スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界が安全で弱者が自由に行動できると都合が悪いのだろうか? 

 ずっと、ブログで紹介したい気はあったけど、とりかかれなかった本に印象に残った一節がある。

 私を守ろうとして戦って、世の中をますます物騒にして、さらに私を守らなくてはならなくして、そうやって私を自分に縛り付けようとするのはやめなさい。あなたが私を守らなくても、私が一人で自由に安全にどこまでも歩いていける世の中を作ってください。そんな世の中で私が自由に生きられて、それでもなお、あなたといっしょにいたいと思うほど、素敵な人になれると、自分に自信を持ってください。

出典は、板坂耀子氏の「私のために戦うな(弦書房、2006年12月25日発行)」(「第二章 私のために戦うな」「5 守られないで生きたい」「守られる不幸」P.105の一部)から。

 これは、板坂氏が強く主張したいことであるようで、ほぼ同じ記述はこの本の別の箇所にも見受けられる。

 「守られる」ということは、その「守ってくれる人」がいないと、どこにも行けないことでもあり、限りなくその人に縛りつけられることに他ならない。
 もしかしたら、その人は私を自分にしばりつけ、その人がいなくてはどこにも行けない私にするために、あえて私の敵を作り、危険な世の中を維持しようとしているのではないかとさえ、ひねくれて考えてしまいたくなる。
 思えば、大学一年生の時、「女子学生の会」というところが行ったアンケートで、「女であることを不満に思ったのはどういう時か」という問いに私は「月夜の姪浜(福岡の海岸)を一人で歩きたくてもできないこと」と書いた。
(「第三章 受け身の愛」「6 守られる憂鬱」「守らなくていい」P.143の一部より)


 先にあげた一節は、小林よしのり氏が「戦争論」で「女性は自分を守るために戦ってくれない男とは別れなさい」と書いていることを例に引き、いまだに「若い人の中でも」『愛するものを守るために戦う』(その圧倒的に多い場合は「男は女を守るために」)、という発想が広く支持されていることを述べた後に、この発想は「守られるということは、おまえは弱い、一人前でない、保護される存在である、自由にどこにでも行ってなんでもしてはいけない、ということ」に他ならない、そしてその考え方は嫌いだと述べた後に、周囲に常に言っている事として示されている。

 この一節が今気になるのは、きっと、社会(?)から「守られるべき」と認識されている存在を、社会(?)が「守れなかった」場合に、その原因が「守られるべき存在」にあるとして、必死になっている人達が目に付くからなんだろう。


主な参照;
・「シートン俗物記」さんの、2008年2月28日付「ゲスの盛り合わせ
・「小料理日記」さんの、2008年3月1日付「はどなっと氏の言行をまとめてみる
 …容疑者の2/11ー2/22までの供述の推移。後になるほど、供述内容は被害申し立てに近づいている。また、琉球新報2008年2月24日付で「容疑者は(略)容疑を認める供述も始めている」。
・「風のはて」さんの、2008年3月1日付「中学生暴行事件の告訴取り下げの件
・「おおかな通信2」さんの、2008年3月1日付「琉球新報記事
・「杉浦 ひとみの瞳」さんの、2008年3月1日付「被害少女が告訴取り下げ ~ 沖縄米兵による少女強姦事件『(検察庁は)被害者にこれ以上の聞き取りなどの負担を掛けず、またマスコミの取材から彼女を守ることをしながら、大人の責任としてこの不正義を追及すべきでないでしょうか。このように言うと「では被害者の方に確認をとって・・・」という責任転嫁が行われそうで不安です。』
・「黙然日記」さんの、2008年3月1日付「産経の報道姿勢と花岡信昭氏の見事さ。
・「vanacoralの日記」さんの、2008年3月2日付「何か下衆がはしゃいでやがるんだが【追記あり】
・「vanacoralの日記」さんの、2008年3月3日付「ちょっと待て、花岡ア!!!!!
・「シートン俗物記」さんの、2008年3月4日付「花岡信昭に宣戦布告
・「おさかな日記」さんの、2008年3月4日付「いまごろ気がついた
・「なごなぐ雑記」さんの、2008年3月5日付「すみません、沖縄で生まれて。でも…
・「なごなぐ雑記」さんの、2008年3月8日付「新潮社の回答について

 …一部週刊誌が、事件発生の数日後に被害者宅に取材に訪れ(上記、「風のはて」さん、「おおかな通信2」さんおよび「おさかな日記」さんより)、被害者は自宅が特定されたことなども含めて警察へ不信感をもち、その週刊誌も「被害者落ち度」説を主張し、ただでさえ産経系メディアがその手の言説を言い立てており、精神的に追い込まれた被害者は告訴を取り下げた。そして、このセカンドレイプ記事をアジア女性資料センターから抗議された週刊誌は、開き直った(上記、「なごなぐ雑記」さん3/8付より、もとの抗議に対する回答はこちら。締めの文章が特にすごい。

特に、海兵隊員が時に危険な存在に変わりうることを子供たちに徹底的に教え、指導していかなければなりません。当該記事は、被害者に配慮しつつ、そのような再発防止策が必要であるという観点から書かれたものです。

被害者が配慮と感じない配慮は配慮ではないのだが、そうやって告訴を取り下げる原因を作る週刊誌があるかと思えば、今度は「告訴を取り下げた」から加害事実がなかったと言い出す輩がでるわけだ。いや、見事な連係プレーだ。あるいはマッチポンプと呼ぶべきなんだろうか。
 なにか、よほど、世界が安全で弱い者が自由に行動できると都合の悪いことがあるらしい。

 これに加えて、「被害者落ち度」説を言い立てる人達の心にあるものへの考察として、なるほどと納得した言葉を以下にメモ。

性犯罪者予備軍にとっては、被害者が落ち度を気にして訴えない、という風潮があると好ましいわけで己が理想のためにせっせと活動していると。

(「かめ?」2008年2月18日付「これじゃあ、わざわざ声高に言わなきゃいけないわけだ」への2008年02月24日 22:10付「書を守るもの」さんによるコメント)

今まで「被害者落ち度論者」を
「被害者の自由さが羨ましいだけだろ!!!」
と言ってましたが
本日、コレを見ましたので
「加害者に怒りを示すのが怖いんだろ!!!」
に変更させていただきます。

(「迎春閣之風波」2008年2月18日付「変節します」より)
  …変更前にも、説得力がありますけど。


 なお、この件で真っ先に騒ぎ立て、以降も延々とセカンドレイプ言説を繰り返している花岡信昭・・産経新聞客員編集委員だが、もしかして忘れている人もいるかもしれないから念のため、これを蒸し返しておこう。
日経BP社の連載「SAFETY JAPAN [花岡 信昭氏]」で、
ワシントン・ポスト紙に「慰安婦意見広告」― その経緯と波紋
…この連載コラム、サブタイトルが「我々の国家はどこに向かっているのか」と書いてあるが、いや、アンタが迷走させている原因になってるって。また、この一件でセカンドレイパーとして有名になったクライン孝子氏も、当然のように「慰安婦」問題については、無かったことにするための活動に積極的であるようだ(参考;当ブログ内エントリで「チャンネル桜による自爆史観抗議書の効果 」)。

 ・・・被害を名乗り出れば「被害者落ち度」説やら嘘つき呼ばわりに励み、被害を訴え出にくい状況を作り上げ、被害の申し立てをしなかったり取り下げたりすると、加害事実がなかったと主張するあたり、沖縄未成年性的暴行事件や「慰安婦」問題での、この手の連中の主張はそっくりだ
スポンサーサイト
ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2008/03/09 15:08 ] ジェンダー関連? | TB(3) | CM(14)

保護とは管理であり、束縛である。   No. 3690

被保護者は保護者の目の届くところに居なければならないからだ。
つまり自由とは、結局のところそれからの離脱に過ぎない。
しかしこれは、自由ではなく自立である。
自由を求める者は、結局自立させろと求めているのだ。

保護したがる者は、自立するなと迫っているのか……?

Free for EVERYONE!!
[ 2008/03/09 21:48 ] -[ 編集 ]

結局   No. 3691

>sutehunさん

>保護したがる者は、自立するなと
<
そうじゃないですかねぇ。
自己決定権の行使も行動の自由も、経済的・精神的自立あってこそだと思いますし。そして、元・被保護者が行動の自由を行使すると、元・保護者の思うようには動きませんし(元・保護者と価値判断が違っていればなおのこと)。
自由に泳がせても戻ってくる・離れないといった自信のない元・保護者には辛いことだろうとは思いますが。

なお、この図式で「保護者」を「国家」とか「政府」にあてはめても(ry
[ 2008/03/10 12:57 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

お手軽マチスモ   No. 3694

某所でミズ・タフウーマンキターーーとかたーみねぼり様とか言われてますけどお。最近よく一緒に遊ぶのがリアルマッチョなラテン男の皆様でして。彼らの言い分としては「守ってやらねばならんオナゴを選んで守るなんてのはマッチョでも何でもねえ、ただのヘタレ野郎だ」ということらしくー。

かつては騎士道精神から発した「マチスタ」も、今やかなり様変わりして、本来ならば守る必要もないぐらいのタフなオナゴをオノレに惚れさせてこそナンボ、っつーのが現代マッチョの真髄なんですと。そして彼らはそのための努力を怠らないこと怠らないこと、もうちょっと他にすることあるんちゃうかー、と突っ込み入れたくなるほどではあるのだけど。

「とりあえず女はみんな弱い立場にしておかなくちゃ、日本の男なんてほとんどあぶれちゃうもんねえ、だから必死なんだよねえ、かわいそうに」と言ってラテン男達が大笑いしてましたわ。
[ 2008/03/10 17:25 ] jIQFn5A2[ 編集 ]

象が踏んでも壊れないって言われてますけど、何か?   No. 3696

>本来ならば守る必要もないぐらいのタフなオナゴをオノレに惚れさせてこそナンボ、っつーのが現代マッチョの真髄
<

えーっと。
日本なら、その場合、「ボクを守って」とか「ボクを専業主夫に」とか言い出しそうですわね、をーっほっほっほ。


>「とりあえず女はみんな弱い立場にしておかなくちゃ、日本の男なんてほとんどあぶれちゃうもんねえ、だから必死なんだよねえ、かわいそうに」
<
「しておかなくちゃ」にもかかわらず、弱い立場に収まって無くて、現にあぶれつつあるから、よけいに必死なんでしょうね。
実際、根拠レスな「男のプライド」とやらに気を遣わないと機嫌が悪くなる相手なんざ、一緒にいても楽しくないから、いらんもん。


ま、「私を守って(はぁと)」ってやってる方が、日本の現状では女性の生存戦略上有利だろうとは思いますけどね(わたしにはできん)。
[ 2008/03/10 19:34 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

そもそも   No. 3697

「守る/守られる」という関係自体が理解できません。そのような関係を他者と持つことに、何か意味はあるのか?
子や弟を守るというのなら、時間制限付きで理解できます。二十年の刻限を切って、「守るもの(=自分)が必要なくなるまで」手を貸すというのなら。
つまり、「守る」という目的は「自分が必要とされなくなる」ことによって完遂される。

でも、男衆が「俺が君を守る」とか言う時に、「だから最後には俺を捨ててくれ」と言い加える場面は見たことがない。
[ 2008/03/10 20:33 ] 5X5MRA9A[ 編集 ]

勉強させていただきました   No. 3700

えー、人生アウトさまのコメントで勉強させていただいたわけでございまして、守る、という行為の最終的な行き着くところ、なるほどなぁ…と思いやした。
あたしにゃあ、そんな自己犠牲的行為できそうにありやせん(笑)
[ 2008/03/11 05:44 ] UfXhsPQ6[ 編集 ]

自己犠牲的行為というよりも   No. 3702

自己欺瞞的性行為がしたいのでしょう。
「俺が守ってやる」と言いたがるヤツは。
[ 2008/03/11 12:01 ] SFo5/nok[ 編集 ]

   No. 3703

>人生アウトさん
>そのような関係を他者と持つことに、何か意味はあるのか?
<
「共依存」の警報が点滅している気がします。
時間制限付きの筈の関係でも、親離れ・子離れ・○●離れしない例が増えてますよね。そうやって、自分が頼られていると実感したい、自分に価値があると思いたい、と。

>男衆が「俺が君を守る」とか言う時に、「だから最後には俺を捨ててくれ」と言い加える場面は見たことがない。
<
かの迷曲(?)「関白宣言」では、「俺より先に死んではいけない」でしたね(爆)。



>McRashさん
>自己犠牲的行為
<
いや、自分が痛みを引き受けてそうするんじゃなく、自分の守る能力を超えた対象を自分の守れる枠内に押し込めようとするアレな人が多いんじゃないのかなぁ、と。しかもそれを一般化したがってないか、と。



>水葉さん

性的パートナーシップだけの問題として個々人の関係にとどめてくれれば、単なる嗜好なんですけどね。
[ 2008/03/11 12:23 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

野暮なアフターフォロー   No. 3750

えーしょぼくれた男やもめのあたしには「誰かを守る、なんてぇ自己犠牲はできない」という意味合いの発言だったわけでございまして、一般論は申しておりません。勿論、アレな人が多くて、しかもそれを一般化したがってる風潮、てのには同意ですが。

余談ですが、こんなあたしにとって、一番心に響いたラヴ・ソングと申しますと、中島みゆきさんの「二隻の舟」だったりいたしまして、あたしは所詮こんな物体でござんす。
[ 2008/03/15 22:24 ] UfXhsPQ6[ 編集 ]

一般論抜きなら   No. 3761

好き勝手にそれぞれ好きなことをやりながら、背中を守りあえる関係がいいんですけどね。…私が手加減抜きに色々やっているのを目撃した男性方がことごとく、ひく、のは何故なんでしょう? (^^;


>中島みゆきさんの「二隻の舟」
<
えー、私のiTuneに入っている曲には、ことごとくRockと書いてあるようなもんで、それ、知らない(^^;

最近でギクっときたのは、Tourbillonのyour placeのサビ部分。
[ 2008/03/16 09:39 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

なんせウォークマンにJポップからジャズから落語まで入ってる人なのでw   No. 3762

>好き勝手にそれぞれ好きなことをやりながら、背中を守りあえる関係

ぺきねーさまの読書趣味が解ってきた気がする…茅田砂胡さんとか、お好きじゃないですか?

>二隻の舟
なんかの機会に聞いていただければ、あたしの言った意味がお解りいただけるかなぁと思うわけでして、互いの姿は波に隔てられても同じ歌を歌いながら行く二隻の舟、という歌詞に、いろいろ凝縮されているわけですよ。
[ 2008/03/16 10:25 ] UfXhsPQ6[ 編集 ]

実は   No. 3763

茅田砂胡さんは、興味はあるけど気がついた時には冊数がやたらめったらあるので、手が出てないのです(^^;
読書趣味が同じ後輩が、よく見る感じのファンタジー系ラノベの集約と表現したこともあって後回し(^^;


>二隻の舟

…そんな時に、iTune Storeですかぁ?
ああ、まっくんまでもが魔王の使徒だったのか。
[ 2008/03/16 11:51 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

使徒しとぴっちゃん(違   No. 3764

えー…そんな貴女に須賀しのぶさんを。つ□
[ 2008/03/16 11:56 ] UfXhsPQ6[ 編集 ]

   No. 3770

手が回らない~

笑傲江湖がやっと8集終わって9集の少しってとこで(笑
[ 2008/03/16 22:53 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/396-8641e3af


「在日米軍特権」に疑問を持たない精神と「強姦免責論、被害者自己責任論」とは表裏一体をなしていると思います

今回訴訟を取り下げるしかなかった沖縄の幼い被害者とその家族の辛さを思うと、自分のことのように辛いです。 そして、今回の件に限らず...
[2008/03/09 17:10] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

「強姦の被害者にも責任がある」論は、私が小声で提唱した「強姦予防法」の「正当性」を裏付けることになってしまいますけど...

被害者の沖縄の女子中学生は、日本政府・米軍の実質的な協力のもとになされている沖縄の「良き隣人政策」の「指導」を学校で受けていた世...
[2008/03/10 09:07] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

二次加害をするのはこんな人

さんざんと二次被害三次被害にあった者としては、考えざるを得なかったこと。 「どうしてそういうことを言うのだろう」 「どうしてそういう態度をするのだろう」と。 (ひどいPTSDなどさまざまな身体的精神的症状で悩まされている上に、  自責感と罪悪感でいっぱいで苦しく
[2009/12/09 14:14] URL 「あなたは悪くない」別館












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。