スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宮古島に日本軍「慰安婦」の祈念碑建立 

 報道が出ているのは知っていたが、被害者の皆様が求めているのは、日本政府の公式な謝罪と補償であると認識しているだけに、祈念碑建立に尽力された方達に敬意を表しつつもエントリにしづらく感じていた。
それで、迷っていて遅くなったのだが、やはり取り上げることにしよう。

 日韓の研究者や宮古島市民らでつくる「宮古島に日本軍『慰安婦』の祈念碑を建てる会」は7日、戦時中に朝鮮人慰安婦が宮古に連行された歴史などを伝える「日本軍『慰安婦』の祈念碑」の除幕式を同市上野野原で開いた。同会によると、アジアを中心に12カ国約600の個人・団体から賛同を得ており、同様の碑は国内でも例がないという。
 碑は3種類。「女たちへ」と題した碑文は、戦時中の女性への性暴力の悲惨さや平和の大切さを訴えた。(後略)

琉球新報2008年9月8日付『哀史刻み、伝える 日本軍「慰安婦」の祈念碑除幕』より。

(略)
 宮古島には飛行場建設や島の防衛のため3万人規模の日本軍が駐留。中原道子早大名誉教授らが聞き取り調査した住民証言などから、島内に少なくとも16カ所の「慰安所」があったことが分かっているという。(中略)
 石碑には日本語のほかハングルや中国語など12カ国語で「日本軍による性暴力を受けた一人一人の女性の苦しみを記憶し、二度と戦争のない平和な世界を祈る」などと刻まれた。

共同通信2008/09/07 19:21付『従軍慰安婦の祈念碑除幕 沖縄県宮古島』より。

(略)
 碑文は「慰安所」が沖縄には百三十カ所、宮古島には少なくとも十六カ所あったことなどを記録。「彼女たちの記憶を心に刻み次の世代へ託します」と誓った。

 慰安婦の出身国十一カ国と、戦禍の中で女性への性的虐待があったベトナムの計十二カ国の言語で平和希求の思いが書かれた。三つの祈念碑のうち、中央の碑には慰安婦が好きだったという桔梗の花が刻まれた。(後略)

沖縄タイムス2008年09月08日付『無念の死 記憶後世へ/宮古島市に「慰安婦」祈念碑』より。

 祈念碑建立の経緯について、琉球新報では『早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程の学生、洪允伸(ホンユンシン)さんらが2006―07年、宮古島で「慰安婦」に関する証言の聞き取りを地元住民の協力を得て実施したことなどがきっかけ』と報じ、沖縄タイムスでは「昨年、日韓の合同調査団が同市内で、地元住民から慰安婦の置かれた状況などを聞き取り」したと報じている。そして、二紙とも、その証言者のお一人が土地を提供したと報じている。

(略)
 少年期に慰安婦にトウガラシをあげるなど交流があったという与那覇博敏さん(75)が、石碑のために宮古島市上野野原の土地を提供。「女性たちが水くみの帰りに木陰で休んでいた姿を覚えている。『坊や』などと日本語で声を掛けられた」と振り返り、式典では「悲惨な戦時中の状況や慰安所が存在したことを後世に伝える責任を感じる」と語った。(後略)

共同通信2008/09/07 19:21付『従軍慰安婦の祈念碑除幕 沖縄県宮古島』より。

 除幕式の前日に証言会が開催されて、1939年冬―45年秋の約6年間、慰安婦生活を強制されたソウル市在住の朴順姫(パクスンヒ)さんが証言をされたそうだ。

(略)
 祈念碑建立に合わせ「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」の呼び掛けに応じ、初めて海外で証言した。高校生を含め、多くの市民が聞いた。
 韓国の平安南道元山で生まれた朴さんは16歳の時に強制連行された。当時について「隣町に住む友達の家へ遊びに行く途中で日本の憲兵2人に『こっちに来い』と言われた。そのまま日本人の部屋に何日間か閉じこめられ、列車で中国へ連行された」と説明した。
 満州では「着いた日からたくさんの日本人が(慰安所に)並んでいた。私は(性的)経験が無く、苦しくて反抗すると、軍人が私を包丁で刺した。今も傷跡が残る。一般兵も将校も来た」とつらい体験を告白した。
 慰安所の生活は「6年間、外に出られず、どこにいるのかも分からなかった。外を見ることを許されたのは、1週間に1回、子宮の検査で病院に行く時だった」と振り返る。
 朴さんは1945年に慰安所を飛び出した。「帰るための列車に乗ると妹に似た人がいた。名を呼ぶと、(妹は)びっくりして顔を見た。そこで(妹も)強制的に連れてこられて慰安婦にされたことを知った」。朴さんの父は娘たちが慰安婦にされたことを知って怒りのあまり、4日後に亡くなったという。
 最後に日本政府へ向けて「生きている間に心からの謝罪と公式な補償をしてほしい」と訴えた。(後略)

琉球新報2008年9月7日付『「慰安婦の碑」建立へ 心体の傷いえず』より。
 上記引用の強調は引用者による。朴さんは85歳でいらっしゃるそうだ。

…麻生首相の次なら、なんとかなるだろうか。。。


 ところで、この報道は海外から注目されていた。

オーストラリアから、
ABC News (Australian Broadcasting Corporation) Sep 8, 2008 10:45pm付
'Comfort women' memorial unveiled in Japan』(内容はごく簡単)

韓国から、
Voice of People 2008.09.08付
오키나와에 '위안부' 추모비 세워져 "평화운동 시작점 삼자"(沖縄に「慰安婦」追悼碑が建立「平和運動の開始点に」)』内容は沖縄タイムスに近く、土地寄贈者について、沖縄タイムスの以下の記述と同じ箇所があった。

 与那覇さんは「小五のころ、この近くに日本軍の慰安所があった。その事実を知っている者として後世へ残す責任の重さを感じている。この場所を平和運動の出発地として活動していく」と決意を語った。祈念碑横に「平和の森」を五年以内に建設予定という。



ハンキョレ新聞 2008/09/09 03:22:00付
오키나와에 꽃핀 '日의 양심'… 위안부 추모비 제막(沖縄に花開いた「日本の良心」…慰安婦追悼碑除幕)』
 内容は共同通信と同じ。ただし、副題に「70代日本人土地寄贈」とあった。

聯合ニュース 2008.09.08付
日오키나와에 위안부 추모비 건립(日沖縄に慰安婦追悼碑建設)』
 内容は共同通信そのまま。

世界日報(も、一応あげておく…笑) 2008.09.09 (火) 09:38付
일본 오키나와에 위안부 추모 기념비 건립(日本沖繩に慰安婦追慕記念碑建立)』
内容は共同通信と同じ。ところで、韓国の報道では、ほとんどが慰安婦を'慰安婦'と表現するのに、ここはそうしないようで、ちょっとだけ意外だった。

中国から。以下の二報はどちらも共同通信と内容がかぶっていたようだ。
2008-09-09付 中國新聞網(via 新浪網)
日本領土上首座二戰慰安婦祈願碑揭幕

2008-09-09付 人民網(via 新浪網)
慰安婦祈願碑在日本宮古島揭幕



参考;
Stiffmuscleの日記』さんの2008-07-15付『宮古島・『慰安婦』・祈念碑・願い
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/09/09 20:00 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/517-f9667a34


宮古島に日本軍「慰安婦」の慰霊碑を建てます

 16日に開かれたバウネット・ジャパンのシンポジウムでもらったチラシの情報です。一部行替えをしました。   宮古島に日本軍「慰安婦」の慰霊碑を建てます  韓国の尹貞玉先生を団長とする二回にわたる日刊共同調査の結果、宮古島にも13ヵ所の日本軍「慰安所」...
[2008/09/10 00:22] URL JCJ機関紙部ブログ

宮古島の日本軍「慰安婦」の祈念碑にかかわって

哀史刻み、伝える 日本軍「慰安婦」の祈念碑除幕 (琉球新報 - 2008年9月8日) 【宮古島】日韓の研究者や宮古島市民らでつくる「宮古島に日本軍『慰安婦』の祈念碑を建てる会」は7日、戦時中に朝鮮人慰安婦が宮古に連行された歴史などを伝える「日本軍『慰安婦』の祈念碑
[2008/09/12 23:11] URL Stiffmuscleの日記












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。