スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魚拓保存;ドイツでは被告が89歳でも戦争犯罪は追求される 

 北海道新聞08/14 11:59
戦後63年「戦争犯罪」89歳法廷へ ドイツで続く追及』より

第二次世界大戦の戦争犯罪を追及し続けるドイツで、八十九歳の男性が九月、イタリア人を虐殺した罪で法廷に立つ。(中略) 
男性はバイエルン州在住の元村議、ヨーゼフ・S被告。ナチス軍がイタリア北部に展開した山岳狙撃部隊のリーダーだった。(中略)
 報道によると、S被告は、一九四四年のパルチザンとの戦いで隊員二人を失った報復として、イタリア中部のトスカーナ地方ファルサノ村で村民十四人の虐殺を指示したとされる。同村はパルチザン活動と無関係だったが、四人を銃殺、十一人を農家に閉じこめ、爆破した。生き残った村民(79)が一昨年、告訴し事件が発覚した。(中略)
 ミュンヘンの非政府組織(NGO)「ナチス独裁の犠牲者連盟」は「高齢戦犯の出廷はドイツが過去を直視し続けることの証左。罪は何歳になっても消えない」と主張、今後も戦犯の追及を強める姿勢だ。

 この報道の冒頭では、ワイツゼッカー元大統領の演説「過去に目を閉じる者は現在に対しても盲目となる」が引用されている。
 ドイツでは1979年に戦争犯罪追及のため計画的で悪質な殺人罪の時効を撤廃しているそうだ。しかし、被告の高齢化や、証言者の減少から近年は公判そのものも少なく、98年以降で公判が開かれた戦争犯罪は5件中3件では被告が死亡または体調を崩したそうで、公判を疑問視する声も出ているという。なお、報道中で被告の名がイニシャルなのは、人権保護のために公表されていないそうだ。

 この報道は、国内紙のネット版で他に探してみたけど、北海道新聞以外では見当たらない。
スポンサーサイト
[ 2008/08/15 18:00 ] 四方山話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/501-6cbb31ea














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。