スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「碧血剣」で一番気になるシーン 

 頻繁に閲覧に行くブログって、当然、自分のほしい情報があるから覗きに行くわけだけど、その情報の方向性によっては、ある種の困ったことが発生する。

 私がよくお邪魔させていただいているブログの一つは、一見こんな雰囲気で目をくらまされる………ごほごほごほ、善意あふれる心優しい方が運営しているブログだととんでもない誤解………こほん、思い込む人は多い様な気がするのだが。

 しかし、ここは実は、うっかり閲覧していると新しいMacは欲しくなるし、iPod touchは欲しくなるし、武侠ドラマは見たくなる、危険極まりないブログだ。

 油断して閲覧してると、嵌められてこんな事になる。








この記念撮影は、一度やっておきたかった(^^;

「この箱は、クンクンもスリスリもしちゃダメって言われた」

…もともと、田中芳樹さんの中国ものも好きだったし、井上裕美子さんの和製武侠小説も読んでたし、皇なつきさんの中国・朝鮮の歴史漫画にも親しんでたからなぁ。。。


 という訳で、射はまだだけど、碧血剣は少し前に全巻視聴完了。
ストーリーやキャラクターの紹介は、うちゃさんのブログManboさんのブログで好レビューが読めるので、自分のブログでしようという気には全然ならないが(^^; 視聴完了記念に、なにかエントリの一つはあげておきたくなった。
…実は、1箇所、どうにも気になるシーンがあるのだ。

このお話は、

明朝末期、後金軍の明への侵攻を幾度も撃退した英雄・袁崇煥(えん・すうかん)は、後金の企みによって売国奴の汚名を着せられ処刑された。 皆殺しの勅命により一族が次々と刃に倒れるなか、8歳の袁承志(えん・しょうし)だけが父の部下たちによって救い出される…。


の、12年後に主人公がパパの敵討ちをする話。色々あって、崋山派の武術を習得した上で、物語の現在時点では洞窟の中の白骨死体として登場した金蛇郎君の書き遺した武術を習得して、この主人公、袁承志はお話開始早々からえらく強い。しかし、パワーアップと引き替え(?)に金蛇郎君の因縁も引き継いで、お話が盛り上がる。

 気になるシーンは、その、金蛇郎君がせっせと因縁を広げていた、お話の18年前。
このお話の(性格が悪いと評判の)ヒロインである温青青は、金蛇郎君の娘なのだが、その母、温儀と金蛇郎君との関わり部分が、その気になるシーン。

 温儀は、盗賊稼業も兼ねる地主(謎)のお嬢様で、その叔父がこの時点の十数年前に金蛇郎君の姉を陵辱して口封じに一家惨殺したため、金蛇郎君が「50人を殺し女10人を売り飛ばす」と通告して温家襲撃を開始する。
 外出を禁じられお屋敷の中庭でブランコ遊びをしていた17歳(と台詞では言ってたが、役者さんは40後半ぐらいではないかと(^^; ビジュアル的には苦しかった(^^;)温儀は、襲撃に来た金蛇郎君に拉致される。

 最初は「女10人を売り飛ばす」カウントのつもりだったようだが、それまで攫われた女性たちと違って、本気で自決しようとしたりの温儀に金蛇郎君は興味をもち、一方、一家惨殺がらみの悪夢にうなされる金蛇郎君が、心優しい(設定の)温儀の方でも気になり始める。
 それぞれに惹かれはじめる光景が描かれつつ、その過程で、金蛇郎君は、なぜか白いミニサイズのウサギを持ち帰って温儀に渡す。どうも「心優しい」=「動物好き」というお約束が武侠ドラマにはあるそうで、ウサギをもらった温儀も、嬉しそうに撫で、可愛がっている様子が描写される。

 やがて、拉致された娘を取り戻すために、助っ人2人付きで温儀パパが来襲。アクションシーンの後、助っ人2人はお亡くなり、温儀パパは負傷しながら退散、金蛇郎君も負傷。そして、拉致者が負傷したからパパについて帰ればいい、とは考えず、放置すれば命に関わりそうな金蛇郎君に付き添うために居残る、温儀。

 介抱しようとする温儀に、
「泣くな。この傷が癒えたら家まで送ろう。約束は必ず守る。腹が減ったろう。食べ物を探してくる。」
そう告げ、金蛇郎君は意識不明に陥る。

 画面が切り替わり、温儀が何か調理中。そして、再度画面が切り替わり、温儀は何かのスープ、、、いわゆる羮ですか、を、金蛇郎君に飲ませている。











………ちょっと待て。

さっき、金蛇郎君は「食べ物を探してくる」って言ってたはずだ。
ということは、金蛇郎君が失神した時点では、この隠れ家に、食べ物はなかったはずではないのか?
でも、画面に映る羮には、はっきり、、らしいものが見える。それも、なんだかに見えるんだが。。。
まさか。

この時点から後、私はある一点に注意を払って、映像を見続けた。
そして確認し、確信した。
金蛇郎君失神時点では、はっきり白ウサギが画面に映っていた。
しかし、それ以降、白ウサギは全然登場しない。












………喰ったな。
温儀さんは、盗賊稼業兼務とはいえ、地方では名のある地主の一族の、深窓のお嬢様として描かれているのに。
いざとなったら、ペットのウサギをしめて料理できるのか。
凄い(^^;








一番盛り上がったシーンは、もっと後半にあるんだけど、非常に気になったのがこのシーンって。
我ながら、何故そう斜め上に注意が向くんだろう(^^;
んっ?


…………きゃー、ぶたないでっ。


リンク;
碧血剣オフィシャルサイトの、登場人物相関図 (ここで金蛇郎君のご尊顔が拝せるが、この写真は写りがいまいち)
・Wikiの「碧血剣

スポンサーサイト
[ 2008/08/31 18:00 ] 小ネタ | TB(3) | CM(20)

   No. 5031

>………喰ったな。
なんてこと言うんですか、しばらく笑いが止まらなくなったじゃないですか(笑)
ああ、もうそういう風にしか見えない(笑) そうか、そうだったのか。

*あんまり笑ったので、なんか不穏なことが書いてあるのを見過ごしそうになった(^^;
[ 2008/08/31 18:11 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

間違いありません(断言)   No. 5032

金蛇郎君が倒れる前に、ウサギさん、金蛇郎君の血を浴びて真っ赤になってたんですよ。そこまで細かい描写があるのに、あれ以降、完全に登場しなくなっているんですから、そういう設定のはずです(断言)。

うさちゃんスープかぁ。



>不穏なことが書いてある
<
ん?
不穏な事なんて、何か書きましたっけ?
[ 2008/08/31 18:23 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

TBありがとうございます   No. 5033

意図としては、危険なブログのファンとして「やられてる人」に送ってもらったと言うことでいいですか?

残念ながら、最近の武侠ものに関しては追いかけないようにしていマス。
明らかに中毒性がありそうなので、危ないです。

あ、ウサギを食った説には、見てないけど、マジでそうなんじゃないかと思ってしまいました。
三国志(吉川英治版だけど)とか読んでも、ありそうな気がします。
[ 2008/08/31 19:37 ] xIvWATlQ[ 編集 ]

   No. 5034

>ひでさん

どうせなら嵌められ仲間を増やそうという陰謀です。
この際(どんな際だ?)、すでに危険なブログのファン仲間なんだから嵌められてください。新しいMacが欲しくなる仲間だったはずだし。


ウサギは、もともとは金蛇郎君が一呑みにするために連れてきたんだろう説なら検索で見つけたんですが、お嬢様が料理した説は誰も唱えてないんです。どう見てもそう見えるのに…。
[ 2008/08/31 19:44 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ヘモシアニン剣   No. 5035

碧血剣って、こいつ?
http://fishing-forum.org/zukan/mashtml/M000304_1.htm
ちょうど今が旬ですよね。

 ウサギ肉は調理しても線維の方向性がしっかりしているのが、こいつと似てますよね。、
[ 2008/08/31 21:47 ] mQop/nM.[ 編集 ]

何事かと思えば…   No. 5036

改めて言われてみると、微妙に引っかかったような記憶がかすかにあるような気もするのですが、なんか普通にスルーしていました(^^;
まあ「足が四本あるものは机以外なら(以下略)」ですし、あんなお嬢様でもいざとなったら特に躊躇なく〆てしまうのかも…(^^;

>「心優しい」=「動物好き」というお約束
これは武侠ドラマというよりも、(そのように見えるのは)プロデューサーの張紀中のせいかな~という感じもあります。ラブラブシーンで出現する謎のお花畑といい、ブランコといい、あのヒゲオヤジ、この辺の感覚はだいぶ古臭いという印象が(^^;
[ 2008/09/01 00:10 ] mQop/nM.[ 編集 ]

武侠ドラマは分からないけど・・・   No. 5037

気が優しくて辛抱強いぼっちゃんさまに 2拍手♪






(・・・・スープにされないよう気をつけてね > 坊ちゃんさま)
[ 2008/09/01 10:51 ] mQop/nM.[ 編集 ]

   No. 5039

>みなみさとさん

まさに、そういう血の碧い方たちのお話です。
垂直の断崖を駆け回ったりもしていましたから、足に吸盤がついているに違いありません。この人達、たまに空を飛んでいますが、恐らくは、何故空が飛べるかの秘密はそのあたりにあるのでしょう。



>Manboさん

コメントありがとうございます。しょうもないエントリで失礼いたしました(^^;

>あんなお嬢様でもいざとなったら特に躊躇なく〆て
<
虫も殺さぬような顔をしているのに。。。聖姑さまのアヒルも多分食用だろうとは思ってましたが、聖姑さまは虫も殺さぬどころの騒ぎじゃなかったし。
きっと、金蛇剣でウサギを捌いたんだろうなぁ。。。


>ラブラブシーンで出現する謎のお花畑といい
<
確かにあれは不自然っ(爆)
どう見てもついさっき植えましたのまばらな草花といい、どの角度から見ても造花ですありがとうございましたの花とか、面白い感覚だとは思ってました。いえ、その辺も、ツッコミポイントとして、楽しくみているのですが(違)。



>柿の木さん
>スープにされないよう

彼、身がありませんからねぇ。
出汁としてもあまり旨味は無さそうだし。

写真モデルにしかなれないようです(^^;
[ 2008/09/01 12:55 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5041

おー、うさちゃん(涙)!

うさぎさんは、自ら火の中に飛び込んで、飢えた旅人やら虎やらなんやらにその身を捧げ、それを見ていた仏様かなんだかによって月だか夜空だか天国だかに迎えられた、という説話があるそうでして、手塚治虫の『ブッダ』でもそのエピソードが描かれていました。

もうすぐ、月見の季節ですねえ(しんみり)。。。
[ 2008/09/01 23:52 ] z/AVyrZM[ 編集 ]

   No. 5042

>仲@ukiukiさん
>自ら火の中に飛び込んで、飢えた旅人やら虎やらなんやらにその身を捧げ
<
なんて、うさちゃんは優しいんでしょう(ほろり)。

…虎さんの一食にはかなり少ない目ではとか、字面が誰かに似ているとか、つい、余計なことを考えてしまいました。うさちゃんごめんなさい。
どうしてこう、視線と思考が脇道にそれてしまうのやら。


>月見の季節ですねえ
<
そうですねぇ。中華街に、月餅の買い出しに行きたいなぁ。
[ 2008/09/02 12:27 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ええと   No. 5043

私が優しいって話ですか?
[ 2008/09/02 19:23 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

え?   No. 5044

餌付けしてただけると? でも、丸焼きは食べ方が下手なんで、それ以外でお願いします。
[ 2008/09/02 19:31 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ややご無沙汰気味です   No. 5045

>………喰ったな。
>中華街に、月餅の買い出しに行きたいなぁ。

流石は食い意地テロリスト!
[ 2008/09/02 23:52 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

いつでもどうぞお気軽に^^   No. 5046

>御姉寧さん

え、そんな。。。。











この文脈なら、「食い意地テロリスト」の前に「反日」をつけてくださいませ(^^;
[ 2008/09/03 12:31 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5050

>この文脈なら、「食い意地テロリスト」の前に「反日」をつけてくださいませ(^^;

これはこれは私としたことが…

一番肝腎なことを忘れておりました!

反日と言えば、最近韓国製のインスタントラーメンにハマっています。
一番好きなのは、角切り昆布入りで海鮮風味の「ノグリ」。
[ 2008/09/04 02:15 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

   No. 5053

思えば、私がブログを開始した当初の頃、「反日ブログ認定」というものが流行っており(?)、その流行を見たわたくし「反日ブログ認定」されるのが何かのステータスだと思い込んでいました。多少、誤解があったかもしれません。


反日系インスタントラーメンといえば、四川のを買ったことがあります。
真っ赤なのを(^^;
[ 2008/09/05 01:10 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5072

>「反日ブログ認定」されるのが何かのステータスだと思い込んでいました。多少、誤解があったかもしれません。

確かに誤解ですね。こちらをご覧になって下さい。

http://www.magazine9.jp/kunio/080618/080618.php

この理論を援用するれば、世の中の大半の人は「反日」であるとことは自明であり、
スタータスでも何でもないことが分かります。


このコラムを読んで、私が腹を抱えて笑ったことは秘密。
[ 2008/09/06 18:01 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

   No. 5077

>御姉寧さん

だって、こんなに誤解の元があったんですよ~。

http://hamnidak.exblog.jp/3313352/
http://blog.livedoor.jp/gegenga/archives/50439947.html
http://uchyax.exblog.jp/3878984/


>世の中の大半の人は「反日」であるとことは自明であり、
<
面白いコラムの紹介、ありがとうございます。
さすがは鈴木邦男さん。

…反日とか言いたがるヒトは、何故か大抵嫌中な志向をおもちですから、中国起源の漢字を使ってる自分に問題は感じないのかなぁとは、かねてからおもってましたが、鈴木さん、徹底してますね。
[ 2008/09/07 10:22 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5079

>だって、こんなに誤解の元があったんですよ~。

お気持ちは分かります(…腹いて~!)
でもまあ、鈴木氏の理論によると、一番誤解しているのは「反日blog監視アンテナ」の中の人ということになりますから、別に気に病むことはないかと思われます(笑)
[ 2008/09/08 16:43 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

   No. 5082

>一番誤解しているのは「反日blog監視アンテナ」の中の人
<
……トラックバックいただいた時には、これで私もそれなりに一人前に認めていただいたような気がしてガッツポーズだったのに。。。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-185.html#trackback303
[ 2008/09/08 20:11 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/510-03fae765


つぶらな瞳

←ゲンタの目のアップ。 最近は、山や川に出没するのみならず 人家まで占領し 人々を恐怖のどん底に陥れているレプティリアン。 特徴は「縦長の瞳を持っていること」らしい。 ゲンタも心配していただいたが、 大丈夫。 つぶらな瞳です♪
[2008/09/02 15:04] URL かめ?

呪いのわら人形?

 「わら人形論法」という言葉がある。といっても、「呪いのわら人形」のことではない。日本で言えば、むしろ案山子を想像してもらえば分かりやすいのではないかと思う。 これは、なにかの相手=対象を批判するさいに、対象について自分できちんと調べたり理解することを...
[2008/09/04 06:19] URL 遠方からの手紙

【閑話休題】巨大ウサギとうさぎ汁!

2007.1.10.23:00ころ 原因なくして結果なし、悲劇の結果を招かぬため
[2008/09/04 13:17] URL 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。