スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

発酵スコーン研究会、8月の研究報告 

 エントリタイトルはイメージです(また、やってる(^^;)

 常に、より旨いスコーン、あるいは多様な旨さのスコーンを味わうことを目標に、、、してたらしく、目新しいレシピを見かけると試したくなるのは、食い意地テロリストの定めというものかもしれない(いつの間にそんな話になったんだ(^^;;;;)
…ちなみに、今回はとりたてて「反日食い意地テロリスト」と名乗るほどでもないということで、「反日」抜き。といっても、和食の話じゃないけど。


 さて、今回試してみたのは、CookPadで気になっていた、ローズミントさんのレシピ;『30分で作る☆イングリッシュ・スコーン』。このレシピは、バターを全然使わずに、生クリームを使う。
 …それってもしかしてカロリーダウン♪?
という訳で、まずは、公開されているレシピ通りに製作。



 ちょっと火加減を間違えて下火が強すぎたので、表から見た焼き色が淡いが、美味。

しかし、何故斜め上にふくらむのだ? 
…誰ですか、制作者の性格通りとかツッコミ入れてるのは?


 プレーンなあっさり味の美味しいスコーンで、なかなか気に入ってしまった。
そして考えついた。
………これ、発酵スコーンにしてみたらどうだろう?

 そこで、発酵スコーンでは大抵強力粉を使うし、全粒粉も必須みたいなので、元レシピを適当に置き換えてみた。

強力粉       120g
全粒薄力粉     80g
砂糖         大匙2
生クリーム     100g (何故かグラムで計る(^^;)
牛乳         40cc
ドライイースト    小匙1/4

…牛乳は生地の硬さを見ながら入れるが、生地の温度によって柔らかめになったりもするので、全部を目一杯冷やして作った方がよさそう。

で、発酵4日で210度で20分ほど焼き上げ。

ベーキングパウダースコーンほどじゃないけど、切腹成功^^

 食べてみると。これがまた美味。
バターを生クリームに置き換えたカロリーダウンの、一応はオリジナルのレシピだ。
そう喜びつつ、計算してみる。

 使った生クリームが100gで、乳脂肪分47%。47g分の乳脂肪=バターが入っていると考えていいかな。
一方、前回検討した発酵スコーンのレシピが、小麦粉トータル150gだったのを200gで換算しなおしてみると、

強力粉……120g
薄力粉類……80g
砂糖……大匙2杯
バター……53.3g
牛乳……93.3cc
ドライイースト……1.33g


あれ?
53gと47g。

…大したカロリーダウンになってなかったかも(爆)
スポンサーサイト
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2008/09/08 21:00 ] 小ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/516-cdc07333














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。