スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ロットの人」がまた、衆議院外務委員会で「無かった」発言 

…お気楽な食い意地テロや猫テロエントリーを書きたいよorz
私の前に、撒き餌をまかないでほしい。

「しんぶん赤旗」2007年12月9日(日)より、
小沢代表訪中の最中 民主議員が国会で「南京虐殺」否定発言」(引用は強調者による、以降も同じく)

 (略)
 松原氏は、当時南京に進軍した元日本兵の「フランクな話」として、一度逃げ去った中国人らが戻ってきて「安全区」に大量に集まり、「ラーメン屋」や「散髪屋」を開いたと説明これらを根拠に、「虐殺は事実上なかった」「日本の兵隊の方々の生の声で、私は実感した」とのべ、当時の生存者や元日本兵らの証言でもすでに明白な大虐殺の事実を根本から否定しました。
(中略)
 松原氏の発言は、同日の小沢氏と中国共産党の胡錦濤国家主席との会談の直前におこなわれたもの。(中略)小沢氏は胡氏との会談で、「両国のきずなを深めることは、ひとり日中間のみならず、アジアと世界の安定と発展にも資することになる」と発言したと伝えられています。(後略)



はぁ~orz
今、時間がないので衆議院テレビは確認していません。
衆議院テレビのURLはこちら。平成19年12月7日 (金)付の「外務委員会」で10時 04分 から32分発言している模様。

恐らく松原議員はこれに参加したんでしょうね。
MSN産経 2007.12.6 19:42より、
真実求める南京事件の国民の集い 東京・九段会館で

 (略)
 検証する会の加瀬英明会長は冒頭あいさつで、「中国、米国を中心にこの事件を取り上げ、日本の非道を改めて告発する動きがある。これに対し南京事件の真実、その虚構性を世に訴えたい」と開催の趣旨を説明した。

 序論として日本「南京」学会の冨沢繁信理事が「当時、南京の市民は南京の安全地帯に集められていた。中国軍は南京を捨てて退却したが、一部は市民に紛れて安全地帯にいた。安全地帯以外に人がいない状況で事件が起こるはずがない。また、南京の当時の人口は20万人だったが、安全地帯の人口は少しも減らなかったとする米国人の証言もある」と述べた。

 本論では、南京戦に参戦した89~97歳の元兵士5人が証言。拓殖大の藤岡信勝教授の質問に答える形で「雨花台の激戦」「南京入城」「安全地帯の模様」などのテーマに沿って南京戦を検証した。当時の映像を使って雰囲気を再現した上で、虐殺や略奪については全員が「見聞きしたことはない」とし、「大混乱はなかった」と明言した。(後略)




と思ってたら。
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成19年12月8日(土曜日) 通巻第2022号、宮崎氏のコメントより、

 (略)「南京大虐殺」に関して、過去十年の研究成果は格段の進歩があり、中国は反論出来ない、理論的には窮地に追い込まれたのです。
 6日の「南京の真実を検証する国民の集い」が開催された九段会館には、多くの代議士、代議士秘書が駆けつけてくれました。橋本聖子、稲田朋美両女性代議士からはメッセージが届きました。
松原仁代議士にも最後に登壇しました。また東中野修道教授は委員ですから出席されるのは当然にしても、参加者のなかには西尾幹二、すぎやまこういち、中村燦、頭山興助先生らのお顔もありました。
 この会を思いついたのは加瀬英明氏で、ここに藤岡信勝氏や高山正之、杉原誠四郎、花岡信昭、西村幸祐氏に小生も加わって、じつは三月から実行委員会を十数回重ね、運営、プログラム、使用するスライド、参考文献の選定など、全員が手弁当で準備をして参りました。
冨澤繁信氏や茂木弘道氏らは、じっさいに生存兵士、元将校らを訪ね、事前のインタビューも終えて、取材は完璧でした。
またスライド作りは、過去の南京学会の成果があるとはいえ、選定に難儀し、何千枚という写真、地図、新聞資料から、小林太厳、溝口郁夫の両氏がかかりっきりの作業でした。藤田裕行、平野寛明氏らは介護つきで上京される生存勇士の出迎えからホテル送迎を宿舎に泊まり込みで世話をしました。
 チラシ撒きの先頭にたった茂木委員など黒子に徹して頑張ってくれた数十名の学生諸君の縁の下の力がなければ、到底盛況には至りませんでした。「声優」を演じた西村幸祐委員も熱弁でしたし、冒頭の挨拶に立った水島総氏の挨拶の情感に溢れていて、本当に感動深い会になったと思います。皆さんのご支援の賜です。(中略) なお当日の記録は(1)近く桜チャンネルで放送がある予定です(2)記録のDVDは、ワックから来春に発売されます。(3)サピオなどの雑誌で記事がでる予定です。そして(4)雑誌『正論』三月号で特集がある予定です。(後略)

…だそうです。確か花岡記者のブログでもこの集まりのレポートはあったような。興味のある方は検索でどうぞお訊ねください。

なお、以前、書を守るもの様からご教授いただいた情報では、「鳩山由紀夫 近藤昭一 寺田学 横光克彦 石井郁子 吉井英勝 辻元清美 保坂展人」議員らが提出者である"国立国会図書館法の一部を改正する法律案"の賛成者の中に松原仁議員は名を連ねています。
彼は心底「無かった」と思っているのでしょう。
スポンサーサイト
[ 2007/12/11 00:00 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(7)

ほんとにコイツだけは…   No. 2973

しゃべり口から「馬鹿っぽいやつだな」とは思ってましたけど、ほんとに馬鹿なんですね。

民主党は馬鹿の修正主義者どもを分離しちまった方がいいと思いますけどね。こんな馬鹿がいる党には怖くて投票できねぇよ。
[ 2007/12/10 21:52 ] -[ 編集 ]

あうあー・・・・   No. 2974

ジンジンジン、マツバラジン(すぎやまこういち作曲)の人ですね。こんな国内の不発弾わざわざもって行くなよおお(泣

エネルギー問題で訪中したのかと思ってちっと期待しすぎました・・・
だって今の時期わざわざ行くのって!!
[ 2007/12/10 22:08 ] CjlWd7YA[ 編集 ]

関連ニュース(口だけじゃなく映像でも)   No. 2975

Look Back in Anger. Filming the Nanjing Massacre(Japan Focus)
http://japanfocus.org/products/details/2599

Japan Nanjing film says war criminals were martyrs(Reuters via WaPo - November 26, 2007)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/11/26/AR2007112600477.html

仁しゃま以外にも自爆したい民主党議員や巷の人々はたくさんいるみたいですが、そんな中のひとり、映像屋(?)さんの話題。
英語で読むとあらためて、この方の錯乱ぶりが浮き彫りになりますね。”THE FACTS 2~10 一挙公開!"くらいの自爆ポテンシャルを持っているかもですし、大墓穴&華々しい自爆が期待できそうです。
[ 2007/12/10 22:43 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

   No. 2976

「証言による南京戦史」をどの様な団体が企画したのか、そしてそれがどの様な経過を経たのかを知っているだけで、ここにある話は空しい物だと言うことが簡単に理解できるんですけどね。
[ 2007/12/10 23:00 ] rndiGdl6[ 編集 ]

   No. 2977

>birdさん

本当に本気で、「無かった」と思ってるならそれならそれで(良くないけど)、口に出すタイミングを謀るのが政治家ってもんじゃないですかねぇ。
思わず選挙区確認しちゃいましたよ。。。東京だ…orz。比例区らしいのですが。



>DoXさん

置いていったアホな不発弾が勝手に自爆しているようです。各国大使館員の耳に入っちゃったりするでしょうねぇ。。。ヨーロッパの。ええもちろん、慰安婦についても「少なくとも先人の誇りを傷つけるようなことをやってはいけない。慰安婦(問題で)もそうであります」「日本の国益を守る活動をしてほしい」とも発言したそうです。



>Stiffmuscleさん

はてなで、固定ファンをおもちのブル連隊長さんですね。
ロイター電はおこじょさんのご紹介で読んでました(乾笑)。JapanFocusでも、議員の賛同者リスト付きでご紹介ですか。
それで、公開はいつなんでしょう。一部のファンが心待ちにしている(???)のに、試写会延期だそうで心配しています。



>MKMさん

この集いの主催である「南京事件の真実を検証する会」には、この前裁判所で論理的でない、成果が研究の名に値しないと結論された方が名を連ねていますし、この集いのご案内文が、、、
http://www.melma.com/backnumber_45206_3859145/
 南京大虐殺という歴史の偽造、歴史の改竄がおこなわれ、中国は心理戦争で日本を永久に貶め、日本の精神、ナショナリズムの復活を阻止するために陰に陽に神経戦争、宣伝戦争をしかけてきた。(略)中国の代理人に堕して、嘘の上塗りをするために「活躍」してきた日本のジャーナリスト、政治家も、これからは真っ青になる番である。(後略)
ですからね。
こんな文章を鵜呑みにするだけで終わってます。日本はやられっぱなしのザコキャラと自認して、中国がそこまですごい国と賞賛しているわけですね。
[ 2007/12/11 12:50 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 2978

>本論では、南京戦に参戦した89~97歳の元兵士5人が証言。(中略)虐殺や略奪については全員が「見聞きしたことはない」とし、「大混乱はなかった」と明言した。

このご老人たちがどのような経緯や理由でこんな集会に参加したのか無論私は存じ上げませんが、人生の最終盤を迎えている方々にこんなことをさせなくても・・・・。いまさら、こんなことしたところで南京事件が否定できるわけでもないのに、藤岡らは神経戦争、宣伝戦争を闘っているつもりなんでしょうね。まさに、トンデモ人間の典型というべきでしょうか。もちろん老人たちにも大いに問題はありますが。

>橋本聖子
稲田朋美はともかく、橋本もこんな集会にメッセージを送るとは、本当の馬鹿ですね。橋本は勉強不足で無知なんでしょうが、スケート連盟の会長(でしたよね、確か)で、中国とも友好的でいなければいけない人物がこんなことしていていいんでしょうか。

>なお当日の記録は(以下省略)
・・・・・(失笑)。馬鹿ですね、ほんとに。でもDVDって、そんなの売れるのかなあ。ワックだからまともなところではありませんが、いろいろ考えさせられます。それにしても、懲りずに東中野修道もご出席というのも笑えます。
[ 2007/12/12 02:34 ] -[ 編集 ]

   No. 2981

>Bill McCrearyさん
>元兵士5人
<
高齢の方を都合良く引っ張り出して、、、は、どこやらの裁判と同じ図式なんですよね。
一方、わたしが気になって仕方ないのは、南京戦で参加した日本兵が何人かは不勉強で知りませんが、まさか25人や50人なんてレベルではないですよね。
たった5人の見聞で何か解ったつもりになられてもねぇ(いくらでもバイアスかけて招集可能ですからねぇ)。
そしてやっぱり、加害者側の無かった証言だけを採用という訳で。

>橋本聖子議員
>スケート連盟の会長(でしたよね、確か)で、中国とも友好的でいなければいけない人物がこんなことしていていいんでしょうか。
<
党首が中国を友好的に訪問している留守に、「外務」委員会で大はしゃぎしている人がいるぐらいですから(^^;

>懲りずに東中野修道もご出席
<
例の裁判での認定も、やはり無かったことなのでしょうか。


確信犯でいろいろやらかしている「大人」達はともかくとして、ですねぇ。
「黒子に徹して頑張ってくれた数十名の学生諸君」というのが、ちょっと、あれですね。
[ 2007/12/12 12:52 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/331-732d7485


イタズラにも三分の理

 「dr.stoneflyの戯れ言 」のコメント欄 。 雨宮処凛のトークイベントの話題なんだけど、コピペに感想をつけたコメントが三つついていました。 一個だけ掲載。 9 :名無しさん@社会人 :2007/10/22(月) 03:44:24 ネット上では、彼女に共感している若者など、見
[2007/12/11 12:18] URL みんななかよく

政・官・財の癒着と汚職 政治指導層の無能 米国依存――日本病?

私たちの国に政治はあるのか?  年次改革要望書のことでも、狂牛病問題でも、ショー・ザーフラッグでも、ブーツ・オン・ザーグラウンドでも、お説ごもっとも、とばかりに米国に...
[2007/12/11 14:19] URL とむ丸の夢












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。