スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

9・29「教科書検定意見撤回を求める県民大会」 前 

実際のアップは10/1。
長くなったので、県民大会前に拾っておいた情報をこちらに。

まず、9・29「教科書検定意見撤回を求める県民大会」前の報道であらたな軍命証言が出ています。
沖縄タイムズ2007年9月29日(土) 朝刊 1・27面報道より「手榴弾配り自決命令/住民が初めて証言(強調は引用者による)

(略)
 一九四五年三月二十五日、座間味村の忠魂碑前に軍命で集まった住民に対し、日本兵が「米軍に捕まる前にこれで死になさい」と手榴弾を渡していたことが二十八日、同村在住の宮川スミ子さん(74)の証言で分かった。長年、座間味村の「集団自決(強制集団死)」について聞き取りをしてきた宮城晴美さん(沖縄女性史家)は「単純に忠魂碑前へ集まれでなく、そこに日本軍の存在があったことが初めて分かった」と指摘している。(中略)
 宮川さんは当時、座間味国民学校五年生。米軍が座間味島を空襲した四五年三月二十三日に、母のマカさんとともに家族で造った内川山の壕に避難していた。二十五日夜、マカさんが「忠魂碑の前に集まりなさいと言われた」とスミ子さんの手を引き壕を出た。
 二人は、米軍の砲弾を避けながら二十―三十分かけ、忠魂碑前に着いた。その際、住民に囲まれていた日本兵一人がマカさんに「米軍に捕まる前にこれで死になさい」と言い、手榴弾を差し出したという。スミ子さんは「手榴弾を左手で抱え、右手で住民に差し出していた」と話す。
 マカさんは「家族がみんな一緒でないと死ねない」と受け取りを拒んだ。スミ子さんはすぐそばで日本兵とマカさんのやりとりを聞いた。二人はその後、米軍の猛攻撃から逃れるため、あてもなく山中へと逃げた。
 聞き取りが当時の大人中心だったため、これまで証言する機会がなかった。スミ子さんは「戦前の誤った教育が『集団自決』を生んだ。戦争をなくすため、教科書には真実を記してほしい」と力を込めた。
 宮城さんは「日本軍が手榴弾を配ったことが、さらに住民に絶望感を与え、『集団自決』に住民を追い込んでいった」と話している。(後略)



もう一つ、9・29「教科書検定意見撤回を求める県民大会」に先だっての話。
沖縄タイムズ2007年9月29日(土) 朝刊 1・2面報道より「文科相「検定の経緯精査」/意見変更可能性も
沖縄タイムス紙が、就任後の渡海文科相に対し、沖縄戦の専門家がおらず文科省主導で審議が進んだ検定の経緯などについて提出した質問書への、28日付の回答によると;
今回の検定に至る経緯や趣旨等については十分に精査していきたい」とコメントし、検定過程を詳しく調査する考えを明らかにし、さらに
「(「集団自決」について)多くの人々が犠牲になったということについて、これからも学校教育においてしっかりと教えていかなければならない」とコメントしたとのこと。これまでの文科省の「教科用図書検定調査審議会が決めたことには口出しできない」としていたのが方向転換した言質を取ってくれました。<沖縄タイムスGJ!
まぁ、渡海文科相のこれまでの発言も(沖縄タイムズ2007年9月27日(木) 朝刊 1面報道「渡海文科相「県民大会 見極め対応」教科書検定問題」によると)、
「(9/29県民大会が)どういう大会になるのか、どういう意見が出るのかを見極めて、対応させていただきたい」と述べたとかで日和見気味な上に、
「(軍強制を文科省が検定で高校歴史教科書から削除した件に県内で強い反発が起こっていることについて)沖縄の人にとって実はそうなんだろうなというのが率直な印象だ」って微妙なんだけど。まぁ、実際に集まった(すでに11万6千人集まった時点でこの文章を書いています)県民大会の民意に耳を傾けて欲しいものです。

さらにもう一つ、この大会に先だっての話。
沖縄タイムズ2007年9月27日(木) 朝刊 2面報道より「殉国死でなく犠牲者だ/中山元文科相に聞く

(略)
自民党の「教育再生に関する特命委員会」の委員長を務め、同委で沖縄の教科書問題を取り上げた中山成彬元文部科学相に聞いた。(聞き手=東京支社・吉田央)

 ―委員会で沖縄の教科書検定問題を取り上げた理由は。
 「沖縄戦や南京大虐殺、従軍慰安婦問題を話し合うために私が二回、主宰して開いた。特に沖縄については私は何度も足を運んでいる場所で、このまま放っておけない思いがあった。沖縄戦をよく知っている仲村正治、嘉数知賢の両衆院議員らに声を掛け、文科省に検定の経緯を説明させた」

 ―「集団自決」に関する検定後の記述をどう受け止めるか。
 「日本の検定制度は中国や韓国など外に弱く、沖縄など内に強い。私は委員会で文科省の担当官に『沖縄県民という国内の人への思いやりがないじゃないか』と相当、怒った。なぜ今どき記述を直すのかと聞くと、向こうは『(大阪で)裁判中だから』という説明だった。裁判が終結していないときに、なぜ書き直すのか。沖縄の心情が分からないのかという憤りがあった」(中略)

 ―あなたと同様に南京や慰安婦の教科書記述を追及している自由主義史観研究会は、「集団自決」を自発的な美しい殉国死と位置付けている。
 「確かに私は彼らと付き合いがあるし、南京や慰安婦問題で戦後、米国に一方的に刷り込まれた自虐史観を排除するべきだと思っている。人口二十万人の南京で、三十万人の虐殺なんてあるわけがない。しかし、それ(集団自決)は全く違う。何が美しいか。(自決した県民は)犠牲者だ。そこは間違っちゃいかん」

 ―県民が求める検定の撤回は可能か。
 「検定に文句は言うが、われわれ(政治家)では直せない。日本の検定制度はそういうものだ。執筆者と検定官が、小さな島で追い詰められて逃げ回った沖縄県民の気持ちをよく理解し、執筆に当たり、検定に当たることが必要だ」

 ―検定制度を見直す必要性は。
 「検定がないと誰でも教科書を作れてしまう。ある程度、調査する人(教科書調査官)がいないとえらいことになる。日本は国定教科書ではない」

 ―福田内閣の発足で政府の対応は変わるか。
 「変わらないのではないか。今の政権は参院選の結果を受け、歴史や国家より、政治とカネ、年金、格差是正など内向きの政治を志している」


…なんか、めちゃくちゃ微妙な気分が(^^;
っていうか、この人、あまり「検定撤回」に役立ちそうにない気が…。


(10/1付エントリーの県民大会後の情報に続く)
スポンサーサイト
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/09/30 23:59 ] 四方山話 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/269-9c6d5d3a


沖縄全土の怒りをひきおこした教科書検定は「教育への不当な支配」ではないでしょうか

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)(このエントリーは書きかけです。)太平洋戦争末期の沖縄戦で起きた住民の集団自決をめぐって、文部科学省が「日本軍は集団自決を強制していない」という趣
[2007/10/01 19:27] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。