スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アンケート回答してきました 

…野田聖子氏が離婚しようが、眉毛の太いおねーさんが暴露本を出そうが、サトエリが誰と付き合おうが、正直どうでもいいんだが、テレビニュースでは国会で何をやっているかを流さないようにしているようで、どうなっているんだかさっぱりわかりゃーしない。保坂議員のブログでは共謀罪の事は書いてあるが。。。あんころブログさんによると、強行採決をされている様子はないが。

なんて状態の、昨日の事。
おこじょさんからいただいたTBをみて、ようやくほこほこ出かけれるようになったのは夕方頃だったか。
「教育基本法改正について」賛成か反対かのネット調査
の紹介だった。
どれほどの効果があるか解らないにしても、これは反対しておかねば。
ポチっとな。

その時点に表示された結果がこれ。

りあよろ1


(12/06, 19:00時点)
…なんだ、少ないなぁ。結構賛成がいるんだ。

内訳をチェック。
20代に意外と賛成が多い。
ふむふむ。お、北海道からは現時点で一人だけ投票で、反対100%(笑)。
これはどなただろう?
東京辺りは、想像して楽しむ余地がないなぁ。お、大阪も反対票が多いな。


そして、今日(12/07, 12:00時点)。
再度覗きに行くと。
おお、凄い票の伸びだ。それも反対票(笑
りあよろ2

再度内訳をチェック。
性別ではあまり差がない。
が、年代別が面白い。やはり20代に「改正」賛成が多い。30代もそれについで多いかな。
そして、40代以降の反対率が高い。しかも、年代が上がるに連れて、反対しかいなくなる。
…やっぱりねぇ。戦前教育の有り様を実感していればいるほど、反対に回りがちなんだろうなぁ。

と思っていたら、下の方に掲示板がある事を教えてもらった。
すると、例によってlocustが「反対とかって有り得ないんだけど。何なのこの反対の異常な数は・・。また在チョンの組織票か。」なぁんて書いている。
面白いなぁ。組織票なのはある意味、そうかもね。

リンクもと

でも、「在」も「チョン」もはずれだよん。


その他、「俺も反対派の人の意見をいろいろ聞いてみたいから、今回の教育基本法の条文のどこを問題視しているのか等具体的に書き込んで貰えるとうれしいです。なんか、もう一個のスレの書き込みみたいに、とにかく反対派の人は何でもかんでもこの問題をすぐ軍国主義時代の日本と直結させて話しようとするぶっ飛んだ人ばっかりってイメージが強いんで、どーも取っつきにくいんですよ」

なんて書き込みもある。
ふうん?
そーか、ぶっ飛んでるのか。あの文章を読んでそういう危惧を全然もたない読解能力って、いわゆる「ゆとり教育の弊害」ってやつかしらん。


自分から情報を探しに動かない奴に教える親切心はないけど、自分用にメモ。

出典は、日本教育法学会の会長による「教育基本法案の廃案を求める声明」。
教育に関する法律におけるプロ集団トップの声明って訳ですね。
当該学会は、1970年の学会創設以来、教育の自由を研究の主軸に据えて、また、教育基本法改正問題が現実の政治日程にのぼってきた2001年以降は、特別の研究組織を設けてこの問題に取り組んできているそうです。「この研究の成果を踏まえ、本学会会長として、内容的にも手続的にも多くの問題をはらむ政府法案はもとより、民主党対案についても、その速やかな廃案を強く求めるものである。」
との事で、以下、要約(あまり短くなってないが)。

「改正」案に含まれる重大な問題
1、国民一人ひとりの自主的・自律的な人格形成の営みを保障している現行法を、国家による教育の権力的統制を正当化する法へと転換させている。
具体的には、教育の自主性を保障する現行10条1項を、法案16条1項では「教育は、...この法律及び他の法律に定めるところにより行われるべきもの」と変え、法的拘束力によって教育を統制しようとする志向が明瞭にあらわれている。

2、「愛国心」や「公共心」をはじめとする多くの徳目を「教育の目標」(法案2条)として掲げ、「態度を養う」という文言を介し、道徳規範を強制的に内面化させる仕組みを導入しようとしている。
法案2条の主要部分は"告示にすぎない"学習指導要領の「道徳」の部分を法律規定にして政府が想定する「愛国心」や「公共心」などの道徳教育に強制力を与えるものであり、これは思想及び良心の自由を保障する憲法19条に明らかに抵触する。

3、教育に関する「総合的な」施策の策定・実施権限を国に与え(法案16条2項)、政府に「教育振興基本計画」の策定権限を与えることにより(法案17条)、国が教育内容の国家基準を設定し、その達成度の評価とそれに基づく財政配分を通して、教育内容を統制する仕組みを盛り込んでいる。
この仕組みにより、すでに進行している競争主義的格差拡大の教育「改革」がますます加速することになる。

4、今回の法案は、国民的な議論を経ることなく密室で作成され、提案に際し現行法を改正しなければならないことの説得的な理由は何ら示されていない。
憲法と一体のものとして教育のあるべき姿を定めた《教育の憲法》を改変するには、あまりにもずさんな手続といわなければならない。
なお、政府案に対して提出された民主党の「日本国教育基本法案」は、政府案と同様の問題点を含んでおり、また法案として一貫性・体系性を欠いている為に、論外。

____________________________________________________________
…プロの指摘する問題点の方がはやっぱり説得力があるといいましょうか、自民党の「床の間」信仰教徒の考える事より、腑に落ちるんですけどねぇ。

そういえば、近藤正道参議院議員より、送っておいた教育基本法改悪反対のメールに対してお返事がありましたが
「メールをいただきましてありがとうございます。
連日、教基法「改正」案の審議が行われておりますが審議をすればするほど政府法案を通すわけにはいかないという思いが強くなっております。阻止できるようがんばっております。
また、国会だけでなく皆様の地域や職場での活動を広げ改正反対のうねりを大きく作り出してください。一緒にがんばりましょう。

近藤はホームページを開設しておりますのでそちらもご覧ください。委員会質疑についても、掲載していく予定です。
http://www.m-kondo.jp/

よろしくお願いいたします。」

という事でした。
お返事はこの人一人だけからでしたが。


18:00追記
↓これが現時点です。
教育基本法改正について


スポンサーサイト
[ 2006/12/07 12:30 ] 四方山話 | TB(0) | CM(12)

独り言   No. 162

1エントリにするまでもないけど、王様の耳はロバの耳したい。

冗談を、これこれこういう訳でここは笑うとこですよ。
と、解説するほど間抜けな事はない、と思いました。

「恩は倍返し&恨みは三倍返しが、日本の伝統」
そんな伝統聞いた事がないけど、本当にあるって思われてしまったんだろうか?(謎

伊達と酔狂の人ばっかりじゃないという事を、心しなければと反省。でも、冗談の一つも言いたいんだけどなぁ(しつこい。
[ 2006/12/07 15:06 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

気づかなかったぜ!   No. 163

トラックバック、ありがとうございます!
このネット調査、知らんかった!(ハムニダ薫さんのところで見ていたはずなのに。わしの目は節穴か?)
取り急ぎ、投票してきましたぜ。

コメントの件については、あの方はわかっていてぼけたんだと思いますよ。
とりあえずウチは、ほとんど伊達と酔狂の人しかいらっしゃらないので(笑)
[ 2006/12/07 16:40 ] -[ 編集 ]

ど~も~   No. 164

ありがとうございます。
拙ブログから飛んでくださった方が多かったようで、
記事をあげてよかったと思いました。

ところで、「伊勢崎のジャンヌダルク」さんの論文が下記にあります。
さむ~くなれますよ。
Wikipediaを参考文献にするか?って感じ。
http://www.japancm.com/sekitei/new/note/note12.html
[ 2006/12/07 17:11 ] -[ 編集 ]

   No. 165

>>gegengaさん
今さらかと思いつつTB送ったんですが、お役に立てたのならよかったです。ブログ主さんが、伊達と酔狂の人しかコメントに来ないと断言なさるとは、カッコイイ!
そして、冗談を解説しに行っておいた私の間抜けさがますます際だちますな(笑。

>>おこじょさん
噂に聞いていたものの、わざわざ見に行ったりはしてなかった方ですが。ネット情報のみならず、週刊誌も(ネタにするならともかく)情報源とするのはいかがなものかと。。。このサイトそのものがなんか香ばしいですね。サイト開設主旨で「 ろくに研究をしないでも教授として君臨しているロートル組がいる一方、生活のためにアルバイトに追われながらも夢に向かって研究に勤しんでいる若手研究者が多数居ります。そのような美しき研究者のお役に立てればという趣旨で、当HPを開設いたしました。」
(爆笑)
"美しき研究者"ですか。ロートル教授が蔓延ろうとも、journal投稿ぐらいできますけど。っていうかぁ、別にこんなサイト利用しなくても、自前で研究成果をまとめたHP出した方がマシだと思いますが。
[ 2006/12/07 18:02 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

きっと……   No. 168

偉い偉い「主任教授」の名前を冠しないと journal には投稿できないんだと思い込んでるアホなんちゃう(笑) 同じ journal でも,亡き Asahi Journal だとか。Japan Quartery なんてのもあったな。

朝日の文化面に追悼記事が出てたけど,宇井純さんみたいに,万年助手で研究バカになっていた方がある意味研究者の本来の姿と私は思うんだけどねぇ。今,自分ができない身体だから特にそう思うんだけど。

教養の頃,浅見定雄牧師を仙台から呼んで反原理集会やったんだよな。そしたら統一協会の連中,「万年助教授!」という野次しか言えないの(笑) 浅見先生,苦笑してたよ。単純に人事の都合で上にもう一人いるからなのにね。結局,学生同士でゲバルトになって,集会は中止になったけど。日本基督教団から純粋に牧師先生の話を聞きに来ていた人たちは,完全に唖然呆然でした(あとで他の牧師さんが誘導して近くの教会で大人向けの集会をしたとのこと)。

なーんて昔話をふと思い出してしまったのだな。あいつらのガキがもしかして「ネットゴキ?」(笑)
[ 2006/12/07 19:06 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

昨日から激ジョブモードだったので   No. 169

このネット調査,実はいま初めて知りました。今更じぶんのブログに引用しても面白くないので,とりあえず投票だけ(笑) (+_*)\ばき

# しかし,閲覧 IP 数もアクセス IP 数もここ一週間,ずーっと一定なのはなぜだ? 月曜から自分のブログが書けなくて,他人の所でうさばらししてる状態なのに……。なぜだ,なぜだ,悪をけちらす嵐のおとこ~♪なんて歌うとおこじょさんがやってくるかも。

[ 2006/12/07 19:11 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

昨夜段階の北海道からの1名   No. 170

…実は、あたしではありません(笑)
あたしの投票は、確か20時を回っていたと思いますんで…。

今チェックしてみましたが、やはり賛成票は20代に集中している感があります。地域別では中国地方に賛成票が多かったのは、さてどないことやろか…。
[ 2006/12/07 20:56 ] UfXhsPQ6[ 編集 ]

だいたい   No. 175

改悪反対が80%で、ほぼ安定している模様。
さっき見たところでは、性別でも差が出てきたような。
面白いモンですねぇ。
[ 2006/12/10 01:12 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

掲示板がひどいことに   No. 185

なってますね、リアヨロ。
それと、ネットゴキは女性に「偽装」はしない
ことがわかりました。
なかなかおもしろい「習性」ですね。
[ 2006/12/11 15:03 ] -[ 編集 ]

だって   No. 186

ネットゴ● nearly equal ばっくらっしゃーですよね。
生まれつきの属性しか、すがるモノがない類の方々ですから、オトコラシサとかが大好きなんでしょう。
(実践できるかどうかを別問題として)
そして、ネカマとかが大嫌いだと見ました。

ネカマ道とかタオヤメブリッコは、平安朝以来の由緒正しい日本男性の伝統なのに。
[ 2006/12/11 15:36 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

うふん,あたしぃ,こまっちゃう(自爆)   No. 187

なるほど,それで「少女マンガ」の連載なんかすると,一気にアクセス IP の層が変化するのだな(自爆) やだわー,あたしぃ。(*^^*)

# 忙しくて次のマンガ評論が書けないよー(泣)

でも,日本文化の中の男性性って,もともと人工的なものなんだよね。しかも新羅から伝えられたもの。ネットゴキは朝鮮史を知らないから,恐らく知らないと思うけど(笑)
[ 2006/12/11 19:06 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

らしさって   No. 188

所詮幻想というか、その時代ごとに変わるモノでしょう。

まー、日本古来のオトコラシサって、女装したり(古代の英雄)、オンナのふりした文章作ったり(平安のインテリ)、やおいに走ったり(企業上層部のおじさまが大好きな戦国武将達)ではないのですか(ぉぃ)。
最近のとってつけたようなオトコラシサよりも、伝統的な方に行ってくれた方が平和でよいのですけどねぇ。
[ 2006/12/12 11:57 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/39-df290c2f














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。