スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

岩波訴訟の控訴審が始まる 

 岩波訴訟の控訴審が25日午後に大阪高裁で始まるそうだ。
 沖縄タイムス2008年6月25日(水) 夕刊 5面、 『史実確定へ全国で動き/「集団自決」控訴審開始』によると、

(略)
県内外の歴史研究者や被告支援者たちは「高裁で真実を決定づけてほしい」と期待を込めた。
(略)
 沖縄戦研究で知られる琉球大学の高嶋伸欣名誉教授は「裁判官がまっとうなら、結論はひっくり返りようがない。むしろ高裁が司法の独立を守れるかがポイントであり、法廷審議をチェックしていきたい」という。

 一方で、「原告らが裁判を続けるおかげで、この問題への全国的な関心を維持できる。沖縄の人たちはそのぐらいのたくましさで見守ってもいい」とも語った。

(以上、および以降、強調等は引用者による)
…ということなので、関心をもってますよーと示すためにエントリを上げた次第。

 ちなみに、2008年6月15日付琉球新報の 『牛島司令官、千早隊に「遊撃戦」命令 米国で「訓令」発見』によると、

 旧日本軍の沖縄守備隊第32軍の牛島満司令官が、沖縄戦終結直前、鉄血勤皇隊の情報宣伝隊(千早隊)の隊長に、組織的戦闘終了後も奇襲などをする「遊撃戦」により戦闘を続けるよう命令する「訓令」の文書がこのほど、米国国立公文書館で見つかった。(略)大田平和総合研究所主宰の大田昌秀氏が発見した。当時、千早隊隊長が隊員に対し同様の命令をしており、大田氏は「現場の隊長の一存で命令が出たのではなく、軍隊の縦の関係の中で命令が出たことを示す貴重な資料」と話している。(後略)

とのこと。一審時点にはなかった資料まで出てきたようだ。

 こちらもついでに。
沖縄タイムス2008年6月11日(水) 夕刊 5面 、の 『警官が偵察活動従事/沖縄戦下の本島北部』によると、

 沖縄戦で日本軍がゲリラ戦を展開した本島北部で、軍に協力した警察官たちの行動を記した日誌の英訳資料を、関東学院大学の林博史教授が米国立公文書館で見つけた。警察官が偵察活動や米軍への破壊活動に従事したほか、住民への宣伝活動を行ったことも記されており、警察官が軍と住民の間を行き来して秘密戦を支えていた構図が浮かび上がった。
(略)
 林教授は「現場の警察官たちは要綱を忠実に実行し、軍の手が回らない部分を埋め合わせていたことがうかがえる。秘密戦の一端を具体的に記録した貴重な資料であると同時に、根こそぎ動員で秘密戦を継続しようとした日本軍の実態をよく表している」と話している。

そう、大きな物語の共有によって、「根こそぎ動員」の意識を当時の国民全てに徹底していた時代だったはずだ。その時代に生きていた人達は、まだたくさんいるはずなのにどうして忘れられるんだろう?


…で、岩波訴訟係争中を理由の一つにしていた教科書検定は、どーなったんでしょーか???
(知ってるけどね)
スポンサーサイト
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2008/06/25 17:30 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(21)

そりゃ…   No. 4589

原告が「名誉毀損」で「告訴」した時点で大江健三郎氏の本を読んでいなかったという「事実」で既にアウトでしょう。
「読んでもいない」本の内容について「名誉毀損」で告訴する神経を疑いますね普通は。
飲んでもいない酒を「不味い」と言ったり、食べてもいないラーメンを「不味い」と言ったり、入ってもいないお店に向かって「サービスが悪い」とか言ってるようなモンですから。
[ 2008/06/25 17:35 ] -[ 編集 ]

こんにちは   No. 4590

実は、東中野裁判のように一審での自らの主張を根底から否定するような新たな主張が飛び出さないか密かに期待していたりします。
[ 2008/06/25 22:24 ] 6jKQJN/2[ 編集 ]

大丈夫でしょう   No. 4591

Apemanさんも書いていましたけど、百人斬り訴訟といい東中野裁判といい、高裁はほとんど歴史修正主義者側の控訴を相手にしていませんから、この裁判もたぶん大丈夫かなと。たぶん1回結審の控訴棄却でしょう。もちろん私も強い関心を持って見守っていきます。

この裁判で、原告側があえて岩波書店、大江健三郎を訴えたのは、おそらく戦後民主主義の象徴としての彼らを攻撃するという意図があったと思うのですが、やはり(例によって)筋が悪すぎたように思います。勝つことよりも、攻撃の方が主の目的だったのかもしれません。
[ 2008/06/26 08:58 ] -[ 編集 ]

それにしても解らない   No. 4592

沖縄タイムスが6月11日に出した『警官が偵察活動従事』の報道を、なんで昨日付で琉球新報と朝日と毎日が報じたのか。内容は沖縄タイムスの方が詳しいぐらいなのに。




>おさふねさん

担ぎ出した人達の見識が疑われますねぇ。



>toremokoさん

…あのー、さっき見かけた琉球新報記事に、さっそくこんな一節が。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-133516-storytopic-1.html
『 梅澤氏ら一審原告は控訴理由書の要旨を陳述し「隊長命令の真実性を否定しながら、軍の関与を前提に隊長命令を推認した地裁判決は、真実相当性の判断を誤解したもの」』
書籍記述が名誉毀損に相当するかどうかを争っていたはず、でしたよねぇ………?



>Bill McCrearyさん

普通は(?)大丈夫だろうと思いつつ、なんだか変な方向に社会が行っているのはひしひしと感じますから、言挙げしておく意味があるかな、と。


>勝つことよりも、攻撃の方が主の目的
<
訴訟を起こす目的そのものは、こちらで自称関係者(笑)が語っておいでの通りかと。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-315.html
大江さん達を標的にしたのは、ご指摘の点か、、、あるいは、誰でも良かったけどつっこみやすかったのか、なのかも、ですね。
[ 2008/06/26 12:14 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

証人申請は秦オジサンだけ?   No. 4593

あれほど、「新証言」「新証人」と
大々的に藤岡信勝さんがこぶしを振り上げ、
那覇で記者会見を行って強調していた、宮平秀幸氏だったが、
戦隊長側弁護団は、下記報道が正しければ、
宮平秀幸氏の証人申請をしなかった、ということになる。
報道されているのは秦郁彦氏だ。
(手前味噌:http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/622238/


[ 2008/06/26 15:03 ] mCHsjK0Q[ 編集 ]

   No. 4594

>ni0615さん

いつも充実した情報をありがとうございます。
……………秦郁彦氏が、証言。はぁ。
既に、裁判を仕掛けた方は投げやりなんですかねぇ。
[ 2008/06/26 17:55 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

キーアンクル   No. 4595

>>碧猫さん
>……………秦郁彦氏が、証言。はぁ。

ただね、秦オジサンが検定委に提出した「専門家意見」(1)は、私には原告弁護団の最終弁論(2)の抜粋レジュメではないかと思えるのです。つまり、秦オジサンは原告弁護団の特別顧問ってか。それこそ専門家の鑑定に委ねますけど。

(1)http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/1025.html
(2)http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/1061.html

藤岡オジサンが、いつもいつも傍聴席にいるのは、右翼公約数から「仲間ハズレ」にされないためのような気がしますが、秦オジサンはなぜ、いつもいつも傍聴席にいるのでしょうか。
[ 2008/06/26 18:13 ] wXjYpoNI[ 編集 ]

   No. 4596

>ni0615さん
>原告弁護団の特別顧問
<
うーん、訴訟について、原告側に意見を言ってないわけはないと思いますしねぇ。
「特別顧問」でも、さもありなんと思うわけですし。

>秦オジサンはなぜ、いつもいつも傍聴席にいる
<
ん?
お手すきだからなんでは。既に定年退職なさってましたよね。
[ 2008/06/26 20:42 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

意外・・・・   No. 4597

2回目の口頭弁論を開くんですね。これは意外。

たぶん、それで弁論終了、控訴棄却、上告棄却のパターンだとは思いますが。
[ 2008/06/26 23:13 ] -[ 編集 ]

うわー   No. 4598

そうやって戦線を拡大しても相手にされないっていい加減気づけばいいと思うんですがねー。まあ、あの人たちがやりたいのは一部の人たちに向けたパフォーマンスでしかないのでしょうが。
[ 2008/06/27 01:29 ] 6jKQJN/2[ 編集 ]

   No. 4599

ご存知かもしれないけど、裁判支援連絡会のページです。
http://okinawasen.web5.jp/

そこにあったんですけど、「34人いた控訴人(原告)側代理人は、高裁では6人と激減。」しているらしいです。
原告側は訴訟を起こして、教科書検定で記述を書き換えさせて、すでに目的の大半を済ませているのかもしれませんね。



[ 2008/06/27 02:49 ] hiiZJbic[ 編集 ]

秦郁彦氏   No. 4600

JCJ機関紙部ブログです。

 秦氏は一審判決の時に「逃げの判決」とコメントしているんですね。
 秦氏の想定する「逃げない判決」というのはどういうものなのか>

 JCJ出版部会のページ「出版ロバの耳」に高文研代表・梅田正己さんの第一審判決とその報道に対する論評が載っています。

 http://www.jcj.gr.jp/shuppan/jcj0/jcj0.html
[ 2008/06/27 10:24 ] p5WOYd7U[ 編集 ]

   No. 4601

>Bill McCrearyさん

nagonaguさんが御教授下さった裁判支援連絡会のページによると、「証人調べがないことからすると、今後は文書のやりとりだけの審議となり、早期に結審する可能性が高い」
で、
「9月9日の次回期日で結審し、年内にも判決に至る見通し。」
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200806250052.html
とか?



>toremokoさん
>戦線を拡大しても
<
なんだか、由緒正しいですね。
裁判支援連絡会のページによると(こればっかり)
______________________
原告側は秦郁彦氏の証人申請を行った。裁判長は「『諸君!』08年2月号の論文提出で十分ではないのか」と指摘して3人の裁判官は別室で協議し(その間約1分)「必要なしとして却下する」とした。
______________________
そうです(^^;



>nagonaguさん

御教授ありがとうございました。追加されていた情報が、実になんと申しましょうか(^^;
「沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会」(原告側)では、5月25日付の記事で「控訴審に向けて期日までに沖縄への数回の弁護士現地調査等費用が必要」って資金援助を呼びかけてたんですけど、今頃、調査ですかねぇ?(謎)



>JCJ機関紙部ブログさん

私も判決の主旨をきちんと理解していなかったようです。

「原告梅澤及び赤松大尉が本件各書籍記載の内容の自決命令を発したことを直ちに真実だと断定はできない」が、
「その事実については、合理的資料もしくは根拠があると評価できるから」 「被告らが本件各記述が真実であると信じるについて相当の理由があったものと認める。」

何度か繰り返して読んでおきたいと思います。
御教授ありがとうございました。
[ 2008/06/27 17:48 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

早めに洗脳されてください。   No. 4602

第一審では、最重要決定的証言者である照屋昇雄氏が、一躍時の人となりました。そうして、チャンネル桜が配給するビデオが、かなりの人々を取り込み、安倍政権誕生の勢いもあって、教科書が検定で書き換えさせられました。

そのご私はようやくこの裁判に注目し、大江・岩波側弁護団がどうして照屋証言に徹底的に反撃しないのだろうか、といぶかり、あせりました。そうして、照屋ビデオを書き起こしたりしてみたところ、トンデモであることが直ぐに分かりました。

結局、決定的証言者である照屋昇雄氏は証言台に立ちませんでした。

第2審での最重要決定的証言者は宮平秀幸氏です。宮平秀幸氏は一昨日には証言台に立たないことが決定しました。法廷での心証は形成されにくくなってしまいました。

理性的レベルでは山崎行太郎氏が宮平秀幸証言を完膚亡きレベルまで追い詰めていますhttp://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/。また、大江・岩波弁護団も完璧な答弁書を用意するでしょう。

しかし感性のレベルでは、それでも、ビデオをついつい見てしまうと、「このおじさん嘘はついてないよなあ」と思ってしまうのが人情です。

チャンネル桜が配給する宮平秀幸ビデオは、一般人の感性に訴え一定の心証として世間に残ります。ですからこれは、法廷外で、感性のレベルで徹底的に批判しておかなくてはならないのです。そうしないとウヨクは「不当判決」だとか「裁判所は言語空間が違う」とか、いつまでもわめくことをやめないでしょう。

みなさんも、一度は桜ビデオに洗脳されてみてください。それはできるだけ早い方がよいでしょう、判決前に「脱洗脳」できますから。
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/1338.html


[ 2008/06/27 18:14 ] mCHsjK0Q[ 編集 ]

   No. 4604

>ni0615さん
>一度は桜ビデオに洗脳
<
えーっと(^^;
実は、Youtubeは非常に見づらい環境におりまして。。。

共感の押しつけで洗脳ってのに対しても、警戒心全開の今日この頃でして(^^;
(だから多分、洗脳されないと思うけど)

人間、誰しも、都合の悪いことや辛いことは覚えていたくないものですからね。宮平氏も、御自身にとっての真実を述べているのかな、と。
[ 2008/06/27 18:56 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ウロウロ・・・   No. 4614

どこにトラックバックを送ろうか迷ったのですが「トンデモ史観」ということで、こちらにペタリ。

どこに貼ろうかウロウロしているうちに、無関係なエントリーまで読み直してしまい、疲れが・・・ orz
[ 2008/06/28 17:55 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

   No. 4617

>師匠

お疲れ様です&トラックバックありがとうございます。
私は細かいことは気にしませんので、あまりお気遣いなく^^
[ 2008/06/28 21:48 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

彼ら(歴史修正主義)の行動パターン   No. 4620

「夏淑琴さん名誉毀損裁判」の穂積剛弁護士が『世界』6月号で仰ってたことなんですが、彼ら(歴史修正主義)は裁判で負けそうになると、負けていることをカムフラージュするかのように、別の裁判(「百人斬り訴訟」や沖縄「集団自決」訴訟など)を提起して話題を逸らそうとする特徴があるそうですね。今度もまた形勢不利に陥ってますから、次は何を仕掛けてくるのか不謹慎ながら期待してしまいます(笑)。
[ 2008/06/29 06:17 ] eBcs6aYE[ 編集 ]

   No. 4622

>山木さん
>次は何を仕掛けてくるのか
<
そんな行動パターンが…?
なんだかなぁ。また、お年寄りを口車に乗せて担ぎ出さなければいいのですけど(若い人を担ぎ出せばいいという問題では、もちろんありませんが)。
靖国の刀鍛冶の方とか、危なくないですかねぇ。大丈夫かなぁ。
[ 2008/06/29 12:00 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ヨソのコメ蘭で反省会   No. 4624

 私は、関連しない記事へのトラックバックという、細かいことを気にしてしまうので、関連記事を検索させたりの手間をかけさせてしまい、申し訳ないです。
 でも、細かくないことは気にしないので、学名をイタリックにするのを忘れたりするんですので、申し訳ないです。
[ 2008/06/29 19:57 ] -[ 編集 ]

この場合   No. 4625

最も気になる点は、なんて麗しい誤変換だという点かも(^^;

…いや、ここで、思わず素直につっこみ入れると何か罠があるかもしれない。。。
[ 2008/06/29 20:34 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/468-ff91ae8b


[SONG]雄々しき少女

我が家の小さきものが体調が思わしくなかったり、連夜夜泣きしたり、仕事も佳境に入ったりで、日記を書いたりする余裕もない。…その割には、夜中にブログ閲覧で徘徊している。 ■ わたしが初めて彼女に会ったのは彼女が住んでいるポートランドにあるホテルのロビーだったん
[2008/06/27 15:52] URL nagonaguの日記

文部官僚出身・下関教育長の、素晴らしい歴史認識

下関市教育長「植民地支配は歴史的事実に反する」(朝日新聞) 山口県下関市の嶋倉剛教育長(44)が26日、学校への教育補助金増額を求めて訪ねてきた山口朝鮮学園の金鍾九理事長と保護者らに、日本の朝鮮半島に対する植民地支配について「植民地支配は歴史的事実に反...
[2008/06/28 17:52] URL かめ?












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。