スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

発酵スコーンのレシピを検討 

 先日、発酵スコーンのエントリをあげて以来、案の定、「発酵スコーン」で検索して辿り着いてくるお客様が増えた。しかし、感想だけのエントリだったから、あまり実用的ではなかったろうなと、こっそり心配ではある。

 あのエントリーは、『ゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコッティ』のレシピに沿って作ってみたスコーンを焼いてみて、これまでのよりバターの多さに怯え(笑)、レシピを研究しようと思ったところで、終了だったが。
 何度か試してみて、自分的に納得のいく程度に美味しくできるようになったので、今回、エントリにてご紹介しようかな、と。

 先の発酵スコーンのエントリでは、発行されたばかりのレシピ本から配合を紹介するわけにいかなかったが、これはオリジナル。といっても、実はこの配合、そもそも最初に作っていたCookpadの『30分でOK!d(゜ー゜*)基本のスコーン 』の配合とほとんど同じ。
 粉類の内訳の配分が変わっているが、全体に対する小麦粉の割合とか砂糖は同じだし、バターもほぼ同じ。ベーキングパウダーがイーストに置き換わっている事が、もちろん最大の違い。

 その材料の配合はというと;
強力粉……90g
薄力粉……30g
全粒薄力粉……30g
砂糖……大匙1杯半
バター……40g
牛乳……60cc
ドライイースト……1g

 これで約6個分。
バターは、あらかじめ冷凍庫でかちかちに固めておく。私は、元もとバターを冷凍庫で保存しているので、使用直前に出すだけ。

 小麦粉は、強力粉の割合はこのままの方がいいだろうけど、薄力粉の内訳では、全粒薄力粉が多かったり少なかったりしても、あまり味が変わった気はしない。全粒薄力粉は無しよりあった方が香ばしく仕上がるんじゃないかと思うが、全粒粉抜きは試してはいない。

 作り方は、最初にバターを1センチ弱ぐらいの角切りに刻んでおく。そのうち10gほどを取りのけ、小麦粉類と一緒に、バーミックスのスーパーグラインダーで粉に混ぜ込む。フードプロセッサでも同じようにできるんではと思う、多分。

 この、バター入りの粉をボールにあけ、砂糖と残りの角切りバターと、イースト(そのまま)をいれる。
カードで、バターを切るようにしながら適当に混ぜ、牛乳を入れてさらに切り混ぜる。バターの固まりを混ぜすぎないように、粉類と砂糖と牛乳がそれなりに混ざれば、一旦、ボールの一角に、全部の生地をまとめ、カードを使ってボールの壁に押しつける。

 そして、カードで生地を真っ二つに切り、切った生地二つを重ねる。重ねてさらに、ボールの壁に押しつける。そしてまた切る。これを数度繰り返し、バターの層が残った状態を保ったままで、生地をまとめ、ラップ上に取り出して長方形にざっと形をまとめて包み、冷蔵庫へ。

 これで、約八時間後ぐらいから焼いて食べればいい。オリジナルの発酵スコーンレシピより、ほぼ半量に近い程度にバターを控えているが、層状態に焼き上がる。最初の10gのバターを混ぜ込むステップは省いても層状態に焼き上がるが、やや堅めの口当たりになるようだ。発酵を充分にしたら気にならないかもしれないが、試していない。うちには(もともとは猫のご飯作成用に購入した)バーミックスのスーパーグラインダーがあるもんで(笑)

発酵3日で、オーブントースターを使って焼いたスコーン。

美味でした^^
という、パンっぽさのある美味しいスコーンなので、さくらさんにお勧め。


 一方、こちら、この手の食べ物は別に興味はないはずだが、盛り上がりに参加しそびれていることに思うところがあるのかもしれない、ぼっちゃん。

なんとなく、猫の画像をおまけに付けずにはいられないのだ(^^;




ところで。
私には、可能か不可能か解らなくても、とりあえず、考えついた事を提案してみる傾向がある。

 この前、とある提案をしてみたのだが、提案されたとある方が、逆ギレしてしまったようである。…もしかして私は、人間業では不可能なレベルの、恐ろしく難易度の高い芸当をするように提案してしまったのだろうか?
そこで試してみた。















マヨネーズで書いてみた「笑」の字。

…実のところ、マヨネーズで文字を書くという試みに挑戦したのは、生まれて初めてだ。
美しく見事に描ききったと強弁するつもりはない。
しかし、「笑」と読める、、、はずだ、多分。

 どうやら、「これができれば神業」レベルの不可能事を提案した訳ではなさそうで、一安心である。恐らくは、鍛錬の後に、美しくマヨネーズで「笑」「傲」「江」「湖」と描かれたサラダの画像をブログ上で披露していただけることだろう。…神拳無敵闇の料理人を目指しているらしいから。そして、この技術を応用した盛りつけのサブリミナル効果を使い、もてなす相手を次々に武侠ドラマにはめていくのだろう。











がんばるのよ。
(わくわく)





…ん? わたし?
晩ご飯でマヨネーズ食べたら太りそうだから、今回だけ。
おあと、よろしく。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2008/07/18 18:00 ] 小ネタ | TB(0) | CM(4)

あのー   No. 4741

ひらがなじゃだめですか?(どこが闇の料理人だ?)
[ 2008/07/18 23:12 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

うむ   No. 4742

うちはびん入りマヨネだからムリ。
[ 2008/07/19 00:32 ] jIQFn5A2[ 編集 ]

猫の顔とかも楽しくていいよね♪   No. 4744

>うちゃさま

初心者にはアルファベットもオススメです♪


[ 2008/07/19 09:10 ] mQop/nM.[ 編集 ]

   No. 4748

>うちゃさん

エントリ中に「鍛錬の後に」って書いておきましたから、ひらがなで鍛錬ですね。
まずは、二日目のちっちゃい「ょ」を、、、

がんばってくださいね。



>えぼりさん

ラップに必要分取り出して、巾着状態にして、つまようじで小さい穴を開けてやってみるのはいかがでしょう?
(これ、もともとはお弁当にマヨネーズをもっていくテクですが)



>柿の木さん

↑での文字書きは、土台をトマトソースで平らにしてあるし、うちで買っていたマヨネーズの容器の出てくる穴が小さくて書きやすかったって事は、うちゃさんには内緒にしておいてくださいね。
[ 2008/07/19 12:22 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/483-c3856075














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。