スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沖縄戦と共通構造をもつといわれている「パラオ虐殺」 

沖縄「集団自決」訴訟関連報道を探していて見つけた話。
こういう話もあったんですね…。
アジア・太平洋戦争中におこった「旧南洋群島で起きた日本軍のハンセン病患者虐殺事件」を調査している研究者の報告会が11日に行われたとのこと。
沖縄タイムズ 2007.9.10付報道(夕刊9面)にて「パラオ虐殺 沖縄戦と共通/藤野准教授、あす報告会

(略)
 今年三月、藤野准教授はパラオ共和国で療養所生存者に聞き取り調査を実施。県出身の被害者男性の氏名や職業、さらに一九四四年の空襲後、軍に食糧を奪われ、療養所を逃げた結果殺害されたこと―が分かった。

 藤野准教授は「パラオでも日本軍は住民が捕虜になり、米軍に情報が伝わるのを恐れ虐殺した。ハンセン病患者虐殺もその中で起きた」と沖縄戦との共通性を指摘した。

 しかし、旧南洋群島の被害実態の掘り起こしは、韓国や台湾が裁判の結果、究明が進んだのと違って、十分ではない。藤野准教授は、療養所の存在、強制収容を裏付ける公文書の発掘など事実を積み重ね、国に対して調査の徹底と謝罪を求めてきたが、具体的な動きは見えない。

 その一方、日本国内では、親日感情が強い南洋群島の戦争を美化する動きも出てきた。「地元から責任を追及する声が出にくいことを利用し、戦時に人々が積極的に日本軍に協力したと美化する風潮がある。沖縄の『集団自決』歪曲の動きと似ている」と指摘する。(後略)


(強調は引用者による)
そういうわけでこの報道を見つけたのが10日、報告会が11日夜だったそうなので、12日にでるであろう続報を探していたんですが、辞任報道ばかりで見当たらない…(^^;
ようやく出たこれが、その流れでしょうか?

沖縄タイムズ 2007.9.12付報道(夕刊4面)にて「ハンセン病療養所/ポナペ島に補償外施設

 日本の統治領だった旧南洋群島のハンセン病療養所で、戦後補償の対象とは別の療養所があったことが分かった。(中略)
 同群島におけるハンセン病患者への補償をめぐっては、パラオやサイパン島などにある四療養所が対象。国はこれ以外の療養所があることを把握しておらず、藤野准教授は「世論を盛り上げ、補償対象とするよう国に要請したい」としている。(後略)



なお、虐殺事件の報道はすでに三月時点にあったようです。私がこの系統の話題を探すようになった時期が比較的最近なので、気がついていませんでした。
気がつきはじめるとあれもこれも目に付くのですが。。。
沖縄タイムズ 2007.3.30付報道(朝刊31面)にて「パラオ虐殺 県人犠牲/1944年 ハンセン病施設
ハンセン病患者の方が強制収容された島である「ゴロール島の対岸には、日本海軍基地があった。四四年には陸軍守備隊が駐屯し、軍事上の重要性をさらに増し」ていたのだそうで、「患者が逃走したため、米軍の捕虜になると情報が漏れると殺害した。沖縄戦の住民殺害と同じ構図」と研究者が指摘している模様。

 アジア・太平洋戦争中、旧南洋群島のパラオで、日本軍がハンセン病患者を虐殺した事件があり、沖縄県出身男性も犠牲になっていたことが、三十日までに分かった。(中略)
 コロール市在住の男性、オデュ・レンゴスさん(86)の証言で、県出身男性が虐殺されたこと、氏名や教師だったことも分かった。一九四四年にパラオの大空襲後、隔離されていたゴロール島から逃走した。藤野助教授が入手した南洋庁文書には「沖縄人一人アリタルモ昭和十九年七月二十五日空襲以降所在不明」と記録されていたが、氏名は判明していなかった。

 藤野助教授の聞き取りでは、レンゴスさんは患者が逃げた理由を「日本陸軍に食糧を奪われ、島で生活できなくなったため」と説明。逃走した患者十六人はバベルダオブ島のグラスマオ村に潜んでいた時に日本兵と警察に捕まった。

 レンゴスさんらは、その場に穴を掘るように命じられた。それが自らを殺害し埋める穴と気付き、慌てて逃げたが、逃げ遅れた二人は殺害された。その後、(中略)沖縄出身と朝鮮半島出身の二人は、ゴロール島に戻ったところを日本軍に殺害された。レンゴスさんはその事実を地元民の警察官助手から聞いた。

 降伏後、南洋庁が米軍に提出したハンセン病患者に関する報告では、逃走患者中、十人が「嘉留島守備隊長ニ引渡シ同島ニ収容セルガソノ後ノ消息不明」と説明。しかし、レンゴスさんの証言では戦後に生存していたのは四、五人、残りは虐殺されたと見られる。(後略)



追記;
「親日感情が強い南洋群島の戦争を美化」の例;http://www.tamanegiya.com/paraototujimoto.html

ちなみに↑で引用されていた辻元清美さんのブログ記事はこちら

かつて、太平洋の島パラオで、おばあさんからこんな話を聞きました。
「日本の兵隊さんは、島を守るために武器を持って来たといっていたが、武器を持った兵隊さんが島に来たから、攻撃の対象になって、攻められ、民間人がたくさん死んでしまった。」

スポンサーサイト
[ 2007/09/13 18:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(5)

Wikipediaに箇条書きされている日本軍の戦争犯罪   No. 2089

Japanese war crimes(wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Japanese_war_crimes

* Alexandra Hospital massacre
* Andaman Islands
* Banka Island Massacre
* Batu Lintang POW/internment camp
* Bataan Death March
* Burma Railway
* Changjiao Massacre
* Changteh Chemical Weapon Attack
* Comfort women
* Hell Ships
* Japanese human experimentations
* Kaimingye germ weapon attack
* Laha Massacre
* Manila Massacre
* Nanking Massacre
* Parit Sulong Massacre
* Panjiayu Massacre
* Sandakan Death Marches
* Sook Ching Massacre
* Three Alls Policy
* Tol Plantation Massacre
* Unit 100
* Unit 200
* Unit 731
* Unit 516
* Unit 543
* Unit 773
* Unit 1855
* Unit 2646
* Unit 8604
* Unit 9420
* Unit Ei 1644
* Wake Island massacre
* War crimes in Manchukuo

日本軍は、何をやってたんでしょうね。

ハンセン病に関しては、問題になるまで、この病気が伝染しないことを重々承知していながら、新旧日本政府は隔離政策を取り続けました。いまも連綿と続く優生学的思想の最も悲惨な例のひとつでしょうね。人々に恐怖や差別感を植えつけ支配するための格好のスケープゴートにされたのだと思います。
[ 2007/09/15 23:34 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

このうち   No. 2091

知っている事件が、、、有り体に白状してしまうと、、、少ないのが我ながら痛いです。Major incidentsのリストアップもくるものがありますが、The crimesの見出しも、、、そういうことをやっていた事は聞いていたけど、改めてみるとかなり来ます。
これの日本語訳が、日本語版のWikiに掲載なんかは、、、無理でしょうねぇ。
被害者が沈黙している事件もこの他にまだあるでしょう。痛い事実でも、知っておきたいと思うのですけどね。
[ 2007/09/16 12:16 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

調査開始・・・さっそくメゲ   No. 2109

Wikipediaの一覧だけでも日本語化しようと取り組み始めたのですが、最初のアレクサンドラ病院の虐殺について調べていて、
The Alexandra Massacre by Jeff Partridge
http://www.nesa.org.uk/html/alexandra_massacre.htm
赤十字マークお構いなし。手術台の患者も殺す。生き残った人間を、別の収容所に移すときに、コケたら殺す。その収容所は換気もなく、水もなく、また死者が出る。あげく、「水と食いものをやるからついて来い」と言って騙して殺す。
はっきり言って、これ読んだだけでメゲました。重い、重すぎる。でも、ぼちぼちと調べていって、一覧表くらいは日本語にしてブログに公表しなきゃと決意しております。
[ 2007/09/18 22:19 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

日本軍の蛮行   No. 2112

私も、藤野氏の著作「いのちの近代史」で、この事件を知り、ひどく心を痛めました。

戦争中、療養所(実態は収容所でした)に入ったハンセン病患者の方々は、重労働をふくむひどい労働を課せられたり、食事も乏しかったりで、多くの方が結核その他の病で亡くなりました。まさに棄民そのものです。

日本国内ですらその扱いなのですから、南洋の島でのハンセン病患者への日本軍の対応は、推して知るべしだと思います。闇に埋もれている多くの事件があったと考えなければならないでしょう。

[ 2007/09/19 00:35 ] -[ 編集 ]

   No. 2119

>Stiffmuscleさん
>赤十字マークお構いなし。手術台の患者も殺す。生き残った人間を、別の収容所に移すときに、コケたら殺す。その収容所は換気もなく、水もなく、また死者が出る。あげく、「水と食いものをやるからついて来い」と言って騙して殺す。

う…。すみません、御苦労様です。
なんというか…。ずれてるかもしれませんけど、「衣食足りて礼節を知る」というか、日本兵自体がつくづく大事にされて無いから、他に対しても酷い事しまくりなんでしょうね。Apemanさんのところの記事も、読むと凹む記事が多いですが。。。



>Bill McCrearyさん
>日本国内ですらその扱いなのですから、南洋の島でのハンセン病患者への日本軍の対応は、推して知るべしだと思います。

確実に、同じ人間としての扱いをしていないんでしょうね。
戦死とされつつ実は餓死させられた日本兵の話やその他もろもろも含め、きちんと、学校で教えるべきですよね。
…道徳の時間をそれにあてるとかで。
[ 2007/09/19 17:36 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/252-ee4216eb














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。