スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国立公文書館から、また解読暗号文書「敗戦直後に慰安婦を看護婦に」 

 gegenga師匠が、魚拓を届けて下さいましたので、エントリにて自慢 展示。

 共同通信 2008/06/19 18:21付で、
敗戦後、慰安婦を看護婦に 旧軍の命令、文書で初確認

 関東学院大の林博史先生は四月にも、旧軍が重要書類焼却を命じた暗号通達を、連合軍側が解読していた史料を英国立公文書館で発見なさっていた訳だが、今度の件もそういう暗号通達が連合軍に解読されていて、英公文書として保存されていたという話(^^; 

 第2次大戦での日本の敗戦直後、旧海軍が日本人慰安婦を、軍病院の補助的な看護婦として雇用するよう命じた通達が19日までに、連合国側が暗号解読して作成した英公文書で判明した。研究者らは、慰安婦が看護婦に雇用された際の身分が軍属だった可能性が高いとみている。敗戦時に軍属雇用するという配慮から、軍が戦中に慰安婦管理に事実上深くかかわっていたとする見方を補強する貴重な史料としている。(後略)

…現時点では、日本では共同通信からのみ発信されているのみ。

 しかし、この報道、韓国や中国から、注目されている。

 2008-06-20 09:09:34付のマイデイリーコリア、『일본군, 종군위안부 개입 문서 발견 (日本軍,の従軍慰安婦介入文書発見)』は、日本で報道された共同通信報と同じ内容。2008/06/19付の蘋果動新聞の『日軍曾僱 慰安婦當護士』は、日本で報道された共同通信報より短い。

 日本の報道より詳しかったのは、以下の韓国の2紙と中国の新華網。ソースは日本における報道と同じく共同通信らしいのだが。
・2008.06.20 10:02:30 付連合ニュースの
日, 2차대전 직후 위안부를 軍간호보조사로 전환 고용 (日本、第二次大戦直後に慰安婦を軍看護補助士として転換雇用)』
・2008-06-20付Voice of peopleの
日, '위안부'를 군병원 보조 간호사로 채용 (日本 「慰安婦」を軍病院補助看護婦として採用)』
・2008年06月20日 12:24:01付新華網の
文件顯示日軍曾命令“慰安婦”轉成護士 (文書が日本軍命令の「慰安婦」を看護士への転換を顕かに示す)』

 ここでは、一番詳しかったVoice of people記事から日本の共同通信報となるべくかぶらない箇所を自動翻訳で保存。

 過去に日本が、日本軍「慰安婦」を軍病院の補助看護婦として雇用するよう命令した文書が発見された。
 20日共同通信は、「連合国側が暗号解読して作成した英文公文書を通じ、このような事実が明らかになった」として「研究者らは『慰安婦』が看護婦で雇用された時、身分が軍属だった可能性が高いと見ている」と伝えた。
(略)
 この文書によれば、東南アジア方面に派遣されていた第1南遣艦隊司令官が、サイゴン第1特別根拠地隊などを受信者として、1945年8月18日付で送った通知において「シンガポール海軍の慰安施設で仕事をした少女らが海軍第101病院で補助看護婦で雇用された」と連絡し「サイゴンでも同じ措置をするよう」指示している。

 また8月20日付で、第8通信隊から海軍民政部全責任者に送られた通知には「全地域の日本女性を看護婦の身分として病院に配置するよう」命令している。通知は最後に「通知内容を完全に理解した後に焼却するよう」明記されていた。

 共同通信は、「従軍慰安婦問題と関連して、日本政府の謝罪や補償の根拠となる当局の関与程度が問題になっており、この史料は、今後の議論に大きな影響を及ぼす」としながら、「看護婦として『慰安婦』を雇用することによって、政府当局が慰安婦の存在を連合国に隠蔽しようとした可能性も指摘されている」と報じた。

(注;文中の「看護婦」の表現は、当時に用いられていた用語として使用しています)
…連合ニュースには「共同通信は、通信内容の中にある日本女性には韓半島出身も含まれていると考えられる、と付け加えられていた」、との一節もあるようだ。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/06/20 21:00 ] 四方山話 | TB(1) | CM(5)

すいません、2重投稿みたいになっちゃいますが   No. 4565

シンガポール軍政下の本を漁っていて、まさにドンピシャの事例がありましたので、もう一度ここに、その部分だけ抜き出します。
高文研 林博史「シンガポール華僑粛清」よりごく一部抜粋

「インドネシアからたくさんの「ロウムシャ」が船で運ばれてきたが、その中に白い制服を着た16~20歳くらいの少女30~40人くらいが混じっていた。彼女達は「看護婦になるために来た」語っていたが、実際には市内の慰安所に連れて行かれた。戦争が終わって、カトンロードにあった慰安所から逃げ出してきた彼女達は、オスマン氏に対して「看護婦にするといわれて来たが、慰安婦として働かされた」と語ったという。

碧猫様、同じ事の繰り返しみたいな感じになってしまって申し訳ありませんでした。不用でしたら削除してください。
[ 2008/06/21 01:11 ] -[ 編集 ]

   No. 4566

>おさふねさん

あれ?
削除等の処理をした覚えがないのですが、通知は2コメ分、今見ると一つしか…(^^;

それはともかく、御教授は騙し連れの事例なんですよね?
この度の林先生による発見史料は、逆向きの手配を軍がしていることが重要という論点かと考えています。
[ 2008/06/21 12:45 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

あはは   No. 4569

では、私も   No. 4559

手前味噌で一寸恥ずかしいですが
gegenga様を見習って
http://d.hatena.ne.jp/osahune/20080617/1213703388
ご参考までに
[ 2008/06/20 07:52 ] おさふね -[ 編集 ]

ここであげさせて頂いた拙ブログの一部をコピペしただけですので(笑)
[ 2008/06/21 16:10 ] -[ 編集 ]

   No. 4573

あ、すみません。
どうも記憶が混乱していたみたいで(^^;
[ 2008/06/22 17:33 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

追記   No. 4586

アジア女性資料センターでも取り上げていました。
http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=201
_________________________________
旧日本軍による「慰安婦」隠しか 看護婦雇用命令通知を発見
投稿日時: 2008-06-23 (8 ヒット)

6月19日付共同通信の報道によれば、敗戦直後、旧海軍が日本人「慰安婦」を軍の補助的看護師として雇用するよう命じた通達文書が、林博文教授により英国立公文書館で確認された。「慰安婦」の存在を連合国軍側から隠ぺいするねらいがあったと見られる。

日本政府は「慰安婦」問題に関して、道義上の責任は認めるが法的責任は認めないとする立場をとっている。しかし敗戦時に軍属雇用する配慮から見ても、軍が事実上深く関与していたことを示唆する史料といえる。林教授らによると、命令の中で言及された「日本人」には朝鮮半島出身者も含まれていたとみられる。
(後略)
_________________________________

この記事で何が一番気になるって、林先生のお名前を間違っていることだったりする。。。
[ 2008/06/24 17:39 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/464-25e39403


FYI

敗戦後、慰安婦を看護婦に 旧軍の命令、文書で初確認 (47 News ‐2008年6月19日) http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008061901000625.html  第2次大戦での日本の敗戦直後、旧海軍が日本人慰安婦を、軍病
[2008/06/21 13:43] URL Stiffmuscle@ianhu












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。