スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三選されてしまうのは凄く嫌 

東京ヘッドラインという、無料の新聞みたいなモノがある。
ほぼ毎週月曜に新しいのが街角のポスト等においてあって、自由に取っていって下さいってなモノだが、それの最新号が職場の茶飲み部屋においてあったので見た。
タウンミーティングのやらせ等には軽く触れてあるが、教育基本法に関する情報は皆無。内容がもともと政権与党よりだとは気づいていたがこりゃ凄いと、ある種の感動を覚えつつ、内容をチェックしていると。

自民党の支持を得て、石原現ト知事が三選出馬と言うような記事があった。

…溜息…

まぁ、立候補するであろう事は知ってたけど。
こういう人に限って、健康上の理由とかは起こらないものだといっそ感心する。

そういう訳で、このおっさんの三選を阻止したい一都民であるワタクシとしては、きゃつの暴言の数々をあげつらねて怒りをかき立てておこうかと思ったのだが。。。
自分でやるまでもなかった。
あるものだ。
ちゃんとまとめてくれている親切な人がいらっしゃる。
最近の記事がないのが少し残念だが、ここなんかすばらしい。
言動録が特にお薦め。

再配布自由という事なので引用させていただきましょう。
繰り返し復習して、周囲に吹聴しよう。

まずは、かの有名なババア発言

___________引用開始___________
「この間すごい話をしたんだ、松井さんが。私はひざをたたいてその通りだと。女性がいるから言えないけど…。」
(2001年10月23日「少子社会と東京の未来の福祉」会議席上で)

「これは僕がいっているんじゃなくて、松井孝典(東大教授)がいっているんだけど、“文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババア”なんだそうだ。“女性が生殖能力を失っても生きてるってのは、無駄で罪です”って。男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を産む力はない。そんな人間が、きんさん、ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害だって・・・・。なるほどとは思うけど、政治家としてはいえないわね(笑い)」
「昔は女にはすごいオプセッションがあったと思うんだ。男に破瓜される、そして押しこまれて犯されるという。体位からしてそういうもんでしょ。それが、今のように野放図になっちゃって。」
(『週刊女性』 2001年11月6日号より)

自身の発言を『楢山節考』(映画化もされた深沢七郎の姨捨伝説に基づく小説)になぞらえて、
「これは年とった女の人が、他の動物の生存に比べれば、かなり横暴な存在であるという表現の、実は逆説的な一つの証左でありまして…」
(2001年12月11日都議会で、渡辺康信都議の質問に答えて)


コメント(引用者注;引用元サイト作成者のコメント):人種差別・障害者差別・女性差別・高齢者差別、石原はまるで差別のデパートだ


・知事が松井東京大学大学院教授の発言としていたものが、実は松井氏の名を借りた知事自身のものであり、知事が率先して発言していたと指摘されている。実際に、松井教授はインタビューに対して「石原氏の発言を見ると、私の言っていることとまったく逆のことだからね」と述べている。(月刊『自然と人間』 検証・石原都政 より)

___________引用終了___________

…「美しい国」の首都の知事であるはずだが、あまりにも品格と品性に欠ける。どっかの党は、こういうのを推していると、「美しい国」のキャッチフレーズが滑った寒い冗談にしか見えないので気をつけた方が良いのではないか。


同じページの前からの引用になるが、刈羽村原発住民投票に関して

___________引用開始___________
(東京電力柏崎刈羽原発のブルサーマル計画への賛否をめぐって新渇県刈羽村で5月27日に行われる住民投票について否定的な結果が出ることへの懸念を表明し)「国家の存否にかかわる」「投票にさらされることで計画が挫折すると、日本の産業経済は瓦解する」
(2001年5月25日、定例会見で)

「一部の反体制の人たちがたきつけて、日本をぶっこわしちゃおうということだ」
(プルサーマル計画に反対する声が出ていることについて)「わけの分からない理屈だ」
「日本の原子力発電所の管理体制は世界で一番」「東京湾に造ったっていいくらい日本の原発は安全だ」

(2001年5月28日、反対が過半数を占めた住民投票の結果を受けて)
コメント:おそらく原発やプルサーマル計画に関しての基本的な知識もないと思われるが、それ以前に市民運動に対する偏見の根深さが深刻である。民主主義に対する理解度も低いことがよくわかる発言

___________引用終了___________

…だったら、新宿都庁前に原発作りますか?
いやもう、言動録は是非とも全部お読みいただきたい。
血圧が上がる事うけあいだ。


エーーっと、他には、ハムニダ薫さんのところで発見(2006年5月1日付)

___________引用開始___________
カルチエ財団所蔵現代美術コレクション@東京都現代美術館(MOT)の開幕セレモニーで、各界のおエライさんたちを前にして「ここに展示されている現代美術は、まったくもって笑止千万なものである」とか、「見る者に説明を要する現代美術というのは無に等しい」とか、さらには「日本の文化は西洋文化よりもよほど美しい」と発言したらしい。
___________引用終了___________

…しくしく、ハムニダさん、こんな都知事でいいなんてちっとも思ってません。全く以てオハズカシイ。


近頃は、石原親子と水谷建設の現金授受疑惑なんてのもでているようだ。
トンでもない額の出費をともなった視察旅行も(しかし、ガラパゴスに仕事で何を視察するんだ?)。

また、絵描きの4男を「余人には代え難い」と称して、美術関係の美味しい仕事を回したようである。
さて、では、その人物の描いた絵は以下のどれでしょう?(このネタは黒的九月さんのところで紹介されていたものです)

その一 その二 その三 その四








リンク先のアドレスを見るとすぐ解ってしまいますが、正解はその三です。
そして他の絵を描いたのは、チンパンジーだそうです。

困りましたね。正解を聞いてもお猿の描いた絵との差が解りません。
「余人に代え難い」どころか、絵画の才能において「人類以外の霊長類で代替可能」な可能性すらあるかもしれません。あるいは、霊長類を超えて「象の描いた絵」と比較したい気分になりますね…(12/22、発見しました、こことかこことかここえっと、象の作品の方がいい絵に見える気がする)。
こういった絵画が人目に触れている限り、石原四男に出張させた理由には説得力が認められませんね(作品が人目に触れなければ、さらに説得力がないが)。


…払った税金返せ。



スポンサーサイト
ユーザータグ:  『痴事もしくは恥事』
[ 2006/12/21 22:34 ] 備忘録 | TB(1) | CM(14)

だからぁ,以前から……   No. 446

靖国神社と江戸城ぶっ壊して「原発作れ,しかもプルトニウム型の」って言ってるじゃないのさ(笑)

一部の過激派は怒るかも知れないけど,それは彼らが既に国粋主義者へと変貌したせいさ(笑)(^^;)
[ 2007/02/19 13:58 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

初見です   No. 447

皇居の上に核爆弾投下といったような記事をお書きになったのは見たことがありますが、「靖国神社と江戸城ぶっ壊して原発作れ」というご意見は、私は今回初めて拝見しました。
いずれにしても、皇居内は、武蔵野の自然が隔離されたまま残った貴重な場所ですので、どんな方法であっても破壊する提案には賛同できません。

また、刈羽村原発に反対する住民の皆さんへ向けた暴言を吐いたのは石原都知事であり、皇居にお住まいの方々でも靖国神社に勤務している方達でもありません。
念のため、ご指摘まで。
[ 2007/02/19 19:02 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

何を勘違いしているのか分からないけど   No. 448

本当の「共和制」というのは,まず江戸城の住人や靖国神社の住人,そしてそれらを指示する一部の団体を国外追放または銃殺刑することで始まるんですよ。

そのためには石原氏の処刑くらい安いものではないでしょうか? また靖国神社は存在すべきものではないので,あそこに原発を作って何が悪いのでしょうか。その論拠が知りたい。逆に,原発が危険だから,地方へ押し付けても良いのでしょうか。私は100km 以内に原発が群れている地域に住んでいます。原発から出てきた廃物をドラム缶に詰めてミサイルの先に取付ければ,それは十分に「核兵器」となります。

もうちょっと,冷静な目で「都心の緑」を見直して下さい。
[ 2007/02/19 19:16 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

「共和制」は恐怖政治とイコールでは無い   No. 450

こんばんは。

kaetzchenさんとやら
このエントリに述べられているのはあくまで石原都知事への批判であり、それが何故「靖国神社と江戸城ぶっ壊して」に繋がるのか意味不明です。

>あそこに原発を作って何が悪いのでしょうか
それには自分で答えられていますね「原発が危険だから,地方へ押し付けても良いのでしょうか」と、危険だと思うのであらば尚更人口密集地に作るべきでは無いでしょう。
それに原発の立地条件に詳しくないようですが、皇居や靖国は例え無人地帯であっても原発の建設には不適格です。
ただ感情で恣意的に決められるほど簡単ではありません。
貴方が原発の近くにお住まいで不安を感じていようとも、それが他者を不安に陥れる(であろうことの)免罪符とはならないのです。

貴方が石原氏、皇居や靖国神社を憎む気持ちは文面からひしひしと伝わってきますが、いずれも単なる暴論にしか見えません。
「石原氏の処刑」「国外追放または銃殺刑」などと軽々しく書いてますが、彼らが死刑に値する罪を犯したと言う事でしょうか?ならばそれがいかなる刑法に該当するのか、その根拠を明確に示して頂きたい。
ただ単に気にくわないから「処刑」なら、貴方が法治国家の何たるかを理解していないと判断せざるを得ません。
例え如何なる犯罪者でも、現行法に基づき刑の判断、執行がなされるのが筋です。

題にも書きましたが、「共和制」は法に基づかず暴力を行使する恐怖政治、あるいは暴力による革命とイコールではありません。
貴方の仰る「共和制」はスターリンのソ連、ポル・ポト時代のカンボジア、フランス革命後の圧政などを連想させ、それは現在多くの国で受け入れている物とは乖離しています。
「共和制」の名を騙り、共和主義者を貶めるようなことは謹んで頂きたい。

長文失敬
[ 2007/02/20 21:41 ] mQop/nM.[ 編集 ]

出遅れて失礼しています   No. 451

年度末が近いので本業に手を抜けなくて、出遅れました。

>kaetzchen様
Aメソッド解釈による暑いコメントをいただいているところをすみませんが、当ブログは開設当初から「チラシの裏」を明記している、志の低いへたれブログです。
太字で書いた本当の共和制を暑く議論するのにふさわしい場ではなく申し訳ありませんので、話の流れからこのコメント欄ですませた方が良さそうな夕雲様への「いかなる刑法に該当するのか、その根拠を明確に示す」返信のみを例外として、それ以外はそれにふさわしい場で語られる事をご一考ください。



>夕雲様
はじめまして。
私の文章はそんなに飛躍した誤読を招きやすいのかと、少々もの悲しさを感じていたところです。長文とおっしゃりながら、説得力のある読みやすいコメントで勉強させていただきました。
どうもありがとうございました。
[ 2007/02/21 00:31 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

私も午前の講義が終わったばかりですけど   No. 453

年度末は私がさぼった(あごの骨のオペで入院した)秋の代講がどっと入って来まして,真面目に教科書教えてたら終わってしまい,さて残りの時間をどーすべと考えたら,結局国試対策のプリント演習(笑) まだ3年だからノートや教科書のカンニングは OK だけど相談はだめだからね,と言いながら授業を進めたら,学生の一人に「今日の先生,まるで予備校の先生みたいだった」と言われた。うーみゅ,次回はもうちょっとキャラを変えてみないといけないかな。

……てな雑談で埋めたかったのですが,リクエストにお答えして……。

>れからこのコメント欄ですませた方が良さそうな夕雲様への「いかなる刑法に該当するのか、その根拠を明確に示す」返信

を書いてたら陽が暮れそうなので,夕雲さんから直接メールを頂きたかったな。私は史学を科学史・科学思想史の方法論で習ってるので,恐らく夕雲さんとは根本的に思想史や史学方法論に関する根本概念が違うと想うからです。つまり,用語の段階から詰めていきますから,夕雲さんの発言は確実に妄言に過ぎないということを証明してしまう可能性が高く,それをすると夕雲さんの精神状態に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。kaetzchen@mail.goo.ne.jp
[ 2007/02/21 12:08 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

失礼しました   No. 455

>碧猫様

先のコメントには「はじめまして」が抜けておりました。
他者を「感情的」などと評しておきながら、自分がそのような状態に陥っていたようで、お恥ずかしい限りです。

>私の文章はそんなに飛躍した誤読を招きやすいのかと
私が読んだ限り、そのような事は少なく感じます。
論旨は明快ですし、かつ諧謔を交えた文は(同意しかねる部分はあっても)楽しく読めますのでご安心下さい。

それを読む者により受け取り方は様々だとは思いますが、これまでと同じように綴ってゆけば良いのではないかと愚考します。

[ 2007/02/21 19:00 ] mQop/nM.[ 編集 ]

だったら出てけ   No. 457

削除要求!(笑)

学生時代の団交みたい。(^^;)
[ 2007/02/21 20:31 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

首をかしげるしかない(再投稿)   No. 458

(誤って削除してしまいましたので、再投稿です)


> kaetzchenさん

「ならばそれがいかなる刑法に該当するのか」これが私の発した問いです。
いったいどのように誤読したら、「史学」に関係するのか?
つまり、該当する条項、判例等を幾つか挙げれば済むだけのはなしです。  
貴方が「科学史・科学思想史の方法論」を学んだ事を問うているのではありません。
歴史では無く、「現行法」に於いてです。問いを曲解しては詐話師の弄する戯言と同じです。
貴方が何々を習った云々と称するのは自由ですが、貴コメントのような回答しかできないのであれば、全く根拠に欠けるとしか言い様が無いですね。
低レベルな言い争いに堕する事は、私の本意ではありませんのでこの辺で切り上げますが、貴方が自分の言に自信が有りうそでは無いと主張されるのなら、「現行法」に基づいた上で、明確な根拠を示して頂きたい、それが可能なら、の話ですが。

>それをすると夕雲さんの精神状態に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。

ご心配ありがとうございます。
ですが、既に悪影響されています。


悪文失敬
[ 2007/02/21 20:36 ] mQop/nM.[ 編集 ]

冷静な目   No. 459

> kaetzchenさん

私が誤って削除してしまったせいで、コメントが前後してしまい申し訳ありません。

ところで、ニーチェの「善悪の河岸」と言う本の中で次のような一文があります「怪物と戦う者は、その過程で自らが怪物とならぬよう注意せねばならない」
学生の時分に読んだもので正確では無いかもしれませんが、大体の意味はは合っていると思います。
何故このようなことを書くかと言えば、貴方のコメント
>だったら出てけ
>削除要求!(笑)
これです。

ご自分では気付いておられないようですが、貴方の言動は貴方自身が憎んでいるはずの石原都知事の発言と酷似しています。
自分と違うもの、意見の異なるものを排除、追放すれば良いと言う考えこそが、石原氏に対する批判に於いて大きなウエイトを占めています。
それは彼の差別的、選民思想の現れだと言われていますが、彼を非難する側が同じような方法論では本末転倒です。
「目的の為には手段は正当化される」でしょうか?
私は「正当な手段こそ目的が正当であることの証明」だと思いますので、特にこのエントリのコメント欄で安易に「だったら出てけ 削除要求!(笑)」などと書き込むのでは軽率に過ぎると判断せざるを得ません。
貴方の仰った「冷静な目」とやらで、良く見て貰いたいものですね。

もっとも、私のコメントが不適切であるか否かは、ブログ主の判断に委ねられますから、その上で削除されても私には異存ありません。

> 碧猫様
はからずと言えど、貴ブログのコメント欄を荒らすような形になってしまい慙愧の念が絶えません。
ご不快であらば、ばっさりと削除して頂いて結構です。

悪文失敬
[ 2007/02/21 23:21 ] mQop/nM.[ 編集 ]

出遅れっぱなしですみません   No. 460

>kaetzchenさん

当たり前のことで恐縮ですが、この場で削除をするかどうか判断するのは、運営者である私です。
「コメント欄書き込みにおける注意事項」に照らしても、この一連のやりとりにおいて削除対象として筆頭となるのは、まさにkaetzchenさんの「だったら出てけ」との標題をおつけになったコメントでしょう。今回は、某所でウケそうだし、私にとっても興味深いので原則を曲げて残しておきますが。

私がなぜ1月半ばほどに「コメント欄の書き込みにおける注意事項」を追加する決断をしたか、お察しいただきたかったです。
なお、こういう場合には「要求」ではなく、「要請」あるいは「依頼」という言葉を選択なさる方が適切だと思います。
[ 2007/02/22 12:13 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

>夕雲様   No. 461

ブログ主の見識が浅薄なばかりに再三お手数をおかけしまして申し訳なく思っています。私自身は、その局面ごとに不快な思いをする人を最小限に少なくしたいと思って行動しているつもりなのですが、力が足りません。
今回、さぞかし見るに見かねてくださったのだと思います。

似たようなやりとりを各所で見る機会がありつつも、多くの場合、エントリの主題はどこ行っちゃったんだろう?な状況になってしまう事が多かったのですが、そうならないようにお話を進めてくださる様子に感服しました。
もちろん、夕雲様にコメント欄を荒らされたなどという罰当たりな事は考えておりません。
この度、コメントをいただけた事に感謝しています。
[ 2007/02/22 12:14 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 464

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/02/25 17:13 ] [ 編集 ]

ありがとうございます   No. 468

>2007/02/25 17:13のコメント提供者様
どうもありがとうございます。ただ、せっかくの情報提供ですが、最後のスラッシュ以下の文字列は2621009#2621009ではないでしょうか?
いずれにしても、事前にどのような情報を得ていたところで、
ブログ主としては自ブログに対し、常識的なマナーを守りつつ他者の感情に配慮し、他者の意見を理解した上でのコメントをいただく分にはやぶさかではなかったのですけどね。まぁ、御覧の通りです。
[ 2007/02/26 00:17 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/52-ac55ec58


イシハラトチジにまつわるエトセトラ

「フランス語は数を勘定できない言葉だから国際語として失格しているのも、むべなるかなという気がする。そういうものにしがみついている手合いが反対のための反対をしている。笑止千万だ。」(2004年10月20日「毎日新聞
[2007/02/15 20:08] URL 13日の水曜日












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。