スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オーストラリア政府がアボリジニの人達に公式謝罪(追記有) 

ニュースを見て回っていると、International Herald Tribuneでも各国政府からの公式謝罪一覧の記事が出ていた。

…でも、あれ? 前に「Guardian Unlimited」の08/1/30付のを拾ってきてエントリにしたのと、文章はほとんど同じなのに、増えている。
(Guardianがリンク切れなので、IHTはリンク切れ時の用心にスクリーンショットを保存)
    


追加されている項目は;

_ 2008: Australian Prime Minister Kevin Rudd due on Wednesday to introduce to Parliament a formal apology to the so-called Stolen Generations ― thousands of Aborigines who were forcibly taken from their families as children under assimilation policies that lasted from 1910 to 1970.

_ 2008: オーストラリア内閣総理大臣 ケビン・ラッドは、水曜日、いわゆる盗まれた世代ー1910から1970年まで続いた同化政策下で、強制的に家族から離された何千人ものアボリジニの子供達への公式謝罪を、議会に提出する事になっている


…水曜日って、今日ですね。
というわけで、オーストラリア議会のホームページを見に行く。

What's happening this week

Apology to Australia's Indigenous Peoples

On Wednesday, 13 February 2008, an apology to Australia's Indigenous People was made.

スクリーンショットはこちら。


明日には議事録や報道にでるかな。



追記;
おこじょさんがすでに、BBC NEWSにでた公式謝罪文を訳してアップロードしてくださってました。
おこじょの日記』の『オーストラリア政府の歴史的謝罪
…おこじょさん、お借りします。

今日ここに、人類最古の文化のひとつである、この地の先住民族をたたえる。

我々は、過去の加害を反省する。

我々は、奪われた世代に対する加害、わが国の歴史の傷ついた一章、について反省する。

過去の過ちを正すことでオーストラリアの歴史に新たな一ページを開き、自信を持って未来へと進むときが来たのだ。

我々は、同朋に対し深い悲しみ、苦しみ、損害を与えてきた過去の議会や政府による法や政策について、謝罪する。

アボリジニやトレス諸島民の子どもたちを家族、共同体、故郷から切り離したことをとくに謝罪する。

これら奪われた世代とその子孫、残された家族の苦しみと痛みに対して謝罪する。

母と父、きょうだいに対し、家族や共同体を壊したことを謝罪する。

誇り高い人々とその文化に対し屈辱と辱めを与えたことを謝罪する。

オーストラリア議会は、国をいやす一環としてこの謝罪が受け入れられることを謹んでこいねがう。

未来に対し、この偉大な大陸の歴史に新たな一ページが刻まれることを決意する。

今日、我々は過去を認めることですべてのオーストラリア人を包む未来を築く一歩を踏み出す。

それは、この議会が過去の不正が二度と起こらないように解決する、未来である。

すべてのオーストラリア人が、先住民であるなしにかかわらず、両者の間の平均寿命、教育達成度、経済的な機会などの差を縮めるという決意に向かっていく未来である。

継続する問題に対し、古いやり方が失敗しても新しい解決の可能性を期待するという未来である。

どんな由来を持つオーストラリア人でも、真に対等なパートナーとなり、この偉大な国オーストラリアの新たな歴史を刻むための責任を持つという未来である。

…BBC NEWS原文へのリンク、この謝罪文の問題点の指摘はおこじょさんの記事にあります。



欧米の報道では、「慰安婦」公式謝罪と対比して語られることの多い、オーストラリア政府のアボリジニの人達への謝罪ですが、やはり、日本政府がやった同化政策との対比も意識に上るので、、、、
・松山大学の田村氏のWEBページで『☆アイヌ差別☆
・予防法務ジャーナル「そよかぜ」『アイヌ文化振興法の制定
・『アイヌ民族の同化策
・『後田多敦・琉球人
スポンサーサイト
[ 2008/02/13 17:45 ] 四方山話 | TB(6) | CM(2)

日本と違いますねえ   No. 3463

格調高く謝罪してますね.ただし,償い方が問題でしょう.賠償金も必要かも知れないけれど,白豪主義の同化政策のもとで失われていったアボリジニの文化の復元と保存,例えば失われた言語の復元,それをどうやって実現していくのか具体的に政策を示してほしいです.
日本政府がアイヌに詫びるのはいつのことでしょう.何百年も先かなあ?
[ 2008/02/14 00:09 ] KiD8ElgI[ 編集 ]

   No. 3466

>三ねんせいさん

河野談話だと「慎重に言葉を選んだ謝罪」とか評されてしまいますもんね。償い方に批判があっても、謝罪ができる政府をもてるオーストラリアの人達は胸をはれるでしょう。

>日本政府がアイヌに詫びるのはいつのことでしょう
<
なんか、しょっちゅう、閣僚とかが「日本は単一民族国家」とかいいだしてますね…。
きっちり、国連からもナショナルマイノリティ差別はチェック入っているのに。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-235.html
[ 2008/02/14 12:36 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/377-c03e3bce


ケビン・ラッドの言葉を聞いて

オーストラリア国会で行われた「盗まれた世代」へのケビン・ラッド首相の謝罪はすばらしかった。真実なる歴史をみんなが共有し、和解への道をともに歩み出す日にふさわしいものだった(通信社による全文、ビデオ。国会のビデオ)。 なぜ謝罪が必要かという問いについて、
[2008/02/14 00:08] URL 壊れる前に…

[よのなか]ついにアボリジニに公式謝罪。

BBC NEWS | Asia-Pacific | Australia apology to Aborigines ラッド首相は、アボリジニに対する過去の政府の間違った政策について、議会で公式謝罪したんだって。すごいね。アボリジニからは、賠償について触れないのは不十分だという批判もあるみたい。せっかくだから、訳
[2008/02/14 10:02] URL おこじょの日記

[よのなか]オーストラリア、賞賛されてます

昨日の記事、碧猫さんに過分にご紹介をいただきありがとうございました。 つづきは、NYTimesでもご紹介を。 Removing the Stain on Australias Soul - The Board - Editorials - Opinion - New York Times Blog オーストラリアのラッド首相は、さっそくアボリジニの子供たち
[2008/02/14 14:39] URL おこじょの日記

2月17日まで 沖縄性暴力事件への抗議声明賛同募集

 在沖米兵による女子中学生性暴力事件に抗議し  公正な事件解決と根本的防止策を要求します。  内閣総理大臣  福田康夫 様 外務大臣    高村正彦 様 防衛大臣    石破 茂 様 アメリカ合衆国大統領 ジョージ・W・ブッシュ 様 アメリカ合衆
[2008/02/14 14:42] URL みんななかよく

「単一民族国家」なる幻想を嗤う

えー、日本国には、未だに日本国が実質的に日本民族のみからなる単一民族国家だと信じている方が多いようでございまして、あたしに言わせれば寝言は寝てから言いやしょう、てなことになるわけでございますが、そもそも、単一民族国家であることは、そんなに誇らしいことな...
[2008/02/17 03:55] URL 徒然気儘な綴方帳

オーストラリアのケヴィン・ラッド首相の対アボリジニ謝罪スピーチは感動的でした

先日の記事、「国家としての謝罪」で、先のオーストラリアの総選挙の結果成立した労働党政権のラッド首相による、先住民族アボリジニに向...
[2008/02/18 22:29] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。