スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

EU議会が「慰安婦」公式謝罪要求決議を採択(追記有) 

採択のようですね。

 (略)
決議案はこの日、フランス東部のストラスブールで開かれた欧州議会本会議で、「慰安婦の女性たちのための正義(Justice for the ‘Comfort Women'」という名称で上程され、出席議員57人中54人という圧倒的な賛成多数(棄権3人)で採択された。(後略)

@朝鮮日報2007/12/14 08:19:30「慰安婦:欧州議会も決議案採択」より。

日本で最も早く報じていたのは例によって、共同通信配信の報道で14日5時で、すでにいくつか。
中日新聞(共同通信)2007年12月14日 01時57分より、
欧州議会が慰安婦決議 日本政府に公式謝罪要求

 (略)
 欧州連合(EU)の欧州議会(フランス・ストラスブール)本会議は13日午後(日本時間同日深夜)、日本政府に公式謝罪などを求める決議案を一部修正して賛成多数で採択した。(中略)

 立法権がなく、EUの「諮問機関」と位置付けられる欧州議会の決議に法的拘束力はないが、加盟27カ国、計約4億9000万人の「民意」を表明する役割がある。採択は、慰安婦問題への対応をめぐる日本政府への不信感が国際社会で拡大していることをあらためて裏付けた。

 最大会派の欧州人民民主党、第2会派の欧州社会党など計5会派の代表が名を連ねた決議案は「過去の日本政府が慰安婦徴用に関与した」として、人権保障条約や国連決議に違反した「20世紀最大の人身売買の1つ」と非難した。



中国新聞(共同通信)12月14日1時40分より、
慰安婦決議の要旨

 欧州連合(EU)欧州議会が採択した従軍慰安婦決議の要旨は次の通り。
 
▽事実認定など
 一、第2次大戦終戦まで日本政府は軍に対する性的労働のため、慰安婦徴用に関与。
 一、20世紀最大の人身売買の1つ。
 一、数十件の訴訟が日本の法廷で棄却。
 一、1993年の河野洋平官房長官、94年の村山富市首相の談話を歓迎。
 一、日本の一部政治家が談話を希薄化、無効化する意見を表明。
 一、日本の一部学校教科書が慰安婦問題を矮小(わいしょう)化。

▽対日要求
 一、公式な被害認定、謝罪を行い、明確な形で歴史的、法的な責任を負うことを日本政府に要求。すべての元慰安婦、遺族らへの賠償を要求。
 一、慰安婦問題が存在しないとする主張に対する公式な否定を要求。
 一、日本の国会に賠償請求の障害を除去する立法措置を要求。
 一、日本国民と政府に、自国の歴史を十分に認識することを奨励し、将来にわたる教育を要求。



英語報道も、14日5時時点では共同配信の以下のもののみ。
AOLで、「European Parliament OKs resolution for Japan's 'comfort women'
さて、採択された決議原文はこちら。
と思ったら「Texts adopted by Parliament」と書いてあるものの「Provisional edition」とも書いてありますね。ま、adoptedだからいいか。
Thursday, 13 December 2007 - Strasbourg    Comfort women

European Parliament resolution of 13 December 2007 on Justice for the 'Comfort Women' (sex slaves in Asia before and during World War II)

The European Parliament ,

- having regard to the 200th anniversary of the abolition of the slave trade in 2007,

- having regard to the International Convention for the Suppression of the Traffic in Women and Children (1921), to which Japan is a signatory,

- having regard to ILO Convention No. 29 on Forced Labour (1930), ratified by Japan,

- having regard to United Nations Security Council Resolution 1325 (2000) on Women and Peace and Security,

- having regard to the report by Gay McDougall, UN Special Rapporteur on Systematic Rape, Sexual Slavery and Slave-like Practices during Armed Conflict (22 June 1998),

- having regard to the conclusions and recommendations of the 38th session of the UN Committee Against Torture (9-10 May 2007),

- having regard to the Report of a Study of Dutch Government Documents on the Forced Prostitution of Dutch Women in the Dutch East Indies During the Japanese Occupation, The Hague (2004),

- having regard to the resolutions on the comfort women adopted by the US Congress on 30 July 2007, and by the Canadian Parliament on 29 November 2007,

- having regard to Rule 115(5) of its Rules of Procedure,

A. whereas the government of Japan, during its colonial and wartime occupation of Asia and the Pacific Islands from the 1930s until the end of World War II, officially ordered the acquisition of young women, who became known to the world as ianfu or "comfort women", for the sole purpose of sexual servitude to its Imperial Armed Forces,

B. whereas the "comfort women" system included gang rape, forced abortions, humiliation, and sexual violence resulting in mutilation, death or eventual suicide, in one of the largest cases of human trafficking in the 20th century,

C. whereas the dozens of "comfort women" cases brought before Japanese courts have all ended in the dismissal of plaintiffs" claims for compensation, despite court judgments acknowledging the Imperial Armed Forces" direct and indirect involvement, and the State's responsibility,

D. whereas most of the victims of the "comfort women" system have passed away, and the remaining survivors are 80 or more years of age;

E. whereas over the past years numerous high-ranking members and officials of the Japanese Government have made apologetic statements on the "comfort women" system, while some Japanese officials have recently expressed a regrettable desire to dilute or rescind those statements,

F. whereas the full extent of the sexual slavery system has never been fully disclosed by the government of Japan and some new required readings used in Japanese schools try to minimise the tragedy of the "comfort women" and other Japanese war crimes during World War II,

G. whereas the mandate of the Asian Women's Fund, a government-initiated private foundation whose aim was the implementation of programmes and projects to compensate for the abuse and suffering of the "comfort women", came to an end on 31 March 2007,

1. Welcomes the excellent relationship between the European Union and Japan based on the mutually shared values of a multi-party democracy, the rule of law and respect for human rights;

2. Expresses its solidarity with the women who were victims of the "comfort women" system for the duration of World War II;

3. Welcomes the statements by Japanese Chief Cabinet Secretary Yohei Kono in 1993 and by the then Prime Minister Tomiichi Murayama in 1995 on the "comfort women", as well as the resolutions of the Japanese parliament (the Diet) of 1995 and 2005 expressing apologies for wartime victims, including victims of the "comfort women" system;

4. Welcomes the Japanese Government's initiative to establish, in 1995, the now-dissolved Asian Women's Fund, a largely government-funded private foundation, which distributed some "atonement money" to several hundred "comfort women", but considers that this humanitarian initiative cannot satisfy the victims" claims of legal recognition and reparation under public international law, as stated by the UN Special Rapporteur Gay McDougall in her above-mentioned report of 1998;

5. Calls on the Japanese Government formally to acknowledge, apologise, and accept historical and legal responsibility, in a clear and unequivocal manner, for its Imperial Armed Forces' coercion of young women into sexual slavery, known to the world as "comfort women", during its colonial and wartime occupation of Asia and the Pacific Islands from the 1930s until the end of World War II;

6. Calls on the Japanese Government to implement effective administrative mechanisms to provide reparations to all surviving victims of the "comfort women" system and the families of its deceased victims;

7. Calls on the Japanese parliament (the Diet) to take legal measures to remove existing obstacles to obtaining reparations before Japanese courts; in particular, the right of individuals to claim reparations from the government should be expressly recognised in national law, and cases for reparations for the survivors of sexual slavery, as a crime under international law, should be prioritised, taking into account the age of the survivors;

8. Calls on the government of Japan to refute publicly any claims that the subjugation and enslavement of "comfort women" never occurred;

9. Encourages the Japanese people and government to take further steps to recognise the full history of their nation, as is the moral duty of all countries, and to foster awareness in Japan of its actions in the 1930s and 1940s, including in relation to "comfort women"; calls on the government of Japan to educate current and future generations about those events;

10. Instructs its President to forward this resolution to the Council, the Commission, to the governments and parliaments of the Member States, the Japanese Government and Parliament, the UN Human Rights Council, the governments of the ASEAN States, to the governments of the Democratic People's Republic of Korea, the Republic of Korea, the People's Republic of China, Taiwan and Timor-Leste.

これは、後ほど、kmiuraさんから和訳を頂いて、さらに追記予定。

ちなみに、決議の推進者であるJean Lambert委員長のホームページより;
Europe calls on Japan to accept responsibility for sexual slavery in Second World War

 The European Parliament passed a motion late yesterday calling on the Japanese government to formally acknowledge, apologize and accept historical and legal responsibility for its Imperial Armed Forces’ coercion of young women into sexual slavery during the Second World War. 200,000 women were captured across Asia prior to the war and forced into sexual servitude, experiencing rape, beatings and mutilation on a regular basis.

Jean Lambert MEP developed the cross-party motion following a hearing in the European Parliament with some of the surviving so-called ‘comfort women’ last month.

Jean Lambert MEP said:
“62 years on the ‘comfort women’ are still waiting for justice, many having suffered a life blighted by physical and mental ill-health as well as isolation, shame and extreme poverty.

“With the signing of the Charter of Fundamental Human Rights this week and voting almost unanimously in favour of this motion on ‘comfort women’ there is wide consensus in the European Parliament that violations of human rights, under any circumstances, will not be tolerated. Where atrocities have taken place there must be full acknowledgement and responsibility for those actions to allow victims and their families to regain their dignity before the world.

“Knowing that justice can be done even after many years would send a strong signal of support to those currently experiencing violence and sexual abuse in conflict regions, such as Darfur, and those campaigning on their behalf.”


…15日1時時点、今回は国内報道がかなりでていますが、決議原文を見た上だとつっこみたくなる箇所がたくさんありますね。というわけで、さらにこのネタは引っ張ることでしょう。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/12/14 05:25 ] 自爆史観 | TB(12) | CM(11)

決議案の英文と翻訳   No. 2986

kmiuraさんが決議案を見つけられて、翻訳もしておられます。
http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/

この決議は、すごい!
マクドゥーガル氏の勧告、元「慰安婦」の要求に完全に応えるよう日本政府に要請し、日本政府がしないなら、日本国民が日本政府(もしくは国会)を動かせ!という強いメッセージだとわたしは読み取りました。
これで日本政府が動かなければ、国連人権委、はては国連総会まで持ちこまれる可能性がより高くなりました。
わたしゃ関係ないもんね!っていう希薄な人権意識を日本人一人一人が問い直さないといけないし、それが求められてます。
[ 2007/12/14 10:50 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

決議は歓迎、でも・・・   No. 2987

日本政府が右派に牛耳られている限り問題の根本的解決にはつながらない、『特亜の陰謀』として耳をふさぐだけ。
何とかして政権交代を起こさないと、この問題に関する日本政府の取り組みは絶対に進歩しないと思う。
[ 2007/12/14 11:44 ] -[ 編集 ]

何をどうしたら   No. 2988

ご無沙汰しています。右派のmiracleさんです。
特に牛耳っているという気はしていません。

まあ、決議自体は仕方がないです。
かわいそうな人が目も前にいてその人を何とかしたいと考えるのは人間の自然な感情だと思いますし。

この問題について考えるとどうしても鬱がひどくなるので、あんまり考えないでいたのですが、この機会にここにお集まりの皆さんに2点伺ってみたいことがあります。

1)何をどう補償すればいいんでしょうね

もちろん基本的には日本政府が謝罪の上補償すべきなんでしょうが、何をどのくらい補償すればいいのかとか考えてしまいます。しかしながらそれをどう実行すればいいのでしょうか?
有資格者の認定だけでも骨が折れそうですし、彼女たちが「確かに慰安婦であった証拠」を出せるかといえば難しいと思います。
しかしながら、申し出のあったすべてに対して補償を実行すべきではないでしょう。日本政府も打ち出の小槌を持っているわけではないですし、嘘吐きにまで補償をする必要はないでしょう。

2)結局何が悪いんでしょうね

日本軍が悪いのかといえばそうではなく、当時アメリカもドイツもイタリアも戦場のすぐ後ろに慰安所を設けていましたし、ソビエト軍など強姦はやりたい放題だったわけで。
んじゃ、軍隊が悪いのかといえば戦後満州や朝鮮から引き上げることになった日本の婦女子が酷い目にあったのは軍隊ではないわけで。大体売買春なんて軍隊相手に限らず普通に見られる光景ですよね。

んじゃ、買う男が悪いのかといえば「でも、売ってるものを買ってるだけなんだよね」
売るほうも悪いのかといえば、売るほうにも事情があるわけで。

そもそも婚姻とかいったって、結局のところは金銭関係だよね~。愛だの恋だのでコーティングしてるけどさ。とか考えてしまうと果てしなく鬱になるわけで。

個人的には史実の追求と補償問題というのは切り離すべきだと思っています。ここまで火が大きくなってからでは何もかも手遅れでしょうね。
はふ。
[ 2007/12/14 18:43 ] 9K6BrOsI[ 編集 ]

   No. 2990

>Stiffmuscleさん

情報ありがとうございます。ここまですごいのが出てくるとは(^^;
「クマラスワミ女史の報告」を決議として採択されるようだがと国会で問われて、「いわゆる従軍慰安婦問題についての決議ではございません」と答えた方が、ストラスブール現総領事なのですよね。その人事が力一杯裏目に出たのが、採択EU決議の「婦人及児童の売買禁止に関する国際条約(1921)」「国際労働機関条約第29条(1930)」「ゲイ・マクドゥーガルによる国連特別報告書(1998年6月22日)」あたりのくだりなんじゃないでしょうか?
…アメリカ・カナダ・オランダの後の様子で業を煮やしたんでしょうねぇ。日本政府に、今までシカトしていたものをリストアップして突きつけてしまいましたよ、EU議会。まずは、事態を理解する議員が増えてくれればいいのですが。



>エレッサール・テルコンタールさん

政権交代しても、民主党でしょう? いっそ、河野洋平氏が、靖国史観派と縁を切って自民党を分割してくれてもいいのではないかと(松原議員の暴言で)ちょっと思ってしまいました。



>miracleさん

逆に伺います。
こちら(http://ianhu.g.hatena.ne.jp/keywordlist)から、
「醜業を行わしむる為の婦女売買禁止に関する国際条約」
「婦人及児童の売買禁止に関する国際条約」
「娼妓取締規則」
「奴隷状態の定義」
「マクドゥーガル報告書補遺」
以上全てに目を通し、
「EU議会決議 和訳」http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/20071214/1197581267
と、そこで言及されている各種条約・決議・報告・勧告を読まれた上で、なお

>2)結局何が悪いんでしょうね

と問われますか?
当方でコメントなさる方は、これぐらいは共有の前提情報としておもちですので、この辺りをまず押さえて頂かないことには、レスをする方に大変な負担になってしまいます。

もし、以上を全て目を通して内容を理解いただいた上で「結局何が悪い」(と諸外国から見なされている…でも)とご自身で結論をもっていただけないようでしたら、時間的な余裕も、この路線の話題に対する精神的な余裕もありませんので、私からご説明はちょっとできそうにありません。申し訳ありませんけど。
[ 2007/12/15 02:13 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

思いやり深い祖国を誇りに思おう   No. 2991

>しかしながら、申し出のあったすべてに対して補償を実行すべきではないでしょう。日本政府も打ち出の小槌を持っているわけではないですし、嘘吐きにまで補償をする必要はないでしょう。

我が祖国は、立ち退き料として一軒あたり7000万円よこせとか言い出すヤクザ在日米軍に対して、年間1400億円も差し上げるほどの思いやり深い国ですから。
この金額は推定20万人という従軍慰安婦の方々全てが存命であったとしても、彼女達全員に年間70万円ほど差し上げられる額ですな。

嘘つきね。例えばこんな例でしょうか?
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/20070421/p1

http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/20070616/p1
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/20070619/p1
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/20070623/p1

こうやって認定を拒みますか? それはどこの外道国家でしょう? 少なくとも我が祖国がこんな国であるとは思いたくありませんな。
[ 2007/12/15 10:24 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

欧州議会のプレスリリース   No. 2992

欧州議会のホームページにプレスリリースが出ていますのでご紹介します。
URLの文字列が長いので,TinyURLを使って縮めました。

Human rights: Chad, women's rights in Saudi Arabia, Japan's wartime sex slaves
http://tinyurl.com/24dxus

[ 2007/12/15 17:03 ] 0u87y0ms[ 編集 ]

   No. 2993

>うちゃさん
<
そういえば、東京・赤坂の国有地1万3000平方メートル賃貸料が年額250万円、しかも10年前に値上げ案を提示したら以来滞納なんてニュースがありましたね。
http://s03.megalodon.jp/2007-1029-1013-50/www.asahi.com/politics/update/1028/TKY200710280133.html

そうそう、カマヤンさんところで知った記事によると、港区の大使館が周辺にあるあたりに、アメリカの政府関係者、軍関係者などの専用のホテルがあるそうなのですが。それの費用、まさか、日本負担だったり、、、なんて疑念をもってしまうの私だけでしょうか(治外法権なのは確かだろうけど)。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20071208#1197048209
…実に思いやりに満ちた国ですね。特定方向には。


>Niphoneseさん

情報ありがとうございます。
TinyURLっていいですね。
…今回、私がちょうど仕事で手一杯になって時間をとれない時期なので、情報収集できないと危惧していたのです。皆さんの注目度が高くて情報をいただけるので、把握しておきたい情報を集める労力が少なくてすんで嬉しいです^^
仕事の早いおこじょさんが和訳も下さいました。
http://d.hatena.ne.jp/o-kojo2/20071214
[ 2007/12/16 11:02 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ちょっと失礼   No. 2994

流れを切るようで申し訳ありませんが

>米大使館、地代10年滞納
この件は先日(12月6日)、一括支払いに合意したようですよ。

【都心一等地の米大使館家賃 年間700万で決着】
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=アメリカ大使館 滞納&x=0&y=0&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=UTF-8&search_x=1&u=webnews.asahi.co.jp/ann_e_171210043.html&w=アメリカ+大使館+滞納&d=CxDE2bXiP7yz&icp=1&.intl=jp
私の検索ではキャッシュしか見つかりませんでした。すいません。
ずいぶん安いですけどね。
[ 2007/12/16 14:25 ] OARS9n6I[ 編集 ]

   No. 2995

>オサーンさん

情報ありがとうございます。それでも、安いんですね。
教えていただいたURLの「遅延の利息は発生していません」って、あれー、そういうものなのでしょうか?

最初の朝日の報道;「民法の規定で、賃貸料の債権は5年で消滅するが、日本政府が02年12月に納入を求める書面を送ったため、時効はいったん中断。最終的な時効は今年12月に成立する。」
で、なんかえらく腰のひけた対応だと思ってたのですが、見つけた毎日の報道で;
「米側は『そもそも1896(明治29)年に交わした契約文書に値上げの規定はなく、大幅な値上げには応じられない』と、100年以上前の古文書を引き合いに出して支払いを拒否していた。」「米国以外に英国、スペイン、メキシコも大使館用地として国有地を借りているが、借地料を滞納した例はないという。」
…転けそうになりました。
http://s02.megalodon.jp/2007-1216-1508-59/mainichi.jp/select/seiji/news/20071211k0000m010089000c.html
[ 2007/12/16 15:14 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 2997

亀レスですが
>碧猫さん

民主党も慰安婦への謝罪、補償には賛成していますよ。ですから政権交代さえ起こせば、ひとまずこの問題に関しては解決できるんです。
[ 2007/12/17 10:45 ] -[ 編集 ]

   No. 2999

>エレッサール・テルコンタールさん

確かに、岡崎さんがずっと「解決促進法案」の提出者でいらっしゃいますもんね。
でも、日本版911ショックがいまだに私は尾を引いていまして(^^;、また、派手なテレビパフォーマンスうたれたら自民党が大勝ちするんじゃないかなんて、そもそも政権交代するだろうかとか。。。
これまでの数少ない非自民政権には、政権取ってから裏切られた感が強かったりで、、、どうにも懐疑的になってしまうんですよ。
[ 2007/12/17 18:14 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/334-948c7e3d


西部劇的正義

?gegenga師匠のところにコメントしたら、死刑ネタで禁止ワード設定が厳しいのか受付ない。 そこで、自分のところにあげます。  gegenga師匠のとこ  (ここから)  死刑も民営化して(リンチ)、コスト低減を図ろうなんて、牛泥棒は死刑、という西部劇の国
[2007/12/14 11:29] URL みんななかよく

[よのなか]プレスリリース

European Parliament - News - Press service - Info - Human rights: Chad, women’s rights in Saudi Arabia, Japan’s wartime sex slaves Use of sex slaves by Japanese forces in World War II A resolution on the ’comfort women’ (sex slaves) used by Japan i...
[2007/12/14 13:09] URL おこじょの日記

参院選ではなく知事選だったか! とらちゃんの落選運動を応援

2005年のコイズミ選挙の結果に衝撃を受けてブログを始めて丸2年になります。当時はgooブログでした。その後ココログ&rarr;weblog&rarr;FC2と引っ越しを重ね、今に至っています。 そのgoo時代に、今回府知事選に立候補した橋下
[2007/12/14 14:34] URL とむ丸の夢

EU議会、慰安婦決議案採択-被害女性の反応

ナヌムの家「慰安婦決議案が通過はしたが…」 EU議会、慰安婦決議案採択-被害女性の反応 【広州=聯合ニュース】キム・ギョンテ記者=EU議会が13日、日本軍による慰安婦強制動員に対して日本政府の公式是認と謝罪、補償を要求する決議案を採択したことに対して、京畿
[2007/12/14 18:04] URL 薫のハムニダ日記

[memo][keywords] EU議会決議 和訳

ざっと訳しました。後ほどみなおしてキーワードにします。間違いに気づいた方は、ぜひともご指摘を。アメリカやカナダの決議よりもかなり強力な内容。 慰安婦に関する欧州議会の決議
[2007/12/14 18:20] URL kmiura

国家無謬の神話を超えて

 欧州議会で採択された慰安婦決議(詳しくはこちらのサイトを参照)について,池田信夫氏がその英語ブログにコメントを出しておられる(本日付記事)ので,まずはこれを引用してみたい: This is another false accusation that blindly copied the Honda resolution....
[2007/12/15 00:38] URL 人工樂園

EUの従軍慰安婦問題対日決議は「従軍慰安婦のための正義」。

kmiuraさんが探してくださって、秘書課にトラックバックもくださったEUからの従軍慰安婦問題対日決議です。kmiuraさん、ありがとうございます。 決議文は、題して、「従軍慰安婦(...
[2007/12/15 13:20] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

泣く女たちを笑う男たちに。(男女共同社会政治参画に向けて)

「行き過ぎたジェンダーフリーがキイキイ」という名フレーズがブログ仲間周辺ではやったことがありました。(笑)これは男女共同参画社会や性教育などを敵視する人々に向けたも...
[2007/12/15 22:18] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

70年目の南京 

この12月13日で南京事件からちょうど70年。 私がよく記事を読むBBCでもアルジャジーラでも、この事件のことが取り上げられていました。 BBCには掲載された写真の下には、・ 1937年12月、日本軍が南京に侵攻。・目撃者が25万
[2007/12/15 23:02] URL とむ丸の夢

死刑制度の「コスト」

アメリカのニュージャージー州議会で2007年12月13日、死刑廃止法案が可決されたことについて、その死刑廃止法案に付随する州の特別委員会の報告書の中に 「死刑は終身刑より経費...
[2007/12/16 00:23] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

未だに軍の関与はなかったとか虚言を弄するネトウヨに騙されないために

ネトウヨは3行以上の文章を理解できないので資料を読み取る能力が著しく低いのですが、ネトウヨ以外の人(注:自分も含む)のために、実際の資料から何が読み取れるか考えてみましょう。 お題は、 「政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成1 警察庁関係公表資料・外務
[2007/12/16 02:26] URL 誰かの妄想

インド洋給油と知日派

日曜の朝、家人がつけたテレビの画面にいきなり現れたのは、高市早苗氏。 うん? 横にすわる長妻氏は別にして、司会竹村健一他、げに恐ろしげな顔が並んでおりました。「報道2001」とかいうのですか。名称がおおげさですね
[2007/12/16 21:52] URL とむ丸の夢












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。