スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沖縄強制集団「自決」教科書「訂正申請」が迷走中 

昨日の決意表明は、この報道のせいで儚くどこかに行ってしまいました。
NHKニュース12月7日 4時33分より「 集団自決 命令の資料ない」より

高校の日本史の教科書検定で沖縄戦の集団自決に日本軍が直接関与したとする記述が削除された問題で、文部科学省の審議会が「集団自決に関して日本軍の命令を示す資料は見つかっていない」とする指針をあらためてまとめていたことが明らかになりました。



TBSニュース07日10:54より「 検定審議会『軍強制の断定的資料なし』」より

(略)
文部科学省の審議会が教科書会社に対し、日本軍による集団自決の強制について、「根拠となる資料もなく、断定的には書かないよう」求める意見を伝えていることがわかりました。
 この問題は、高校の歴史教科書から「沖縄戦での集団自決を軍が強制した」という趣旨の記述が、ことし春の教科書検定で削除されたことが明らかになり、沖縄県などから強い反発の声があがっているものです。
(中略)
 教科書会社などによりますと、集団自決については極限の心理状態など様々な背景があり、日本軍の強制については根拠となる資料もなく、断定的には書かないよう求める意見が文科省を通じて審議会から教科書会社に伝えられているということです。

 教科書によっては、訂正申請のままの内容では検定に合格しない可能性があり、再び修正をする社も出そうです。

…またか。と思いつつ、他社報道を探索。

中日新聞2007年12月7日 朝刊より「 『軍の強制』復活容認 教科書検定審指針」より

 沖縄戦の集団自決への日本軍の強制性をめぐる高校日本史教科書検定問題で、教科書検定審議会(検定審)が、訂正申請の記述を承認する際の指針を決め、文部科学省を通じて各教科書出版社に伝えていたことが分かった。
(中略)
 指針は4日に各出版社に伝えられた。住民に手りゅう弾を配っていたことなどから、軍の事実上の強制はあったが、直接的な命令はなかったとしている。しかし、「誤解するおそれがある」として記述変更を求めた検定意見については、集団自決に至った背景事情の説明が必要だとして撤回しないとした。
 この問題では、検定意見の付かなかった1社も含め6社8点が訂正申請を出した。「日本軍は、住民に手りゅう弾をくばって集団自害と殺し合いを強制した」など各社とも軍の強制性を明記し、住民による手記の記述を追加したところもある。指針を踏まえ、各社とも背景事情について加筆するとみられる。(後略)


…訂正申請として出された文書も、「直接的な命令があった」というより、『事実上の強制』の記述によめるが。。。

琉球新報12/7 10:14より「 『軍強制』削除撤回せず 教科書検定審が指針」より(強調は引用者による、以降も同じく)

(略)
教科用図書検定調査審議会(杉山武彦会長)は「集団自決」の背景を詳述する必要性を認める一方で、日本軍の「直接的な命令」「強制」についての断定的記述は「生徒が誤解する」との指針をまとめ、文部科学省の教科書調査官を通じて教科書出版社6社に通知していたことが6日、分かった。
 教科書各社は訂正申請で日本軍の強制を明確にした記述に戻すよう求めているが、同指針によって申請通りの記述復活は困難となった。関係者の間からは「軍の強制性が薄められる」との懸念も出ている。教科書各社は訂正申請の再検討に入る見込みだが、記述修正をめぐる調整はなお難航しそうだ。
 審議会がまとめた指針は「集団自決」の背景には「複合的な要因が存在する」と指摘し、詳しく記述することを認めた。その一方で「日本軍の直接的な命令で『集団自決』が起きた例は確認できていない」などと説明。「軍がやった」「命令した」という単純化した表現では「誤解する」として、断定的記述は避けるよう示唆した。
 文科省は4日以降、教科書各社の役員や編集責任者を同省に呼び、教科書調査官が指針の内容を口頭で説明した。調査官は訂正申請の承認の可否など、具体的な見解は示さなかったという。
(中略)
 審議会が出した指針について執筆者の一人は「非常に抽象的ではっきりしない。だが軍の強制性を薄めるような形にして、訂正申請を認める方向に持っていこうとしているのだろう」と意図を指摘。(後略)



沖縄タイムス2007年12月7日(金) 朝刊 1・31面より「 文科省、軍命明記回避を要請/再申請指針示す」より

(略)
文部科学省が今月四日、訂正申請した教科書会社の担当者を同省に呼び、記述内容をあらためて再申請させるための教科書審議会の「指針」を示し、その中で「軍の命令」を明記しないよう求めていたことが六日、分かった。関係者によると、同省の教科書調査官が各社に「軍から直接、命令した事例は確認できていない」と伝えたという。
(中略)
 「指針」は軍命の明記を禁じたほか、「集団自決」に複合的な要因があったと明示するよう要望。
(中略)
 「教科書検定意見撤回を求める県民大会」実行委員会の玉寄哲永副委員長は「『集団自決』が起きた背景をきちんと書き込めというのであれば『軍の強制』という記述を認めるべきだ。それでなければ文科省は何のために出版社の訂正申請を認めたのか分からない。強制の事実を薄めるようなことがあってはならない」と警戒した。

 沖縄戦研究者として審議会に意見書を提出した林博史・関東学院大学教授は「軍強制の記述が認められないなら、皇民化教育や『軍官民共生共死』について書いても、元の検定と同じで、とても認められない」と指摘する。沖縄戦全般についても「住民が日本軍によって追い詰められたことが沖縄戦の特徴。そこを書かせないのは、『集団自決』を含めて沖縄県民の犠牲の本質を歪曲するものだ」と批判した。
(中略)
 「沖縄戦の歴史歪曲を許さず、沖縄から平和教育をすすめる会」の共同代表、高嶋伸欣・琉球大学教授は「昨年度の検定で突然、不当な意見をつけたことに対し、沖縄の人々の怒りを正面から受け止めていない」とあきれた。「軍が住民を追い込んだことに疑問の余地はない。検定意見の扱い方は、日本軍の責任を薄めようとしているだけ。検定意見を押し付けている事態は変わらない」と憤った。

 沖縄戦研究者の大城将保さんは「(日本軍の関与を削除するよう求めた検定意見は)完全な事実誤認であり、沖縄の県民世論への配慮や、政治的な落としどころをもってして済む話ではない。検定意見を撤回しなければ抜本的な解決にはならず、あいまいにしておけばまた繰り返される恐れがある」と指摘。(後略)



ところが、上記のような怒りの声が報じられた後だからかなんなのか。
沖縄タイムス2007年12月7日(金) 夕刊1面より「 文科相『承知していない』/軍命明記回避」より

 渡海紀三朗文部科学相は七日午前の閣議後会見で、沖縄戦「集団自決(強制集団死)」に関する教科書検定問題で教科用図書検定調査審議会が文科省を通じて教科書会社に伝えた「指針」の内容について、「出されたかどうか承知していない」と述べ、言及を避けた
(中略)
 「教科書検定意見撤回を求める県民大会」実行委員長の仲里利信県議会議長は七日午前、「(軍命否定は)戦争を知らない人が言うこと。あのような、今死ぬか殺されるか、あるいは生きるかという、生と死のがけっぷちにある状況の中で、証拠がある。(軍命を明記しないという指示は)ナンセンスでばかげたこととしか言いようがない」と批判した。
(中略)
 新しい歴史教科書をつくる会の藤岡信勝拓殖大教授が先月末、県庁記者クラブで会見し、沖縄戦時に日本兵から毒のおにぎりを渡されたとする仲里利信県議会議長の証言は「作り話」と批判したことについて、仲井真弘多知事は七日午前、県議会の一般質問で見解を問われ、「報道の通りであったとすれば大変失礼で理解不可能。大変疑問に感ずる発言」と批判した。(中略)仲里議長はこれまでに「壕の中で泣きやまない幼い妹らを殺すよう、日本軍兵士から毒入りのおにぎりを渡された」と証言している。


どっちなんだ?!と頭を抱えてしまいました。各社のニュアンスが違いすぎ~。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/12/07 18:42 ] 自爆史観 | TB(4) | CM(8)

神経戦?   No. 2950

産経は評価記事を一切控えているみたいですね。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/415458/
[ 2007/12/07 21:16 ] -[ 編集 ]

   No. 2951

「日本軍の命令を示す資料はまだ見つかってない」
この言いぐさって
「日本軍は臣民に対し非常に威張り散らしていたことを示す公文書は見つかっていない」
と同じレベルに聞こえるのは私だけでしょうか?
どうやら文科省にとっては証言や米公式文書は「資料」にならないみたい…(^o^;)
[ 2007/12/07 23:23 ] OOupb5gQ[ 編集 ]

   No. 2952

この、「記録が見つからない」と言うの、どこかで聞いたと思ったら、ついこのあいだの額賀サンの言い訳でした。
「記録がない」とは「事実でない」とは別物だと知りながら言ってる訳ですよね。セコイ!
[ 2007/12/08 00:07 ] N0YlkwU2[ 編集 ]

   No. 2955

>ni0615さん

後で魚拓とって晒しものに、、、コホン、メモ的エントリーにしておこうかと思ってますけど、当事者の皆様にも訳わからない状況みたいですね。
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200712081300_01.html

産経症は、本日も逝っちゃってます。
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071208/edc0712080325000-n1.htm



>アニカさん

自決を命ずる公式命令文書が発掘されないと、ないことになるのかもー。
でも、加害者側の「なかった」証言は採用みたいですよねぇ(加害者側の「あった」証言はやっぱり無視みたいだけど)。



>abi.abiさん
>額賀サンの言い訳
<
…某給油記録なんてご丁寧にも、保存期間中だというのにシュレッダーにかけてしまいましたっけ。あれも、もうじき記録がないの云々いいだすんでしょうねぇ。
[ 2007/12/08 12:05 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

地雷   No. 2956

>>碧猫さん

神経戦ですからあちこちに地雷を埋める人がいるんでしょう。
ですから、リアクションも慎重になるのでしょう。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/416151/
[ 2007/12/08 14:26 ] yNkD6PME[ 編集 ]

   No. 2957

>ni0615さん

今日も検定関係の情報を集めてエントリーにしようと思ってたのですが、別に走ってしまいました。なんだかややこしいことになっていますね。
めぼしいところを拾っておいて魚拓にしておきましたので、良かったら使ってください。
産経が南京事件がらみで香ばしい記事を連発しているのも、エントリーにしたいのですが。。。(^^;
http://b.hatena.ne.jp/felis_azuri/%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e8%aa%8d%e8%ad%98/?mode=detail
[ 2007/12/08 17:37 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

どうぞ   No. 2958

>産経が南京事件がらみで香ばしい記事を連発しているのも、エントリーにしたいのですが。。。(^^;

藤岡<s>クン</s>センセもあっちゃこっちゃ急がしいようですから(笑)。
[ 2007/12/08 19:22 ] yNkD6PME[ 編集 ]

   No. 2963

>ni0615さん

なんで、「南京」「慰安婦」「集団自決」の三点セットを、今の時期にまとめて全部、爆発させてくれるのでしょうかねぇ・・・
[ 2007/12/09 17:40 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/327-10851cb5


文部科学省はまだ「軍の強制」を弱めようとしている~「集団自決」教科書検定は訂正再申請へ

 来年度の高校用歴史教科書の沖縄戦に関する記述に対し、文部科学省が教科書検定を通して、沖縄住民の「集団自決」に日本軍の強制があった事実を否定する「修正」をさせていた問題について大きな動きがあった。 周知の通り、9月29日の沖縄県民大会以降、教科書検定に対す
[2007/12/07 21:39] URL 世界の片隅でニュースを読む

文科省は再申請でも「集団自決」の軍強制を否定しようとしているらしい

ここ数日、朝日新聞などは伝えていませんが、訂正申請された教科書案に対しての文科省の動きがありました。そして結局それは 「集団自決」は日本軍の強制ではなく、住民が思想教育により自らしたものだ、と書きなさい 、というものらしい事が明らかになってきました。 以
[2007/12/10 13:51] URL 眠り狂五郎

デムパな人たちがデムパなことを電波に乗せて撒き散らす

 もうすでに結構前の話になるのだけど、碧猫さんのこちらのエントリーのコメントで知ったこの話。まさかと思うのだけど、この集会って、こっちの話に影響してしまったんだろうか?...
[2007/12/12 21:13] URL Non-Fiction(Remix Version)

沖縄戦「集団自決」を描いた映画「GAMA月桃の花」はこんな映画

「 集団自決 」に関する教科書検定への文科省のおかしな検定がきちんと直らず非常に不満なのですが、それを吹き飛ばすようなよい映画を見たので紹介します。なおこの映画は東京では 2008年 5月には再び上映 されるようですし他でも再上映されるようです。 <GAMA月桃...
[2008/02/29 14:42] URL 眠り狂五郎












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。