スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

木偏に春 

 春と言えば入学だの就職だのの季節ではあるが、私自身も東京で職に就いたのは春だった

 私が準備段階(笑)を終えて求職活動をした時、属する業界は供給過多で需要過小の、弱肉強食と表現すると語弊があるが、厳しい生存競争に晒されたジャングルのような気分に浸れる世界だった。ちなみに今現在だと、さらに状況は悪化しているようではある。
当然のように、実家の近くで職を得るなんて無理なのは解っていた、、、どころか、私自身が親からの影響を脱したかった事もあり積極的に遠くの就職地を求めたので、東京にきたのはある意味で必然だったのかもしれない。

 とはいえ、大阪生まれの大阪育ちのものにとって、東京は文化的な異境の地という先入観は根強かった。


 非常に大げさな表現だと感じる向きはあるかもしれないが、たとえば子供の頃、一族の集まる時には親類の叔父さんが「東京見せたろか?」と訊いてきたりする。
うっかり「うん」と言うと大変だ。子供(私とか他の犠牲者)の頭、、、耳の上ぐらいを叔父さんが両手の平ではさんで持ち上げて「東京見えたか~」とやるのである。もちろん痛い(笑)。あわてて「見えた。見えたっ!」といって下ろしてもらう。
 あるいは、子供の頃、テレビで聞きかじった江戸っ子でしゃべると(こういう場合はお江戸の言い回しなりイントネーションといった意味で使っている、Japaneseが日本人であったり日本語であったりするのと同じ使い方なのが面白いような)、親から「江戸っ子の真似すんなっ」と怒られるのである。または、テレビの全国放送で東京の事件の報道が多かったりすると「江戸のことばっかり」と、親が怒り出していたり(我が子が東京住まいになった今になってようやく、何故、全国放送で東京への言及が多いかを理解していることだろう)

 そんな私が、東京にて就職活動をすることになった。書類選考で残り、面接の第一次でも好印象だったらしい(猫をかぶるのは得意だ)
そして、再度、就職希望組織の理事、、、70歳過ぎと前の古狸温厚な紳士、お二方との面接があった。
面接といってもかなり雑談モードではあり、私もそういうのでいちいち緊張しないので、普通に受け答えをしていたものだ。
ただし、途中でそれらしい質問はあるにはあったか。

理事の質問;「なぜ、当方へ(求職の)応募をしようと思ったんですか?
私の答;「募集をしていたからです(きっぱり)」
…なぜか理事が黙ってしまい、数秒、沈黙が訪れた。。。
その間、私は「募集がなきゃ応募するわけないのに、ぼけた質問だなぁ。ご老体だから仕方ないのかな?」と失礼極まりないことを考えていたものだ。「こちら様の運営理念に心が震えました」とでも答えるべきであったかと気がついたのは、帰りの新幹線の中でのことである。

あるいは。

理事の質問;「東京は物価が高いけど、大丈夫ですか?」
私の答;「(内心の声;そんなん言われたってしゃぁないやん)他に就職口がなければ頑張れます(断言)」
…やっぱり沈黙が訪れた。。。



 それでも、採用されるときは採用されるものである。もっとも、上記の回答例は面接時の模範としてはお薦めしない。

 そうして、東京に就職・引っ越しをすることになった。
すると、幼い時に東京住まいを経験している友人が忠告してくれた。「あっち行ったら、大阪弁、使ったらあかんで。絶対いじめられるし。」転校先の関東の学校でそういう経験をしたらしい。
あるいは「東京の人はぼけてもつっこんでくれへんから、会話でめっちゃ寂しい思いするらしいで」というのも、友人連中で普通に共通認識としてもっていた。さらには、大阪から関東へ移住した人が公開している「渾身のギャグがウケ無かったばっかりに人身事故が発生した」という話も知っていた。
だから、会話の掛け合いは期待しない、とか、ついうっかり口から出た冗談に誰も受けてくれない寂しい思いに耐える覚悟とか固めつつ、東京に来たものである。

それなのに。



 おかしい。ここは本当に東京か?

 私の勤務先ときたら、私にイナゴを食わそうとしたオッサンを筆頭に、ちょっとぼけると周囲から一斉にツッコミが入ったり、その他いろいろ(<-何かいじられたらしい)。
さらにその上、ネットで遊びに行く先の道場の師匠も東京のお方だという話だ。
人づての話というのはアテにならないものだと、しみじみ思ったのであった。



 ところで、このエントリ、何を書こうと思って書き始めたんだっけ?

そういえば、撮っておいた椿の写真をネタに「花のお江戸」路線の話をの筈だったのだけど、完全に脱線してしまった。当初考えていたエントリタイトルのままで公開しちゃうけど(笑)。
仕方ないので、椿の写真だけでも。

「花のお江戸」は、その通りなのか凝った品種らしき椿がよく街角に植えられている。


椿の園芸品種は、江戸時代に参勤交代などで地方品種が江戸に流入したこと等が原因で爆発的に増えた(江戸期の作出品種が約1500、平成7年時点の日本の椿品種は2000余り、注の文献より)そうだが、その流れがいまだに残っているのかな、と想像してみたり。

 なぜか私は椿の花が好きで、大阪にいた頃も服部緑地都市緑化植物園を、シーズンにはよく見に行ったもの(こちらではフォトアルバムを公開してくれている人も)。椿は、なかなか自分で品種をそろえられないから、他人様の植えているのを鑑賞させていただくに限る(^^;


注;「日本人が作り出した動植物」日本人が作りだした動植物企画委員会著、裳華房発行





おまけ
スポンサーサイト
[ 2008/04/25 00:00 ] 小ネタ | TB(3) | CM(9)

大阪弁の伝播力はすごい   No. 4045

東京へ来て早々、夫の会社に結婚の挨拶に行きまして
地方出身の社長さんに
「じゃぁ、これから言葉も直して・・・」と言われて
なぜ直さなきゃいけないのかなぁと不思議に思いました。
学校へ入って、私が大阪弁を喋ってると
東京弁だったクラスメイトが、だんだん関西なまりに。
「5年かけて習得した東京弁を
 さくらさんのせいで、あっという間に失った」と非難されました。
東京生まれ東京育ちの友人が
「私の元の発音が分からなくなった」と混乱していました。
[ 2008/04/24 22:29 ] Ol1eGJ4Y[ 編集 ]

ありがとうございました   No. 4046

リンク先の大西科学に涙が出るほど笑わせてもらいました。
ギャグに命をかける人はいそうだし、スベルことを怖れず果敢に挑戦し続ける人はいる。あぁ、わたしにもう少し勇気があったなら…(今でも日々のダジャレで関西出身の相方ですら突っ込んでくれないほどウンザリされてますが)今以上に、ハタ迷惑な存在だっただろう。
[ 2008/04/24 23:06 ] hiiZJbic[ 編集 ]

椿って武士は忌むんだよね。   No. 4047

祖母の話だと、花全体がぽろっと落ちるところが首が落ちるのを連想させるからだそうです。
でも、兄貴が茶花を習っていたこともあって。うちには侘助とか曙とか西王母とかありますが。毛虫がついて花が咲かないよー。
[ 2008/04/24 23:25 ] VWFaYlLU[ 編集 ]

お笑いの早期教育   No. 4049

私は幼少のみぎりから、兄たちに厳しいギャグ指導を受けて育ってまいりました。
ギャグがスベったり、ツッコミのタイミングが遅れると「つまんねぇ!」「何喋ったか忘れた頃になって突っ込むんじゃねぇ!」などという叱責の言葉が飛ぶ、それはそれは厳しい家庭で・・・。

しかし、そんな私も
>「募集をしていたからです(きっぱり)」
こんな素晴らしいボケをかますことは、とてもとてもできません。
努力では越えられない、才能の壁を感じました。
[ 2008/04/25 09:57 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

   No. 4051

>さくらさん

私は根っから温和しくて素直なので、友人の忠告に従って出来るだけ標準語をしゃべるように気をつけた結果、最近では「話していても大阪出身と気がつかない」と皆さんがおっしゃるようになりました。
…威嚇してそう言わせている訳じゃありませんよ、本当です。
大学生の時に北海道旅行に行った際、本人が標準語をしゃべっているつもりだったのに、北海道の人に『大阪からおいでになったんですね』といわれてがっくり来た実績があっても、本当なんです。



>nagonaguさん
>今以上に、ハタ迷惑な
<
人の迷惑を顧みてはいけません。すべったところで、地球温暖化対策にもなりますから一石二鳥です。

…問題は、そんな意識もなくやらかしてしまうことかもしれないと思う今日この頃ではありますが。



>kuronekoさん

いつか誰かの入院祝い…ああ、タイプミス、入院見舞いに、椿の鉢植えを持って行きたくて仕方ありません。さすがにぶん殴られるだろうと自粛しています。
侘助とか曙とか西王母は、茶花路線のあっさり系の品種ですね。茶席には不向きでしょうけど、庭植えに洋椿も綺麗ですよ。



>gegengaさん

本当にその場では「どうしてこんな当たり前のことを訊くんだろう?」と思ったんです(笑)。その上、微妙にしょっぱい表情で黙った理事を見て「当たり前すぎる質問を反省しているのかな?」とまで、コソッと思ってしまいました。
…自分に常識が欠けていることを自覚せざるを得ません。
[ 2008/04/25 12:33 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

よさげな雰囲気の職場ですね   No. 4099

京都生活7年を終えて東京にやってまいりました。
法政の理系学部です(小金井校舎)。

面接の受け答えに微笑みました。
ぼくは同女のときそのときの大学に未練もあったので「とらなくていいです!」と言ってしまいました。それでも採用通知が来たのです。
[ 2008/05/01 21:22 ] BSnaxvNg[ 編集 ]

お久しぶりです   No. 4104

>さまき隊さん

東京に異動なさったんですね。
これまで、なかなか日程が合わなくて覗けなくて残念だったのですが、「ニセ科学フォーラム」や、市民向け科学リテラシーの公開講座など、拝見する機会が増えそうで楽しみです。

今後、面接側におなりの折には、、、とぼけた答の応募者を暖かく評価してあげてくださいませ(笑)。
[ 2008/05/02 12:12 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

会ったことはありませんが   No. 4107

 昼休みにたまに京都御苑で弁当を食べ、鳥の写真を撮ってます。というのも、その北側の女子大の裏に仕事先があるからです。よく、高野川でも写真を撮るのは、
自宅の近所だからで「そのときの大学」を通れば数分だからです。
 ぺきにゃんとお知り合いとは知りませんでした。知人に鉄道と映画とネットと酒が好きなのがいて、その知人とは存じてましたが。
[ 2008/05/03 00:32 ] -[ 編集 ]

いえ…(^^;   No. 4109

>みなみさとさん

1年ちょっと前に、このブログにコメントいただいたことがあるのです。
わずかなやりとりであっても私にとっては軽いものじゃなかったし、昨今の騒動があの時のことを連想させるものだったし、関連じゃないこともなかったので(^^;

フォーラムや公開講座や、あるいはサイエンスカフェなどの情報は加入しているMLでよく見ておりましたので、なまさまき隊さんを拝見する機会、もとい、ニセ科学関連の公演を見る機会は、ずーっと狙っているのです(笑)。
[ 2008/05/03 13:06 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/425-8e9a5ee4


論理に冠するまとまらない雑談

中高生の頃、漱石全集の月報で読んだのかな。  夏目漱石のお弟子さんが漱石の思い出を語っているなかにこういう話があった。  「先生が夜中に帰宅する途中、巡査に『どこから来た、どこへ行くのだ』と聞かれた。先生は、『こっちから来てあっちへ行く』とlogicalに答
[2008/04/25 01:17] URL みんななかよく

魚偏に春

 関東と関西の気質の違いということが、時として話題になる。でも、同じ関西でも、京都と大阪では大違いであるし、関東の東京でも、江戸時代以来の文化が継承されている地域や家庭で育ったか、近代から高度成長期に
[2008/04/25 21:12] URL pokoponにっき

実話です (てエロスパムじゃないよ)

jigeb-bakadan さんが、長所と短所についての エントリー  を書いています。 また、年少者を育てる時は、「いまある長所」だけではなく「将来得る長所」を当人よりも先んじて発見し、それをほめることが重要になる。 私自身、恩師にほめられた時はまったく「な
[2008/07/19 00:08] URL みんななかよく












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。