スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

河野洋平衆議院議長が政界引退へ 

 自民党の残り少ない良心(注;私の主観です、念のため)、河野洋平氏(神奈川17区)が政界を引退するという報道が流れていた。次の衆議院議員選挙には立候補せず、政界を引退する意向だそうだ。12日に後援会関係者に引退の意向と伝えていたそうで、22日の総裁選後に最終判断した後に正式発表予定という。

 asahi.com 2008年9月17日11時19分付、『河野洋平衆院議長、政界引退へ』より

(略)
 河野氏は今月初め、広島市で開かれた第7回G8下院議長会議(議長サミット)の議長役を務めた。被爆地での開催を自らの政治家人生の「集大成」として実現させ、「政治家としての区切りがついた」(周辺)という。

 67年に自民党で初当選。(中略) 平和・軍縮に取り組み、新自ク時代に米国と旧ソ連に単身乗り込んで広島の被爆フィルムを上映したこともある。93年には宮沢内閣の官房長官として、従軍慰安婦への軍当局の関与と「強制性」を認めて謝罪と反省を表明する談話を発表。外相時代の94年には国連総会で「核兵器の究極的廃絶に向けた核軍縮に関する決議」を日本として初めて単独提案し、採択された。

 今年8月の全国戦没者追悼式では、議論が停滞している無宗教の追悼施設設置の検討を提唱。議長サミットは「平和と軍縮に向けた議会の役割」をテーマとし、ナンシー・ペロシ米下院議長らG8各国議長と平和記念資料館(原爆資料館)を訪れた。


 日刊スポーツコム2008年9月17日2時40分付、『河野衆院議長が今期限りの引退で調整

(略)
 河野氏は、67年初当選し、連続14回当選。76年にロッキード事件で自民党の金権体質を批判し離党、新自由クラブを結成したが、86年に復党した。

 93年衆院選で自民党過半数割れ後に党総裁に就任、95年の総裁選には出馬せず、首相には就任しないままだった。03年11月に衆院議長に就いた。

 06年12月に旧河野派を解散し、事実上、派閥を麻生太郎幹事長に譲った。

 宮沢政権の官房長官時代の93年に戦時中の従軍慰安婦問題の調査結果を発表、「心からおわびと反省の気持ちを申し上げる」と謝罪する河野談話を出した。

 02年4月、C型肝炎悪化による肝硬変治療のため、息子の河野太郎衆院議員(自民党)から生体肝移植を受けた。

 洋平氏の父は故河野一郎元農相、叔父は故河野謙三元参院議長という政治家の名門。(共同)

…事実上の派閥の後継者は、麻生太郎氏になるのか(<-そういうことには、疎いもので)。。。

 河野洋平氏については、先だっての8月15日に、全国戦没者追悼式の「追悼の辞」がかなり注目されていた。
毎日新聞 2008年8月15日 東京夕刊付、『終戦記念日:無宗教の追悼施設を 河野衆院議長、政府に検討求める (リンク切れ)』

 河野洋平衆院議長は15日、全国戦没者追悼式の「追悼の辞」で、「政府が特定の宗教によらない、すべての人が思いを一にして追悼できる施設の設置について真剣に検討を進めることが強く求められている」と述べ、政府に対して、無宗教の新たな戦没者追悼施設の建設が望ましいとの考えを表明した。(略)
 河野氏は、日本と中国、韓国など近隣諸国との関係について「いまだに歴史に背景を持つ未解決の問題がとげとなり、摩擦を引き起こしている」と指摘した。

 日韓両国がともに領有権を主張する竹島(韓国名・独島)問題を念頭に「領土問題についても、お互いに内向きに領有権を声高に主張するばかりでなく、相手側と真摯(しんし)に向き合い、話し合いによる解決を実現することが強く求められている」と訴えた。

 一方、江田五月参院議長は同じく「追悼の辞」で、「先の大戦では、国内外で被害を受けた国民はもとより、わが国の侵略行為と植民地支配で、アジア諸国をはじめ広い地域の人々にも多大な苦しみと悲しみを与えた」と指摘。「深い反省の上に立ち、真に世界から信頼される平和国家を築くことが私たちの責務だ」と強調した。

この、追悼の辞は、産経系論者あたりからは大変評判が悪かったようだが、朝日系(?)からは好評であったものだ。

 その、『安倍首相が掲げる政権のスローガン「戦後レジームからの脱却」に対する批判をにじませた』として話題になった『全国戦没者追悼式での、「河野衆議院議長による追悼の詞」全文』は、以下の通り(河野洋平WEB「議長追悼の辞」より)。

(天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、全国戦没者追悼式が挙行されるにあたり、謹んで追悼の辞を申し述べます。
終戦のご詔勅のあの日から62年の歳月が流れました。国策により送られた戦場に斃れ、あるいは国内で戦火に焼かれた内外全ての戦没者の御霊に衷心より哀悼の誠を捧げます。
今日のわが国の平和と繁栄は、戦没者の方々の尊い犠牲の上に築かれたものであり、私たちは日本人として、これを決して忘れてはならないと思います。三百万余の犠牲は、その一人一人が、一家の大黒柱であり、あるいは前途に夢を持ち、将来を嘱望された青年男女でした。残されたご遺族の悲しみを思います時、私は失ったものの大きさに胸が潰れる思いであります。
そしてそれは、わが国の軍靴に踏みにじられ、戦火に巻き込まれたアジア近隣諸国の方々にとっても、あるいは真珠湾攻撃以降、わが国と戦って生命を落とされた連合国軍将兵のご遺族にとっても同じ悲しみであることを私たちは胸に刻まなければなりません。また私は、日本軍の一部による非人道的な行為によって人権を侵害され、心身に深い傷を負い、今もなお苦しんでおられる方々に、心からなる謝罪とお見舞の気持を申し上げたいと思います。
私たち日本国民が、62年前のあまりに大きな犠牲を前にして誓ったのは「決して過ちを繰り返さない」ということでした。そのために、私たちは一人一人が自らの生き方を自由に決められるような社会を目ざし、また、海外での武力行使を自ら禁じた、「日本国憲法」に象徴される新しいレジームを選択して今日まで歩んで参りました。
今日の世界においても紛争は絶えることなく、いまも女性や子どもを含む多くの人々が戦火にさらされ苦しんでいます。核軍縮の停滞がもたらした核分散の危機は、テロリズムと結びついて私たちの生存を脅かそうとさえしています。私たちは、今こそ62年前の決意を新たにし、戦争の廃絶に向け着実な歩みを進めなければなりません。その努力を続けることこそ、戦没者の御霊を安んずる唯一の方法であると考えます。
私は、国際紛争解決の手段としての戦争の放棄を宣言する日本国憲法の理念を胸に、戦争のない世界、核兵器のない世界、報復や脅迫の論理ではなく、国際協調によって運営され、法の支配の下で全ての人の自由・人権が尊重される世界の実現を目ざして微力を尽くして参りますことを全戦没者の御霊を前にお誓いし、私の追悼の詞といたします。

平成19年8月15日 
衆議院議長  河野 洋平

河野談話の撤回を求める動き、等々がどうなるか、不安ではある。



参考;
asahi.com 2007年03月27日16時42分付、
従軍慰安婦「おわび」見直す声、河野氏「知的に不誠実」


韓国でも報じられていた。
毎日経済(聯合) 2008.09.17 10:29:07付、
위안부 사과담화 주역 日 고노 의장 은퇴 (「慰安婦」謝罪談話の主役、河野議長引退へ)』 

 第二次世界大戦当時、旧日本軍による軍慰安婦の強制動員を認め、日本政府としての謝罪と反省を表明した「河野談話」の主役である河野洋平衆議院議長が、次期衆院選挙に出馬せず、政界を引退する予定であると、共同通信など日本の報道各社が17日報じた。河野議長は、官房長官に在職していた1993年に、軍慰安婦と日本政府の関わりを認め謝罪の意を表する談話を発表した。

 これは、安倍晋三前総理の「慰安婦強制動員の証拠がない」と言った発言にも関わらず、現在に至るまで日本政府の公式見解としての位置づけにある。
(後略)

上記は、自動翻訳を使った意訳をメモとして保存しているものなので、念のため。
スポンサーサイト
[ 2008/09/17 12:30 ] 四方山話 | TB(1) | CM(12)

二世三世議員と派閥。   No. 5113

TBありがとうございました。産経の記事が出たら(笑)こちらでも取り上げるつもりですが、河野氏の引退は残念です。
河野グループの事実上の継承者が麻生氏である点ですが、もともと感情的な行き違いから生まれた派閥だったので、政策面では整合性がなかったようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%BA%E5%85%AC%E4%BC%9A
そもそも麻生氏がリベラル・ハト派の旧宮沢派(宏池会)にいたことがおかしいのですが、吉田茂直系を受け継ぐのが宏池会だというだけの理由だったのではないでしょうか。タカ派の福田赳夫が作った福田派(清和会)に、政策面ではハト派の福田康夫氏が在籍していたのと同じような、ねじれ現象なのだろうと思います。こうした世襲政治家たちには、まさに河野洋平氏が、河野一郎派の流れを汲む中曽根派などと対立する宏池会を選んだような気骨は、どうやらないようですね。まあ、福田氏や麻生氏でも、祖父・父とは違う自分の考えを持っているだけ、祖父の妄執を受け継ぐだけが人生の目的みたいだった安倍ちゃんよりはマシですが。
[ 2008/09/17 15:50 ] -[ 編集 ]

阿比留記者が、はしゃぎそうですね   No. 5117

>pr3さん

御教授ありがとうございます。
解説いただいたあたりの情報は(だけではないのですが)、もう、さっぱりで(^^; そういうものなんですね。参考になりました。

>麻生氏がリベラル・ハト派の旧宮沢派(宏池会)にいたことがおかしいのですが、吉田茂直系を受け継ぐのが宏池会だというだけの理由だったのではないでしょうか。タカ派の福田赳夫が作った福田派(清和会)に、政策面ではハト派の福田康夫氏が在籍していたのと同じような、ねじれ現象
<
御教授いただいたWiki情報だと、河野氏の方が麻生氏に声をかけたんですね。…やっぱり、このあたりの政治家の発想はよく解りません(^^; 河野氏が取ってきた政策路線を否定しそうな人物に見えるのですけど。


>祖父の妄執を受け継ぐだけが人生の目的みたいだった安倍ちゃんよりはマシですが。
<
祖父は二人いるのに、、、といつも思うのですが、ご母堂の影響なんですかねぇ。(お父様の立場がないなぁ)。


 それにしても、河野議長の引退は残念。71歳って、あの業界だとまだまだじゃないのかと思ったりもするのですが、健康面での不都合がお有りかもしれませんね。
[ 2008/09/17 18:18 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5119

お久しぶりです。「河野談話は財産」的なことをmixi日記に書いたらアレなニッポソ人とやりあう羽目になった私がきました。壮絶ですよ~
そこでのやりとりで聞かれて私も思いつかなかったんですが、河野談話で日本が国益を損なったことがあったでしょうかねえ。
[ 2008/09/18 19:52 ] -[ 編集 ]

   No. 5121

>放蕩息子と青瓢箪さん

お久しぶりです。靖国神社のエントリも興味深く拝見させていただいていました。あれもこれもお疲れ様です。


>河野談話で日本が国益を損なったこと
<
河野談話がなかったり撤回したりしたらどんなことになったやらとは思いますが。。。とりあえず、一部の方の繊細なプライドは、国益にカウントしないように思いますけどねぇ。
[ 2008/09/18 21:28 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5125

「河野談話」が、宮沢政権のうちにできた、というのが意外でした。
(そのあとの細川内閣のときだと、ずっと思い込んでいた。
わたしにとっては、再発見という感じだけど。)

河野洋平氏の事実上の後継者が、
麻生太郎というのも、ぜんぜん知らなかったけど。
(自民党の派閥は、わかりにくいからね...
わたしも、あまり把握してなかったりする。)
[ 2008/09/20 16:51 ] ZiqE0vWU[ 編集 ]

   No. 5127

>たんぽぽさん
>河野洋平氏の事実上の後継者が、麻生太郎
<
自民党の派閥も分かり難いけど、たんぽぽさんのエントリを拝見するに、民主党もなんだか分かり難いみたいですね(^^;
政策が事実上の後継者に継承されないなら、派閥がどうなってるのか把握するよりも、他のことを知っておいた方が良さそうに思ってしまいました。。。
[ 2008/09/20 18:06 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5134

自民党の派閥は、集合離散があるので、ややこしいですよね。
それでも、会長や役員がいて、組織の体はなしているし、
選挙や政策決定のときは、派閥単位で支持を固めようとするなど、
影響力や拘束力を持っているから、やっかいなんだけれど。

民主党のグループは、結党前に各議員のいた政党に応じてあったみたいです。
自民党の派閥みたいな、拘束力や組織の体はないようで、
意見がいくらか近い人たちの集まり、くらいみたいだけど。
とくに、2000年の衆院選以降当選した、「民主党ネイティブ」
(ほかの党を経験せず、民主党ではじめて議員になった人)が、
いまでは、半数以上を占めていて、無グループのようですから、
影響力さらに小さくなっていると思います。


ちなみに、「派閥」や「グループ」で語るのは、
あっちのほうとか、むこうのほうにある、「政治批判ブログ」を
やっている中に、ずっと得意な(?)人たちがいますよ。
わたしよりずっとくわしくて、「おたく」っぽくなっています。(笑)
[ 2008/09/21 23:55 ] ZiqE0vWU[ 編集 ]

   No. 5137

>たんぽぽさん

御教授ありがとうございます。
うちはもともと政治ブログじゃないので(^^; そういう知識はさっぱりなんですが、ある程度は抑えて置いた方がいいのでしょうね。実は、徐々にたんぽぽさんのブログで勉強させていただいている現状です。

>選挙や政策決定のときは、派閥単位で支持を固めようとするなど、影響力や拘束力を持っている
<
なんか、ムラ社会の政治って感じですねぇ。。。


>民主党のグループ
>拘束力や組織の体はないようで、意見がいくらか近い人たちの集まり、くらいみたいだけど。
<
その方が、なんとなくあり方として納得というか解りやすいです。


予定道理、麻生氏が自民党総裁になりましたね。
誰がなっても感はありましたし、安倍氏ほどの困ったことにはならないだろうと思っているのが我ながらどうかと思いつつ、やっぱりそう思ってしまっています。
[ 2008/09/23 13:16 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5147

>徐々にたんぽぽさんのブログで勉強させていただいている現状です。

ひゃあー。
そうおっしゃられると、わたしの、つたないブログでも、
お役に立ててうれしいですと、恐縮してしまうとともに、
うっかりしたこと書けないと、緊張してしまいます。(笑)

わたしも、かならずしもくわしいわけじゃないので、
どこかでおかしなことを、書いている可能性もあるので、
そうなっても、ねんのため、おことわりね...


>麻生氏が自民党総裁になりましたね。

麻生よりも、小沢民主の「つぎの内閣(NC)」が、
どういう構成になるかのほうに、わたしは、興味が移ってますよ。
[ 2008/09/24 20:49 ] ZiqE0vWU[ 編集 ]

   No. 5152

>たんぽぽさん
>うっかりしたこと書けないと、緊張してしまいます。(笑)
<
よろしくお願いします。
他も回っているのですが、やはり、別姓問題等にはもともと関心があっただけに、どうしてもたんぽぽさんのところに回る頻度は高くなりますので(笑)。


>麻生よりも、小沢民主の「つぎの内閣(NC)」が、
どういう構成になるかのほうに、わたしは、興味が移ってますよ。
<
私は、自爆史観系がわんさかまぎれ込んだ、今度の内閣が自爆史観系の派手な失言をしやしないか、あるいはいっそ派手にやってくれた方がいいか、微妙な気分で見守る体制になっています(^^;
[ 2008/09/25 18:23 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5163

>他も回っているのですが、やはり、別姓問題等にはもともと関心があっただけに、
>どうしてもたんぽぽさんのところに回る頻度は高くなりますので(笑)。

いっぱい読んでくださって、ありがとうです。

でも、このところは、別姓問題のことは、
世間で話題になることもなくて、なんともさみしいかぎりです。

本当なら、去年の7月の参院選で、民主党が第一党になったところで、
勢いが復活してよさそうなんだけど...
安倍晋三が政権を取って、議論が逼塞させられたっきり、
消え失せちゃった感じです。(悲)
[ 2008/09/26 22:40 ] ZiqE0vWU[ 編集 ]

   No. 5177

>たんぽぽさん
>でも、このところは、別姓問題のことは、
>世間で話題になることもなくて、なんともさみしいかぎりです。
<
民法改正を待たず(というか、待ちきれず)に、事実婚でなんとかするカップルが増えちゃいましたね(^^;

自爆好きで火だるまになりたがる人のおかげで、政権交代がまた近づいたかもしれませんけど、どうなります事やら。
[ 2008/09/28 01:44 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/522-29cbf547


河野洋平引退

衆議院議長の河野洋平氏が、つぎの衆院選で出馬しないことを表明、 とうとう政界から引退することになりましたよ。 18日ごろから発表していたのですが、22日の総裁選ののち正式に表明でした。 「河野衆院議長が引退正式表明 「体調万全ではない」」 河野洋平氏は、そのむ...
[2008/09/26 22:08] URL たんぽぽのなみだ~運営日誌












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。