スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

検定意見は撤回せずに『軍強制』記述の復活もさせなかった 

結論は出たものの、全国紙では報道各社のニュアンスの違いがかなり大きいように見える。

最初に見つけた中国新聞は、記述復活がそこそこ成ったという雰囲気。
中国新聞'07/12/26より
『軍が関与』の記述で決着 沖縄戦集団自決で検定審(以下、強調などは引用者による、以降も同じく)

 沖縄戦の集団自決をめぐる高校日本史教科書の検定問題で、教科書検定審議会は「日本軍により集団自決に追い込まれた」など、軍の関与があったことを示す記述で各教科書会社から出された訂正申請を「承認することが適当」と決定し二十六日午後、会長の杉山武彦一橋大学長が渡海紀三朗文部科学相に報告した。
 検定審は「軍に強制された」といった記述に「誤解のおそれがある」とした検定意見は撤回しなかったが、「住民の側から見れば、自決に追い込まれたとも考えられる」として、集団自決の背景事情などを書き加えることを条件に「強制」があったとの記述を事実上容認した。(中略)
 東京書籍と三省堂の日本史Aでは、本文以外の「側注」で集団自決への日本軍の関与をより強めた「強制集団死」とする見方も紹介。東京書籍・日本史Aや清水書院・日本史Bは、今回の検定問題そのものや、沖縄県議会が検定意見の撤回を求める意見書を採択し、九月に県民大会が開催されたことなども追記した。
 山川出版・日本史Aのように「軍によって(略)集団自決に追い込まれた住民もいた」と検定合格前とほぼ同じ記述が復活した例もあった。(中略)
 これに対し検定審の日本史小委員会は、沖縄戦研究者らの意見を聴いた上で、集団自決の要因を「軍の関与が主要」とする一方で「直接的な軍命令はなかった」と判断。「複合的な背景・要因によって住民が集団自決に追い込まれていった」との見解を各教科書会社に伝えた。
 各社はこれを受け十二月、いったん訂正申請を取り下げ「軍の強制」という直接的な表現を避ける形で再訂正申請した。

…昨日の「首相談話」の報道とは異なり、渡海文科相が「検定審の意見を尊重し速やかに承認の決定をしたい」との談話を発表したとのこと。

ところが、時事通信だと雰囲気が違う。
時事通信2007/12/26-15:27より
日本軍『強制』、復活せず=沖縄戦集団自決で教科書6社の訂正申請承認-文科省

(略)3月に公表した検定意見を踏まえ、軍による「強制」や「強要」などの表現は認めなかったが、軍の関与が自決の主な要因とした。
 教科用図書検定調査審議会(杉山武彦会長)の意見を基に決定し、各社に通知した。沖縄県側が求めていた検定意見の撤回と「強制」記述の復活は、いずれも実現しなかった
 「追い込まれた」は、検定意見で削除されたり、日本軍という主語が不明確になったりした表現。各社は訂正申請で、本文や側注で軍による手りゅう弾配布や、捕虜になることを禁じる教育があったとする背景説明を加えた。
 訂正申請を受け検定審が開かれたのは初めて。日本史小委員会が11月以降、計7回の会合で沖縄戦や軍事史の専門家9人から文書で出された意見などを基に審査を重ねた。

11/20の報道で、文科省が文書で意見を求めた専門家は、林博史・関東学院大教授と沖縄県内の琉球史研究者とあり、その後、「新しい歴史教科書をつくる会」の会長;藤岡信勝氏が秦郁彦氏、中村燦氏、曾野綾子氏を入れさせるべく、電凸を呼びかける檄文を送っていたわけで、、、報道にでた2人以外の7人の「専門家」が気になる。

asahi.com2007年12月26日15時06分より
沖縄戦の集団自決、検定意見を事実上修正 渡海文科相

(略)
 今回の訂正申請は、今春公表された検定意見に沖縄側が激しく反発したこともあり、渡海氏が「申請があれば真摯(しんし)に対応する」と表明していた。「日本軍の強制性」を認めるかどうかが焦点だった。文科省は検定意見の撤回はしないものの、内容的には事実上、修正した結果となった。
(中略)
 日本史小委は、沖縄戦や軍事史の専門家9人に意見を求めたうえで、(1)集団自決が起きた要因として、軍の関与は主要なもの(2)軍命令で行われたことを示す根拠は確認できていない(3)住民側から見れば、自決せざるを得ないような状況に追い込まれたとも考えられる――という「基本的とらえ方」をまとめた。(後略)

…この報道、また「検定意見に沖縄側が激しく反発した」って。。。
その検定意見がそもそも、沖縄戦の集団自決をめぐる学術的見解に大きな変化もないのに、係争中の裁判や、沖縄戦専門家著作の一部を書籍全体の結論と違う方向にもってった恣意的引用を根拠に、「つくる会」とつながりのある教科書調査官が作った検定原案を、沖縄戦の専門家がいないどころか、「つくる会」とつながりのある委員が入っている審議会で実質的な審議無しに採用したって事を報道しないで、沖縄が反発したことだけを報道しているように見えるのが、非常に気になる。

それに、中国新聞の報道でも気になっていたけど、「住民側から見れば、自決せざるを得ないような状況に追い込まれたとも考えられる」?
この教科書で学ぶのは、軍隊や自衛隊学校の生徒じゃない。住民側に他ならない普通の高校生って事を、審議会は忘れているのだろうか。
住民側から見た視点をこそ教えるべきじゃないのか。



沖縄タイムスの電子号外がでていました。
「『軍が強制』認めず 検定意見『今後も有効』に後退 沖縄の声 受け止めず」
1面(PDF:293kb)
2面(PDF:39kb)

そして、琉球新報の電子号外。
「『軍強制』認めず 3冊『関与』に後退 審議会が報告 検定意見を堅持」
号外1(PDF、552KB)
号外2(PDF、2160KB)
スポンサーサイト
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/12/26 17:30 ] 自爆史観 | TB(8) | CM(10)

電子号外   No. 3056

TEXT化しましたのでご利用ください。
http://d.hatena.ne.jp/ni0615/20071226
http://d.hatena.ne.jp/ni0615/20071227
[ 2007/12/26 18:37 ] yNkD6PME[ 編集 ]

ありがとうございます   No. 3057

>ni0615さん

あまりの手際の良さに脱帽しています。どうもありがとうございます。
めぼしいところを頂いて、後ほど展示させていただきます^^

PDFはダウンロードするだけで見るの後回し状態だったので、実は、「原文・検定後の記述・訂正申請」の記述を、そちらで初めてきちんとみたのですが。。。
これじゃ、全国紙の報道のニュアンスがまちまちになるはずだと、納得しました。うーーーーん。。。
[ 2007/12/26 19:01 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 3058

こんばんは
検定意見を断固撤回しないのはさすが下々の者には譲らない文科省ですね。

水で薄めてしゃびしゃびにしてくれましたこと。
ニュアンスとしては
「そりゃ軍も悪かったかもしれないけど、軍だけが悪いんじゃないんだよぉ~」

これが再び軍の責任を削減していく突破口になるだろうし、大江裁判の原告に対する配慮がありありと。
私はこの問題は軍の強制明記復活あるのみ、妥協の余地なしと思うんですけどね。

教科書って本来なら膨大な量になるはずのものを実に短くまとめたエッセンスなわけで、だからこそ一言一句細微に渡るまでこだわらなきゃダメだと思います。

もっかい県民大会、開きます?なんてね(^o^;)
でも沖縄県民の反応も半々らしいとか…
いやですねぇ、分断されて、結局譲歩しちゃう形になるのは(-.-;)
[ 2007/12/26 19:43 ] cVP6KeBw[ 編集 ]

   No. 3059

おはようございます、ありぎりす です。

今朝の北海道新聞によりますと、
意見書を提出した専門家は、
 大城将保(沖縄県史編集委員)、我部政男(山梨学院大教授)、
 高良倉吉(琉球大教授)、秦郁彦(現代史家)
 林博史(関東学院大教授)、原剛(防衛研究所戦史部客員研究員)
 外間守善(沖縄学研究所所長)、山室建徳(帝京大講師)、
 氏名未公表 1名
の9名だそうです。

新聞では、各人の意見の要旨も報じていますが、
その中で、秦郁彦、原剛、二名の意見が特にひどいです。
そもそも、この方たちは”専門家”とは呼べないと思うんですがね。
[ 2007/12/27 06:22 ] -[ 編集 ]

   No. 3060

おはようございます。
今朝の中日新聞朝刊より(12/27)

「核心あいまいなまま」
(略)
教科書会社は今月中旬まで教科書調査官との調整を水面下で継続してきたが「関与はいいが、強制や命令は認められない」と、はっきり言われたという。…(略)
執筆者でもある歴史教育者協議会の石山久男委員長は「検定意見は明確な根拠もなく軍の強制を否定しており、納得できない」と話した。…(略)
(仲里議長は)「県民の思いに真摯に応じていただいた」と話す一方、「日本軍による強制や命令の語句が修正・削除されたことは不満。課題はたくさん残った」と強調した。
仲井真弘多知事は「百点満点とはいえなくても、まずまずの配慮をしたのではないか」と一定評価する姿勢を示した。(略)
慶良間島で集団自決を目の当たりにして生き延びた体験を持つ元座間味村長の与儀九英さん(78)=沖縄県沖縄市=は「(軍の強制を明記せずに)『追い込まれた』というと、自決する以外にも選択肢があったように聞こえるが、当時はそんな生ぬるい状況ではなかった。個人の自由や主体性が生まれる余地はなく、軍の命令には絶対服従で、自決する以外に道はなかった」と記述の"後退"を批判した。(後略)

"百点満点"でなければ、きっと堤防にあいた小さな穴のように、だんだん浸食されてしまうでしょう。
"生き証人"が納得できない記述など、歴史の評価に耐えられないものであることは明白なのに。
[ 2007/12/27 08:04 ] cVP6KeBw[ 編集 ]

   No. 3061

沖縄タイムスも報じているようです。
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200712271300_01.html
の一項
「専門家9人から意見聴取」

その中の一部を引用します。

 秦郁彦・現代史家 渡嘉敷島を中心に考察するが、「集団自決」の軍命説は成立しない。自決の「強制」は物理的に不可能に近い。自決者は全島民の三割に及ばず多数が生き延びた。負傷者の治療に軍医らが当たったと村長が認めている。攻撃用手りゅう弾の交付と「集団自決」に因果関係はない。

 林博史・関東学院大教授 沖縄戦での「集団自決」が、日本軍の強制と誘導で起きたことは沖縄戦研究の共通認識。捕虜になるのを許さない軍思想の教育などさまざまな方法で、軍は住民を「集団自決」に追い込んだ。私の著書を根拠に強制性の叙述を削除させたのは、著書内容を歪曲しており検定意見の撤回しかない。

 原剛・防衛研究所戦史部客員研究員 沖縄戦では戒厳令は宣告されず、軍に住民への命令権限はなかった。関係者の証言などによると、渡嘉敷・座間味両島の「集団自決」は軍の強制と誘導によるものとはいえない。「鬼畜米英に辱めを受けるより死を選ぶ」という思潮が強かったことが原因。自ら死を選び自己の尊厳を守ったのだ。

>>ありぎりす さん

北海道新聞の内容も同様でしょうか?
何か異同があったら教えてください。
[ 2007/12/27 13:33 ] yNkD6PME[ 編集 ]

   No. 3062

>>ni0615 さん

北海道新聞も同じです。

文科省の発表通りの報道ということですかね。
[ 2007/12/27 15:15 ] -[ 編集 ]

   No. 3063

>アニカさん

んー、まぁ、検定意見の撤回をするような可愛らしい文科省じゃないとは思ってましたので、教科書会社の人達が頑張りに御苦労様でした、と思ってます。
結局、県民大会直後に出したであろう方針からゆずりませんでしたね。
次の検定の時は、「軍命令の有無が裁判で争われている」が、一審で原告敗訴になっているんじゃないかと思うんですが、どうでるんでしょうね。

ところで検閲と検定ってどう違うんでしょ?(^^;
これじゃ、検閲じゃないかと思う今日この頃。

…沖縄タイムスでは体験者の方が(文科省に対して)「過ちを犯したのは日本軍であって今の政府ではないのに、認めてどんな損があるのか。不可解だ」とおっしゃってました。。。
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200712271300_02.html
ご紹介の中日新聞の記事も、27日分で引用させていただきますね。



>ありぎりすさん

探し回ってしまいましたが、北海道新聞のWEB版には
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/67992.html
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/67994.html
しか見当たりませんでした。。。
もし、WEB版にもでているなら、また、URL教えてくださいね。
秦郁彦氏は、つくる会ご推薦の方ですし。原剛氏も、あっち系の人みたいですね。



>ni0615さん

秦郁彦氏がどんどん困った方になってしまってますね。
…にしても、全国ネットのマスコミの取り上げ方がそれに輪をかけて困ったものです。

「東京の大手警備会社」のカウントの検証エントリー、どうもありがとうございました。活用させていただいています^^
[ 2007/12/27 17:24 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 3065

>碧猫さん

>探し回ってしまいましたが、

すみません、書いておけばよかったですね。

北海道新聞は紙面のみで、WEB版では詳細はあまり書いていません。

それにしても、読売の社説はなんて酷いんでしょう。
裁判で争われているのは、「軍命令の有無」などではなく、
「名誉棄損の有無」でしょうに。
大手新聞社がここまで、知性や理性をかなぐり捨ててよいものでしょうか?

北海道新聞の社説では、
「沖縄には、数多くの生存者の証言が残っている。そこから伝わってくるのは、
 軍が捕虜になることを許さず、自決を強いられた人もいたという軍国主義の異常さだろう。」
「そもそも「軍強制」は、文科省がこれまでの検定で認めてきた記述だ。」
「文科省が検定審を隠れみのにして、時の政権の意向によって教科書の記述を左右する-。
 このようなことは、あってはならない。」
等と書いています。

北海道新聞は、いい新聞だぁ。
当分、購読料は喜んで払うことにします。
[ 2007/12/27 19:16 ] -[ 編集 ]

   No. 3068

北海道新聞の社説はWEBに有りましたね。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/67994.html
[ 2007/12/27 21:49 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/342-63ed065a


日本軍「強制」、復活せず

なんという中途半端な・・・。 日本軍「強制」、復活せず=沖縄戦集団自決で教科書6社の訂正申請承認-文科省 12月26日15時31分配信 時事通信  太平洋戦争末期の沖縄戦をめぐる高...
[2007/12/26 20:22] URL Tomorrow is Another Happy

文部科学省はやはり「軍の強制」を認めなかった~「追いこまれた」と「強いられた」の差

 沖縄戦における住民の「集団自決」をめぐる高校用日本史教科書の検定に関し、教科用図書検定調査審議会が教科書会社側の訂正申請を受理し、文部科学大臣に報告した。  共同通信(2007/12/26 15:25)や朝日新聞(2007/12/26 15:06)は「軍の強制」の記述が「事実上」認...
[2007/12/26 20:27] URL 世界の片隅でニュースを読む

沖縄戦「集団自決」―教科書検定の真相

 教科書出版社の人が、教科書検定の仕組みや、今回問題になった検定について語ります。 講演 寺川 徹(教科書編集者、沖縄戦首都圏の会事務局長、            出...
[2007/12/27 00:53] URL JCJ神奈川支部ブログ

何考えているのかなあ?と疑問に思うことしきり

「防衛技術の開発のために武器輸出3原則を緩和したい」などと、三菱重工の幹部がホザいている。(*1) そもそも兵器の開発において防衛用技術とか攻撃用技術と明確な分類などありえ...
[2007/12/27 02:28] URL AmlethMachina\'s Headoverheels

教科用図書検定調査審議会が聴取した「専門家」の意見について

 教科書検定調査審議会日本史小委員会が訂正申請に際して聴取した専門家9人のうち、8人の氏名と意見の要旨が公表された(北海道新聞2007/12/27朝刊)。  「集団自決」を日本軍の「強制」とする立場を明確にしているのは、沖縄県史編集委員の大城将保氏と関東学院大...
[2007/12/27 12:07] URL 世界の片隅でニュースを読む

[よのなか]教科書のお話じゃないよ。

ペルーのフジモリ元大統領、軍による虐殺関与を否定 国際ニュース : AFPBB News AFP: Fujimori denies ordering 'dirty war' against opponents 英語版にあって、日本語版にないとこがツボ。 The former president, who was extradited from Chile to Peru in Septe
[2007/12/27 15:31] URL おこじょの日記

国語力の数学

以前、吉兆の「但馬牛」偽装ネタで、「但馬牛の説明」に、但馬牛を三重県で肥育したものが松阪牛になるというような(神戸新聞記事を参照に)コメントしたところ「今の松阪牛は『飛騨産』が多い」とクレームがあった。別に、松阪が他産地牛を「松阪牛」と認定するのは自由...
[2007/12/28 22:10] URL ストップ !! 「第二迷信」

Who Killed Cock Robin?

 年末に碧猫さんのところで知った、文部科学省の悪あがきに関して、今更のツッコミを入れるというのもなんだか時機を逸したような気がするのだが……。  なんか連中はいやに歯切...
[2008/01/02 23:48] URL Non-Fiction(Remix Version)












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。