スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

教科書問題、現時点までの展開をメモ 

以下、メモ。
ここに至るまでは、県民大会の後、そうそうに県議会議長にして県民大会委員長の仲里氏らが文科相に面会したりしたものの文科相側は言質を与えずで、検定意見の撤回がないと教科書会社の方も記述元通りにはできなくて弱めた記述にならざるを得ないって話が出てて(こっちも参考)、教科書検定における沖縄条項の創設も難色を示され検定意見撤回の原則に固執するより記述回復優先かとか沖縄の人達の方も意見が揺れている風。

その後の、週末あたりから週明けの展開が以下のメモ。
全国ネットの報道があまり入らない理由は、、、どうも、同じ事の報道でも沖縄紙の方が詳しいので。
(以下、強調部分は引用者による)

10/8 AM 「文科省、議事録HPで公開 教科書検定審」@琉球新報

 (略)
文部科学省は7日までに、2008年度から使用される教科書の検定を最終決定した今年3月30日の教科用図書検定調査審議会の総会議事録をホームページで公開した。議事録によると、日本史申請本を審議した部会は「現在の学説状況」に照らして、「集団自決」に関する記述の修正を求めたと説明。修正意見に基づき「適切な修正がなされた」ため合格判定したと報告している。報告に対する質疑や意見は記載されていない。
 文科省は近年の沖縄戦関連書籍の一部引用、大阪地裁で争われている訴訟で「自決命令はなかった」とする元座間味島守備隊長の証言などを根拠に検定意見を付した。しかし、審議会には沖縄戦の専門家はおらず、詳細な議論もなかったことが審議会関係者の証言で分かっており、文科省が主導した検定過程の在り方が問われている
 議事録によると、日本史などを扱う同審議会の第二部会長は29点の申請本について「慎重に審議したところ、いずれの申請図書についても欠陥があると認められたので、合否の判定を留保し、申請者による修正を求め、その修正内容について再度審議した。その結果、検定意見に沿った適切な修正がなされたと判断し、全29点を合格と判定した」と報告した。
 その上で日本史に関して「近・現代史を中心として、南京事件の犠牲者数、沖縄戦の実態などの記述について、現在の学説状況に照らして、修正を求めた。また国旗・国歌問題、イラク戦争などに関しても、事実関係に即した記述への修正を求めた」と述べている。
 しかし、沖縄戦に関する「現在の学説状況」の具体的な説明はない。部会長の報告に対する質疑も記されていない。(後略)


…ものを確認。
文教科用図書検定調査審議会 総会(18年度第1回)議事録

 (略)
 平成18年度の第2部会は、(中略)慎重に審議したところ、いずれの申請図書についても欠陥があると認められたので、合否の判定を留保し、申請者による修正を求め、その修正内容について再度審議しました。その結果、検定意見に沿った適切な修正がなされたと判断し、全29点を合格と判定しました。
 次に各科目について、今年度の検定の概略を報告します。
 まず、「地理」及び「地図」については、(略)
 「世界史」では、(略)
 「日本史」では、近・現代史を中心として、南京事件の犠牲者数、沖縄戦の実態などの記述について、現在の学説状況に照らして、修正を求めました。また国旗・国歌問題、イラク戦争などに関しても、事実関係に即した記述への修正を求めました。
 「現代社会」では、今日の政治的諸問題に関する記述、裁判制度の用語や手続きに関する記述の正確性を求めました。またボランティア活動、男女共同参画社会など、今日議論されている倫理的な課題についての記述に修正を求めました。
 「倫理」では、倫理思想に関する不正確な記述に、また特にジェンダーや家族、生命倫理など現代の倫理的課題に関する記述に修正を求めました。
 最後に、「政治・経済」では、日本国憲法の改正問題、自衛隊の役割、靖国神社参拝、イラク戦争などの記述について不正確なものが見られ、さらに、経済格差や環境及びエネルギー問題に関する記述についても修正を求めました。いずれも検定意見に沿った修正がなされました。
 以上です。(他の部会は略)

…「倫理」の項目を略さなかったのは引用者の趣味。
10/8 AM 「修正で決着図る政府/県民大会から1週間」@沖縄タイムス

 (略)
政府首脳の国会答弁や与党幹部らの発言から、(1)教科書会社からの訂正申請に柔軟に応じ、記述修正を認める(2)検定意見撤回はしない―との対応で、県民からの要求や野党の追及をかわそうとする政府の方針が見えてきた。(中略)
 「検定においては軍の『関与』を否定しているというものではない」。「教科書記述は軍の『関与』を否定するものではない」。渡海紀三朗文部科学相や福田康夫首相は、国会答弁の中でたびたび「関与」という言葉を使う。同時に「県民の思いを重く受け止めなければ」とも繰り返す。
 大会決議文が「沖縄戦における『集団自決』が、日本軍による関与なしに起こり得なかったことは…」など、「関与」という言葉を使っていることを引用している。(中略)
大会実行委副委員長は「『関与』などというあいまいな表現では、記述回復とはいえない。教科書には、日本軍の強制もあり『集団自決』が起きたと、書かれなければいけない」と話す。

安易な妥協
 渡海文科相らは検定意見撤回に難色を示す理由に「検定制度への政治介入の回避」を挙げる。(中略)野党が提示している国会決議案も、教科書審議会による記述の見直しと、意見撤回の前段として、検定制度の見直しを求めるものとなった。
 山口准教授は「教科書で歴史を歪曲させた責任は、検定意見とそれを決めた審議会、それを認めた文科省にある。『政治介入』は自ら責任を取らないための言い訳」(中略)「このような歴史歪曲を許した検定制度の見直しも必要だ。検定意見撤回とともに求めていくべきで、安易な政治的妥協を許せば、将来同じことが起こり得る」と指摘する。
 玉寄副委員長も「『集団自決』の記述への検定意見は文科省の自作自演で付けられた。その責任を避けてはいけない」と現在の政府の対応に怒りを見せる。(中略)

全国県人会も撤回決議
(略)教科書検定意見の撤回を求める決議を全会一致で採択した。(中略)「撤回決議」は地元大阪の県人会連合会から緊急アピールの形で提案された。(中略)
 沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」について決議は、「日本軍の関与なしに起こり得なかったことは、紛れもない事実」と強調。「本土に在住する沖縄県人も重大な関心をもっている。今回の検定意見は歴史の事実をねじ曲げようとする暴挙と言わざるを得ない」とし、検定意見の撤回と強制性の記述の速やかな回復を求めている。



10/9 PM 「検定審議一部公開を検討/教科書で文科相」@沖縄タイムズ

 渡海紀三朗文部科学相は九日午前の閣議後会見で、沖縄戦「集団自決(強制集団死)」への日本軍の強制を削除した教科書検定問題への対応について、これまで非公開だった教科用図書検定調査審議会の審議の在り方を見直し、一部を公開する方法を検討していることを明らかにした。(中略)審議終了後にやりとりを公表する方法を検討していることを示した。
 また一部報道で九月二十九日の県民大会の参加人数が「四万数千人だった」とされていることには「人数は重要だが、今回の大会は県民の代表たる知事が出席し、各界、各層、各党派の皆さんが参加している点が非常に大きい。そのこと(人数の多寡)で私自身の考えが大きく変わるとは考えていない」と述べた。(中略)
 「教科書検定意見撤回を求める県民大会」の実行委員会が九日、県議会で開かれ、十五、十六の両日に再度上京し、福田康夫首相や町村信孝官房長官、渡海紀三朗文部科学相などに面会を求め、「日本軍強制」の記述を削除した検定意見の撤回と記述回復を求めることを決めた。(中略)
 実行委幹事の平良長政県議は「記述回復を優先させるとの一部報道があるが、(実行委は)ぶれたり動揺はしていない」と話し、検定意見撤回を求める考えをあらためて示した。(後略)



10/9 PM 「県民大会参加者の怒り、政府の衝撃報道 NYタイムズ」@琉球新報

 米紙ニューヨーク・タイムズは7日付で「沖縄県民、歴史改ざんに抗議」と題する記事を掲載した。9月29日の「教科書検定意見撤回を求める県民大会」の写真も掲載。高校日本史の教科書検定で、沖縄戦の「集団自決」に日本軍の強制があったとの記述が削除・修正されたことに、県民が激しく抗議し、歴史の改ざんは許さないとする県民の意思を日本政府に突きつけた―と報じた。
 記事が掲載されたのは日曜版の「ワールドニュース・セレクション」。日本軍の強制があったと話す沖縄戦生存者の証言を引用しながら「軍の強制があったことはこれまで教科書に記載されてきたものの、安倍前政権時に愛国心を明記した改正教育基本法が成立し、その数カ月後に教科書から日本軍に関する部分の記述が削除された」と指摘している。
 また「従軍慰安婦問題では、アジア諸国が一斉に反発したが、今回の抗議集会に11万人以上の沖縄県民が参加したのは、右傾化が進む日本政府への怒りの表れ」との見方を示した。
 過去最大となった県民集会への参加者数に、日本政府内に大きな衝撃が走った様子などについても触れながら、集会では「この問題で、これまで見えなかった沖縄への差別の存在に初めて気付かされた」「事実を隠そうとする政府に怒りを感じる」という高校生らの声や「父母や祖父母が語る事実をうそ呼ばわりするのは許せない」などという参加者らの怒りがあふれていた―と伝えた。(後略)。



10/9 PM 「渡海文科相 教科書検定、審議の透明性検討」@琉球新報

(略)
渡海紀三朗文部科学相は9日午前の閣議後会見で、非公開となっている教科用図書検定調査審議会の在り方について、「全面的公開はなかなか難しい。静かな環境で中立公平にやってもらうためには、議論が終わった段階で、ある程度公表することは可能かもしれない。(中略)透明性を上げる必要はあると思うが、どういうことができるか検討したい」と述べた。
 渡海文科相は「これだけのことが起きたので、今後の課題として、これまでのやり方で良かったのかどうかも含めて検討したい。変えなければいけない部分があれば当然変えていくことは必要だ」と述べた。
 審議会の部会は議事録さえ非公開となっていることについて「公表されていない理由をすべて明らかにしなければならない」と述べた。
 9月29日の県民大会参加者数が11万人ではなく4万数千人だったとする一部全国紙報道については「もちろん人数は重要だ。だが今回の大会は県民代表の県知事が出席し、各界、各層、各党が参加した点が非常に大きい。数の問題だけでものが決まるのではないので、基本的に私の今までの考えがそれほど大きく変わるとは思っていない」と答えた。



10/10 AM 「検定やり直し決議、採択見送りへ=民主」@時事ドットコム(魚拓無し)

(略)
教科書検定のやり直しを求める国会決議案は9日、採択が見送られる情勢となった。同決議案の採択を主張している民主党が、自民党が反対する中では野党多数の参院でも採択しない方針を表明したためだ。
 民主党の平田健二参院幹事長は同日の記者会見で、「今まで多数決で押してきた自民、公明両党を批判してきたわたしたちが、多数決で押し切ることはできない」と語った。(後略)



10/10 AM 「検定撤回 国会決議案提出 困難に/民主、修正も視野」@沖縄タイムズ

民主、社民の両党が参院に提示した沖縄戦「集団自決(強制集団死)」の教科書検定に関する決議案への対応をめぐり、民主党の平田健二参院幹事長は九日の記者会見で「多数決ではできない。全会一致が原則だ」と述べ、与党が賛成しない限り国会提出は困難との認識を強調した。(中略)
 一方、民主党関係者は同日、決議案に盛り込まれた(1)教科用図書検定調査審議会の再検討(2)教科用図書検定規則等の見直し―の二項目について、「検定規則の見直しを削除すれば賛成するという話が、参院自民の一部から伝わってきている」と明らかにした。



10/10 AM 「撤回実現まで国へ要求/実行委『我々はぶれない』」@沖縄タイムズ

(略)「教科書検定意見の撤回を求める県民大会」実行委は九日、今後の対応を話し合い、大会決議にうたわれた教科書の記述回復と検定意見撤回を政府に求め続ける方針を確認した。二百人規模の要請団が上京し、十五、十六日に政府、国会、教科書会社に県民の意志を伝える。(中略)
 三日の緊急要請行動では、文科省の意向で、渡海紀三朗文部科学相と面談する要請団側出席者が、仲井真弘多県知事ら四人に限定された。県婦人連合会長の小渡ハル子実行委副委員長は、文科省官僚が渡海文科相との面談に女性が同席することを認めようとしなかったエピソードを紹介した。(中略)
 これらの意見を聞き、県議会議長の仲里利信大会実行委員長は「私たちの気持ちが(政府に)十分に伝わっていない。沖縄戦研究者や『集団自決』関係者の証言をみても、国が検定意見の理由に示していることは根拠がほとんどない」との考えを示した。
 話し合い終了後、仲里委員長は記者団に、教科書会社からの正誤訂正受け入れによる記述修正での決着をはかる動きについて「それは政府の考え」とはねつけ、「我々はあくまでも検定意見撤回と記述回復を求める。ぶれることはありません」と強い口調で語った。


…途中の「文科省官僚が渡海文科相との面談に女性が同席することを認めようとしなかった」っつーのは、いったい何なんでしょうか?

10/10 PM 「教科書検定『部会』要旨公開へ」@沖縄タイムズ

 沖縄戦「集団自決(強制集団死)」をめぐる教科書検定問題で、文部科学省が、原則非公開としている教科書検定審議会のうち、実質的に教科ごとの検定の合否を判断している「部会」の議事要旨の公開について検討を始めることが十日、分かった。文科省は今回の問題が決着した後に具体的な検討を進め、次回以降の審議会運営に反映させたい考え。(中略)
 また審議会の委員に、沖縄の近現代史の専門家が選ばれていないとの指摘を受けていることから、文科省は委員の選任方法や専門家の意見聴取についても検討課題としている。(後略)



後先ながら、
10/4 PM 「教科書問題 日本の二重基準」@中央日報日本語版

  ♯1.2005年4月7日、日本の町村信孝外相は向かい合って座った潘基文(バン・キムン)韓国外交部長官から激しく抗議を受けた。当時、扶桑社の中学校歴史・公民教科書の独島(ドクト、日本名・竹島)関連部分が検定の結果、「韓国が不法占拠している竹島」という表現で記述されたからだ。 また「従軍慰安婦」表記はすべての教科書から消えた。(中略) その数日後に日本を訪れた韓国国会議員団に対しても「ご存知ないようですが、(修正が)できなくなっているシステム」と短く語った。さらに日本外務省のホームページに「日本教科書検定制度」というコーナーを設け、親切にも英語・ハングル・中国語の翻訳版まで付けた。専門家で構成された教科書検定調査審議会が下した判断に政治は介入できない、というのが主な内容だった。結局、韓国の修正要求は1件も受け入れなかった。

♯2.2007年10月1日、日本政府の町村官房長官が記者会見場に現れた。太平洋戦争末期の沖縄戦で日本軍が住民に集団自決を強要したという内容が高校教科書検定過程で削除されたことについて、沖縄県民11万人が先月29日に抗議大会を開き、怒りを爆発させた直後だった。(中略)日本政府は各教科書出版社に訂正申請をさせ、これを受け入れるという便法で「日本軍が集団自殺強要」表記を復活させる方針だ。

日本政府が2005年の教科書波紋当時に‘盾’とした検定制度はその間、一行も変わっていない。 にもかかわらず日本政府が今回の沖縄の件では自ら‘不可能’と主張してきた政治介入に動くという自己矛盾に陥った。

沖縄の‘票’が重要なのは理解できる。 しかし日本政府は、韓国に対しても‘日本固有の検定制度’云々という軽薄な言い訳が通用しなくなることも悟らなければならない。 教科書検定制度関連の英語・中国語版説明を読んだ全世界のネチズンに対しても同じことだ。

スポンサーサイト
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/10/10 19:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(8)

   No. 2374

こういう時に民主は頼りになりませんね。第二自民党とか揶揄されるわけです。あれだけの動きがバックにあれば良い攻め口でしょうに。(現に、表立って運動の主旨に反対できるのは自民にもいませんから)

まあ自民よりはマシだし、万年与党を下野させる道具には使えますが。
[ 2007/10/10 22:40 ] EBUSheBA[ 編集 ]

同感   No. 2378

>Gl17さん

まったく、この腰くだけっぷりったら情けないにもほどがありますね。自民党でない事だけが最大の評価ポイントの党ですから。

The Facts広告にも名前を載せたのがいるし、松原議員に衆院外務委員会で45分間もとんでも発言を許した党だけあると、妙な関心をしてしまいました。
[ 2007/10/11 12:37 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 2380

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/11 13:12 ] [ 編集 ]

   No. 2381

>…途中の「文科省官僚が渡海文科相との面談に女性が同席することを認めようとしなかった」

面談室が相撲の土俵の上にあるとか?
[ 2007/10/11 13:15 ] 6fyJxoAE[ 編集 ]

   No. 2383

>玲奈御姉様

なるほど。文科省はスポーツ振興もお仕事のうちでしたね!
[ 2007/10/11 19:24 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 2387

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/11 20:29 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 2395

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/12 17:12 ] [ 編集 ]

   No. 2398

>2007/10/12 17:12 No. 2395のコメント提供者様

お知らせありがとうございます。
長い楽しい一生を送れた幸せな子だったんですね。どんな形であってもお別れは悲しいものですけど、どうか、彼女に幸せな一生を送らせてあげれたことを誇ってくださいね。
[ 2007/10/12 20:07 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/277-744e792b


事実、証言、人数、部分、全体、報道、歴史

(人気blogランキング参加中。)私のあちこちの記事のコメント欄がにぎわい始めました。(汗)今日は一つお返事しましょう。再び反響があったのが、まずこの記事です。「沖縄戦の被害者の苦しみを隠したり故意に
[2007/10/12 01:48] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。