スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高校歴史教科書検定が、まだ、迷走させられている 

MSN産経2007.12.19 18:37より、
集団自決で軍命令なかった 歴史教育議連」(記事を一読してあほらしくなったので魚拓取らず)

 自民党有志の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(歴史教育議連、会長・中山成彬元文部科学相)は19日、沖縄戦の集団自決をめぐる史実を検証する「沖縄問題小委員会」(萩生田光一委員長)を開き、住民に集団自決を強要する軍命令はなかったと結論づけた。

…引用中断。どう検証したのかちょっと知りたかったりして。

 ただ、同議連では検証結果を報告書にまとめる予定はなく、当面は教科書会社6社が行った高校日本史教科書の記述訂正申請に対する教科書検定審議会の審査結果を見守る方針だ。

…引用再中断。どうも、この議連の「沖縄集団自決」への取り組みは腰がひけてるというかなんというか。

 会合には、元衆院議員の浜田幸一氏が乱入。中村粲獨協大名誉教授の講演後、「沖縄は27年間返還されなかった。その苦痛を受け止めてほしい」「お前らは日教組と戦ったのか」とまくし立てた上で退散した。

…引用、再々中断。なんだそりゃ?

出席議員からは「何だが分からないがホントに迷惑だ…」とぼやき声が漏れた。

ここだけ普通に笑ってしまった。
「どう検証したのか」は、「中村粲獨協大名誉教授の講演」等が関連しているらしい。まぁそんなものだろうとは、誰もが思うことか。

そして、なんだか相変わらず、先行きは不透明な様子。

沖縄タイムス2007年12月19日(水) 朝刊 25面より、
教科書検定/「再訂正」各社出そろう

(略)
十八日、都内で教科用図書検定調査審議会の日本史小委員会が開かれた。(中略)
 日本史小委員会では、審議委員に各社からの再訂正の内容について説明があったとみられるが、その可否についての結論は次回に持ち越した。
 関係者によると、少なくとも二社が、沖縄戦では住民に捕虜になることを許さなかった日本軍の方針が徹底されていたことなどの背景を付け加えた上で、「集団自決」には「軍の強制」もあったことを示す記述での再訂正を予定していた。
 ただ、同審議会は沖縄戦の「集団自決」について「直接的な軍命は確認できていない」として、「過度に単純化した記述」への懸念を示す指針を出しており、再訂正の申請に向けて教科書会社と文科省がやりとりする中で、記述が「軍の強制」を薄める内容に変更された可能性もあるという。
 渡海紀三朗文科相は記述訂正について年内には結果を示す方針で、教科書審議会の意見が決まるのを待って、来週内にも結論を明らかにするとみられる。(後略)

後略部分に、「つくる会」がまた、意見書提出とのことだったので、つくる会のホームページをご訪問。

「つくる会」ニュース 第219号 平成19年 12月18日(火)より、「沖縄戦「集団自決」検定問題 文科省は政治介入を排し、訂正「不承認」で早期決着を! つくる会が文科大臣に4度目の申し入れ 」とのこと。
導入部分は以下の通り。

 「新しい歴史教科書をつくる会」は、12月18日12時45分から文部科学省に対して申し入れを行い、「『沖縄戦集団自決』検定に関する『つくる会』の意見書」を渡海紀三朗文科大臣宛に提出しました。文科省への申し入れには、藤岡信勝会長、杉原誠四郎副会長、鈴木尚之事務局長が出席し、「意見書」の内容を詳しく説明するとともに、とくに今回の訂正申請をめぐる問題は、不当な政治介入が原因となって起きたものであり、「文科省は政治介入を排し、訂正申請を『不承認』として早期に決着をはかるべき」ことを強く申し入れました。
 これに対し文科省側は、①新聞報道にある「指針」を文科省は出していない、②訂正申請された内容について、個々にその資料的根拠を教科書会社側に求めたことがあのような形で報道された、③今回も「書かせる」検定は行っていない、④結論は年内に出すよう努力している、と回答しました。(後略)

『「沖縄集団自決」検定に関する「つくる会」の意見書(その4)』は、これまでと変わらない繰り返しであるものの、目新しい点として

(略)
 (6)最後に、「教科書改善の会」(屋山太郎代表)が11月30日に文科省に提出した「要望書」について一言します。「要望書」は、その末尾で、「中学校の歴史、高等学校の日本史の学習指導要領改定にあたっては、沖縄戦の犠牲に対する感謝と共感の念をはぐくむよう記述すること」を求めています。これは、内容的にも形式的にも誤った議論というべきです。
 まず、内容的に言えば、さきの戦争では日本国民全体が大きな犠牲を背負ったのであり、沖縄だけを特別に扱う理由は存在しません。(中略) 貴職におかれましては、このような「要望書」には決して影響されないよう、強く要望しておきます。

…と、「教科書改善の会」に、気持ちの悪い噛みつき方をしていた。

その他、見かけた電波。
MSN産経 2007.12.17 17:40より、
教科書検定審見解 軍命断定せずに評価も 沖縄集団自決  (1/3ページ)
教科書検定審見解 軍命断定せずに評価も 沖縄集団自決  (2/3ページ)
教科書検定審見解 軍命断定せずに評価も 沖縄集団自決  (3/3ページ)
「識者」として、「藤岡信勝拓殖大教授」「現代史家の秦郁彦氏」「中村粲獨協大名誉教授」の意見をまとめた記事。
これにはやっしゃんがつっこみ済みなので、1箇所だけ。

 検定審の見解が「自決に追い込まれた」との視点を強調。自らの意思で自決したニュアンスが盛り込まれていないことを疑問視する声もある。

…ものすごく根本的な認識違いがあるのではないか?
スポンサーサイト
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/12/19 20:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/338-6fbea80b


文部科学省は「軍の強制」否定に固執した~「集団自決」検定問題は終局へ

 沖縄戦における住民の「集団自決」をめぐる教科書検定の現在の動向がほぼ明らかになった。  当ブログは12月7日の記事で「依然として文部科学省が『軍の強制』を明記することに抵抗している」と指摘し、教科用図書検定調査審議会が「軍の強制」を容認したと報じた共...
[2007/12/22 12:33] URL 世界の片隅でニュースを読む












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。