スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沖縄「集団自決」記述の教科書検定問題、報道から気になる情報を保存 

EUの「慰安婦」公式謝罪要求決議後にでた社説でのけぞった人は多かったようですが、「慰安婦」問題に限らず、近頃、読売新聞は産経新聞化している様子が見受けられます。また、思わず拾ってもってきてしまうような社説が出てました。

読売新聞 2007年12月27日2時9分より
『沖縄』教科書 “政治的訂正”の愚を繰り返すな(12月27日付・読売社説)引用魚拓)」(以下、強調などは引用者による、以降も同じく)

 検定意見を正面から否定するような記述訂正は認められなかった。とは言え、きわめて疑問の多い“政治的訂正”であることに変わりはない。
(中略)
 今回、9人の専門家から意見聴取した審議会は、集団自決が日本軍の命令で行われたことは「確認できていない」、集団自決の要因には「様々なものがある」などとする見解をまとめている。
 集団自決の際の軍命令の有無が裁判で争われていることなどを踏まえて、軍の「関与」はあったが「強制」は明らかでないとした、今春の検定意見の趣旨から逸脱するものではない。
 しかし、日本軍が「自決しなさい」と言って住民に手榴弾を手渡したとの記述も訂正申請で認められた。これについては、その根拠となった住民の証言の信頼性を疑問視する研究者もいる
(中略)
 検定済み教科書に対するこのような訂正申請がなし崩し的に認められていくのであれば、内外の政治的思惑によって、教科書検定制度そのものが揺らいでいくことにもなりかねない。
 政府が異例の訂正申請を認める発端となったのは、9月29日に沖縄県宜野湾市で開かれた検定意見の撤回を求める県民大会だった。
 「参加者11万人」という主催者発表の数字が伝えられたが、その後、俯瞰(ふかん)写真に写っている参加者を数えた東京の大手警備会社は、1万8000~2万人と指摘している。
 実数を5倍以上も上回っていた主催者発表の数字に、政府が驚いたことで始まった“訂正劇”だった。
 政府は、教科書検定に対する政治介入の愚を二度と繰り返してはならない。

…だーかーらー。その県民大会が開催されたのは、沖縄戦の集団自決をめぐる学術的見解に大きな変化もないのに、係争中の裁判や、沖縄戦専門家著作の一部を書籍全体の結論と違う方向にもってった恣意的引用を根拠に、「つくる会」とつながりのある教科書調査官が作った検定原案を、沖縄戦の専門家がいないどころか、「つくる会」とつながりのある委員が入っている審議会で実質的な審議無しに採用した検定意見に対する異議申し立てって事を報道しないで、大きくかき立てるのが「県民大会」の後に「教科書が修正されました」だけ?
(ここ、しつこくコピペでつっこむ気、満々)

そして、お約束通りな反応が。
NHKニュース 12月27日 15時1分より
教科書訂正で自民議員が会合

沖縄戦の集団自決をめぐる教科書問題で、文部科学省が教科書会社の訂正申請をすべて認めたことを受けて、自民党の歴史教育を考える議員の会は会合を開き、出席者から「軍の強制をにおわせる書きぶりに変更されたことは違和感を感じる」などといった意見が出されました。


なお、「つくる会」が「怒りの記者会見で文科大臣の責任を追及」していました。はい。
でも、もう、あっちは取り上げません(飽きたから)。


沖縄タイムス2007年12月27日(木) 朝刊 1・2・3面より
『軍が強制』認めず/関与記述復活 検定審の結論承認/文科省『意見は有効』

(中略)
 九月二十九日の県民大会で決議された「検定意見の撤回」は検定審で議論されず、実現しなかった。記述が修正されたことで「事実上の撤回」との指摘も挙がっているが、文科省は「検定意見を変更するものではない」(伯井美徳教科書課長)とし、今後の検定でも有効との認識を示している。
(中略)
 日本史小委は審議の過程で指針に当たる「基本的とらえ方」をまとめ、文科省教科書調査官を通じて教科書会社側に伝達。「過度に単純化した表現」は「生徒の理解が十分にならないおそれがある」として、日本軍だけが住民に「集団自決」を強制したと読み取れる表現を事実上、禁じた。また、「集団自決」が起きた背景に複合的な要因があったことを詳述することなどを求めていた。
(中略)
密室審議で灰色決着/文科省、体面に固執
 (略)県民の猛反発を受けた政府が、教科書会社の「自主的な」訂正申請を誘導する異例の展開。あくまで検定意見は撤回せず、実質的な記述復活で丸く収めようとする教科書検定審議会は、教科書会社と“密室”で交渉を続け、「軍の強制」は許さないが「関与」「心理的強制」は容認するという“灰色判定”で幕引きを図った。

「強制」に照準
 「直接的な軍の命令を示す根拠は確認できていない」。十二月三日、検定審の日本史小委員会が三回目の非公開審議を終えた直後、各教科書会社の役員が文部科学省に呼び出された。個別に面談した教科書調査官からは「基本的とらえ方」と題する検定審の指針が口頭で伝えられた。
 各社が十一月上旬に提出した訂正申請には、「強制」「強要」など軍の直接的関与を示す表現が盛り込まれていた。その内容変更を暗に求める指針の告示。執筆者の一部は反発したが、調査官は「調整」と呼ばれる各社との意見交換の場でも「強制」の文言を削るようさらに迫った
 教科書会社の立場は「一方的に指示を受けるだけで、質問すらできない」(社員)ほど弱いという。約一カ月後、各社は訂正申請をいったん取り下げ、軍による教育・指導で住民が自決に追い込まれた状況を詳述するなどした修正版を再提出。「軍が強制」の記述はきれいに消えていた。(中略)ある教科書執筆者は「文科省と検定審は最後までメンツにこだわった。検定意見の維持という『名』を取る代わりに、沖縄戦の記述が増えたり、(軍の強制と)ほぼ同じ意味の表現になることは認めて『実』を捨てたんだ」と指摘する。

引用中断。
ここででてきた『指針に当たる「基本的とらえ方」』とやらは、別の報道にて発見。
毎日新聞 2007年12月27日 東京朝刊より
クローズアップ2007:沖縄戦・教科書検定審 関与は認め、強制は削除…玉虫色決着」この社説自体も興味深いが、引用は肝心箇所のみ

(略)
◇「基本的とらえ方」の要旨
▽集団自決は住民が戦闘に巻き込まれる異常な状況で起き、背景には当時の教育・訓練や感情の植え付けなど複雑なものがある。
▽集団自決が起こった状況を作り出した要因にもさまざまなものがある。手榴(しゅりゅう)弾の配布など軍の関与は主要なものととらえることができる。
▽住民に対する直接的な軍の命令で行われたことを示す根拠は現時点では確認できていないが、住民から見れば自決せざるを得ないような状況に追い込まれたとも考えられる。
▽したがって、集団自決の背景・要因について過度に単純化した表現で記述することは、生徒の理解が十分とならない恐れがある。
▽沖縄の戦時体制、戦争末期の極限状況の中で、複合的な背景・要因によって追い込まれていったととらえる視点に基づいていることが、生徒の理解を深めることになる。

住民から見れば」…、はぁ。
それに、ここで「生徒の理解が十分とならない恐れ」「生徒の理解を深める」という表現が微妙に気になる。どういう表現が高校生の理解を深めたりor阻害したりという、客観的で実証的な情報に基づいて、この「基本的なとらえ方」は作成されているのだろうか?
まさか、文科省の教科書調査官その他の思いこみで作成されているわけではないだろうから、「生徒の理解が十分とならない恐れ」や「生徒の理解を深める」が、どのような情報に基づいて判断されているのかも、是非とも根拠を提示して、教科書検定過程の透明化に努めていただきたいものである。

さて、再度、沖縄タイムスの「『軍が強制』認めず/関与記述復活 検定審の結論承認/文科省『意見は有効』」より、

(略)教科用図書検定調査審議会は九人の専門家に意見を求めていたことを明らかにした。
(中略)
氏名と意見内容の非公表を望んだ一人を除く、八人の意見要旨は次の通り。

 大城将保・沖縄県史編集委員 「敵の捕虜になる前に潔く自決せよ」という軍命令は沖縄全域に徹底されていた。地上戦となった沖縄戦の悲劇を象徴するのは「集団自決」と「住民虐殺」。事実誤認と歪曲に基づく主張で、教科書から抹殺するような検定の在り方は許し難い暴挙というしかない。

 我部政男・山梨学院大教授 沖縄戦末期にいわゆる「集団自決」が事実として起こった。その背景に「軍官民一体化」の論理が存在していたことは明確だ。因果関係を説明する方法として提示されているのが「軍命令」であり、「軍官民一体化」論理の範囲に入ると考える。

 高良倉吉・琉球大教授 日本軍は本土上陸作戦を阻止するため沖縄での時間稼ぎが最大の課題だった。目前の住民の生死より作戦遂行を至上とした軍の論理があり、軍民雑居状態を放置した。慶良間諸島での「集団自決」も、軍の結果責任は明らかで、軍側の論理の関与を否定できる根拠はない。

 秦郁彦・現代史家 渡嘉敷島を中心に考察するが、「集団自決」の軍命説は成立しない。自決の「強制」は物理的に不可能に近い。自決者は全島民の三割に及ばず多数が生き延びた。負傷者の治療に軍医らが当たったと村長が認めている。攻撃用手りゅう弾の交付と「集団自決」に因果関係はない。

 林博史・関東学院大教授 沖縄戦での「集団自決」が、日本軍の強制と誘導で起きたことは沖縄戦研究の共通認識。捕虜になるのを許さない軍思想の教育などさまざまな方法で、軍は住民を「集団自決」に追い込んだ。私の著書を根拠に強制性の叙述を削除させたのは、著書内容を歪曲しており検定意見の撤回しかない。

 原剛・防衛研究所戦史部客員研究員 沖縄戦では戒厳令は宣告されず、軍に住民への命令権限はなかった。関係者の証言などによると、渡嘉敷・座間味両島の「集団自決」は軍の強制と誘導によるものとはいえない。「鬼畜米英に辱めを受けるより死を選ぶ」という思潮が強かったことが原因。自ら死を選び自己の尊厳を守ったのだ。

 外間守善・沖縄学研究所所長 日本本土の一億日本人のため沖縄島は防波堤として使われた。沖縄県民十余万人を犠牲とした、「集団自決」を含む責任は日本国にある。日本国、日本人に沖縄の痛みを理解してもらいたい。沖縄における軍の存在は住民にとって脅威だった。「集団自決」の問題にもこれらが通底している。

 山室建徳・帝京大講師 軍人が死闘を繰り広げる中、日本人全体が屈服しないことを見せつけるべきだという考えが共有された状態で沖縄戦に突入したが、先祖伝来の地に住む沖縄県民の多くは「集団自決」の道をとらなかった。一部の軍が住民に自決を強要したとだけ記述するのは、事実としても適切ではない。

 審議会の日本史小委員会委員は次の通り。(一人は本人意向で非公表)
 【日本史小委員会委員】有馬学(九州大大学院教授)▽上山和雄(国学院大教授)▽波多野澄雄(筑波大副学長)▽広瀬順晧(駿河台大教授)▽二木謙一(国学院大名誉教授)▽松尾美恵子(学習院女子大教授)▽吉岡真之(国立歴史民俗博物館教授)

防衛研究所戦史部客員研究員の原剛氏という人物(このリンク先は顔写真付き)は、『日本「南京」学会年報』の『南京「虐殺」研究の最前線 ―平成14年版―』(東中野修道 編著)に『いわゆる「南京大虐殺事件」の埋葬記録の再検討』という文書を載せている、南京事件の犠牲者数を「1~2万人」という人物だった。って、あれ? 沖縄戦研究の業績は、ほとんど無さそう
まぁ、mahounofuefukiさん(@世界の片隅でニュースを読む)のご指摘の通り、軍の『「関与」説が多数ないし「中立」になるよう恣意的な人選をした』のだろう。

なお、教科書検定審見解の要旨(via 時事通信出版局)は、

1、沖縄では、住民を巻き込んで軍官民一体で地上戦が行われた。
1、集団自決は、住民が戦闘に巻き込まれる異常な状況で起き、背景には当時の教育・訓練や感情の植え付けなど複雑なものがある。
1、手りゅう弾の配布や壕(ごう)からの追い出しなど、軍の関与は集団自決が起こった状況をつくり出した主な要因ととらえられる。
1、住民に対する直接的な軍の命令で行われた根拠は確認できないが、住民側から見れば自決せざるを得ない状況に追い込まれたとも考えられる。
1、背景・要因について過度に単純化した表現で教科書に記述することは、集団自決について生徒の理解が十分とならない恐れがある。
1、沖縄の戦時体制や戦争末期の極限状況の中で、複合的な背景・要因によって住民が集団自決に追い込まれたととらえる視点が生徒の理解を深めることに資すると考える。

とのことだった。

もう一つ。
沖縄タイムス2007年12月27日(木) 夕刊 1・4面より
『軍強制』復活を要請/執筆者らが文科省に

(略)教科書執筆者や教育関係者、労組らでつくる四団体と県関係の野党国会議員が二十七日午前、文科省に松木秀彰教科書課長補佐を訪ね、検定意見の撤回と「軍強制」を含む記述の回復を要請した。
 出席者によると、松木補佐は「軍強制」に関する記述について「文章全体を見て判断しており、『強制』という文言を排除したわけではない」と説明したという。
 琉球大学の高嶋伸欣教授は「渡海文科相の談話に謝罪はおろか、反省の言葉も含まれていない」と指摘。松木補佐は「沖縄県民の思いを重く受け止めるという言葉が入っている」と返答した。
 糸数慶子参院議員は「軍の強制記述は二〇〇五年まで認められていた。学説状況に変化がないのに、なぜ検定意見が付いたのか」と疑義を示した。松木補佐は「わずかな変化があった」として、大阪で係争中の「集団自決」訴訟が影響したことを示唆したという。
 出席団体の要請書では、訂正申請の審議に際して文科省が「教科書会社が訂正申請を取り下げた」と説明しているが、実際には教科書調査官から申請のやり直しを要求されていたことなど審議の「密室性」を批判した。
 松木補佐は「あくまで教科書会社が自主的に取り下げたと認識している」と述べるにとどめた。
 実教出版執筆者の石山久男さんは要請後、「根拠のない検定意見を付けた誤りを認めようとせず、質問にもごまかしの回答しかしない文科省の姿勢に憤慨している」と怒った。(後略)

スポンサーサイト
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/12/27 17:30 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(10)

こんな断定   No. 3064

を、しちゃっていいのですかねえ、読売さん
> その後、俯瞰(ふかん)写真に写っている参加者を数えた東京の大手警備会社は、1万8000~2万人と指摘している。 実数を5倍以上も上回っていた主催者発表の数字に、政府が驚いたことで始まった“訂正劇”だった。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/418169/

敗戦前初年兵として内務班でこっぴどくビンタを喰らった「反戦会長」=ナベツネちゃんの沖縄戦観とはどういうものなのかなあ? 自分が受けたビンタと沖縄「捨石」作戦を同根のものと思えないのは、おそらく、ナベツネちゃんにとって沖縄はやっぱり「外地」にすぎなかったんだろうか?

>なお、「つくる会」も声明を出しているらしいです(後で見に行ってこようっと)。
→どぞ。
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/926.html

その他、こちらが収集に便利かも、活用してください。
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/822.html

でその中に、燦然と輝く
★阿比留瑠比ちゃんの、こんなんがありますが、★
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/940.html

どうでしょう、提案ですが、
皆さまの年末年始の知的トレーニングとして、
これをいびり倒すコーナー、失礼、ご批判申し上げるコーナーを
こちらのエントリーとして設けてくださいませんか?
 
[ 2007/12/27 19:15 ] yNkD6PME[ 編集 ]

原剛氏について   No. 3066

こんばんは。TBありがとうございます。

>沖縄戦研究の業績は、ほとんど無さそう。
『軍事史学』に沖縄戦の時の県民疎開に関する学術論文を書いているので、秦郁彦氏よりははるかに沖縄戦の専門家です(爆)。
秦氏はこういう時はいつも出てきますね。

[ 2007/12/27 20:43 ] wr3uI9s6[ 編集 ]

読売説によれば   No. 3067

政府は県民大会の参加者数をリアルタイムで独自に把握することができない、政治的に対立する相手側の発表を鵜呑みにする無能な組織である、ということになりますね。
[ 2007/12/27 21:08 ] bAt7Emrw[ 編集 ]

   No. 3069

こんばんは
実行委は解散するかも…ですか(あげて下さった沖縄タイムス)
体験者の方たちとわだかまりが残らなければいいんですが…

検定審査委員会の正式名称は検閲審査委員会ですが、裁判所はそれを認めてくれません(T▽T)

検定は、やるなら完全に政府から独立した第三者機関がやるべきかと今のとこ思ってます。
教科書の内容の適正さの判断を国がやる必要性はないので。

ni0615さんの提案に賛成~\(^▽^)/
[ 2007/12/27 21:53 ] cVP6KeBw[ 編集 ]

「指針」   No. 3070

「自決命令」という名前の文書がなかったように、結局、「指針」という名前の文書はなかったようで・・・・ 

『教科書検定審見解』とか言ったりしますが、「指針」といってはいけないのです。強制を「強制」と言ってはいけないのと同じです。

で、
「訂正文の内容等を調査審議するに当たっての沖縄戦及び集団自決に関する日本史小委員会としての基本的とらえ方」なる文書はあったようです。
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/926.html#id_acc4dd82
の(2)
[ 2007/12/27 22:10 ] yNkD6PME[ 編集 ]

   No. 3071

ことの発端は、安部政権の下で行われた今春の教科書検定にあるように思います。今まで認められていた「軍による強制」を削除。戦前の日本を美化する安部政権の意向をくんでの検定結果だったのではないでしょうか。
読売新聞は当然修正反対の社説を掲載するでしょう。憲法9条改正を主張している新聞です。主要全国紙の中では産経の次に右寄りではないでしょうか。「軍による強制」を復活させることは、憲法9条改正の妨げになると考えるでしょう。
自民党の歴史教育を考える議員の会、彼らは戦前の日本の体制を理想としている集団です。軍隊を美化したい彼らは、当然「軍による強制」の削除を主張するでしょう。
こういった勢力が日本でこれ以上勢力を拡大することがないように祈るのみですが。

「軍による関与」というより「軍による強制」が正論でしょう。私は、「強制」を復活させるべきだと思います。自国の負の部分を隠すより正直に歴史的事実を伝えたほうが日本の未来にとってプラスになると思います。どうしたら過去の過ちを繰り返さないか勉強しなければ。
今後、こういった改ざんが二度と起きないように、教科書検定に際して沖縄条項を新たに設けるべきだと思います。
[ 2007/12/27 23:24 ] -[ 編集 ]

検定撤回!   No. 3072

島ぐるみ9/29県民大会実行委員会、解散せずを決定。
09年度の教科書に検定撤回、軍強制明記へ。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/435260/
[ 2007/12/28 20:04 ] -[ 編集 ]

コメント返しが遅れてすみません   No. 3073

>ni0615さん
>>東京の大手警備会社は、1万8000~2万人と指摘している。 実数を5倍以上も上回っていた主催者発表の数字に、
<
沖縄タイムスの報道にでてましたけど、教科書調査官まで、これに言及して訂正申請の時に押さえ込むネタにしたみたいですね。
読売は、戦争責任に関しては真摯な態度を取る様な認識でいたのですが、問題視するのは靖国神社だけなんですかねぇ?

>皆さまの年末年始の知的トレーニングとして、
これをいびり倒すコーナー、失礼、ご批判申し上げるコーナーを
こちらのエントリーとして設けてくださいませんか?
<
えーっと、どういう形がよろしいでしょう?(^^;
リンク先が膨大な気がするんですけど。
ここの米欄をそのまま使っていただいてもかまいませんが。

>沖縄戦及び集団自決に関する日本史小委員会としての基本的とらえ方」
<
要旨なら拾いましたので、このエントリーで『毎日新聞 2007年12月27日 東京朝刊より「クローズアップ2007:沖縄戦・教科書検定審 関与は認め、強制は削除…玉虫色決着」』から引用して掲載していますよー。文科相が指針はないといってましたが、確かに嘘じゃないけど、言い逃れられるように周到に手配していたものですねぇ。



>世界の片隅でニュースを読むさん

ようこそ。こちらこそ、いつも勉強になるエントリーのトラックバックをありがとうございます。
CiNiiで検索をかけると原剛氏が二本でますね(林先生は10件、大城先生は17件)。秦氏は一本だけで、それも「諸君」に掲載された「法廷で問われる大江健三郎『沖縄ノート』 大いなる虚構部分」って、学術誌じゃないじゃないですか(爆)。いくら、つくる会の推薦だからって。。。(^^;



>書を守るものさん
>読売説によれば政府は(略)無能な組織である
<
日本軍も、貴重な武器である手榴弾があやふやな形で住民の手に渡る、管理能力の欠如した無能な組織になってしまってますね。



>アニカさん

ni0615さんがお知らせ下さったとおり、2009年度教科書の「軍強制記述」復活を目指すみたいですね。
検定は、学会に任せるべき、あるいは高校教科書は検定いらね、って言うツッコミが各社社説からでています。「強制」の文言が入ったら不可って、これじゃ検閲ですよねぇ。



>zinpeiさん

安倍政権の影響に関するご指摘は、朝日新聞や愛媛新聞や信濃毎日新聞の社説でも出てましたね。沖縄条項の話は、かなり早い時期に門前払いを喰らっていたような。
[ 2007/12/29 01:50 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 3119

一番最初に教科書会社側が提出した文章の中に「強制」の記述がなかったのは、教科書会社側が『必ずしも「強制」と言える状況があったわけではないのではないか』と、詳しい調査の結果から客観的に判断したからではないのでしょうか。

もしそうだとすれば、「県民大会」を開いた沖縄の人たちも、教科書の内容に口をはさんだという点でいえば、しばしば干渉を行う政治家たちと変わらないのではないでしょうか。

[ 2008/01/03 22:45 ] Rfrn9cMg[ 編集 ]

   No. 3121

>No. 3119
>一番最初に教科書会社側が提出した文章の中に「強制」の記述がなかった
<

事実誤認に基づくコメントを書かないように。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/kentei/07060801/18-87/18-87-15.htm
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/kentei/07060801/18-93/18-93-37.htm
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/kentei/07060801/18-94/18-94-21.htm

ハンドルネームも入力しない無礼者のコメントは本来なら削除対象。

事実も把握できないで入れるようなコメントは、次は削除するし、携帯から等の言い訳は受け付けないのでそのつもりで。
[ 2008/01/04 00:16 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/343-d00651a0


これはブログである (祝!人生アウトさんブログ開設)

コメンテーターとして多くのブログのコメント欄で活躍していらっしゃった人生アウトさんが、「jigen-bakadan」(時限馬鹿談、ですか?)という新しい(?)ハンドルネームで、「護憲...
[2007/12/28 23:16] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

ブログ仲間へご挨拶

ブログネタ:お世話になったあの人に一言 参加中 本文はここから 長談義するのも暮の忙しいときに憚られます。 人生アウトさんがブログを開設 したので一言お祝いエントリ。 えーと、このブログは「ヘイトコメントを哂え」に参加するときに、ごしょごしょ
[2007/12/29 09:46] URL みんななかよく












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。