スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

各国政府によって出された公式謝罪の数々 

(追記、修正有り@080203)
Guardian Unlimited」の、Wednesday January 30, 2008 10:31 PM (By The Associated Press)で興味深い記事を見つけたのでお持ち帰り。

Formal Apologies Issued by Governments (各国政府によって出された公式謝罪の数々)」
ここを見かけ、変な和訳に気がつかれた方がいらっしゃいましたら、ご指摘いただけますとありがたいです(^^;
LさんApemanさんにご指摘いただきました。どうもありがとうございます(080203追記)。


(以下、強調などは引用者による) 謝罪済みの事例として、

1998:カナダは、インディアン(引用者注;ネイティブアメリカンのことだろう)とイヌイットの若者を固有の文化から切り離して白人社会に彼らを同化するための連邦によって資金を供給された全寮制学校における何十年もの虐待を含む、固有民族への抑圧について謝罪している。

1992:南アフリカのF・W・デクラーク大統領は、アパルトヘイトについて謝罪している。そして、500万人の白人が3000万人の黒人を支配するのを許した、合法化された分離システムへの遺憾の意を表明した最初の白人指導者として特筆されている。

1990:ソビエト連邦は、第二次世界大戦中に撃たれて「カチン(カティン)の森」(引用者注1)の集団墓所に葬られた、何千人もの収監されたポーランド人将兵の殺人について謝罪している。

1988:米国議会は、第二次世界大戦中の日系アメリカ人抑留について謝罪し、生存者に20,000ドル賠償する法律を可決している。

1951:西ドイツのコンラート・アデナウアー首相は、ホロコーストでのユダヤ人の苦悩を正式に承認している。そして続く年に、ドイツはドイツはイスラエルに賠償金を払うことに同意している。1990年、当時の東ドイツ議会は、苦しみを受けたイスラエルとすべてのユダヤ人への謝罪を発布している。

以上の5例が挙げられている。

そして、謝罪してない事例として、

- The U.S. has never issued a formal apology for the African slave trade or paid reparations to slave descendants. In 2007, Virginia became the first state to apologize for its involvement, followed by Alabama, Maryland and North Carolina. No state has offered reparations.

アメリカは、アフリカの奴隷貿易への公式謝罪を全然出していないし、奴隷の子孫に賠償金を払っていない。2007年、ヴァージニアは、この件について謝罪した最初の州となった。そして、アラバマ、メリーランド、ノースカロライナが続いた。州は、賠償金は払っていない。



- The U.S. has never apologized to American Indians for past actions, including forced relocation and broken treaties and promises. American Indians have received compensation for their lands over the years, but no formal apology.

アメリカは、アメリカインディアンに、強制移住、条約や約束を破棄したことを含む、過去の行いについて決して謝罪していない。アメリカインディアンは、土地に対する賠償は受け取っているが、公式謝罪は受けていない。



- Armenia has repeatedly requested an apology from Turkey for the killings of what historians estimate was up to 1.5 million Armenians by Ottoman Turks around the time of World War I. Turkey maintains the toll has been inflated and that those killed were victims of civil war and unrest.

アルメニアはトルコへ、歴史学者が150万人にも上ると算定している、第一次世界大戦中のオスマントルコによるアルメニア人殺害について、繰り返し謝罪を要求している。トルコは被害者数が誇張されており、また死者は内戦と社会不安の犠牲になったのだと主張している。



- China has accused Japan of not fully atoning for its invasions and occupation of China in the 1930s and 1940s, including wartime atrocities like the Rape of Nanjing, in which Japanese troops massacred as many as 300,000 people while taking the Chinese city in 1937.

中国は、日本が、1937年に日本軍によって30万人にも上る人々が虐殺された「レイプ・オブ・南京」のような戦時犯罪を含む1930ー1940の中国侵略と占領を、完全には償っていないと非難し続けている。

以上の4例が挙げられる。

そして、その後になぜか「その他」の項がある…

OTHER:
(その他)

- Although Japan issued a carefully worded apology in 1993 to the tens of thousands of women from neighboring countries forced to serve as sex slaves for its soldiers during World War II, parliament never formally approved it. Japan has rejected most compensation claims, saying they were settled by postwar treaties. A fund created in 1995 by the government but run independently has provided a way to compensate former sex slaves without making it official. Many women, however, have rejected the money.

第二次世界大戦中に、近隣諸国から数万人の女性を兵士用性奴隷に強制した事へ、日本が慎重に言葉を選んだ謝罪を1993年に出したにもかかわらず、議会は決して公式に採択していない。日本は、戦後条約によって解決済みとの見解で、ほとんど全ての賠償申し立てを棄却している。1995年に政府によって設立され、独立に運営された基金は、公式にすることなく元性奴隷被害者に賠償する道を提供した。しかし、多くの女性はそのお金を拒んだ。


・・・詳しい…orz



追記;
引用者注1;「カティンの森事件」ウィキペディア(Wikipedia)記事
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/02/02 19:00 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(11)

極めてどうでもいいことですが   No. 3396

 はじめまして。もともとはDOXさんから流れてきまして、今では毎日更新を楽しみにしております。内容が素晴らしいだけでなく、非常にエスプリが効いていて大変面白く、いつも強く共感しています。
 
 さて、全く本筋とは関係はありませんが、「カティンフォレスト」というのは、”カティン(カチン)の森”のことだろうと思います(「カティンフォレスト」ではヒットしないみたい)。

 謝罪といえば、去年でしたか、イギリスやフランスで植民地支配を巡って話題になっていたようですね。
 後何回選挙をしたら、流れを変えられるのでしょう?
[ 2008/02/02 20:53 ] -[ 編集 ]

   No. 3397

とりあえず気づいた点ですが。

・連邦によって資金を供給され全寮制学校→連邦によって資金を供給された全寮制学校

・カティンフォレスト→カチン(カティン)の森

・トルコは、それら被害者が、内線と社会不安による犠牲がふくれあがったものだという主張を維持している。→トルコは被害者数が誇張されており、また死者は内戦と社会不安の犠牲になったのだと主張している。

・「レイプオブ南京」ににた戦時犯罪→「レイプ・オブ・南京」のような戦時犯罪
[ 2008/02/02 21:01 ] lrg3p7cc[ 編集 ]

   No. 3398

>Lさん

はじめまして。コメントありがとうございます。…過分なお褒めで恐縮です(^^;
ご教授ありがとうございました。…知らなくてお恥ずかしい次第ですが、有名な事件なんですね。

>後何回選挙をしたら、流れを変えられるのでしょう?
<
参議院選ではああなりましたけど、、、大阪府知事選での選ばれ方などを見ていると、なんか見通しが明るいとはとても書けませんね。。。



>Apemanさん

どうもありがとうございました。
和訳に(限りませんが)全然自信がないので、最初から白旗つきでエントリ立ててしまいました。助かります。
…なんか、最後に二つあげられている項目を出したいが為の記事じゃないかと思ってしまうのですが、これは、いわゆる自虐史観という奴でしょうか…orz
[ 2008/02/03 11:49 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 3401

え〜一つ前のエントリでは私こそ過分なお褒めに預かり恐縮です。

この記事、脈絡と言うかどういう流れで出てきているのがわからないのであれですが、「0THER」がばっちり目立っちゃってるのはたしかですね。もっとも、「日本はすでに謝罪しているのに…」と反発している人々にとっては、ガーディアンが事態を正確に認識していることがわかって一安心なのではないでしょうか(^^;
[ 2008/02/03 17:57 ] lrg3p7cc[ 編集 ]

   No. 3402

>Apemanさん
>一つ前のエントリ
<
実際大きな意味があったと思います。
でも、あの賛同させていただいた時点では、まさか、その後ここまで馬鹿な国際的な自爆が延々と続くとは思いもしませんでした(ある意味、当初の想定より意味が大きくなってるのかも…と思ったり(^^;)。


>ガーディアンが事態を正確に認識していることがわかって一安心
<
そうですね。
"the tens of thousands of women"って書いてありますから、「20万人の女性をトラックで朝鮮半島から運んだはずはない」類の御意見をおもちの方達はさぞかし安心なさることでしょう。

・・・「賠償申し立てを棄却」まで言及されてる様子から類推するに、なまじな「追軍売春婦説」の人より、よっぽど事情に通じているんじゃないかと(^^;
[ 2008/02/03 19:32 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

もう1例   No. 3406

ウルグアイでは、先住民族のチャルーアを初代大統領の掃討作戦で虐殺、根絶やしにしたんだそうで(最後の一人は逃げていったパラグアイまで追いかけていって殺したんだと)、ウルグアイ人はその虐殺の歴史をトラウマとして抱え続けていて、モンテビデオのセントロにある「最後のチャルーア」の像(彼の遺骨は2002年、実に169年ぶりにウルグアイに帰ってきたのだという)には毎年「虐殺の日」が近くなると市民から献花がされるんだとかウィキペディアに書かれていますけどー

で、この話ってほんとー?とウルグアイの友人に問い合わせてみたところ

「そうだよ、毎年誰かはわからないけどたくさんの花が運ばれて飾られている。僕のオリジナルはポルトガルだけど、チャルーアが生きた土地に住み、チャルーアが見たのと同じラ・プラタを見て暮らしている。チャルーアは確かに僕の一部でもあると思う。まだチャルーアが誰か生きているなら、彼らやその子孫に赦しを乞うべきだけど、全て死んでしまったんだから、永久に赦しは得られないんだよ。だからいつまでも忘れないで、自分もその一部を持って生きているんだと思う。殺された側でもあり、殺した側でもあり・・・それはこの(チャルーアを虐殺した)国で生きる者ならみんな考えているよ」

という返事が返って参りました。対岸に住むポルテーニョ(ブエノスアイレス人)達のすれっからしぶりと対照的だと言われるウルグアーヨの人の良さが垣間見えるというかなんというか。
[ 2008/02/04 03:18 ] jIQFn5A2[ 編集 ]

   No. 3409

>えぼりさん
>誰か生きているなら、彼らやその子孫に赦しを乞うべきだけど、全て死んでしまったんだから、永久に赦しは得られないんだよ。
<
「0THER」の項目に関しては、永久に許しを得られなくなるまでタイムリミットが迫っているんですけどね。
被害者で「謝罪があれば私は許す」とおっしゃってくださっている方は、いらっしゃるんですけどね。

この国の政府は、やり過ごして忘れ去れば、それですむと思っているんでしょうねぇ。他の国は忘れてくれないことにも気付かないで。
で、最近、こんなページに行き当たって、、、
http://homepage3.nifty.com/hirorin/nankin99.htm
・・・私が困っても仕方ないんですけど、困ったなという感想が頭に(^^;
ウルグアーヨの考え方に「共感」しますねぇ。
[ 2008/02/04 17:05 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

本当にどうでもいいことですが   No. 3805

0therはOtherのtypoだと思います:-)
[ 2008/03/21 22:01 ] -[ 編集 ]

   No. 3816

>maangieさん

ご指摘ありがとうございます。
…ご指摘いただいて、しばらく考え込んでしまいました(^^;
[ 2008/03/22 12:23 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

カナダが再び公式謝罪?   No. 4461

カナダは、インディアンに対する公式謝罪を1998年に行なったということですが、2008年6月11日の公式謝罪というのは何なんでしょう?

guardian.co.uk, UK - PM to apologise for Canada's treatment of native Americans
http://www.guardian.co.uk/world/2008/jun/12/canada.usa

Bloomberg - Harper Apologizes for Abuse of Canada's Aboriginals
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601082&sid=aj_Gqn3u8tgY&refer=canada

Globe and Mail, Canada - Canada apologizes
http://www.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20080611.wapologymain0611/BNStory/National/home?cid=al_gam_mostview

Xinhua, China -
Canadian PM delivers official apology for native residential ...
http://news.xinhuanet.com/english/2008-06/12/content_8350724.htm

National Post, Canada - Residential schools ‘a sad chapter in our history,’ Harper tells ...
http://www.nationalpost.com/news/canada/story.html?id=580506
[ 2008/06/12 09:16 ] eBcs6aYE[ 編集 ]

   No. 4462

>ゴンベイさん

御教授ありがとうございます。とりあえず、ざっと拝見して、、、後ほどしっかり読ませていただこうと思うのですが(ちゃんと読解できるかは別問題として(^^;)、お知らせいただいたURLの内の一つ、新華社電英語版に
_______________________
Harper's apology is the first such gesture by a Canadian leader for what is called the country's "single most disgraceful, harmful and racist act in history." Former Liberal Prime Minister Jean Chretien offered a statement of reconciliation on behalf of the government in 1998.
_______________________
とあるようです。以前引用したIHTで
http://www.iht.com/articles/ap/2008/02/12/asia/AS-GEN-Aborigines-Apologies-Glance.php
はformal apologiesの一つとしてリストされていましたが、2008の方が謝罪の意味が強いものかな、というのがざっと見の印象です。

後ほど、英語に強い人達のご意見をうかがえるように、エントリにさせていただこうかと思います。

なお、アイヌ民族への謝罪決議を報じた中央日報の記事には、
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=101044&servcode=A00§code=A00
_______________________
◇先住民族権利宣言=国連が1980年代から20年以上も議論し、昨年9月に総会で採択した。先住民にすべての人権と基本的自由を保障する。また、同意なしに没収された土地と資源は返還し、固有文化の維持・復興、民族自決権を保障する、となっている。

日本は「民族自決権が国家からの独立を意味するわけではない」という点を強調しながら賛成した。米国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドなど4カ国は国内法と合わないという理由で反対した。
_______________________
とありました。アボリジニの皆様へ公式謝罪したオーストラリアと、カナダが並んでいるので、なんだか気になります。
[ 2008/06/12 12:15 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/368-9be7e5ee


話はそっちへいくのね(陰でこそこそ悪口大会シリーズ)

 「ヘイトコメントを哂え」に収録するのは失礼と思うけど、なんか「ネットウヨ言論ってそっちへ流れていくねえ」という感想をもったやり取り。  前提として、わたしはこんなエントリを書くやつなんでござんすよ。  「どっちも正しい」  http://ameblo.jp/kandanoum...
[2008/02/04 09:03] URL みんななかよく

国家としての謝罪

歴史について、世界について、いつも私がいろいろなことを教えられる二つのブログで、国家としての謝罪についての記事がありました。私が...
[2008/02/14 00:52] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

恥辱の殿堂こもりんは絶対に謝らない(嘲)

久しぶりに古森義久氏を取り上げます。こもりんが言ってる事はと言えば菅談話に対する恨みつらみなんですが(苦笑) ■【緯度経度】ワシントン・古森義久 国家は簡単には謝らない (21日付MSN産経ニュース)  菅直人首相の日韓併合に関する談話で日本国はまた韓国に謝罪し
[2010/08/22 00:35] URL vanacoralの日記












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。