スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

実は、豹になってからCGIが動いてなかった 

 どうやら、当ブログにはMacがらみのキーワード検索で辿り着いてこられるお客様が結構いらっしゃるようで、その場合のよくある検索フレーズが「mac  調子悪い」なんかだと、思わずいきなり仲間意識が湧いてしまう(笑)。
そして、最近よくお見えになるキーワードが「mac os x 10.5 キヤノン」だったりするので、お互い苦労するよねと、内心つぶやいてしまう。

 …なんて書き出しのエントリを上げると、さらに、その検索フレーズに引っかかってしまうような気がするが。
そんな、Macがらみの検索フレーズでも、すごく気になるキーワードの組み合わせが「mac web共有 forbidden」。
これで引っかかるエントリは、2007/03/10付の、失敗談付き作業記録記事だろう。稚拙な事をやっているのだが、ちゃんとした解説のついたWWWページにリンクも貼ったし、私がなぜ引っかかったのかも書いておいたから、辿り着いた人達には、それなりに役立てていただけたんじゃないか、と思う。

 しかし、その約1年後、2008/03/17に上げたエントリに書いたように、先代MacBookのあまりの調子の悪さに切れて、豹憑きOS 10.5がインストールされたMacBookに買い換えて以来、実は困っていた。

LocalでCGIが動かない…(^^;
403 forbiddenで。


そして、こんなフレーズ検索経由のお客様も、その頃からか明らかに目につきだした。
「mac osx10.5 cgi web共有 forbidden」、あるいは、os10.5なりleopardを含んだ、この種のキーワードの組み合わせ。

…そこはかとなく心苦しい(^^;
どうしよう…


 と思ったって、このところ、そっちの作業をする余裕もなかったので仕方なかったんだが。
押し寄せていた仕事が一区切り付いて、頂き物やら拾いもののCGIをLocalで動かして作業しなくちゃいけなくなったから、ようやく取りかかることができた。

 まず、自分で以前あげた2007/03/10付の作業記録エントリをおさらいする。
しかし、いきなりこけた。
最初に、
/etc/httpd/httpd.conf
を探さないといけないのに、httpdのディレクトリが見当たらない(冷汗
困って、etcディレクトリ内を見渡す。
すると、apache2 の文字が目に入った。なんとなく怪しいので、中を覗く。
…httpd.confがあった。

………って、以前、設定した時とエライ様子が変わっている(^^;
どうも、leopardになってから、いろいろと変わったらしいという事に、ようやく気がつく(遅いよ)。今度のhttpd.confの中に書いてある事も、ずいぶん、前と違う。


 前と同じ要領では手も足も出そうにない。
という訳で、その辺をキーワードに検索して探し出した情報がこちら。

・『blogSetomits』さんの2007年12月4日付記事で『Web 共有 on Leopard

・『佐藤伸吾(akio0911)のデジタルライフハック』さんの2007年12月27日付記事で『[Apache]LeopardでCGIが動かない問題について

・『sbs_tsの日記』さんの2007年12月23日付記事で『Mac OS X 10.5 ( Leopard ) でCGIを使用する

 三つもあげてしまったが、上記の一つに絞ってその通りにやればいいのだ、と思う(多分)。
blogSetomits』さんの方法は、複数の人で一台のleopardが走っているMacでCGIを扱う場合にはいいのかも、と思うが、一人で一台占有している場合には別の方法でいいのでは、と思う。結局採用しなかった方法だけど、後で見るかもしれないから、私の都合で(笑)URL保存の意味でリンクを貼ってしまう。
akio0911』さんの方法も、たぶんやっている事は後の『sbs_tsの日記』さんと同じなんだと思うけど、cgiは専用のディレクトリに入れているような。こちらも、後で見るかもしれないから、これまたURLを保存。


 結局、私がやった方法は『sbs_tsの日記』さんが公開してくださっていた方法。
以前と違ってhttpd.confは何も書き換えず、User.confの記述を変更するだけ。
User.confは、
/etc/apache2/users/
にあるので、ホームにコピーしてエディタで記述を変更し、記述変更済みのUser.confを元のディレクトリに戻す。


そして、Web共有を一旦オフにして、オンにする。

…以前は、ここまででUserディレクトリのCGIが動いた。
なので、ここでブラウザからUserディレクトリのCGIを呼び出してみると。。。



例の403 forbidden(^^;





思わず蒼ざめた。
しかし『sbs_tsの日記』さんの作業手順の説明には続きがあった。
ファイルやディレクトリのパーミッションを変更?
前は、そんなのしなかったけど…と思いながら、CGIファイルそのものは設定してあったはずだし、と、Userディレクトリのパーミッションを「chmod 707 [ディレクトリ名]」で設定して、再度、ブラウザからUserディレクトリのCGIを呼び出してみる。

…動いた(パチパチパチパチ…(^^;)

という訳で、なんとか解決したのだった。
我ながら、毎回、要領の悪い事だ。
…雪豹になったら、また、いろいろと変わるのかなぁ(不安)。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  電脳林檎とその周辺
[ 2008/06/30 20:00 ] 小ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/472-81e97a46














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。