スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日中歴史共同研究第3回会合が6日に終了 

メモメモ。
見渡す限り「共同通信」配信の報道ばかりなのに(例外は読売と朝日だが詳しくない)、なぜか産経が一番詳しい(^^;

MSN産経2008.1.6 18:33より、
南京虐殺や上奏文にも言及、日中歴史共同研究

 (略)
 会合後、共同記者会見した日本側座長の北岡伸一東大教授は「白熱した議論もあったが、議論は友好的で率直で学術的に行われた」と総括、6月末か7月上旬までの報告書完成に自信を示した。
(中略)
 出席者によると、1937年の旧日本軍による「南京大虐殺」について中国側から「犠牲者の数は問題ではない」との意見もあった。また27年、田中義一首相(当時)が対中侵略を昭和天皇に具申したとされる「田中上奏文」は日本では存在が否定されているが、中国側が提出した論文では触れられていた。意見交換で「互いの理解は深まったが、議論が収れんしたわけではない」という。

 6月の最終会合後に報告書をまとめるが、統一文書ではなく、双方がそれぞれ論文を提出し、見解が異なる部分について互いに意見を付けた形式になる。

 共同研究は2006年10月、安倍晋三前首相と胡錦濤国家主席が合意。前回会合は昨年3月に開かれた。(共同)




外務省の「日中歴史共同研究(概要)」がこちらで、ここのコンテンツに委員の一覧があり。
おなじく外務省の「日中歴史共同研究第1回会合(概要)」がこちらで、挨拶概要が興味深いので引用。

歩平・中国側座長の挨拶概要は、

 歴史問題は、東アジアの国家関係の重要な障碍の一つ。戦後日本には戦争責任を受け入れず、侵略戦争という歴史事実すら否定する言行が見られる。これは被害国民の感情を害し、歴史問題が解決されない原因。共同研究では、こうした障碍を打破し、日中間の政治文書の基本原則を共に守っていくべき。
 歴史認識の相違は、相互交流と相互理解を通じて縮小可能。世界平和の擁護、侵略戦争反対といった普遍的意義が前提。共通の歴史認識はまず、歴史的事実をともに確認することを基礎に確立されるべき。我々は各方面の歴史的資料の収集をできるだけきちんと行い、不確かなものは排除して真実を残し、分析・研究することにより、一般に意思疎通、交流の基盤を提供すべき。


北岡伸一・日本側座長の挨拶概要は(強調は引用者による)

 第一に、共通の歴史認識を持つことは困難であるが、日中間には行き過ぎた違いがあり、これを何とかして縮めていけないだろうか。事実に基づき対話すれば、それほど難しくない。我が国はかつて中国に軍隊を送り込み、多くの中国人が犠牲になったが、日本国内でこれを否定する人はいない歴史認識を無理矢理一致させなくても、かなりの整理が可能ではないか
 第二に、日中関係が如何に重要であるかということ。少子高齢化、資源・エネルギー、環境等日中が協力して取り組めることは多い。その入口において歴史問題で行き詰まってはならず、政治が本来やるべき現在、未来のことに取り組めるよう、歴史共同研究を役立てていきたい。
 第三に、胡錦濤主席が国民党の抗日戦争における役割を評価したことに注目。中国でも様々な歴史認識が評価され、安倍総理訪中でも互いの平和的発展を評価した。このように歴史を全体として見ていくことが重要である。
 第四に、研究者として新しい資料や研究には大いに興味がある。孔子の発言にも「これを知る者はこれを好む者にしかず、これを好む者はこれを楽しむ者にしかず」とあるように、「知の地平線」を広げるべく、楽しみたい。

・・・この挨拶時点は2006年12月ではあるが…日本側の危機感のなさはなんとかならんものだろうか。いや、そりゃ、この前の戦争での中国人犠牲者が少数と言い切る日本人はいないでしょうけど、、、多分。

今後のスケジュール(以下、第二回会合のコンテンツより引用)は、

2008年6月に報告書をとりまとめ、同年8月に両政府への報告、対外公表を行うことを目指し、以下のスケジュールで活動を行う。なお、以下の期間において、必要に応じ、日本側委員による準備会合、中国側委員との分科会等を随時開催する。

とのこと。
スポンサーサイト
[ 2008/01/06 20:12 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(12)

日本国内でこれを否定する人はいない   No. 3149

けれど。
空とぼけしたい人は少なからずいるでしょう。
青狐さんが指摘されているように。
http://d.hatena.ne.jp/bluefox014/20071213/p1
[ 2008/01/07 00:23 ] bAt7Emrw[ 編集 ]

空とぼけと言いましょうか   No. 3151

>書を守るものさん

「我が国はかつて中国に軍隊を送り込み、多くの中国人が犠牲になった」
日本側座長の表現は巧みですけど、
『侵略戦争では無く自衛のための戦争だった』、あるいは、『「南京大虐殺」は幻で民間人の犠牲者はほとんどいない』、あたりの主張が日本国内にあることは海外にも知れ渡っているわけですし、それで十分、中国側参加者の神経を逆なでするでしょう。
『「知の地平線」を広げるべく、楽しみたい。』なんて、脳天気さに目眩がしそうです。
…なにも、年明け早々からはてな界隈がすごいことになっていたばかりが、目眩の原因ではないはずです(^^;
[ 2008/01/07 01:53 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

東京新聞2008年元旦1面トップ記事   No. 3156

かなり大きな扱いで

東京新聞 2008/01/01 1面トップ 日本批判の根拠『田中上奏文』中国側『偽物』認める見解 http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008010102076497.html

東京新聞 2008/01/06 [国際]南京虐殺や上奏文にも言及 日中の第3回歴史共同研究 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008010601000263.html


ついでに波多野澄雄(筑波大学大学院人文社会科学研究科教授)については

教科書検定訴訟を支援する全国連絡会編『家永・教科書裁判第三次訴訟高裁編3 沖縄戦・草奔隊・教育現場』(民衆社 1996/09/20 ISBN4-8383-0413-7)に収録されている沖縄戦関係で国側に立っています.

p.91 国側証人 波多野澄雄証言
p.117 波多野澄雄意見書
意見書冒頭部分を引用
--
筆者は,現在,筑波大学において近代日本の政治外交史,並びに国際関係史を講じているが,昭和54年から63年にかけて防衛庁防衛研究所戦史部に在職し,主に太平洋戦争の開戦及び終戦の経緯に関する調査研究に携わっていた. また,防衛研究所在職中に沖縄作戦の現地調査に加わり,主に沖縄作戦の要所を訪問しつつ,沖縄戦の経緯について研究したことがある. この現地調査は沖縄戦に関する研究文献や関連資料によって事前にその大要を把握した上で行われたものであり,作戦指導や戦闘経緯のみならず,住民対策や住民犠牲についても一通り研究を行った[以下省略]
--
[ 2008/01/07 20:08 ] 47iwZWr2[ 編集 ]

世の中いろいろいますから   No. 3157

>我が国はかつて中国に軍隊を送り込み、多くの中国人が犠牲になったが、日本国内でこれを否定する人はいない。
たとえば、北岡さんと同じ東京大学で教鞭をとっていた(だよね、笑っちゃうけど)藤岡信勝の態度などを考えると、こういうあいさつもどうかなあということに。

まあ、あの安倍晋三ですら、慰安婦問題はともかく、南京事件などについては「出世」したら黙ったくらいですから、「政府高官」が南京事件を否定するということは困難もしくは無理かもしれませんが。
[ 2008/01/07 20:32 ] -[ 編集 ]

   No. 3158

>我が国はかつて中国に軍隊を送り込み、多くの中国人が犠牲になったが、日本国内でこれを否定する人はいない。

KKK新聞のプロパガンダ先頭に『正論』『諸君!』や転展社,WACC出版やらが本屋さんに平積みされているのは日本国内ではないんですかね??

日中歴史共同研究の日本側参加者にそんなお馬鹿さんはいないとは思いたいですが.
[ 2008/01/07 21:23 ] 47iwZWr2[ 編集 ]

   No. 3159

>dmpxさん

いろいろとご教授ありがとうございます。
…不思議なことに、東京新聞しか見当たらないみたいですね?
読売産経が喜びそうな話かと思ったのですが。
田中上奏文が偽書だと、あの戦争は侵略戦争じゃなかったんだキイキイっていう人があらわれるんですよね(<予想中)。


>波多野教授
>教科書検定訴訟を支援する全国連絡会編『家永・教科書裁判第三次訴訟高裁編3 沖縄戦・草奔隊・教育現場』(民衆社 1996/09/20 ISBN4-8383-0413-7)に収録されている沖縄戦関係で国側に立っています.
<
…意外です。教科書検定報道で、
「文科省調査官が介入、波多野委員が初明言 教科書検定審議」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-27964-storytopic-1.html
の人ですよね。文科省の介入に批判的なのだという印象をもっていました。


>日中歴史共同研究の日本側参加者にそんなお馬鹿さんは
<
基礎知識がないので、エントリーでリンクを貼った委員の一覧を見ても、見当が付きません(^^;
教科書再検定の意見書を出した某専門家からの連想で、近現代史分科会の「防衛研究所戦史部第1戦史研究室長」の中の人あたりが、微妙に心配なのですが。



>Bill McCrearyさん
>こういうあいさつもどうかなあということに。
<
そりゃあ、まだ、安倍前首相の「狭義の強制」否定発言も、自爆広告も、歴史議連による南京事件無かった宣言も出る前なので、まだのんびりできたのかとは思わないでもないですけどね。でも、
>>事実に基づき対話すれば、それほど難しくない
って、歴史学者が認めている事実を周知徹底していただけないものかと、日本国内で。少なくとも国会議員レベルに。
[ 2008/01/08 17:15 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

日中歴史共同研究の見通しについて   No. 3160

≪世界の片隅でニュースを読む≫さんが 2008/01/06「日中歴史共同研究」について~委員人選の偏り をまとめておられました. http://sekakata.exblog.jp/6647884/
--
外務省発表の第2回会合の合意内容によれば、近現代史分科会が扱う時期は1840年のアヘン戦争から現在にいたる長期にわたり、「日中における歴史認識、歴史教育等について」というテーマも設定されている。しかし、この委員では現代外交史に専攻が偏っており、たとえば日清戦争や日露戦争などの専門家がいないし、ましてや歴史教育論の研究業績など全くない。共同通信(2008/01/06 17:15)によれば、南京大虐殺についても議論したようだが、このメンバーはいずれも南京事件研究の素人で、まともな議論ができたとはとうてい考えられない。主要テーマごとに専攻の研究者を選ぶ方法を採らず、政府の息のかかった学者ばかり選ぶからそういうことになったのである(ただしいわゆる歴史修正主義者=歴史偽造趣味者は除いている)。[snip]とりあえず今年夏にできるという「日中歴史共同研究」の報告書を期待しないで待つことにしよう。
--
(白土三平風に)賢明なる読者の皆さんはすでにごぞんじでしょうがご参考まで. 《みだりに悲観もせず,楽観もせず...》[廣津和郎「散文精神について(講演メモ)」より]
[ 2008/01/09 01:52 ] 47iwZWr2[ 編集 ]

   No. 3167

>dmpxさん

たびたびありがとうございます。勉強になります。
スタート時が安倍首相時代だから、ぬるい人選なのは仕方なくて、歴史修正主義者がいないだけ御の字なのですかねぇ(本職の歴史学者にいるんだろうかという疑問は置いておいて)。
最大の懸案事になることが予想できる南京事件の専門家を入れないで、どうするんでしょう。。。
[ 2008/01/09 12:42 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

アメリカによるイラク攻撃はなかった   No. 3215

時空を統べる美と知の純碧天使☆
碧猫お姉さま、遅くなりましたが本年もよろしくお願いいたします。

犠牲者の人数が調査によっていろいろあることから、その事件の存在や調査や証言の信用性にいつまでもネチネチキイキイとケチをつける手合いとの闘い、いつも尊敬しております。

さて、アメリカによるイラク攻撃なのですが、調査によってイラク人死者の数がバラバラだから死者数や調査対象となったイラク人の証言は信用できないとかアメリカによるイラク攻撃はなかったとか歴史修正主義者が言いだすのではないかという「警戒」を表明した記事をトラックバックさせていただきました。
[ 2008/01/13 15:59 ] 6fyJxoAE[ 編集 ]

ん?   No. 3216

>玲奈お姉様

わざわざありがとうございます。玲奈お姉様の今年の更なるご活躍を祈念しています。

>その事件の存在や調査や証言の信用性にいつまでもネチネチキイキイとケチをつける手合いとの闘い
<
わたしは自分の領域で書きっぱなしているだけで、闘っているのは別の方ですよ。
そのように持ち上げてくださる玲奈お姉様が、歴史修正主義の問題と同じ構造が指摘されている、このところホットな話題に関し、わたしの立ち回り先では見解を表明してらっしゃる様子を見つける事ができなくて大変不思議に感じています。
[ 2008/01/14 14:10 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

>闘っているのは別の方ですよ   No. 3222

林博史先生はこのように評価されています。
「これもおもしろい、なかなか参考になります。」
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/20link.htm
きっとこれは猫エントリーに対する評価でしょうね(違うって)。

さて、人様のブログのコメント欄で非礼を承知で謎の宣伝をさせてください。

「中谷宇吉郎随筆集」(樋口敬二編、岩波文庫)に「千里眼その他」という随筆が収録されています。これの附記に、昭和18年に事件に起きた日本的製鉄法という事件が解説されています。
外国と戦っている最中で、一致団結が叫ばれているなかにあっても、明らかな誤りは批判しなければならないことが良くわかります。正当な批判を封じることが如何に危険であるかも。


[ 2008/01/14 16:30 ] bAt7Emrw[ 編集 ]

   No. 3224

>書を守るものさん

林先生のリンク集、最初に収録なさってた時は確かもう少しは下だったと記憶しているんですが…(^^;
なんでそんなに上にあるんでしょう(困)。せめて、StiffmuscleさんやApemanさんや青狐さんの下にしてほしい。字が小さいのは救いなのですが(^^;


>きっとこれは猫エントリーに対する評価でしょうね(違うって)。
<
いや、おそらくはこちらの
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/19prof.htm
経歴の一行目後半から、食い意地テロの方だと判断しています(笑)。


…謎の宣伝、独り言(笑)エントリ本文に引用させていただいてよろしいでしょうか?
[ 2008/01/14 21:28 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/351-4b1174b5


報道の自由 日本の場合

少々前の話しになりますが、昨年の10月にパリに本部を置く「国境なき記者団」が「2007年世界の報道の自由に関する指標」を公表しました。  ...
[2008/01/06 21:59] URL とむ丸の夢

約15万1000人のイラク市民が2003年3月から2006年6月までに殺されたとのWHOの調査

「約15万1000人のイラク市民が2003年3月から2006年6月までに殺された」 ブラウザーでさっきヤフーフランスを開いたら、社会・政治ニュースの...
[2008/01/13 15:52] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。