スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アムネスティが中国政府の人権状況改善公約不履行を非難 

 こういう情報を見つけたので、思わずお持ち帰りで保存。

 アムネスティ・インターナショナル・ジャパンで、2008年7月28日(香港時間29日)付の「アムネスティ発表国際ニュース」で、「中国 : 中国政府が公約に反しオリンピックの遺産を危機に」。

 同記事冒頭より、

中国政府は人権状況を改善するという同国の公約を破りオリンピックの本質的価値に背いたと、オリンピック開幕まで10日を数えるのみとなった本日、アムネスティ・インターナショナルは報告書を発表し批判した。

「人権について訴える人びとを起訴し処罰し続けることによって、中国政府は、オリンピック招致が決まった7年前に自ら表明した多くの約束を反故にしてきた」と、アムネスティのアジア太平洋部副部長ロジーン・ライフは香港での記者会見で語った。

「中国政府はオリンピックの遺産を傷つけようとしている。政府は、すべての平和的な活動家を釈放し、国内外のジャーナリストに自由な報道を許可し、また、死刑廃止に向けてさらなる前進を遂げなければならない」。
(中略)
オリンピック開催に備え、中国政府が世界に向けて発信したい「安定」と「調和」のイメージを脅かす危険があると見なした個人を、拘禁し、自宅軟禁下に置き、そして強制的に排除してきた。

中国国内で人権問題に取り組む活動家やジャーナリストが、オリンピック期間中に特に人権侵害を受ける危険に晒されていると、アムネスティ・インターナショナルは考えている。(後略)


 同記事内で、アムネスティの報告書『オリンピック・カウントダウン―破られた約束』で結論づけたとしてあげられている内容は以下の通り。

・中国各地で人権擁護活動家は依然として拘禁そして自宅軟禁の状況にある。またある者は、オリンピックに対するいかなる妨げもできないように警察による厳しい監視下に置かれている。

・中国政府は、オリンピックが開催される前に北京市内を「浄化」し、競技開催中に活動家らを市内から消すために、「労働を通しての再教育(労働教養)」や「強制的麻薬リハビリテーション」などの懲罰的な行政拘禁の適用を拡大した。

・海外メディアにより自由な報道を認めるはずのメディアに関する臨時規定は、十分に実施されていない。海外特派員協会(FCCC)は2007年1月1日以来、260件の取材妨害があったと報告した。規定は中国人ジャーナリストには適用されず、彼らは依然として政府が慎重を要するとみなした問題を記事にすることを妨げられている。

・死刑は依然として68の犯罪に適用され、その中には経済や麻薬関連のように非暴力犯罪も含まれている。最高人民法院が再審理手続きを再開して以来、執行数が減少したという主張にも関わらず、実際の統計は公表されていない。

地方の活動家である劉傑(Liu Jie)は北京市で拘束され、中国東北部の黒龍江省で18カ月の労働教養を科されている。地元の情報によると、劉傑は、労働教養の廃止など政治・司法改革を実行することを指導者らに訴える公開書簡を取りまとめようとしたために、身体的な虐待を受けたと伝えられている。

2008年6月、警察は四川省の人権活動家である黄キ(Huang Qi、「キ」は「 王」の右に「奇」)を、「違法に国家機密を保有した」容疑で拘束した。黄キは5人の小学生の家族が地方政府に対して訴訟を起こすのを支援していた。5人の小学生は5月の四川大地震で小学校の校舎が倒壊した際に亡くなっている。

2001年に中国が2008年のオリンピック招致国となったとき、北京オリンピック招致委員会の王事務局長は次のように語っている。「中国を訪れる海外のジャーナリストには、完全なる報道の自由を与えるつもりだ…中略…中国でオリンピックが開催されることは、中国の経済を発展させるのみでなく、教育、健康、人権を含むあらゆる社会的状況を改善するだろう」



アムネスティ・インターナショナル・ジャパンサイト内にある、その他関連情報;
・「葉国柱(ようこくちゅう)さん Ye Guozhu 」より、一部抜粋

北京オリンピックのための建設工事による強制退去に抗議すべく、葉国柱さんは1万人規模の直訴デモを公式に行うことを申請しましたが受理されず、「争いを刺激し、問題を煽動した」として2004年12月18日、4年の刑を言い渡され、潮白監獄に収監されました。

「拘禁を延長された葉国柱さんの速やかな釈放を要請」の為のアクションに関する情報有り。

・2008年7月28日付の「アムネスティ発表国際ニュース」「中国 : オリンピック関連施設でアムネスティサイトへのアクセス遮断 」より、一部抜粋

オリンピックのプレス・センターに常駐する外国人ジャーナリストが、アムネスティの公式ウェブサイト(amnesty.org)にアクセスできないことが分かった。その他にも複数のサイトにアクセスできないと伝えられている。
(中略)
2008年4月1日火曜日、IOCオリンピック協調委員会のケヴィン・ゴスパー副委員長は、北京での会合で、中国政府は招致国として、オリンピックに参加する報道関係者に対して自由なインターネットのアクセスを許可するという責任を果たすよう求めた。

…続報見当たらず。


その他、関連で気になっていた情報;
・日刊ベリタ2008年04月07日10時48分掲載 「政府はチベット弾圧をやめ、ダライ・ラマと対話を 中国の知識人らが意見書 」より

(略)中国の著名な作家ら28名の知識人が、政府のチベット族民衆への弾圧中止を求める声明を発表した。声明は、政府側の一方的な報道を「民族の怨念をあおり立て国家統一に有害である」とし、ダライ・ラマとの直接対話などを政府に呼びかけている。署名者の大半は漢民族で、(略)これまで民主化運動家ですら漢民族中心思考が強く少数民族問題には無理解とみられてきたが、声明は彼らのなかにも新しい考えが芽生えてきていることを示すものとして注目される。



・日刊ベリタ2008年06月04日12時19分掲載 「「チベット問題には新しい考え方が必要」 政府に意見書を提出した中国の作家、王力雄氏へのインタビュー」より一部

 当局が国内のチベット人とダライ・ラマを代表とする海外チベット人とを分断させるために用いた方法は、国内チベット人が個人の富と利益に専念するようにし向け、チベットの政治状況に関心を向けないようにし、ダライ・ラマにはせいぜい形式的な信仰にとどめ、実質的な追随をさせないようにした。一時期この方法は成功したかに見えたが、実はそうではなかった。 
 チベット民族が政治に対して無関心なのは、訴えることがないのではなく、訴えることができないからだ。



 個人的に中国の小説家を初めとする方達の創作活動には注目しているし、中国の民主化路線には大いに期待しているのだが。
…現時点では、未だこういう状況なんだな、とメモ。
スポンサーサイト
[ 2008/08/03 14:00 ] 四方山話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/492-efd235e8














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。