スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沖縄「集団自決」記述の教科書検定問題、気になる報道を 追加 保存 

沖縄戦「集団自決」記述教科書検定に関し、その後でた脱力報道、及び社説で興味を惹いたものの保存、およびつっこみ。

1,MSN産経 2007.12.29 00:46より
「11万人」集会 誤報指摘の公開質問状にマスコミ7社が回答(以下、強調などは引用者による、以降も同じく、途中の変な表現は原文まま)

(略)沖縄県民大会の参加者について、誇大な「11万人」説が独り歩きしている問題を憂慮する「マスコミの誤報を正す会」(加瀬英明代表)は28日、国会内で記者会見を開いた。(略)公開質問状への回答結果を公表。それによると回答したのは産経、朝日、毎日、読売、東京の各紙と共同通信、NHKの7社。日経新聞や時事通信、沖縄の地元2紙、在京の民放各社は回答しなかった。

 質問内容は東京の警備会社による調査で、実際の参加者が2万人以下との結果が出たことを踏まえたものでね(1)警備会社の調査に関する見解(2)11万人参加報道の訂正をする意思の有無-など。これに対し、産経と読売はコラムや検証記事で警備会社の調査を紹介し、11万人説への疑問や問題性を指摘したと回答した。一方、残る5社は主催者発表を基に参加者を「11万人」と報じたとしただけで、個別の質問項目に回答しなかった。

 メンバーの藤岡信勝拓殖大教授は会見で「11万人報道がなければ、今回の教科書の『再検定』はなかった」と指摘。会では1月中にホームページを設置、マスコミの誤報を検証していく方針だ。

11/9時点でpr3さんがとっくに指摘済みなので今さらながら、「主催者が県民大会に11万人の参加者があったと発表した」と報じても誤報ではないが…?
それにしても、どうしてこの手の記者会見が「国会内」で開かれるのか、大変不思議だ。そういえば、11/14の報道で「つくる会」の藤岡信勝会長が「(訂正申請が認められれば)文科相と教科書会社に損害賠償を求めることになる」との記者会見を文部科学省でやっていた時も、不思議だなぁと話題になっていた事が思い起こされる。
2,沖縄タイムス、その他で報じられていた「審議会」が意見を求めた九人の専門家について。
CiNii の略称で知られる国立情報学研究所による論文情報ナビゲータで、フリーワードを「沖縄」、著者名を専門家名にして検索してみる。
まず、林博史先生の検索ヒットは「鉄血勤皇隊編成に関する日本軍と沖縄県の覚書ならびに軍命令」(戦争責任研究 (54)、2006)をはじめとする10件。もともと、林先生の著作を根拠に検定意見をつけたぐらいの専門家ですよね。
次に、大城将保先生。「座間味島集団自決事件に関する隊長手記」(沖縄史料編集所紀要、通号 11、1986)を初めとする17件。…見るからにしっかりした専門家ですねぇ。

さて、否定派方面の意見を提出した方も見てみよう。
原剛氏の場合、検索ヒットは二件(上原剛氏による文章もヒットするがもちろんそれは除けた数)。。。上記のお二方に比べて、明らかに少ない。「沖縄戦における県民の県外疎開 (第2次世界大戦-3-終戦) -- (戦争の終末)」(軍事史学 31(1・2)、1995)、および「明治初期の沖縄の兵備--琉球処分に伴う陸軍分遣隊の派遣」(政治経済史学 (通号 317),p1~11,1992)。前者はともかく、後者は太平洋戦争の沖縄戦には関係があるのかなぁ。。。まぁ、業績はある、と理解の余地はある。

では次に、秦郁彦氏。
検索ヒットは一件のみ。「法廷で問われる大江健三郎『沖縄ノート』 大いなる虚構部分」(諸君 37(11)、2005 (文芸春秋))
って、おいっ。諸君って…文藝春秋って…、学術誌の業績ちゃうんかいっ!

…気を取り直して、明確な肯定派、否定派でない方も見ておこう。
高良倉吉氏、37件もヒットがある。しかし。
「琉球史研究からみた沖縄・琉球民俗研究の課題(特集 「琉球」研究を求めて)」 (民族学研究 61(3)、1996)、あるいは、『「沖縄と日本の関係」の再定義を--「告発者」ではなく「当事者」としての戦略を (再論「沖縄イニシアティブ」--基地問題にどう取り組むか)』(論座 (通号 65)、2000)といった路線の研究業績で、、、民俗学者でいらっしゃるようだが?

脱力したので他の3人についての調査は省略。
「教科用図書検定調査審議会は九人の専門家に意見を求めていた」とのことだったが、専門家って何の?

3,27日に党本部で沖縄問題小委員会会合を開いたという歴史議連の反応続報。歴史議連もきちんとホームページを作って、メンバーや議事録の公開をしてほしいものです。
時事通信出版局2007年12月27日17時46分より「沖縄戦教科書検定に異論=自民議連、(魚拓無し)」

(略)「違和感を覚える」「教科書検定の在り方がゆがめられた」といった異論が続出。来年1月に渡海紀三朗文科相に出席を求め、一連の経緯などについてただすことを決めた。


MSN産経2007.12.27 14:32より「自民党歴史教育議連、教科書“再検定”を批判、(魚拓無し)」

(略)審議結果に対し「史実の新たな発見がないのに、政治介入で教科書の歴史記述を書き換えるような危険なことがあっていいのか」などと批判の声があがった。(後略)



スポンサーサイト
[ 2007/12/29 08:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(14)

DQN   No. 3074

参加数問題は、
「主催者発表が多めに出るのはなぜかって?、それは主催者発表だからだ」と葉隠さんが喝破してチョンになるかとおもっていたら、藤岡らは手の込んだことをやってきたのですね。

どうせインチキなカウントだろうが、当事者は反撃しにくい。
(材料をもたない野次馬がやれるのはアレがせいいっぱい http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/418169/

まあ、質的にはDQNな攻撃なんだけど、私がビックリしたのは、文科省検定官がこれを道具にして記述を変えさせたという、恐るべき事実です。
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/958.html

どんなにDQNなことでも、そのつど反撃しておかないと、密室のなかでは反論ができない(相手の手口の研究が不足)。そういう教訓かもしれませんね。
[ 2007/12/29 23:37 ] yNkD6PME[ 編集 ]

よいお年を   No. 3075

皆さま、よいお年を

2007/12/30 09:59

曽野綾子法廷証言、これって道義的には『偽証』になっちゃうんでしょうか?

年末押し詰まったところで、情報の大掃除をしていたらヤッカイなものを見つけてし
まいました。それは、次の一文です。

http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/436549/
[ 2007/12/30 11:24 ] -[ 編集 ]

まともに取り合うのもアホらしい、写真の人数カウントだったのですが   No. 3076

>ni0615さん
>「主催者発表が多めに出るのはなぜかって?、それは主催者発表だからだ」と葉隠さんが喝破してチョンになるかとおもっていたら
<
数の暴力で教科書記述を変えたとの主張に力をもたせるべきでない訳ですから、数の検証に関しては流して、当初の検定の異常さの言及をもっぱらにしてきましたが。

なぜ多人数が集まって異議申し立てをしたかを全然気にせずに「主催者発表11万人」にばかり注目する人が多いのには驚きました。
たとえば、こちら。
http://d.hatena.ne.jp/o-kojo2/20071205#c1197017500


うちに頂いたコメント
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-285.html#comment2470
>彼らにとって集会に参加というのは、「全員時間厳守に集まって、始めからずーーと最後まで参加、当然会場の敷地内に張り付いて一歩も外に出ない!」という意味なのではないかと、思ってしまいました。
<
が、至言かもと思いましたよ(溜息)。
[ 2007/12/30 11:31 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 3077

>曽野綾子法廷証言、これって道義的には『偽証』になっちゃうんでしょうか?

法律の事はあまり解っていませんが(^^;
これはいわゆるウヨの人達お得意の「証言は証拠にならない」ってやつでしょうか。

…曽野綾子氏、ぼろぼろですね。
山崎行太郎さんのブログにTB投げてみるのいかがです?
[ 2007/12/30 11:41 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

碧猫さん   No. 3078

物理的「事象」の観測としては、<推定値>vs<絶対値>ということを前提に議論しなくてはなりません。そのうえに、新聞記事や教科書記述のような一行で書かなければならないという「表現」の問題がある。
それらを切り分けた上で綜合する素養がないと、議論は脱線してしまいます
。だからといって、その脱線をほっておくと、ナチ流の宣伝戦に負けてしまう。

それから、山崎さんの掲示板にはお知らせを入れておきました。
http://dokuhebi-bbs3.11.bbs.fc2.com/
[ 2007/12/30 13:03 ] -[ 編集 ]

   No. 3080

>ni0615さん

ぬかりはなくていらっしゃるでしょうけど、「曽野綾子氏の法廷証言」は、岩波裁判の被告側弁護士の方に情報が渡るようにして、法的にまずいなら使っていただき、道義的にまずいだけなら裁判官の心証に対する材料にしていただけばいいのではないかと。ついでに、ネットでの議論に使えるように、法的な判断に関して情報をフィードバックしてもらえればよろしいのではないでしょうか。

県民大会の参加者は、出てきた4種類の数字はすべて<推定値>といえば、推定値じゃないかと思うんですけどね。だからこそ、その数字の出てきた背景事情が重要なのではないかと。写真・数字というあたりが事実と思い込まれやすくなるキーワードなのか、脱線につきあう人が多いものだと勉強になりました。
[ 2007/12/30 19:17 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 3087

碧猫さん
>ぬかりはなくていらっしゃるでしょうけど、
いやはや、最終弁論おわっちゃったあとですいません。
[ 2007/12/31 07:10 ] -[ 編集 ]

人数の話は   No. 3090

あまりにも馬鹿らしくて真面目につきあうつもりは無かったのですが、
写真から数えたのが一番確かとか言い出す馬鹿が多くてあきれ果てました。

あの二万人弱ってのは、常識的に考えて、まず間違いなくあり得ない
数字なんですけどね。

主催者の動員目標が五万人。当日の参加者の証言(バスが満員だった
ので歩いて会場に向かった、とか、満杯で入場できなかったとか)を
考えれば、明らかに主催者側の思惑を超えて人が集まってる。実動員人数は、
少なくとも目標人数は超えていなとおかしい。

もし、仮に二万人弱しか動員できなかったんだとしたら、主催者側の
受け入れ態勢は(五万人動員を目標にしてたと言うのに)一万人そこ
そこであったという狂った前提を認めないとならない。

それはどう考えてもあり得ないだろう。

[ 2007/12/31 11:02 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

2008年もよろしくおつきあいの程お願い申し上げます^^   No. 3093

>ni0615さん
>最終弁論おわっちゃったあと

では、せめて心証を悪くなるように言いふらす、とか?



>うちゃさん

つっこみどころは、ご指摘のにくわえてもう一点あると思います。
テイケイが数えた琉球新報の空撮写真から数えた参加者は視認可能部分とやらで18179人、日本会議熊本関係のが、同様に琉球新報の写真をもとに数えた参加者は13037人。
http://s02.megalodon.jp/2007-1017-1247-16/sankei.jp.msn.com/life/education/071017/edc0710171145001-n1.htm
誤差が5142人もあります。この誤差ってば日本会議のカウントの四割近くだし、テイケイのカウントの三割近くですよね。
同じ対象をカウントして、こんなに誤差の出る測定方法など使い物になりませんし、そんな手法で取った数字でものを言うなどナンセンスです。

>写真から数えたのが一番確かとか言い出す馬鹿
<
全然確かじゃありませんよ、まったくもう。
[ 2008/01/01 01:31 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

本年も   No. 3094

よろしく

>では、せめて心証を悪くなるように言いふらす、とか?

だったら、心証がわるい私が書かないほうが?・・・(笑)



>そんな手法で取った数字でものを言うなどナンセンスです。

彼らの言い分は、「ドット」を正確にがぞえた、です。
ですから「ドット」の打ち方次第で大きなバラツキが出るのです。
日陰の部分には「ドット」を打たない、日傘の下も「ドット」を打たない。明るい部分も「ドット」をいくつ打つか判別が不確か。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/418169/

ですから、ドットの打ち方に信憑性があるかどうか、資料を見せて?
の一点張りで参りましょう。あちらの「信憑性」は「警備会社が数えた」だけです。
[ 2008/01/01 08:54 ] -[ 編集 ]

忘れ初め   No. 3095


名前をわすれました。

それから、人数「テイケイ」のインチキは、いまからでも遅くないからドンドン積極的に書いたほうがいいですよ。(こちらが反論するのではなく、あちらに反論させるのです。そうするとボロがいっぱい出てきますよ)

機敏な対応もさりながら、落ち着いた時期に良識ある人が「ああ、やっぱり」と納得する。これって、何年後、何十年後まで効果が持続するからです。
[ 2008/01/01 09:02 ] yNkD6PME[ 編集 ]

こちらこそ、今年もよろしくお願いします   No. 3098

>ni0615さん
>彼らの言い分は、「ドット」を正確にがぞえた、です。
>ですから「ドット」の打ち方次第で大きなバラツキが出るのです。
<
それらを含めて「測定方法」としての評価をすべきであり、どうしても人の主観が入る類の測定であれば、数回測定を行って両極端の値を捨てるのは最低限です。あるいは同じ手法を採って別の人物が複数回測定し、それらの数字がばらつかない事を確認しなければ正確性は担保できません。今回、はからずも日本会議がらみの数字が、そういう機能をわずかながら果たしたのです。
こんな再現性の悪い数字、アテにできるわけ無いだろうと思わない人が多いのが不思議です。



>人数「テイケイ」のインチキは、いまからでも遅くないからドンドン積極的に書いたほうがいいですよ。(こちらが反論するのではなく、あちらに反論させるのです。そうするとボロがいっぱい出てきますよ)
<
うちゃさんにも、そこのコメントで書いた内容をエントリーにしてくれるように圧力をかけなきゃいけませんね^^
[ 2008/01/01 17:52 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 3103

>日経新聞や時事通信、沖縄の地元2紙、在京の民放各社は回答しなかった。
個人的な意見ですけど、こんな愚にもつかない言いがかりなんて、答える必要すらないように思いますけど。相手にすることすらありません。むしろ産経、読売が(嬉々として)回答しているのに笑っちゃいます。

ただ、産経が意外と地味にこのことを扱っているのが気になります。たぶん、この言いがかりが非常に評判が悪く(当たり前です)、あまり取り上げないほうが得策ーという計算が働いているのかもしれません。
[ 2008/01/01 21:22 ] -[ 編集 ]

   No. 3113

>Bill+McCrearyさん

答えたところすら、「主催者発表を基に参加者を『11万人』と報じたとしただけ」ですから受け流している感たっぷりです。朝日は特に、ずっと産経とおつきあいしているから無視できないのかも(笑)。

読売は、ここまでしょうもない新聞だったのかと感心しています。
[ 2008/01/03 09:35 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/344-282efef5


「削除されれば問題はない」のか

朝、新聞を広げて、こける。 沖縄集団自決:防衛研が「命令なし」の見解 公開資料に(毎日新聞)  防衛省の防衛研究所(東京都目黒区)が、第二次大戦時の沖縄・集団自決に関する資料に「集団自決は戦隊長命令でなかったことが証明されている」とする見解を付けてい...
[2008/01/13 10:49] URL かめ?












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。