スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沖縄「集団自決」に関する教科書検定についてのメモ 

沖縄の報道をあたっていると、またこんな話に行き当たってしまいました。

沖縄タイムズ2007.09.12付報道(朝刊1面)により、「検定 審議実態なし/小委、文科省意見を追認 『集団自決』軍命削除/沖縄戦研究者は不在」なんだそーです。

 文部科学省が高校歴史教科書の沖縄戦における「集団自決(強制集団死)」について、日本軍の強制をめぐる記述を二○○六年度の検定で削除させた問題で、検定を担当した教科用図書検定調査審議会(教科書審議会)の日本史小委員会では「集団自決」の記述について審議委員の話し合いはなく、意見も出なかったことが十一日、分かった。文科省の教科書調査官が検定意見の原案を示して説明し、そのまま意見が素通りしていたことが明らかになった。(中略)

 日本史小委員会は十人以下の大学教授らで構成され、うち四人がアジア太平洋戦争など日本近現代史の専門家。だが、沖縄戦について詳しく研究した委員は皆無だ。文科省は全審議委員の氏名、所属は公表しているが、担当教科・科目や部会、小委員会の審議内容はこれまで明らかにしていない。

 委員の一人は「日本史担当の審議委員の中に沖縄戦を専門としている先生はおらず、議論のしようがない」と振り返った。その上で「日本史小委員会では『集団自決』に関する検定意見について教科書調査官の説明を聞いただけ。話し合いもせずに通してしまった。歯痒い思いだ」と語った。

 別の文科省関係者も、「日本史小委員会で『集団自決』についての具体的な議論はなかった。『調査官の意見、説明を聞いただけ』といわれればその通り。審議会では学問的な論争はしていない」と認めた。文科省はこれまで、「『集団自決』は日本軍の強制によるものだった」とする記述に対し「沖縄戦の実態について、誤解する恐れのある表現である」と検定意見をつけ、日本軍の強制に関する記述を削除させたことについて、「学術的な検討を得た審議会の決定」と説明してきた

 伊吹文明文科相は、衆院文部科学委員会で「文部科学省の役人も安倍(晋三)首相もこのことについては一言も容喙(口出し)できない仕組みで教科書の検定は行われている」と答弁、政府の関与を一貫して否定し続けている。

 しかし審議会には検討の実態がなく、文科省から発案された調査意見が追認されただけであることが明らかになった。(後略)


(強調は引用者によります。以下も同じく。) さらに、同じ沖縄タイムズ2007.09.12付報道(朝刊24,25面)によると、「官僚主導 黙る『素人』/軍強制 あっさり消滅

(略)
委員会が実質的に沖縄戦の“素人”で構成され、文科省の教科書調査官が作成した原案に沿って「集団自決(強制集団死)」への日本軍の強制を削除する検定意見が付されていた実態。審議委員の一人は「ここまで軍の関与が削られるとは思わなかった。委員を引き受けるんじゃなかった」(中略)「沖縄戦については委員から議論が提起された記憶がない」と委員会のやりとりを再現。「調査官の原案(調査意見書)に沿って粛々と進んだ」とあっさり認めた。(中略)

 この審議委員によると、近代日本史に関し、委員会で主な議論になったのは(1)イラク戦争への国連決議の有無(2)第二次世界大戦の呼称(3)南京大虐殺の犠牲者数―など。

 文科省は大阪で提起された「大江・岩波裁判」と検定との関連性を否定しているが、委員は「沖縄戦『集団自決』の説明で、調査官は大阪での裁判を理由の一つに挙げていた」と証言。文科省が係争中の事案を根拠に、調査意見を付していたことを明かした。(中略)

 別の文科省関係者は委員の専門分野について「(沖縄戦を)きちんと研究した人はいない」と専門外の委員で審議したことを明かした。関係者によると、「集団自決」をめぐる日本軍の強制の削除について委員会では「特に異論はなく、議論も沸騰しなかった」という。

 一方で「私は検定には過剰な価値を見いだしていない。最終的な責任を負うのは審議会ではないのではないか」と指摘。審議会の決定を“錦の御旗”に掲げる文科省の「公式見解」に異を唱えた。

小委開催2回だけ

 文部科学省の検定意見は、二回の審議会日本史小委員会で決められていたことが十一日、分かった。(中略)
 開示資料によると、高校の日本史教科書について検定意見を決めた日本史小委員会は二〇〇六年十月三十日と十一月十三日の二回、(中略)一回目は全体の説明で「集団自決」への検定意見の説明は二回目にされただけだったという。(後略)



そういうわけで、沖縄タイムズ2007.09.12付報道(夕刊1・5面)でも「『集団自決』検定審議/“虚偽”説明に批判噴出」ということで、

 文部科学省が二〇〇六年度の高校歴史教科書検定で、沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」の記述について、教科用図書検定調査審議会(教科書審議会)で議論されずに軍の強制が削除されたことが明らかになり、県内では批判が広がった。「学術的な検討を得た審議会の決定。首相でも一言も容喙(口出し)できない」としてきた伊吹文明文科相らの説明と大きく食い違う教科書検定の実態。二十九日に開かれる県民大会の実行委員や研究者らは「国のシナリオに乗せられた」「教科書検定で公開性を高めるべきだ」と厳しく指摘、文科省の対応に不満をあらわにした。(後略)

というようなことになっていたらしいのですが。。。

んん?まてよ?
そういえば、11日にこんな情報を拾っていたっけ。
琉球新報2007.06.19付報道で「『集団自決』検定 調査官『つくる会』と関係
文部科学省の日本史担当・教科書調査官は4人いるが、そのうちの1人が、扶桑社の「新しい教科書」監修者の関係者だとか。25%の確率で「つくる会」関係者の調査官にあたるし、あたらなくても同僚ですな。
そして、この報道の最後に、布村幸彦文科省審議官が「最終的な検定意見の決定に、調査官は参画しない。意見を付すかどうかは審議会の判断だ」と関与を否定したと。

へぇぇぇぇ~?
スポンサーサイト
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/09/14 00:00 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/254-aae6e8b9


沖縄全土の怒りをひきおこした教科書検定は「教育への不当な支配」ではないでしょうか

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)(このエントリーは書きかけです。)太平洋戦争末期の沖縄戦で起きた住民の集団自決をめぐって、文部科学省が「日本軍は集団自決を強制していない」という趣
[2007/10/01 19:27] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

教科書検定見直し:参院選民主党勝利の効果抜群

昨日の政府の動き、従来の自民党政権とはかなり異なっています。教科書検定:自決強制の記述復活認める答弁書決定 政府昨日の毎日の記事を読んでみると<政府は2日午前の閣議で、太平洋戦争
[2007/10/06 01:03] URL 自分なりの判断のご紹介












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。