スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

すごいクリニックが銀座にあるそうです 

 「妄想科學日報」さんの「意向に沿うべきか諫言すべきか」経由でみた、人力検索はてなのとある質問

 血液クレンジング療法なる、名前からしてアレな療法が話題なんだそうで、それの問い合わせに対し、親切な人が質問者に回答しているのだ。

 で、血液クレンジング療法のサイトがこちら。説明から一部引用。

もし、血液が不健康だと、十分に酸素や栄養素を運ぶことができないので、大病を引き起こす恐れがあります。動脈硬化をはじめ、狭心症、心筋梗塞、脳内出血、脳梗塞などになることもあります。実は、血液の状態が悪いと、老化の促進に繋がります。そして最悪の場合、免疫不全によってガンになることもあります。なので、人間にとって血液とは、本当に大切なものなのです。

…えらく飛ばした説明である。

そこで、今最も注目を浴びているのが、血液クレンジング療法なのです。血液クレンジング療法は、オゾン療法と言われています。この血液クレンジング療法をすることによって、血液やリンパ液が浄化され、疲労を感じなくなり活力が回復します。そして、活性酸素が取り除かれるのでストレスの解消にもなります。新陳代謝も活発になるので、精神的にも肉体的にも老化を防ぎ、若返りの促進をします。また、免疫細胞の活性化で、細胞内ATP濃度が上がり、病気が治りやすい、病気の再発予防、老化防止にもなります。

(^^;;;;;

 間を飛ばして、じゃ、その療法は、と見てみる。

最後に、血液クレンジング療法の副作用についてお話します。結論は、副作用はありません。というのも、血液クレンジング、一般的にはオゾン療法ですが、オゾン自体は薬ではないので副作用はありません。副作用がないので、気になる方は血液クレンジング療法を受けてみて下さい。

…オゾンを治療薬として用いた話って聞かないが、、、だが、オゾンで殺菌するぐらいなんだから、生きた細胞にオゾンは害だぞ。



 そして、その療法を施す銀座の某クリニックがこちら
テレビ等にもかなり取り上げられているらしい。

 アンチエイジングのための検査として、血液解析検査、血管年齢検査、血液ライブ検査、活性酵素体質検査、有害重金属検査をしてから、アンチエイジングのための治療法として、キレーション(血管を柔らかくするためにキレート剤を点滴する、、、って、大丈夫なのか?)、血液クレンジング(動脈を若返らせる最先端医療として血液をオゾンによって洗浄、、、って、おいおい)、血流改善療法(日本で唯一の米国栄養療法認定医だからできるんだって)をするらしい。

また、その他に上げられている治療法では、肩こりや腰痛に行うらしい『血の巡りが劇的によくなる「オゾンツボ打ち注射」』で、

このオゾンツボ打ち注射を行うと、その直後から患部の血行が劇的によくなります。これは、オゾンに血の巡りをよくする働きがあるからです。オゾンを患部に注入すると、すぐに注入した部分の皮膚に赤みがさします。これをサーモグラフィという温度を感知する検査器械で測ると、患部の温度が上昇していることがわかります。つまり血行がよくなっているのです。オゾンツボ打ち注射は、このように、たちどころに効果が表われるのも特徴です。

…それ、局所にむやみやたらな(*)急性炎症起こしてないか?

 あるいは、「ホルモンの原料を与えることによって、若返りホルモンの値を高めていく」「患者様ご自身がすでにお持ちの“自分のホルモン”を刺激して、分泌を促」すという『薬に頼らない「ホルモン補充療法」』とか(動物性タンパク質を食事に取り入れるんだろうか…)。

 はたまた、「非常に画期的なのがDNA癌検査です。自分の体が将来癌になるかどうか、まったくその心配がないのか、遺伝子によって調べることができ」る、DNA癌検査とか。
……将来癌になる心配が全くないって、それまず無理だから。
ちなみに、このページには文字を大きくして、こう書いてある。

しかし、このDNA検査では、PET検査で癌だと診断される10年前に、将来癌が起こるか否かわかります。

これまでにない、非常に画期的な検査方法なのです。

…………10年前の検査対象をトレースして、ちゃんと検証しているのだろうか?



…………どこを見てもすごいサイトですので、当ブログのお客様に是非ともご紹介したくなったのでした。
見るだけで疲れたから、皆様におすそ分け(^^;




ついでに見つけた関係サイト;「ウイスマー研究所/株式会社ウイスマー | ウイスマーニュース | vol.14



*コメント欄での、もっともなご指摘を勘案しつつ、端的さを維持しつつ(?)より適切なつっこみになるよう、一言追加。
スポンサーサイト
[ 2008/05/27 20:05 ] ニセ科学系トンデモ | TB(2) | CM(10)

ちょっとまてい(爆)   No. 4357

http://ja.wikipedia.org/wiki/活性酸素より、

広義の活性酸素には一酸化窒素、二酸化窒素、オゾン、過酸化脂質などがある。

毒を持って毒を制す? いや、いくらなんでもそれは……

と思ったら、生命現象全般にかかわることで、そんなに簡単な話じゃないようだね。
活性酸素って。

オゾン洗浄って、洗濯機みたいだが、これで活性酸素ってとれるんだろうか?
[ 2008/05/27 20:55 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

オゾン療法……。   No. 4358

「オゾンで活性酸素を取り除く」って……


オゾンは活性酸素の一種なんですけど……。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%BB%E6%80%A7%E9%85%B8%E7%B4%A0
[ 2008/05/27 21:00 ] -[ 編集 ]

血液クレンジングって   No. 4359

人工透析ですか?とボケてみたくなりました。

普通の人より病院にお世話になっている身からすると、「副作用はありません」って言い切りは医学的な観点からしてまずすぎやしないかしら、と思うんですがねー…ターゲットはそういう人じゃないのかな。
[ 2008/05/27 21:21 ] mQop/nM.[ 編集 ]

救命救急で   No. 4360

毒物中毒のときなんかにしますね>血液クレンジング
通常やってる血液透析みたいな繊維と蒸留水が入ったダイアライザじゃなくて活性炭のカラムを使いますけど、あと「キレート療法」ってのも、重金属中毒のときにやるやるー。少なくともキレート剤というものはー

血管をやわらかくするために使うもんじゃないっすよ。
[ 2008/05/27 22:43 ] jIQFn5A2[ 編集 ]

ばけには(にも)、強くないんですが   No. 4361

なんといっても、きっちり再試験組でしたから(ぉぃ)


>うちゃさん

オゾンは酸素原子が3つで構成される気体で不安定、ちょっとしたことで分解されて、原子二つの普通の酸素分子と一個だけの酸素に別れ、一個だけの酸素はOHなどのフリーラジカルになる、はず。
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2004/pr20040108/pr20040108.html
http://kokusaigakkai.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_acf8.html
(この辺の表現は、いくら何でも、どっかのクリニックより正しいはず)

この、オゾン分解後の、安定した酸素分子以外に発生するシロモノはもれなく強力な酸化作用をもつので(だからオゾンには殺菌や脱臭作用がある)、確実に、、、あのぅ、、、それ、まずいと思う。
一見、血が綺麗になってるように見える理由は、「人力検索はてな」の回答の一つにあるように、ヘモグロビン(血色素)の酸素飽和度が上がったからなだけ。



>pr3さん

そ、それが。。。ざっと「オゾン」をググって驚きました。
「オゾンは活性酸素と違う」と一生懸命書いてあるサイトがぞろぞろあるみたいなんです。
狭義の活性酸素違うって話みたいなんですが、いわば活性酸素の供給元。
充分、まずい。ってか、取り除けないどころか、じゃないのかと。



>七重さん

エントリ本文にも書きましたが、治療としては使われないから「薬ではない」と、もしかしたら、文章の厳密な意味では間違いではないかもしれません。
でも、殺菌目的で使われるから、消毒薬としては使われます。
で、消毒薬の(副作用ではない)作用は、(細菌の)細胞を破壊する事。
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-447.html
なら、生きた細胞に害が及ぶ事は「副作用」ではない、と、文章の厳密な意味からはいえるかもしれませんが。。。

だからどうした、って話です。これ、書いてあるとおりの事が本当にされているなら、まずいと思う。



>えぼりさん
>「キレート療法」ってのも、重金属中毒のときにやるやるー。
<
ええ、キレートっつのは、金属除去目的に利用しますからね。
生命活動って、いろいろ酵素反応にたよっとる訳ですが、酵素反応って触媒の金属イオンが必須な場合もかなりありますよね。キレート剤って、要金属イオン触媒の酵素反応、阻害しますけど。
ああ、それから採血にも使いますよね。抗凝固目的で、スピッツに入れて。
それ、投与するんですか、マジに大丈夫?って目が点になります。
他にもツッコミどころ多すぎて。

これ、ちょっと本当に心配です。
[ 2008/05/28 12:48 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

バケルくん   No. 4362

このクリニック、ノリが深夜の通販番組みたい。ヘイ、スティーブ。

疑問点としては四つー。
・実行者は何を考えているのか
・役所はこれを認可したのか
・テレビで取り上げるのは何故
・患者はなぜ信じるのか

一番下は分かりやすい。
自分の健康を何としてもー。で、ダマされる。
テレビについてはよく分からない。
占い番組や血液型と同じ感覚?
実行者が何を考えているのかは一番の謎。
これ、本人はマジで正しいと信じ込んでいる……んだろうなあ。どうしてそんな事になったんだろう?
うーん、役所は止めなかったのか。


[ 2008/05/28 14:15 ] 5X5MRA9A[ 編集 ]

うぅぅぅぅぅ…(怯)   No. 4363

>厳密な意味では~

…確かに…。
でも、それはそれでブラック過ぎます…キレート剤の検索かけて簡単な説明読んだだけでも
「これ、普通に点滴していいものなの?」
って疑問は持ったんですが、コメントの内容を見るに他にも色々とやばいみたいですし(汗)

確かに医学治療には副作用やリスクがあるし、その説明を聞いたりすると不安になるのも身を以て知ってるんですが、だからってこういうのに縋るとか、それをマスメディアが煽っちゃうとかまずくないかなぁ…と、色々と怖くなります(汗)
[ 2008/05/28 16:03 ] mQop/nM.[ 編集 ]

ツボ打ち注射   No. 4364

>それ、局所に急性炎症起こしてないか
 
 鍼灸っていうのはそもそもそういうものでは?
[ 2008/05/28 18:50 ] 0NjmJF4A[ 編集 ]

藁にもすがりたい(困)   No. 4365

きっと世の中には藁にもすがりたい方が沢山いるのであろう…

と、正直そう思う(苦笑)

毎月毎月大学病院に通院していると、その手の話は(待合室で)良く耳にしますが、当然の事ながら大概の担当医からは否定されるわけで(苦笑)


原因不明のアレルギーが治るのなら、確かに私も誘いに乗る…訳も無く(逆に悪化させそう)○るあるのやっていた頃など、家族とバトルになることも(困)何度もありましたが(苦笑)

…と、病人のとりとめの無いつぶやきを言ってみた((((((^^;)
[ 2008/05/28 19:44 ] ztCZFfzI[ 編集 ]

   No. 4367

>人生アウトさん

テレビが取り上げるのは解りやすい(?)視聴者にウケのいい話題ならよろしいんでしょう。
役所というか、公的な目は気がついてないのかも。
実行者は、、、なんなんでしょうね。医師が意外と科学的な思考法を採らない事もある、事を、経験的に知ってはいるのですが、この件がその経験知を適応できる例なのかどうかはよく解りません。



>七重さん

えーっと。いま関わっている例の件にも通じるんじゃないかなぁと思ったりも。
明快な答に見えるものを手早く得られることを優先し、(この場合は安心、とかの)情緒的な満足を得たいような思考法の人が多かったりするのかなぁ。



>田中さん

そうでしたね、ご指摘ごもっともです。
でも、さすがにオゾンを打つのはどうよっていうニュアンスを端的に表現したつっこみをしたかったので、より適切なつっこみに近くなるよう、一言足してみます。



>ありえす224さん
>藁にもすがりたい
<
そうなんですよね。でも、その藁はつかんだら沈んじゃう。。。

なんか、この方面関連になると思うのですが、あちこちくすぶってまして。
http://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20080523/1211541810
http://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20080528/1211960176

ここで反論されている元エントリに関して、norton3rdさんに同感。
http://b.hatena.ne.jp/norton3rd/20080528#bookmark-8751283
[ 2008/05/29 12:41 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/447-11193ef7


【狭心症】についてブログでの検索結果から見ると…

狭心症 をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると…
[2008/05/29 16:47] URL おまとめブログサーチ

青少年インターネット規制法案に対する意見および保護者とともに行う自主的な取組みについて (+引き続き緊急行動のお願い)

前回の記事、「『有害サイト』規制から始まるインターネット規制 (緊急行動のお願い)」の関連情報として、インターネット規制法案に反...
[2008/05/30 23:33] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。