スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

8月15日にフィリピンで「慰安婦」被害者ロラ達が日本大使館前デモ 

 台湾の「慰安婦」被害者阿嬤達の抗議書手渡しに続けて、フィリピンの「慰安婦」被害者ロラ達の抗議アクションをエントリに、と思っていたら、「Stiffmuscleの日記」さんから、The Associated Press August 15, 2008 付の『 Filipino women seek Japan's apology for WWII rapes』の訳を含むエントリ、『敗戦記念日の元「慰安婦」たちの声』をトラックバックいただきました。
ありがとうございました。

 で、リンクを貼って紹介だけにしようかと思ったら、 なぜか、英語版AP電記事より、連合ニュース経由の韓国語版記事(ネタもとはAP電)は微妙に違う記述もあるような?

 そこで、そのマニラ AP=連合ニュース配信の毎日経済 2008.08.15 17:49:35付「比 위안부들, 자국 日대사관 앞 시위 (フィリピン「慰安婦」ら、日本大使館前でデモ)」と、これまたネタ元AP電っぽいニューシース 2008.07.25 14:48:26 付「위안부 끌려갔던 필리핀 여성들, 日 대사관 앞에서 시위 (「慰安婦」として徴集されたフィリピン女性ら、日本大使館前でデモ)」と、Stiffmuscleさんのエントリを併せて、以下にまとめ。

 63回目になる日本の敗戦記念日の15日、フィリピン、マニラの駐在日本大使館の前で、「日本軍慰安婦」だったフィリピン女性20人あまりと支持者達が、第二次世界大戦当時に「日本軍慰安婦」として連行され強姦にあうなどの性奴隷生活を強いられた蛮行に対する明確な謝罪と賠償を要求するデモを行った。

 日本は、第二次世界大戦当時の自国軍隊が、アジア女性たちを売春施設に動員し、強制売春させた事実は認めているし、日本指導層はこれに対する謝罪は行っている。
 しかし、昨年、安倍晋三前総理の発言が、生存『慰安婦』被害者たちの憤りを噴出させた。安倍首相(当時)が「日本軍が、第二次世界大戦中に、慰安婦を連行した事実を証明する証拠はない」と発言した事が、「慰安婦」被害者の心を再度傷つけたのだ。
 アメリカ下院と、オランダ、カナダ議会が、日本政府に『慰安婦』被害者たちへの謝罪を要求したが、日本はこれを拒否した。

 フィリピンの「軍慰安婦」支援団体であるリラ・フィリピーナ事務総長のレチルダ・エクストレマデューラ氏は、この日、「日本政府は『軍慰安婦』被害者たちに、公式謝罪をしなけらばならないし、被害女性たちが強制されて『軍慰安婦』として性奴隷制度下に置かれた経緯を、自国の歴史として認識しなければならない」と要求した。エクストレマデューラ事務総長は、また、「『軍慰安婦』を動員したことは戦争犯罪なのに、日本政府はとぼけている」と責めた。

 リラ・フィリピーナに登録されているフィリピン籍の「軍慰安婦」被害女性は174名で、この内、生存者は100名だ。エクストレマデューラ事務総長は「『慰安婦』労働を強要する行為は戦争犯罪」と述べながら、「しかし、日本政府はこの事実を黙殺しようとしている』と非難した。

 バージニア・ビラルマさん(79)は、1943年から1944年の間、日本軍「慰安婦」として徴集されたと語った。ビラルマさんは、「私たちは、日本軍が私たちにした仕打ちを忘れられません。今でもまだ、あの時の記憶が、私の心には傷として残っている」と語った。

 マニラの日本大使館は、その場での対応は拒否して質問等をメールするよう求めたのみで、この日、これという反応は見せなかった。

 日本は「慰安婦」被害者達に対する個人補償の要求は拒絶しているし、日本の裁判所も「慰安婦」被害女性ら6名が提出した訴状は受け容れなかった。

 この日のデモでは、日本政府だけではなくフィリピン政府に対する批判も出た。フィリピン左派女性団体であるガブリエル党は「フィリピン政府は、日本の謝罪を引き出すための何らの行動もしていない」と政府に対しても、非難の刃をつきつけた。



 もう一件。
Philippine Daily Inquire, 01:18:00 08/17/2008「63 years after WWII, ‘comfort women’ await justice (第二次世界大戦から63年後、「慰安婦」らは正義を待ち続ける)」から一部、

 「戦争は半世紀以上前に終わったかもしれません。でもロラ(お婆さん)の多くにとっては何も変わっていない。彼女らは、戦争中に暴力を受け、虐待を受けた。そして、今に至るまで彼女らは日本による絶え間ない正義を否定する態度や、フィリピン政府が問題に沈黙し続けることによって苦痛を強いられている。」と、リラ・フィリピーナ事務総長のレチルダ・エクストレマデューラ氏は語る。
 リラ・フィリピーナは、「日本軍慰安婦」の生存者の支援団体で、15日、日本大使館前でデモを行った。

 エクストレマデューラ事務総長は、「他国は『慰安婦』被害者の闘いを支援するのに、我々の政府は日本政府に対して弱腰なのが残念だ」「アメリカ、カナダ、オランダ、EUのように、多くの国がアジアの『軍慰安婦』のための正義を支持する決議を可決した」「日本の議会さえ、宝塚や清瀬の市議会のように『軍慰安婦』にたいする支持を宣言している」と語った。

 ガブリエラ党のスポークスマン、ジョムス・サルバドルによると、「日本政府に公式謝罪と『慰安婦』に対する責任を認めるよう求める下院決議案」があるが、4月から棚上げにされているとのことだ。(後略)

…その他、決議を棚上げにするアロヨ政権は困ったものだ、とか、第二次世界大戦敗戦後に軍国主義を放棄したはずなのに再軍備している日本は約束を破っている「Japan broke its promise」、この日本の方向性では「慰安婦」の悲劇が繰り返されるのではといった懸念が述べられているようだった。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/08/17 23:59 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(4)

日本政府が謝罪をしないことが   No. 4967

アジアの国々の人々たちを不安にさせ続けていることがわかります。いくら平和維持活動だと日本政府が強調しても、アジアの国々の人々はそうは思わない。またあの悲劇が繰り返されるのかと不安になる。そらそうだと思いますよ。どけんかせんといかんです。
[ 2008/08/18 20:04 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

割れ鍋に綴じ蓋   No. 4970

という諺がしきりと浮かぶ今日この頃。


>Stiffmuscleさん

はてな界隈なら年明け早々の南京事件論争、その後のトリアージ論争、市民活動と陰謀論の親和性。
私の立ち回り先では「左の方の水伝騒動」。
…見ているといろいろと思うところがあります。

結局、あの政府を選んでいるのは、この国民。そういうことなのだなぁ、と。メディアの報道すらも、需要があって供給があるのだろうか、と。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-497.html#comment4922

…凹んでいても仕方ない、とはいえ。
[ 2008/08/19 12:58 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

碧猫さん   No. 4971

>結局、あの政府を選んでいるのは、この国民。

適切な表現かどうかわかりませんが、今、日本人がバラバラに分断させられているという気がします。本来ならば、日本政府に向けられるはずの不満も、わかりやすい国民の敵を作ることで逸らさせられています。だから選んでいるというか、選ばさせられてるというか…。どちらにしてもその権力の片棒を担いでいるのはメディアです。

>メディアの報道すらも、需要があって供給があるのだろうか、と。

最近、特にメディアの権力迎合と劣化を感じています。たとえば、現在、メディアは麻生幹事長を「国民的人気」(←信じられない)と持ち上げていますが、国民も"人気、人気"と繰り返されると、好感を持つように洗脳されているようです。

以上のことを、どう解決すればいいのか今悩んでいるんですが、とりあえずブログで(もしくは直接に)メディア批判をするぐらいしか思いつかないです。
[ 2008/08/19 18:26 ] eBcs6aYE[ 編集 ]

   No. 4974

>山木さん
>本来ならば、日本政府に向けられるはずの不満も、わかりやすい国民の敵を作ることで逸らさせられています。
<
1年以上前のエントリですが、jo_30さんのこれ、優れた文章だと思ってます。すでにご存じかとは思いますが。
http://d.hatena.ne.jp/jo_30/20070527/1180251237


>ブログで(もしくは直接に)メディア批判をするぐらいしか
<
例えば、インターネットを使えば、日本じゃ正確な動議の情報が入らないと、オランダの議員さんに「慰安婦」謝罪要求動議をねだることだって可能です。特に情報を共有するといった点では、ネットは使いようによっては役に立つものですが、でも、デマや陰謀論の温床にだってなる。
結局リテラシーといわれているもんなんでしょうね(^^;

それにしても、、、とある方面経由で見た、これ、目が泳ぐんですけど。メディアの劣化。。。
http://s02.megalodon.jp/2008-0813-0156-49/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008081290070619.html


 で、だから、どうしたらいいというのは、本当にどうしたもんでしょ。
できるところからするしかありませんね。情報源を明確にした、できるだけ正確な情報を、共有していければと。
[ 2008/08/20 12:42 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/503-b3d406c3














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。