スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南京事件に関する情報メモ・21日分と22日分 

 昨日の夏淑琴さんの名誉棄損裁判の原告勝訴報道をメモ。
 2008年5月22日(木)「しんぶん赤旗」、
南京大虐殺 生存者が勝訴  二審も名誉棄損認める
  侵略美化 教授らに賠償命令  東京高裁」(強調等は引用者による)

(略)
 控訴審で東中野教授側は、米国人宣教師が虐殺現場を記録したフィルムは夏さんの事件とは「別件」でねつ造されたものと主張。フィルムの解説文は宣教師の「創作話」で、「八歳の少女」は「空想の産物」なので、実在する夏さんとは別人であり、記述は名誉棄損にあたらないと新たな主張を展開しました。

 判決は、一審の口頭弁論などで被告の著者らが解説文の内容や「八歳の少女」の存在を認め、東中野教授もその趣旨の陳述書を作成していたと指摘。被告側の主張は「採用できない」として棄却しました。

引用中断。
…例によって、自爆したって事ですね。

(略)
 弁護団は声明で、日本の侵略戦争を美化する勢力を批判。「過去と向き合い、事実をありのままに受け入れることからしか、侵略の歴史への反省はありえないし、真のアジアの平和の構築も実現しない」と同訴訟の意義をのべています。

 中国で判決を聞いた原告の夏さんは「今日の勝訴は大変感動した」「私一人だけではなく、南京大虐殺被害者を代表し、事件の事実が認められたことを心からうれしく思う」とコメントを寄せました。

 中国の弁護士は「本日の勝訴は歴史の事実を抹殺することはできないことを改めて証明した」とコメントしました。


 中国でも多数報道されていました。

その一つ、來源:新華網の2008-05-21 23:40:30付 CRI onlineを自動翻訳で一部を大まかにメモ。
夏淑琴反訴日本右翼案二審勝訴」から一部。

 新華社電によると、日本の東京高等裁判所は21日昼、南京大虐殺生存者の夏淑琴氏が日本の右翼を訴えていた訴訟の二審判決として、第1審と同様に夏淑琴氏の勝訴とした。報道によると、これは日本の裁判所がまた法の場で南京大虐殺の史実を守る判決を下したことであり、意義が重大である。
 80歳の夏淑琴氏は「日本の裁判所はこのように公正な判決を下したことは、30万の犠牲者に対する一種の慰めである。」と語った。
(略)
「このは勝訴は意義が重大だ。中国侵略日本軍の南京大虐殺について、東京高等裁判所が再度判決の方式で南京大虐殺の史実の存在を確認した、いっそう歴史の抹殺は許されないのだ」と、記念館の朱成山館長は語った。
 もし東中野修道氏が2週間以内に上訴しない場合、夏淑琴氏による日本右翼の名誉毀損訴訟は終了する。


 全球新聞 2008年05月21日 06:50付からもメモ。
東京高法維持原判 夏淑琴訴日右翼侵權案二審勝訴」から一部。

 今日の判決が出た後、夏淑琴氏の日本弁護団は約1時間の後、結果を南京に知らせた。これは、ここ数日間、四川の大地震災害被災者を案じていた夏淑琴氏の元に届いた。氏は、二審勝訴の知らせに感動しつつ、これは私個人の勝訴であるだけでなく、同様に南京大屠殺で亡くなった三十万の同胞を慰謝することだと述べた。そして同時に、日本弁護団の仕事に感謝の意を表した。
 南京大屠殺遇難同胞紀念館の朱成山館長は、二審が一審判決を維持したことは、実際には歴史の事実を守り、公平と正義を守ったことであり、真実の歴史は否定することができないのだと語った。



 ところが。
なぜか同じタイミングでこんな話も拾った。
 『 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成20年(2008年)5月22日(木曜日)通巻第2196号』の『読者の声1』より、

雑誌『WiLL』で、渡部昇一先生が指摘しているように、石破防衛大臣の歴史認識はまさに自虐史観そのものです。
そこで一昨日(20日)、下記の質問状を石破大臣宛に出しました。
胡錦濤への公開質問状も同封し、これに答えられますか、ということで問いかけてみました。
返答ありやなしや、楽しみではあります。


平成20年5月20日            
防衛大臣 衆議院議員
石破 茂 先生

既に大臣のところには、<世界新聞報>に掲載された大臣のご発言に対しての抗議・苦情等が多々届いているものと推察いたします。
私もこの記事のことを読みまして、大きなショックを受けた一人です。
いろいろな問題について大変勉強されている大臣のご発言なので、愕然たる思いがいたしました。
いろいろなポイントがありますが、私は今回南京問題に絞って私見を申し上げ、ご質問したいと思います。
是非とも大臣のご見解をお伺いしたいと存じます。

《日本には南京大虐殺を否定する人がいる。30万人も殺されていないという。何人死んだかと大虐殺があったかは別問題だ》
これはよく言われることですが、南京問題につきましてそれなりに研究してきたものからしますと、とんでもない見当違いといわざるを得ません。
南京問題の研究は近年急速に進んでおりまして、もはやそのようなことは到底いえない状況になっております。

先日、胡錦濤主席が来日されましたが、「南京事件の真実を検証する会」(会長:加瀬英明、事務局長:藤岡信勝、小生もメンバーです)では、南京事件に関する5か条の公開質問状を提出しました。
これは昨年温家宝首相に提出した6か条の公開質問状に回答が無かったので、改めて提出したものです。
同封の質問状(実際に出したのは中国語版です)をご覧いただきたいと思いますが、5つのポイントはどれも南京大虐殺が大臣がおっしゃるように実際にあったとしたら、とても考えられないことを指摘しています。
これはいずれも確実な一次資料に基づいていますので、如何に中国共産党が一方的な言い分で言いくるめようとしましても、まず「絶対に」反論できないであろうとわれわれは考えております。

失礼な言い方かもしれませんが、大臣が胡錦濤主席に変わってこれに答えることができますか?
 われわれは、これに英文を加えた3カ国語版を用意しまして、5月8日に外国人特派員協会で記者発表しました。
産経新聞にはこのことが報じられましたのでコピーを添付します。(朝日新聞等がこれを報じなかったのは残念です。多分、虐殺論を自論のように主張してきたその論拠が崩れるのを恐れてのことでしょう。)

英文版をEmail で、海外に発信しましたところ、反論をしてきたアメリカの大学教授が何人かいましたが、われわれが、一つ一つポイントに答えられるかと反論すると結局誰も全く答えられませんでした。

ある教授は、Holocaust denier だと非難するので、冗談ではない、ホロコーストを否定しているのは、ポイント一に見るように、毛沢東であり、又ポイント2で見るように国民党(政府)自身であって、われわれはこの事実を指摘しているのだ、というとさすがにそれ以上答えられませんでした。

特に決定的なのは、国民党宣伝部国際宣伝処が外国人記者を招いて漢口で南京戦を挟む約一年間に300回も記者会見をして日本の暴虐を針小棒大に発表しているにもかかわらず、ただの一度も南京で市民虐殺があっただとか、捕虜の不法殺害があっただとか発表していないということです。
中国政府が当時から南京虐殺非難をしていたと誤解する方が多いですが、中国政府は一度も正式に南京虐殺非難をしたことは無かったのです。

ポイント3の南京の人口、そしてポイント4のただの一件も不法殺人が訴えられていないことは、南京市民全員が収容されていた安全区を管理した国際委員会の活動記録である、Documents of the Nanking Safety Zoneにはっきり載っていることです。
コピーが添付してありますので、お分かりかと思いますがこれは1939年に上海のKelly & Walsh 社が、国民政府の国際問題研究所(Council of International Affairs, Chungking=重慶)の監修の元で刊行したものです。
日本の資料ではありません。
こういう状況だったのですから国民党宣伝部が300回も記者会見を開きながら一度も南京虐殺などといわなかったのも当然のことでしょう。

すなわち、南京虐殺などというものはそもそもなかったのです。
南京戦はありました。日本軍も多くの死者を出しましたが、中国軍は途中で最高司令官である唐生智防衛司令官が部下に指示を出すことなく逃亡したこともあって、混乱し壊滅的な打撃を受けたというのが実際に起こったことです。

戦死者は大量に出ましたが、これは戦闘による死者であり、当然のことながらこれを虐殺などと非常識なことを言うものは蒋介石政府を含めて、誰も「当時」いなかったのです。

大臣に是非お願いします。
もしこの公開質問状と私の説明に疑問な点がございましたら、それをご指摘ください。どんなご疑問にもお答えするつもりでおります。
これは日本国家の名誉にかかわり、また外交そして国防上もきわめて重要な問題ですので、私的な問題ではないと考えます。
 日本国家の重職を担われております大臣のご見解を是非ともお伺いいたしたく、お願い申し上げます。ご返答を鶴首いたしております。
                            敬具

「南京事件の真実を検証する会」監事
「史実を世界に発信する会」事務局長 
    茂木 弘道 拝

情報を見つけたのは今日だが、お手紙発送は判決前であったらしい。
…多分、お返事が来ることはないだろう。


関連で見つけた情報;『クライン孝子の日記』で『2008/05/19 (月) 渡部昇一氏「石破防相の国賊行為を叱る」


参考を追加;
コメント欄でpoppo-xさんに教えていただいた、bluefox014さんによる『茂木弘道氏(自由主義史観研究会/南京事件研究会メンバー)の言説』のメモと分析;

(メモ1)茂木氏の言説にチェックを入れる

(分析)茂木氏の言説の短絡性

(メモ2)茂木氏、2つもデマ連発

(メモ3)茂木氏が無視した(知らなかった?)日高信六郎参事官の証言

(メモ4)茂木氏が無視した(知らなかった?)稲葉師団長・牛島旅団長の発言

(メモ5)茂木氏が無視した(知らなかった?)第十六師団兵士・外賀関次氏の日記

(分析)茂木氏の2月2日~4日言説とその問題点・1

(分析)茂木氏の2月2日~4日言説とその問題点・2

(分析)茂木氏の2月2日~4日言説とその問題点・3
スポンサーサイト
[ 2008/05/22 19:30 ] 自爆史観 | TB(4) | CM(13)

もういいかげん   No. 4307

この人は学者としてはダメだってことに気がついただろうと思うのだけど、
まだ担ぎ上げるつもりなんでしょうね。

実際、とっくに終わっている人だったはずの田中正明をいまだによりどころに
してる人がいるわけだし。


[ 2008/05/22 20:02 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

マグニチュード   No. 4308

クライン婆日記に、渡部昇マタのあと(前?)に
>チベット問題が四川地震で、見事消えた!
とありますが、
クライン婆のいつものデンだと、四川地震ってヤッパリ、シナ共産党の工作によるのでしょうね? チベット問題を消すために。

だとしたら、シナ共産党のエネルギ、マグニチュードってもの凄いものなんですね(爆)。
[ 2008/05/22 20:14 ] yNkD6PME[ 編集 ]

保守の亀裂   No. 4309

TBありがとうございます。
ずいぶん前のエントリへのTBでしたのでちょっとびっくり(笑)。
このニュースを日本では産経と赤旗くらいしか報道していないのが問題ですね。

渡部の石破批判の件は「薔薇、または陽だまりの猫」さんのところで知りました。
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/87fc0a7446b2376e7e46c91e8ca08bbe
肝心の「世界新聞報」が読めないので、何ともいえませんが。
ご紹介のクラインの記事を読む限り、保守の間でもいろいろ亀裂があるんですね。原爆の1発目は良くて、2発目は良くないという珍説は初耳でした。
[ 2008/05/22 21:18 ] wr3uI9s6[ 編集 ]

茂木弘道氏らの言動は理解不能   No. 4311

こんにちは、こちらでは「はじめまして」でしょうか。いつも貴ブログは楽しみに拝読し、大いに示唆を受けております。

>「南京事件の真実を検証する会」監事
>「史実を世界に発信する会」事務局長 
>茂木 弘道 拝

これを見て、吹きました。この人、↓みたいに勘違いや具体的事実の誤認をさんざん指摘されたにもかかわらず、性懲りもなくこんなことやってたんですね。この手の人々の精神構造は、私などの理解を超えます。

http://www.asyura2.com/07/asia7/msg/650.html
・【具体的事例】茂木弘道氏は、日本軍自体の公式資料すら無視するトンデモ言論人【クッキーと紅茶と】
http://www.asyura2.com/07/asia7/msg/650.html
投稿者 長兵衛 日時 2007 年 5 月 01 日 07:43:27: MaJgcT1FFKurk
[ 2008/05/22 23:38 ] KnHW2vQ.[ 編集 ]

   No. 4313

>うちゃさん

学者としてどころか、人間として、これはどうかと。
そういえば、亜細亜大学そのものに書いてある専門は「政治思想史、日本思想史」だったり。
http://www.asia-u.ac.jp/gakubu/hougaku/higa.html
「思想」?



>ni0615さん

……うろ覚えなんですが四川大地震は中国政府によるダム建設によるもので人災説を、どこかで見たような気がします。



>mahounofuefukiさん
>ずいぶん前のエントリへのTBでしたのでちょっとびっくり(笑)。
<
すみません~。石破氏に関するエントリを結構お書きだったような記憶があったものでお送りしてみました。
安倍前首相と同じく、責任あるポストに就くとボリュームダウンする程度なのかな、と思ったり(そのままフルボリュームでも困るのではありますが)。



>poppo-xさん

ようこそ。あちらこちらで、的確で鋭いコメントをよく拝見しています。

>性懲りもなくこんなこと
<
そりゃ、『疑問な点がございましたら、それをご指摘ください。どんなご疑問にもお答えするつもりでおります。』って伏線が入ったお手紙ですから(^^;
アホらしさに黙殺されたら、疑問がなかった、反論できなかった、逃げた、と、どこかで聞いたような展開になるのではないかと。

御教授いただいた青狐さんのエントリ、参考で追加させていただきます。
[ 2008/05/23 12:13 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

亀裂と言うよりも   No. 4314

 石破大臣の言ってることって、これまでの政府の公式見解を踏襲しているだけだし、宗主国様の見解にも沿っているだけのような気がしますが。
 少なくとも「保守」としては当たり前のスタンスであって、そこまでわかってるんなら、ちゃんとせえよ、というのが、こちらに書き込んでる人たちの多くの方の立場だと思うのですが。
 ただ、政府のこれまでの見解に対して、おかしなおっちゃんが何か言うてるだけちゃうの?

[ 2008/05/23 15:01 ] -[ 編集 ]

ちょっと調べてみました。   No. 4315

こんにちは、いつもお世話になっております。
確か東中野修道ダイセンセーは亜細亜大学法学部教授…でしたっけ?
一寸調べてみました。
http://www.yozemi.ac.jp/rank/daigakubetsu/index.html
これを見ると…まあ、世間一般のふつーの大学っぽいんですが…
まあ、あくまでも数値だけで見てますが。
[ 2008/05/23 15:36 ] -[ 編集 ]

大学は普通でも   No. 4317

 高崎経済大学なんて、もっとマトモな大学ですよ。

 たぶんですが「学問の自由」のためには、専門分野での活動以外のことに関しては、
刑法犯とかじゃない限り、その身分に影響ないというのは、ひとつの見識かとは思います。
 それで、東中野というのは東ドイツや幕末が専門で、近代史のシロートなのが、
「学問研究の成果に値しない」ことを発表するのも、そのリスクかと思ってたのですが。
 天才研究者を育てるには、紙一重の方も飼っておかないといけないという。

 でも、亜細亜大学って、学問研究の成果に値しないことやってるんだ、と思われるのは
やっぱ、マズいでしょうね。

 
 
[ 2008/05/23 17:56 ] -[ 編集 ]

東中野修道の東ドイツ研究   No. 4318

東中野って、東ドイツについての研究書を出版しているんですよね。しかも2冊も。もっとも、ドイツ現代史研究者からも相手にされていないようですが・・・。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%93%8C%92%86%96%EC%8FC%93%B9&Go.x=15&Go.y=12

ちらっと読んだことがありますが、今度まじめに読んでみようかなとおもいます。

それから、前にも書いたように、南京事件否定派は、彼を切り捨てようとしている気配があります。ポスト東中野が出現すると言うことでしょうか。もうすでに出現しているのかな。東中野も、いまさらながら自分の立場の悪化に困惑しているのかもしれません。自業自得ですけどね。
[ 2008/05/23 19:31 ] -[ 編集 ]

   No. 4322

>にゃんごーさん

「おかしなおっちゃん」みたいなヒトが総理大臣になった場合すら、政府のこれまでの見解は(とりあえず、表向きは)踏襲してましたね。
本音が本音だし、アドリブが効かないし、リーダーシップに欠けるから足元で手下がいらんことをするし、というほんのちょっとした難があるだけで。

「保守」なら中国が好きでもおかしく無さそうなのに、お手紙を出した人はあんまり好きじゃ無さそうですね。



>おさふねさん

大学教員って、一旦なっちゃうと、なかなかやめさせれないものらしいです。あんまり簡単に首が切れるようになると、それはそれで問題が大きすぎるそうですし。



>にゃんごーさん
>学問研究の成果に値しないことやってるんだ、と思われるのはやっぱ、マズい
<
「みんなのキャンパス」っていう、大学や授業や教員の評価が見ることのできるサイトがあるんですけど、
http://campus.nikki.ne.jp/
「亜細亜大学 東中野先生の授業評価」の「西洋史」で、
_____________________
 東中野教授は、2007年11月2日、東京地方裁判所において名誉毀損裁判に敗訴しました。
 教授の主張は、南京大虐殺の証言者である夏淑琴さんは、「ニセ証言者」であるというもの。ところが、この主張は、「bayonet」という言葉の単純な翻訳ミスであることが判明。
 判決文では、東中野教授の研究について「学問研究の成果というには値しない」と断ぜられました。
 このような人物を大学教授にするのは如何なものでしょうか?亜細亜大学の良識を疑ってしまいます…
_____________________
との評価がありました。。。
http://campus.nikki.ne.jp/?action=daigaku_lesson&univ_name=%B0%A1%BA%D9%B0%A1%C2%E7%B3%D8&lname=%C5%EC%C3%E6%CC%EE&fname=%BD%A4%C6%BB

…なんか、まずそうですね。



>Bill McCrearyさん
>東ドイツについての研究書
<
92年と98年ですか。。。最近はすっかり「南京」一色のようで。

>いまさらながら自分の立場の悪化に困惑しているのかもしれません。
<
どうでしょう?
あちら側の情報を見ていると、結構、講演会のスピーカーに名を連ねているのを見る機会が、それなりに多い印象をもちます。
これだけの実績がある割には減ってないなぁと。私の主観の入った判断だろうとは思いますが。
[ 2008/05/24 12:15 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

うーん   No. 4324

>碧猫 さん
>どうでしょう?
あちら側の情報を見ていると、結構、講演会のスピーカーに名を連ねているのを見る機会が、それなりに多い印象をもちます。

なるほど、そうだとすると、これはどうしたもんですかね。私たちは「馬鹿」と笑うべきか、嘆くべきか、様子を見ることになるのかな(笑)。東中野がある程度まともな人間なら(この仮定をどう考えるか)、さすがに被害者個人への中傷は控えるでしょうが。

あちら側がそれなりに人材不足ということもあるでしょうしねえ。ただ、産経新聞なども、(百人斬り訴訟などとは違って)あんまり露骨な東中野・展転社側の擁護はしていませんので、多分筋が悪すぎて、この訴訟に関しては黙っていようという思惑があるのでしょうね。
[ 2008/05/24 13:08 ] -[ 編集 ]

見捨てられて   No. 4329

 ヒマだからネットでも初めて、ヨソの晩ご飯につぶやいたりするようになるんでしょうかね<東中野
[ 2008/05/24 15:50 ] -[ 編集 ]

   No. 4335

>Bill McCrearyさん

印象なんですけど、東中野氏がスピーカーに入っている集まりって、他のメンツも相も変わらずだったりだから、年齢層の高いあたりが仕切る集まりなら呼んでもらえるのかなと思ったり。
あの辺のヒトの、それぞれの仲良し度合いとかはよく解ってないのではありますが。

山木さんがエントリ最後でお書きの件は、要注意かもですね。
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/20080523/p1
『稲田朋美議員が南京事件「百人斬り」訴訟を、否定派の訴えが実質的に判決で認められたかのような発言をしているように、今回の判決内容も、否定派が都合よく歪曲した情報が広まってしまわないよう注視する必要があります。』



>南さん

実はとっくの昔に、Apemanさんとこにコメ突して、いぢられているかもしれませんね。去年よくでた(晩ご飯じゃなく)壁に向かってつぶやいているみたいなヒトの方がありそう、なんとなく(^^;
[ 2008/05/24 20:35 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/443-887b4be0


東中野教授、2審でも「減罰」なし

"南京虐殺なかった"教授の東中野修道氏が、自分の著書の中で中国人被害女性を「この女は被害者ではない」と悪意をもって罵ったことに対して、出版社とともに400万円の罰金刑いや損害賠償命令が下されたのは、昨年の11月でした。 ? 東中野修道氏、「南京虐殺体
[2008/05/22 19:58] URL ni0615の日記「土俵をまちがえた方々」

学問の自由

 東中野修道・亜細亜大学教授が書いた本で南京事件の「ニセ被害者」と名指しされた夏淑琴さんに名誉毀損で訴えられていた控訴審で、東京高裁は一審判決を支持、東中野氏らに400万円の賠償を命じた。なにはともあれ、妙なことがおきなかったことは喜ばしい。  詳細は、 ...
[2008/05/22 23:25] URL ほたるいかの書きつけ

日々雑論 夏淑琴さん裁判高裁でも勝訴♪

 やー目出度い。  南京大虐殺の被害者夏淑琴さんの、展転社及び東中野センセーに対する名誉毀損裁判で、双方の起訴を棄却、実質1審の支持を認めました。  ソースはこちら。惨刑新聞からですが、久し振りに飯が美味くなりますね♪ 2審も著者らに賠償命令 南京事件研究書
[2008/05/23 15:27] URL 日々つれづれ

石破防衛相に突きつけた『公開質問状』とやらのDQN度

聞くところによると、あの 石破茂防衛相 が、『反中国』だけを錦の御旗に掲げたウヨクの連中に絡まれているらしい。 以下は、絡んでいる側の通信である。 宮崎正弘 の 国際ニュース・早読み」      平成20年(2008年)5月22日(木曜日) (読者の声1)雑誌...
[2008/05/24 11:37] URL 安禅不必須山水












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。