スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

産経、予想通りの報道をする 

 タイトルは「黙然日記」さん風のつもりでつけてみました。
 あちらでも取り上げていただける予定なので、期待しつつ待ちながらも、これはちょっとうちでも展示しておきたくなったので、魚拓保存がてらのエントリ。

 MSN産経2008.9.18 22:57付
さらば“河野談話” 引退前に非を認めてほしかった…1
さらば“河野談話” 引退前に非を認めてほしかった…2
 阿比留瑠比記者の署名報道。
タイトルでいきなりつっこめてしまう。引退するのは河野洋平衆議院議長であって、「河野談話」が議長引退に伴って撤回されるわけではないのだが、いくら願望とはいえ面白すぎる(*)
 なぜ、「さらば“河野談話”」?

 河野氏に関し指摘しておかねばらないのは、宮沢喜一内閣総辞職のわずか5日前の5年8月4日、駆け込むように発表した「河野官房長官談話」の影響だ。

 この談話が世界で独り歩きした結果、日本は「性奴隷(セックス・スレイブ)の国」と決めつけられるようになった。日本が、事実と異なると反論しても「談話という形でコメントが出ているではないか」(マイク・ホンダ米下院議員)と言い返されるありさまだ。

 国連人権委員会には河野談話を根拠の一つとして1996年(平成8年)にクマラスワミ報告書が、98年にはマクドガル報告書が提出された。それぞれ、慰安婦を軍事的性奴隷とか、奴隷狩り同様の強制連行と指摘したりした内容だ。米下院が昨年7月、慰安婦問題に関する対日非難決議を行ったのも記憶に新しい。

 だが、河野談話は、行政文書など具体的な証拠に基づく談話ではない。(中略)

 河野氏自身も、9年に自民党の議連会合で行った講演で「『本人の意思にかかわらず連れてこい』というような命令書があったかといえば、そんなものは存在しなかった」と述べていた。(後略)

96年のクマラスワミレポートで、河野談話の言及箇所は1箇所だけ。

VIII. MORAL RESPONSIBILITY

125. The Government of Japan has not accepted legal responsibility but in many statements appears to accept moral responsibility for the existence of "comfort women" during the Second World War. The Special Rapporteur considers this a welcome beginning. Documents handed to the Special Rapporteur by the Government of Japan included statements and appeals accepting moral responsibility for the problems of the so-called "comfort women". The statement made by Chief Cabinet Secretary Yohei Kono on 4 August 1993 accepted the existence of comfort stations, as well as the direct or indirect involvement of the then Japanese military in the establishment and management of the comfort stations and that, although recruitment was carried out by private recruitment, it was done at the request of the military. His statement further recognized that, in many cases, "comfort women" were recruited against their will and had to live in misery at comfort stations in a "coercive atmosphere".

日本を弾劾する根拠としてあげられているわけではないのではなかろうか。(参考;はてな「従軍慰安婦問題を論じる」「クマラスワミ報告」

 一方の、98年マクドゥーガルレポートを、はてな「従軍慰安婦問題を論じる」「マクドゥーガル報告書補遺」に和訳があったのでもらってくる。

I. 日本国政府の見解

2.日本国政府は、第二次世界大戦中に強姦所の設置及び監督に旧日本軍が直接関与していたことを多年に亘り否定していた後に、最終的には、日本国政府自体の「慰安所」の設置への関与につき、「内閣外政審議室による1993年8月4日発表のいわゆる従軍慰安婦問題に関する調査結果及び同日の内閣官房長官談話」においてこれを認めた。同調査は、戦時公文書の調査、並びに元軍人及び元慰安婦」の双方への聞き取り調査を含んでいる。本付属文書において論議している通り、1993年の調査は「慰安婦」の個人的及び性的自主性の欠如及び女性の健康をあたかも奴隷のように管理していたことを強調している。

3.日本国政府は、近年、「慰安婦の問題」につき、何度も公的な謝罪を行っている。特記すべきは、1995年7月の第二次世界大戦終戦50周年記念の際に村山富市内閣総理大臣(当時)が「戦争の傷跡は未だ深い」そして「いわゆる従軍慰安婦の問題もそのひとつです。この問題では、旧日本軍が関与して多くの女性の名誉と尊厳を深く傷つけたものであり、とうてい許されるものではありません。私は、従軍慰安婦として心身にわたり癒し難い傷を負われたすべての方々に対して、深くおわびを申し上げたいと思います」と述べたことである(2)。

4.これらお詫び及び認識にもかかわらず、日本国政府は旧日本軍による慰安所の「設置及び運営」に関する活動に対する法的責任を否定し続けている (E/CN.4/1996/137参照)。

…河野談話は、阿比留記者が妙なことを書いているのと違って実は、吉見先生らが発見なさった日本側の公文書にも基づいているんだけどね(参考;外務省「戦後60周年」、「いわゆる従軍慰安婦問題について(平成5年8月4日)(PDF)」)。

 って言うか、引用したように、「強制連行の公式文書の命令書」がない、を「行政文書など具体的な証拠に基づく談話ではない」に、すり替えているんだが。

 そして、このところ、日本が諸外国から批判を浴びているのは、河野談話のせいではない。
はてな「従軍慰安婦問題を論じる」「河野談話」から、一部引用。

2007年3月、安部首相(当時)は慰安婦就業の狭義の強制性はなかったと国会で発言した。また麻生外務大臣は(当時)は、強制性の証拠はない、と発言した。日本外の各国では歴史修正主義者のみならず日本政府が河野談話を公式に否定しようとしているのではないかという見方をいっそう強める結果となった。


…阿比留記者の記事って、オーストラリアの「慰安婦」公式謝罪要求決議採択の後押しかと思ってしまいそうだ。。。



、コメント欄で頂いた情報によると、阿比留記者自身がつけたタイトルは「さらば河野衆院議長 河野談話で負の遺産残す」だったとのこと。「さらば“河野談話”」は、産経の願望のようです。まさか、阿比留記者の文章を読んだだけで、河野議長の引退=河野談話が撤回と、短絡して勘違いなんて、通常はありえないでしょうから(笑)
もっとも、付け替えられた「さらば“河野談話”」のタイトルに対し、阿比留記者はブログで明確な意義表明をしている様子は見受けられませんので、異論はなさそーです。


追記。
皆様のつっこみ;
dj19の日記」さんの2008-09-19付「みっともなくて見苦しくて困った記者・阿比留瑠比について

阿比留blogにTBしたんですが、今確認したら削除されてました。嫌われてるみたいw


黙然日記」さんの2008-09-19付「産経記者、面白い日本語を使う。

阿比留記者のblogで、記事の内容補足や河野氏引退会見の内容を紹介するエントリですが、この中に「少しずつ微妙に事実関係をねじ曲げ、論点をずらし、人々が気付かないうちに真相からどんどん遠いものにしてしまうこの(中略)話法」という表現があります。なんでここで自己紹介しているのかと思って読み直したら、どうやら河野氏を批判しているつもりのようだったので驚きました。


Stiffmuscleの日記」さんの2008-09-21付「河野洋平氏の言葉の重み

 阿比留さんは、秦郁彦が提唱した『狭義の強制連行』を裏付ける公的文書がなかったから、その事実もなかったと言い続けているが、当時の内閣が立派だったのはそこで被害者女性の証言に真摯に耳を傾けたことだ。私個人は、『河野談話』は国家責任を明確に認めると公言していない点が不満だが、元「慰安婦」に強いられた数々の拘束や、軍および政府の全面的統制による「慰安所」制度の存在を認めた点で画期的だったと思う。これは右派からの圧力に屈することなく、自国の非を(曖昧な形ではあるが)認めた勇気のある行動なのだ。河野氏をはじめ関係者は、当然、自国の利益や利害も考えただろうが、それと同等もしくはそれ以上に被害女性たちの人間として尊厳の回復を重要視したのだ。間違いを素直に認め謝罪できるのは国にとって誇り高い行いなのである

情報をトリミングしてまで河野氏に因縁をつけたとて阿比留さんが思うようには世界は動かない。

(上記引用の強調は、引用者による)
スポンサーサイト
[ 2008/09/19 18:08 ] 自爆史観 | TB(4) | CM(21)

とりあえず   No. 5122

デンパ記者ブログで実験をしてみました。

実験意図:コメントの投下により反応を見る

実験内容:以下のコメントを投下する

こんばんは 阿比留様と国を憂う皆様方。
皆様方のご意見を大変貴重なご意見として受け止めております。
河野氏の引退は、この日本において大変意味のあるものではないかと思っております。加藤氏や野中氏などに続き、河野氏も中枢から引退する事で自民党内の自浄能力が格段に低下し、海外諸国からの外圧による浄化が期待できると言う点で、まさに天佑と言えるでしょう。

さあ、どうなる事でしょうね?
[ 2008/09/19 23:42 ] -[ 編集 ]

多分、タイトルは整理部が付け替えたんだと思う。   No. 5123

阿比留が付けたのは、「さらば河野衆院議長 河野談話で負の遺産残す」というタイトルだったようです。
デスクだか、整理部だか分かりませんが、このタイトルに変えた馬鹿よりは、阿比留のほうがマシのようです。

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/721894/
>それと、さらに宣伝というか、明日の紙面の予告というのも変ですが、本日は
>「さらば河野衆院議長 河野談話で負の遺産残す」という記事も書きました。
[ 2008/09/20 01:55 ] mQop/nM.[ 編集 ]

馬鹿   No. 5124

阿比留氏が絶対的に支持している安倍晋三ですら、ついに河野談話を否定するには至らなかったのですが…。ていいますか、言うまでもなく日本政府は今日に至るまで(いろいろな問題はあるにせよ)河野談話を堅持しているわけですからね。

pr3さんもご指摘のように、これ宮沢内閣として出された談話であって、河野氏個人の問題ではないのですよね。それを個人の問題にすりかえるのは、ほんと阿比留氏らしい卑劣さです。

しかし産経もあえて彼に記事を書かせているわけですから、これまた阿比留氏個人の問題ではありませんよね。
[ 2008/09/20 03:56 ] -[ 編集 ]

   No. 5126

>おさふねさん

pr3さんもお書きですが(http://d.hatena.ne.jp/pr3/20080919/1221834392#20080919f1)、
>dj19さんが阿比留blogに寄せたコメントが即削除されたという話は、他なら重大な問題なのですが、ここでは申し訳ないながら言及するにとどめておきます。あびるんならいつものことなので(笑)。
<
だそうですからねぇ。



>gaullisteさん

御教授ありがとうございます。河野談話にさよならしたいのは、「産経」の願望ということで、、、文章の訂正が必要か検討して、必要そうなら、ちょっと後で手を加えておきます。
…でも、お教えいただいた阿比留記者のブログには、「さらば“河野談話”」の表現に対する違和感の表明は見当たらず。。。ご本人は、こんな自分が馬鹿に見えてしまうタイトルに付け替えられても、異存はないみたいですね。



>Bill McCrearyさん
>日本政府は今日に至るまで(いろいろな問題はあるにせよ)河野談話を堅持しているわけですからね。
<
もし、河野談話、すら、なかったらどえらいことになってたんじゃないかと思えます。

>産経もあえて彼に記事を書かせているわけですから、これまた阿比留氏個人の問題ではありませんよね。
<
個人ブログ上の放言ではなく、署名入りであっても産経紙上に載る文章として公表されている訳ですよね。
 阿比留記者はブログでこの記事を、河野氏の業績(?)を「簡単に(行数制限の範囲でという意味です)総括」と表現していましたが、その簡単な総括が無茶苦茶というのは、、、記者って職業は(ry
[ 2008/09/20 17:18 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

どこに脳みそついてるんだか・・・   No. 5128

・世界中から評価された河野談話
・世界中から総スカンを食らった挙句、燎原の野火のように「慰安婦謝罪 要求」が広がったTHE・FACT

どちらが「負」の遺産なんでしょうねぇ
[ 2008/09/20 20:04 ] mYQ.hasQ[ 編集 ]

素朴な疑問   No. 5129

 河野談話ってのは「内閣のスポークスマンである内閣官房長官」の談話なんですが、ひょっとして、あびるんって、個人的な談話だと思ってるんでしょうか。
[ 2008/09/20 21:02 ] mQop/nM.[ 編集 ]

問題は   No. 5131

>HOPEさん

どこについているかではなく、有無をまず検証しないといけないような気がします。
…もう一つ、強烈な負の遺産として、阿比留記者が大好きな前首相による強制なかった発言がありますねぇ。大抵の決議には、あれも念頭に置いているとしか思えない表現がありますからね。



>南さん

ひょっとしているのではないかと。。。
でも、それに先立つ加藤談話でも「慰安所の設置、慰安婦の募集に当たる者の取締り、慰安施設の築造・増強、慰安所の経営・監督、慰安所・慰安婦の街生管理、慰安所関係者への身分証明書等の発給等につき、政府の関与があったことが認められたということである」って言ってますけどねぇ。
[ 2008/09/21 08:09 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

いつも不思議なのは…   No. 5133

いつも不思議に思うのはこの手の記事が「産経の公式見解なのか、こもりん・あびるん等の個人的見解をそのまま記事にしているのか」の区別がはっきりしていない事(困)

これが産経公式見解なら…もう毒電波新聞に公式認定しても宜しいかと(核爆)

私の中の公式見解では既に世界日報・日経・読売が認定されていますが…実はあまりに間違いの多い産経は端から眼中に無いので(核爆)


※ 過去にうちの親が内容を全く知らずに勧誘員が余りに哀れと言う事で世界日報を数ヶ月のみ購読していた過去あり(T_T) まだこの頃は統一教会関連とは気づいていなかったが…あまりに内容が痛すぎるので(中曽根元首相が首相になる前で…何故か目一杯持ち上げていた)数ヶ月でアウトとなった次第(笑)
その頃から毒電波新聞の公式見解されています…私の中では(爆)
当時から産経は数字の間違いが多く、眼中にも入らなかったのは言うまでもございませんm(__)m
[ 2008/09/21 19:18 ] ztCZFfzI[ 編集 ]

Re:いつも不思議なのは…   No. 5135

> いつも不思議に思うのはこの手の記事が「産経の公式見解なのか、こもりん・あびるん等の個人的見解をそのまま記事にしているのか」の区別がはっきりしていない事(困)

 もはや公式見解と見なしてもよろしいかと。

国の将来に禍根を残した「背信の政治家」
http://katayamam.iza.ne.jp/blog/entry/722625/

と、片山雅文編集長兼ウェブ編集長の署名で、阿比留氏の見解を繰り返している以上は。
[ 2008/09/22 22:31 ] 7WgtulnI[ 編集 ]

   No. 5136

>ありえす224さん

ブログ主がとろい間に、SunnySideさんが情報を下さいましたが(^^;
「こもりん・あびるん等の個人的見解をそのまま記事に」でも、十分な気はしますねぇ。


>既に世界日報・日経・読売が認定
<
世界日報と並べられては、他の二つがさすがにあまりにも気の毒な気がしますが(^^;;;;;;
中国紙で情報を探していると、しばしば「世界日報」に行き当たるんですが、うわ最低と思ってそのまま素通りしていたら、実は中国の世界日報があれとは別物と、かなり後になって知りました。


ところで、別件で恐縮ですが、ありえす224さんのご興味の方向で、こう言うのが出てましたよ。
http://ameblo.jp/fireflysquid/entry-10139358661.html
http://www.infosakyu.ne.jp/~ayame/logwing.cgi?article=weblog_1221820624
http://shibuken.seesaa.net/article/106869527.html
http://sea.ap.teacup.com/mimizuku/68.html



>SunnySideさん

情報ありがとうございます。
…産経の公式見解に近いものであるらしいことは、多くの人が知って置いた方がいいかもしれませんね。「慰安婦」関係でもう1エントリの予定だったので、エントリ中で紹介させていただきますね。
[ 2008/09/23 13:11 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

情報ありがとうございますm(__)m   No. 5138

碧猫さん(^^)/
神戸市は…かなり怖いかもです(苦笑)←別方向から見ました(T_T)

関連情報として
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1221526817
http://blackshadow.seesaa.net/article/106671451.html
ってのもあって、非常に憂慮しているので(^^;

SunnySideさん(^^)/
情報ありがとうございますm(__)m
早速見に行ってみます…ってかやっぱり産経は毒電波新聞か(困)

日経と読売が毒電波に指定されたのはつい最近です…読売は社主が毒電波に(困)日経は…もっと痛かった○| ̄|_
[ 2008/09/23 15:50 ] ztCZFfzI[ 編集 ]

こっちの方は知りませんでした…   No. 5139

 もし河野氏が個人的見解で話してるのなら、それこそ「南京事件というのは、でっちあげだ」発言で罷免された、永野茂門法務大臣(羽田内閣)の立場は…?
(11日でクビという超短命だったが、8日の遠藤武彦農水相に破られた。)
 宮沢総理は、河野官房長官を罷免できなかった、輪をかけた無能ってことになりますわな…でも、宮沢さんの議員引退の時にまるで吹き上がらなかったわけだから、何が何だか。

碧猫さま
> 世界日報(Shìjiè rìbào)
のほうの世界日報ですか…初めて知りました。
(ああ、ややこしい…)
「もう一方」の方は、ID理論との親和性からして、毒電波確定してまする。
(トンデモ本の世界から、疑似科学の世界を知って「疑似科学バスター見習い」を自称してます。)
[ 2008/09/23 17:57 ] 7WgtulnI[ 編集 ]

   No. 5140

>ありえす224さん

ご存じでしたね(^^;
しかしまぁ、、、水伝おそるべし(いろんな意味で)。
神戸市は、とらこさんはじめ複数の方がメールしたみたいで、手違いであった旨の返信が来て、記述は変更されたようですね。

>http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1221526817
>http://blackshadow.seesaa.net/article/106671451.html
ご紹介ありがとうございます。幻影随想さんは見落としていました。
あと、羊水がらみのところは、くりずさんが優れた批判エントリを上げておいででしたよ。
http://kurizu.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-6a61.html?cid=52683339
(ところが、私がアクセスしたときのSponsored Linkが「波動転写機はALC」「波動水を1000円で」「波動水を超える水」って…orz)


>やっぱり産経は毒電波新聞か(困)
<
いや、日経より読売より。。。それ以前に、新聞にカウントするかどうかが問題とはいえ。



>SunnySideさん

ご紹介の記事、本日分でバックラッシュの一例として紹介させていただきました。ありがとうございます。

>> 世界日報(Shìjiè rìbào)
>のほうの世界日報ですか…初めて知りました。
Wikiをみると、まともな世界日報が結構あって、気の毒ですねぇ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%97%A5%E5%A0%B1


>「疑似科学バスター見習い」を自称してます
<
そっち方面からお越しでしたか。
ID論も、困ったもので。。。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-353.html

このところ、市民活動と疑似科学の親和性も主にはてなあたりのブログ界隈で指摘されているし、何だかなぁと思っております。
[ 2008/09/23 20:09 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

整理すると   No. 5142

 「河野談話」は政府の公式見解ではなく、河野氏個人の見解。
というのは、産經新聞の公式見解であって、阿比留個人の見解でない、
ということですか。

[ 2008/09/24 16:24 ] p0sRqnjc[ 編集 ]

   No. 5145

阿比留記者と片山編集長がブログに出しただけで、阿比留談話も片山談話も出てませんから、産経新聞の今後の課題ですね。
[ 2008/09/24 18:06 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ここにぶら下げて、申し訳ございません。   No. 5155

> このところ、市民活動と疑似科学の親和性も主にはてなあたりのブログ界隈で指摘されているし、何だかなぁと思っております。
 もうすでにあちこちを飛び回っているので、ご存じかと思いますが、荻上チキさんがとんでもないネタを掘り起こしてしまい、トンデモセンサーが働きっぱなしで、リセットが効きません(オオワラワ)。

http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20080924/p1
http://www.biken-guide.co.jp/publish/index.html

ゲーム脳、活性酸素、経皮毒、牛乳&白砂糖有害論等々、これだけでもうおなかいっぱいです(耐性が無い人には怖いが)。
[ 2008/09/25 19:06 ] 7WgtulnI[ 編集 ]

…トンデモつながりだし   No. 5156

>荻上チキさんがとんでもないネタを掘り起こしてしまい
<
うわ。チキさんとこはアンテナ登録していたのに、見落としてました。これは凄い。
御教授ありがとうございます。


何ですか、これ、宗教がらみ(^^;?

後ほど(心に余裕のあるときに)じっくり見させていただこうかと思いつつ。。。
そこのリンク集もすごい。ざっとみたとこ、これ(^^;;;;;
http://www.yodo-e.co.jp/index.html
…水商売だ。
[ 2008/09/25 19:24 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

2ちゃんねるのスラングを使う新聞記者   No. 5164

まあ阿比留ってやつは、河野洋平のことを「紅の傭兵」と表記するやつですからねえ...
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-336.html

ちなみに、「紅の傭兵」は、阿比留のオリジナルではなくて、2ちゃんねるあたりではずっと前から出回っている表記です。
[ 2008/09/26 23:09 ] e51DOZcs[ 編集 ]

   No. 5178

>kojitakenさん

『河野洋平 紅の傭兵』で検索してしまいました。
なんと申しましょうか。。。まぁ、阿比留記者や古森記者や花岡氏に、正確な情報とかは期待していませんから、もともと。
[ 2008/09/28 01:47 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5199

碧猫さん、お久しぶりです。
水伝批判エントリの紹介ありがとうございます。
このところ、私事でバタバタしていまして、今さらながらのご挨拶ですみません。

>(ところが、私がアクセスしたときのSponsored Linkが「波動転写機はALC」「波動水を1000円で」「波動水を超える水」って…orz)

フリーのサービスは広告が厄介ですよね。
トンデモ系を記事にすると、「水」商売が必ず入ってしまうようです。
有料のサービスに切り替えれば広告は外せるんですけれど。
[ 2008/10/01 00:47 ] jqmbxLik[ 編集 ]

   No. 5204

>くりずさん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。いつも、大変優れたエントリで感服しています。

水伝は、本当にしぶといですね。水商売も、相変わらず嫌になるほど活発で。
と思っていたら、食育にもとんでもないのがありましたorz。



>おさふねさん

常識人認定、おめでとうございます。
[ 2008/10/01 19:00 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/524-f56a7e9a


[マスコミ]みっともなくて見苦しくて困った記者・阿比留瑠比について

ブログ「Gazing at the Celestial Blue」の碧猫さんがすでに(こちら)で突っ込みを入れている産経新聞のデムパ記事なんですが、自分もがまんできなくて突っ込みを入れてみました。 さらば“河野談話” 引退前に非を認めてほしかった (1/2ページ) - MSN産経ニュース 9/18
[2008/09/19 22:16] URL dj19の日記

日々雑論[政治問題] 河野氏が引退だそうです…

 河野氏が政界から引退するそうですが…  リベラル保守の方がまた一人撤退するのは残念でなりません。  せめて後進を育ててから引退して欲しかったですね。  でも、まあ…これでいいのかもしれません。  アチキはもとから日本という存在に自浄能力何ざハナッから期待し
[2008/09/19 23:19] URL 日々つれづれ

[watch][assort][abirun]産経記者、面白い日本語を使う。

【外信コラム】ポトマック通信 お祝いの額は - イザ! http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/gaishin/179550 親はほっと肩をなでおろすと同時に  有元隆志記者は、ずいぶん体が柔らかい人のようです。今試してみましたが、少なくとも右手で自分の右肩をなでおろ
[2008/09/19 23:26] URL 黙然日記

河野洋平氏の言葉の重み

すでに多くのブログでも記事*1が書かれているのでご存知だと思うが、河野洋平衆議院議長が議長の職を勇退することになった。 河野洋平氏といえば、1993年8月4日に自民党宮沢内閣が発表した『いわゆる従軍慰安婦問題について』(内閣官房内閣外政審議室)にもとづく『慰安婦
[2008/09/21 19:27] URL Stiffmuscleの日記












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。