スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オランダ下院「決議」に関する報道収集 

AOLで社説が掲載されているのを発見、収集。
ただし、Kyodoとか、Asia-Pacific pressとか、The Korea Heraldとか書いてあって、結局、、、KyodoなのかThe Korea Heraldなのか…(^^; とりあえず、アメリカやオーストラリアにも報道されたということで。

11日か12日付で「PRESSURE ON JAPAN  (日本にかかる圧力)」(以下、強調は引用者による、以降も同じく)

The Netherlands' Lower House unanimously passed a resolution last Thursday urging Japan to apologize for its wartime military sexual slavery and to pay compensation to the victims. This week, the Netherlands' Lower House will question Prime Minister Jan Peter Balkenende and other ministers about the Dutch government's approach toward Japan over the issue.

オランダ下院は、日本に、戦時性奴隷への謝罪と犠牲者への補償を促す決議を満場一致で採択した。今週、オランダ下院は、バルケネンデ首相や他の大臣に、オランダ政府がこの問題についてどう進めるかを質問する。


Three former military sex slaves are currently on a speaking tour through Europe to raise awareness of the issue there. While most of the estimated 200,000 women who were drafted into sexual slavery by the Japanese military are from Asia, Dutch nationals who lived in Indonesia under Japanese rule were taken away as well. Ellen van der Ploeg, 84, one of the three women touring Europe, was among them.

三人の元性奴隷が、ヨーロッパでのこの問題に関する注目を喚起するために、現在、講演で欧州各地を回っている。日本軍によって性奴隷として徴募された20万人にも上る女性は、アジアから集められ、日本占領下にあったインドネシア在住のオランダ人も同様に連れ去られた。三人の、欧州各地で講演している女性の一人、84歳になるエレン・ファン・デル・プロエグはその中に含まれる。


The courage of the women -- Gil Won-ok from Korea and Menen Castillo from the Philippines, in addition to van der Ploeg -- must be applauded.

ファン・デル・プロエグに加え、韓国からのギル・ウォン・オクとフィリピンからのメネン・カスチロは賞賛されるべきである。


Earlier this week, the survivors testified about their experiences at the European Parliament. Raul Romeva, who presided over the hearing, said that the European Parliament is nearing an agreement to include a resolution on Japan's sex slavery on the agenda for the next plenary session, scheduled to be held in France next week.

今週初め、生存者達は彼女らの体験を欧州議会で証言した。公聴会を取り仕切ったラウル・ロメバは、来週フランスで開かれる予定の、次の総会の議事予定に含まれる日本性奴隷に関する決議は、おそらく採択されるだろうと語った。


The resolution, when passed, would be added pressure on the Japanese government to apologize and offer compensation to the former military sex slaves. The U.S. House of Representatives adopted a similar resolution in July.

決議が採択されれば、日本政府に対し、元軍用性奴隷への補償と謝罪への圧力を加えるだろう。アメリカ下院は、類似の決議をこの7月に採択している。


In March this year, the former Japanese Prime Minister Shinzo Abe stirred up controversy when he said there was no evidence that women were forced into military sex slavery during World War II. It has recently been revealed that Abe was forced to retreat from that position when the United States expressed concerns that Abe's remark may damage U.S.-Japan relations.

今年三月に、安倍晋三・前日本首相は、第二次世界大戦中に、軍用性奴隷になるよう女性が強制された証拠はないと発言し、論争を巻き起こした。これは最近、日米関係が痛手を受けるとの懸念を安倍氏に伝えることで安倍前首相がその見解を後退させるように、アメリカが圧力をかけたと明らかになった。


Prime Minister Yasuo Fukuda is urged to take action soon to address this episode in Japan's history. If the Japanese government is hoping that the problem would simply go away as many of the aging survivors pass away, it is badly mistaken.

福田康夫首相は、日本の歴史におけるこの挿話を、すぐに言及するような行動を取るよう促されている。もし、日本政府が高齢の生存者が亡くなるのに従って、問題が収束するのを望んでいるなら、それは最悪の間違いだ。


History cannot be obliterated. Japan should apologize to the victims of military sexual slavery and offer just compensation. To do otherwise risks inviting even more international condemnation.

歴史は決して抹消できない。日本は軍用性奴隷の犠牲者に謝罪し、正当な補償を申し出るべきだ。他の方法をとるなら、更なる国際的非難を招く危険を冒すだけだ。



参考;
東京新聞2007年11月8日 14時06分付で「拉致解決へ支援できず 3月、安倍氏見解を封印

 従軍慰安婦動員の強制性に関する安倍晋三前首相の発言が日米間の外交問題に発展していた今年3月、シーファー駐日米大使が当時の政府首脳に「このままでは、北朝鮮の拉致問題で日本を支援できなくなる」と強く警告、これに応じて安倍氏が事態収束を図ったことが8日、関係者の証言で分かった。

 拉致問題への支援取りやめをちらつかせて問題の沈静化を迫った米大使の強硬姿勢は、安倍氏の言動で日米関係が危機的な状況に陥っていた実態を浮き彫りにしている。(後略)



オランダ議会に関する報道は、他には、コメント欄でNiphoneseさんに教えていただいたThe Korea Timesの社説「Call for Apology」ぐらいしかでていないようです(The Korea Timesのは既出の情報や意見にかぶるので、本文の紹介略です、すみません)。まぁ、オーストラリアのよりは多くなったようではあります。後、絶対報道しそうなのにまだなのは産経でしょうか。

本日、他に見つけた「慰安婦」関連報道は、TorontoSun.com@Mon, November 12, 2007の
'Asia's holocaust' ですが、、、これはアイリス・チャンの映画の話でした。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/11/13 00:00 ] 自爆史観 | TB(7) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/308-95572d1e


「現実的であれ、しかし不可能を求めよ。」

小沢氏が自民党側の誘いにのって大連立に走りそうになったことについてもっと直接的な記事を書くべきところだったかもしれませんが、そのような書き方をしなかった私です。(すべての事情が明らかではないという理由もあり
[2007/11/12 22:34] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

[よのなか]元慰安婦らが英国の日本大使館前で抗議

Japan Today - News - Former sex slave protests outside Japan’s embassy in London LONDON — Protesters gathered outside the Japanese Embassy in London on Monday and called for Tokyo to address the demands of former World War II sex slaves. Campaign
[2007/11/13 18:01] URL おこじょの日記

ハイナンNETの今後の活動について

ハイナンNETの今後のイベント等予定について紹介します。来年1月15日の裁判には、原告が来日して法廷で証言を行います。そのため、原告をお世話するためのボランティア説明会を12月1日に行います。詳しくは本文を見てください(^o^) 
[2007/11/15 02:14] URL ハイナンNETニュース

世代論 日本人論 

 もうずいぶん前、なだいなださんが、世代によって考え方が違うという「世代論」と、日本人に固有の特質をあれこれいう「日本人論」は矛盾しているよね、と書いていました。「日本人論」は江戸時代の昔から変わらぬ日本人の特質を倦むことなく語るけど、世代論はたかだか10
[2007/11/15 09:23] URL みんななかよく

[memo][UG]韓国国会超党派議員が決議案を提出

東京新聞 2007/11/15(3面)11版S(たぶんweb上には載っていない) -- 韓国でも「慰安婦」決議案/超党派議員97人提出/日本に謝罪,補償要求 【ソウル=中村清】第二次世界大戦中の従軍慰安婦問題をめぐり,韓国の超党派の国会議員97人が日本政府の公式謝罪と法的な補償を求める「
[2007/11/15 20:19] URL 国立でむぱ研究室櫻分室

慰安婦問題、ヨーロッパからも追及される

まずは、ネトウヨコメント分類学的にたいへん有益な資料を見つけたのでメモ。従軍慰安婦問題に「強制性はなかった」とか「軍は関与していない」と主張する人々が集まる場所からそういう言い分をまとめてもってきて一刀
[2007/11/16 01:12] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

フィリピンで日本軍により「慰安婦」にされた二人の女性の生の声

従軍慰安婦だった女性に日本が国家の意思として謝罪することに抵抗を感じる方々、従軍慰安婦だった女性に「強制ではなかった、商行為だった、...」などと言い続けることが「セカンドレイプ」であることに気付かない方々
[2007/11/21 21:52] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。