組合にも拡大したいのでは。だからその「論理」がコケては困ると思っているのではないかと思います。

でも、碧猫さんがおっしゃるとおり、舛添さんは、自分の会見のなかで「論理」がコケているのですけどね(笑)。
[ 2008/09/26 09:37 ] z4j1573M[ 編集 ]

ご無沙汰です   No. 5159

>おさかなさん
>後期高齢者医療制度をささえる「論理」とは何でしょうね?
<
 ささえるというか、導入とか推進する論理は、やっぱり「姥捨て山」なんじゃないですかね。今後高齢者が増えるのは必然で、この先「高齢者」となる、ある世代は特に人口が多いと聞きますから、その前にあらかじめって。

 「論理」はそれ自体が正しいかorその事態に適応する「論理」がそれで適しているかを常に検証されるものなのだから、「これが正しい論理だ」と主張することで思考停止すると思われているように見えて、気分悪いですよね。


…結局、留任でしたね。舛添氏。
麻生太郎氏の失言を拾っていて、麻生氏のアルツハイマー発言時に舛添氏が麻生氏を「バカ大臣」呼ばわりしたことを今更ながら思い出しました。
その相手に尻尾振っちゃって。
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20070723
[ 2008/09/26 17:51 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/525-a5bec5da


後期高齢者医療制度「見直し」をネタに厚労大臣留任を狙う舛添要一

 舛添要一厚生労働大臣が後期高齢者医療制度の見直しを表明しているという。  朝日新聞(2008/09/20 12:20)より(太字強調は引用者による、以下同じ)。 (前略) 見直しにあたっては(1)75歳以上という年齢で分けない(2)保険料の天引きを強制しない(3)負...
[2008/09/20 18:01] URL 世界の片隅でニュースを読む

「選挙対策」であることが浮き彫りになった、舛添「一議員」による後期高齢者医療制度「廃止」宣言

舛添要一大臣が「後期高齢者医療制度を廃止する」と言い、麻生太郎氏も了解したという報道がされました。9月19日から今日20日にかけてのこ...
[2008/09/21 00:17] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

厚労相が首相に相談せず次期総裁候補に相談?

テレビで舛添厚労相の「後期高齢者医療の見直し」発言を見て、驚いた、そして呆れた。厚労相「後期高齢者医療の見直し」を強調、公明は不快感(読売新聞) - goo ニュース後期高齢者医療制度「大胆に見直す」 舛添厚労相が私案(産経新聞) (記事引用-読売新聞)舛添厚
[2008/09/21 23:00] URL 熟年ドラキチ  さぁ人生はこれからだぁ^^ 












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。