スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カナダ下院「慰安婦」謝罪要求決議について、ようやく日本で報道 

日刊スポーツ2007年11月28日16時32分より、「カナダも慰安婦決議案可決へ(強調は引用者による、以降も同じく)

 カナダのメディアは27日、第2次世界大戦中の従軍慰安婦問題をめぐり、同国下院が日本政府に謝罪などを求める決議案を今週中にも全会一致で可決する見通しだと伝えた。

…引用中断、27日にカナダの英語メディアが一斉に報道したのは確かだけど、もっと前から報道されてたって。

決議案には、慰安婦問題が「日本軍による戦争犯罪」であると日本の学校教科書に明記する要求も含まれているという。
 同問題では今年7月、米下院が日本政府に公式謝罪を求める決議を可決。今月にはオランダ下院が同様の決議を可決しており、カナダ下院が可決すれば、日本に対する謝罪要求がさらに国際的広がりをみせることになる。
 同メディアによると、日本政府が決議案を可決しないようカナダのハーパー首相らに働き掛けたが、主要4党は既に可決の方針で合意しているという。
 決議案は、日本が「20万人以上のアジアの女性に大戦中、軍の性奴隷になるよう強制した」ことを認め「公式で誠実、明白な謝罪」を行うよう求めている。(後略)



時事通信2007/11/28-14:18より「慰安婦問題で日本に謝罪要求へ=カナダ下院で動議採決の動き

 【ニューヨーク27日時事】第2次大戦中の従軍慰安婦問題に関し、カナダ下院で日本政府に公式な謝罪を求める動議の可決を目指す動きが強まっていることが27日、分かった。28日に採決に付される可能性が高い。これについてAFP通信は、全会一致で可決される見通しだと伝えた。ただ、動議に法的拘束力はない

…引用中断。なぜ、ニューヨーク?
はともかく、解ったの27日じゃないって。そしてまた、採決しないように働きかけておきながら、可決されそうになると「動議に法的拘束力はない」ですか。

 動議は、野党・新民主党所属で中国系のオリビア・チョウ議員が本会議に提出。カナダ政府は福田康夫首相と日本の国会に対し、「20万人以上のアジア人女性が性的奴隷となるよう強制された歴史的事実」を認め、元慰安婦に「公式、誠実かつ明確に謝罪する」決議案を可決するよう促すべきだとしている。
 また日本の教科書の中で、「軍の性的奴隷」に関する記述を復活させるよう要求した。

…情報自体に目新しさはありません。でも、日本でようやく報道されるようになったようで。

なお、オリビア・チョウ議員のホームページ、Mon 26 Nov 2007.付の記事に、以下の動議案が掲載されています。これは「Chinese in Vancouver」によると

NDP MP Olivia Chow submitted a new motion to the House of Commons on Friday, after discussions with ALPHA:
(ALPHAと討議した後に、下院に出した新しい動議案)

なんだそうで、元々の動議案(hagakurekakugoさんが紹介なさってた分)よりも、厳しい内容になっているような。

IN THE HOUSE: Olivia Chow's Motion in support of the Comfort Women

That, in the opinion of the House, the government of Canada should urge the Prime Minister and Parliament of Japan to pass a resolution in the Diet to:

a) acknowledge the historical facts that more than 200,000 Asian women were coerced into military sexual slavery during the Second World War by the Japanese Imperial Army;

b) offer a formal, sincere and unequivocal apology to all these victims;

c) accept responsibility for the harms and humiliation caused to these victims;

d) educate current and future generations about the war crimes committed by the Japanese Imperial Army;

e) restore all references to the Japanese Military Sexual Slavery which have been continuously removed from Japanese textbooks.

日本での報道は、この内容にそっているように思われます。

なお、カナダ下院のホームページにあった、Order Paper and Notice Paper No. 26 (Wednesday, November 28, 2007)には、古い方の動議案;

M-291 ― October 16, 2007 ― Ms. Chow (Trinity―Spadina) ― That, in the opinion of the House, the government should urge the Prime Minister and the Parliament of Japan to: (a) pass a resolution in the Diet to formally apologize to the women who were coerced into military sexual slavery during the Second World War and were euphemized as “comfort women” by the Japanese Imperial Army; and (b) provide just and honorable compensation to these victims.

が書いてありました。
カナダのシステムもよく解らないので、結局どれが採択に付されるのやら…。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/11/28 17:58 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/321-9fb9e233


林博史氏の講演

東アジアの未来に重要 マスコミ関連九条の会連絡会 「慰安婦」で林博史教授が講演11月10日、関東学院大学の林博史教授による講演「なぜいま日本軍『慰安婦』問題なのか」がマスコミ関連九条の会連絡会主催で行われた。雨模様の中、会場の東京堂書店会議室がほぼ埋まる52
[2007/11/28 23:53] URL JCJ機関紙部ブログ












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。