スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「日本軍『慰安婦』問題解決のための世界大会」報道 

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にて10/4-6まで開催された「日本軍『慰安婦』問題解決のための世界大会」(主催=同大会準備委員会)の報道があまり出てなかったけど、朝鮮新報で出ていたのでメモ。
この大会については;
・「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」(2000年、東京)以来の大規模な行事
・アメリカ下院決議後に開かれる国際的行事としては最初のもの。
・アメリカで開催される、この問題の世界規模大会としては初。
・そういえば、日本紙ではちっとも報道してないぞ。
・大会ホームページがあったはずだけど更新情報があまりなくて、、、もごもごもご。URLどこだっけ?(発見、ここでした)
・英語の報道も少なかったし、時期的に沖縄方向を気をつけてたから、取り上げ忘れていた。
というのが、背景というか経緯というか言い訳でした。

朝鮮新報 2007.10.19より「米で『慰安婦』問題世界大会 (強調は引用者による、以下も同じく)

(略)
大会には開催地の米国をはじめ南朝鮮、日本、中国、台湾、フィリピン、オランダ、ドイツなど10余カ国の団体と個人、各国の旧日本軍性奴隷制被害者らが参加した。旧ユーゴとルワンダ国際戦犯法廷のジェンダー犯罪法律顧問を務めたパトリシア・セラーズ氏をはじめ著名な法律家、大学教授、政治家なども参加した。
(中略)
 基調報告を行ったアニー・ファレオマバエガ下院議員(米領サモア、民主党)は、「日本軍の残虐行為は決議案の通過などを通じて国際的に広く認識された。今後は批判だけに止まらず、さらに前進すべきだ」と指摘。

…引用中断。決議案の通過過程を通じて国際的に広く認識されたのは、日本軍の残虐行為だけではなかったような。。。

運動の課題として、「ジュネーブ協定に明示された戦争捕虜人権条項のように、女性を性奴隷にする行為を全面禁止する条項を作るなどの対策が必要」だと述べた。また、「慰安婦」に関する政策は日本軍の最上層部の意志により計画的に実行されたと強調し、日本政府の謝罪と補償を求めた。
 5日には各国の研究者や専門家らによるシンポジウムが開かれた。最終日の6日にも、「慰安婦」問題に関して法律家を中心に法的側面から活発な討議が行われた。(中略)
大会では「日本軍『慰安婦』被害者のための人権宣言」が発表された。(中略)
 今回の大会は、米ロヨラ・メリーマウント大学の李鍾和、ステラ・オー両教授、アムネスティ・インターナショナルのポール・ホフマン弁護士(ともに大会準備委員会の共同委員長)らが中心となって企画した。各国人権団体の支持、支援を受けて2004年から準備を進めてきた。(中略)
 主催者側は、▼日本軍「慰安婦」問題に対する世界的関心の増大、世論形成、▼問題解決のための国際協力強化、研究活動促進、▼米国内での「慰安婦」問題に対する認識改善、▼日本の公式謝罪と法的補償を要求する運動に対する米国市民社会の参与促進などの面で成果があったとしている。(後略)


朝鮮新報 2007.10.19より「大会に参加して

(略)
 5日には各国の専門家による、学術的な視点から見た日本軍「慰安婦」問題のパネルディスカッションが行われた。6日には、法律家たちが法的な視点から「慰安婦」問題に関する見解を述べ、問題解決のための提起を行った。

 大会に参加しながら、運動がアジアだけでなく、世界各地で行われているということを実感できた。日本、南朝鮮、台湾、フィリピンなど生存者がいる国ではもちろん、被害者がいないドイツでも日本政府に公式謝罪を求める決議案をEU議会に提出しようとする動きがあり英国ではアムネスティ・インターナショナルという著名なNGOが中心となっている。11月には欧州各国の団体が集まり、運動を地域全体でより強く推し進めていくための会議を計画しているという。また、カナダやオーストラリア、オランダでも女性を中心に地道な草の根運動を続けているということだった。
 参加者たちは、「慰安婦」問題に関して日本政府に「明確かつ曖昧でない形で歴史的責任を正式に認め、公式に謝罪する」ことを要求した「121決議案」が7月末に米下院本会議で通過したのに続き、他の国でも同様の決議案を議会で採択させなければならないと、異口同音に話していた。(中略)
「121決議案」は、90年代初頭から地道に続けられてきた問題解決のための運動に大きな希望を与えたといえるだろう。
 今回の決議案通過に多大な寄与をしたワシントン挺身隊問題協議会の徐玉子会長は、決議案通過の要因について、▼これまでアジアだけの問題として認識されてきた日本軍「慰安婦」問題を米国内で世界的な人権問題として認識させたこと、▼世界の市民団体が地道な草の根運動を続けてきたこと、▼安倍前首相が軍による強制性を否定したり、日本の政治家や学者、ジャーナリストたちが米紙ワシントン・ポストに「強制性はなかった、慰安婦は公娼だった」という内容の広告を出したりしたことで世論の関心が「慰安婦」問題に集中し、日本の姿勢に怒りを感じた人びとが増えた結果、運動が盛り上がったことにあると話していた。(後略)



…「日本軍『慰安婦』被害者のための人権宣言」が見たい。
ので、後で"The World Conference on Japanese Military Sexual Slavery"で探さなきゃ
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/10/19 18:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/287-b6f504f6


今年の日米規制改革要望書(2007年10月18日付け)が発表されました

(人気blogランキング参加中。)「山形の住人」さんから、コメント欄で教えていただきました。ありがとうございます。m(__)m今年の日米規制改革要望書(2007年10月18日付け)がアメリカ合衆国通商代表部(Office of the
[2007/10/20 01:30] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。