スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アメリカ下院「慰安婦」公式謝罪要求決議可決後の「自爆史観」関連いろいろ (8/14版) 

またしてもトピックを箇条書きにてメモ。(追記有り)

1、北京週報2007年8月13日「南京大虐殺の犠牲者と生存者リストを発表」、人民網日本語版2007年8月14日「南京大虐殺の被害者・生存者名簿が出版(魚拓無し)」、レコードチャイナ「南京大虐殺の犠牲者・生存者名簿を出版―江蘇省南京市」、より
・2007年8月13日、江蘇省南京市で資料集『南京大虐殺犠牲者名簿』と『南京大虐殺生存者名簿』が出版。
・今年12月13日の南京大虐殺70周年記念日を目指し、南京大虐殺史研究会・虐殺記念館らが共同で編集。
・『南京大虐殺被害者名簿』は計3冊で、被害者8242人の資料を収録、うち50歳以上の高齢者は計1510人、子供は262人。
・『南京大虐殺生存者名簿』は計4冊で、生存者2592人の資料を収集、うち女性は 1050人、男性は1469人、性別不明者は73人。
・南京大虐殺犠牲者記念館の朱成山館長によると、当時の戸籍記録は大部分が紛失しており、犠牲者の確定は困難を極めたという。そこで複数の資料を総合して犠牲者と生存者の割り出しを進め今回の出版にこぎつけた。
・資料の収集・整理の仕事はまだまだ始まったばかりで、今後の研究の進展に伴い、資料集も続刊を発行予定。
・資料集に掲載された犠牲者のリストは、虐殺記念館の壁にも刻まれている。
…なかった派が「南京事件の犠牲者リスト」ってよく言っていたような気がしたので、思わず注目。

2、フィリピンの決議案に関する続報を見つけました。11日付の報道で「日本政府に謝罪などを求める決議案が11日までに、フィリピン上院に提出された」とあったのと、細部に違いが。。。
asahi.com2007年08月13日20時14分、「慰安婦決議案、比下院に提出 米決議の追い風期待
「第2次世界大戦中の従軍慰安婦問題で、日本政府に謝罪を求める決議案が13日、フィリピン下院の与野党議員7人により提出された。」「比上院には、元慰安婦とされる女性への医療支援を求める法案も提出された。」「戦時下の性犯罪被害者の女性を支援する団体は『米下院の決議は、たとえ被害から60年以上たってからでも喜ばしいこと。比国会も被害者のために正義を貫いて欲しい』としている。」

同じトピックの報道で、中央日報2007.08.14 11:40:10 、「比議員ら、慰安婦謝罪要求決議案を提出
「フィリピン下院議員たちは日本政府が約200人のフィリピン女性たちを第2次大戦中、慰安婦として働くように強要したことに対し、謝罪し償うことを要求する決議案を13日、下院外交委に再提出した。」「7人の左翼系議員たちは13日、従軍慰安婦決議案を下院外交委員会に提出したとPNA通信が報道した。」「日本政府に『皇室の軍隊が第2次大戦中、若い女性たちを性的奴隷にしたことを公式的に認め、謝罪し、歴史的責任を償ってほしい』と促し『犠牲者たちに賠償せよ』と要求した。」「これまでに2度、この決議案を提出したが外交委員会で採択に失敗した。」「決議案を主導したリザ・マジャ下院議員はフィリピン政府の慰安婦問題に対する無関心を批判」「フィリピン上院ではピア・カイェターノ議員が「慰安婦の女性に年金と医療恩恵」を与えようという法案を先月提出している。」

3、中央日報2007.08.13 08:15:24より、「【社説】日本内閣の靖国神社参拝、永久中止せねば
「日本の安倍晋三首相と閣僚全員が8月15日、靖国神社を参拝しないことにしたという。」「軍国主義を崇尚する代表的宗教機関である靖国に、敗戦後、初めて閣僚全員が参拝しないというのだ。」「政略的な側面が強いという疑惑をぬぐうことができない。」
「安倍首相は日本の代表的な右派の人物だ。日本軍慰安婦を否認し、平和憲法改正を推進してきた。」「米国の下院は、これまで日本政府を相手に日本軍慰安婦に対して公式に謝って責任を負えという決議文を採択した。国内参議院選挙では惨敗した。彼の首相辞退論も強く出た。それで窮地に追い込まれた彼が韓国・中国などとの関係改善のために今回の決断を出したという解釈が支配的だ。」
「過去、日帝侵略の被害者たちが日本政府、企業、靖国などを相手に起こす強制労働補償などの訴訟も絶えない。日本政府が率先垂範して誤った歴史の傷を治癒するのが当然なのに背いているからだ。または米国下院の慰安婦決議案が採択された後にもまだ公式謝罪さえしていない。」
「誤った歴史を隠す、あるいは歪曲することは日本にも大きな損失だ。すでに日本政府は国際社会から歴史問題において多くの恥をさらしてきた。オーストラリア、カナダ、フィリピンなどでは日本軍慰安婦問題を叱咤する議会決議文を採択しようという動きが起こっている。日本が国力にふさわしい尊敬を受けることができずに影響力がないことも歴史認識と無関係ではない。日本閣僚たちの靖国神社参拝放棄が真実性を認められるためには、今回の決定が1回で終わってはいけないのだ。」「徹底した歴史における反省と実践をする始発点になるように願っている。」…すみませんが、確実に、政略的な側面での参拝無しだと思います。

4、朝鮮日報:2007/08/13 12:02:03より、「慰安婦:徐玉子教授『日本のロビーは強力だった』」(情報提供;bolsaespanolaさん
「ワシントン慰安婦問題連合(WCCW)の委員長も務める徐教授は、ニューヨーク韓人有権者センターのキム・ドンソク所長らとともに『慰安婦』決議案が米議会で採択されるのに決定的な役割を果たしてきた」
「『2月15日に米下院外交委員会のアジア太平洋環境小委員会で開かれた慰安婦聴聞会は永遠に忘れられないだろう』『聴聞会の前に、控室で決議案を主導したマイク・ホンダ議員やエニ・ファレオマバエガ議員にお会いしたのですが、雄弁で勇気ある元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんが手でハートのマークを作り、“大好きだよ~ありがとう~”とおっしゃったので、大笑いしました。李さんは聴聞会でも発言時間5分をオーバーし1時間以上も歴史の真実について語った後、またハートのサインを送ったので、涙を流していた傍聴席は一転爆笑に包まれ、なかなか元の気持ちに戻れませんでした』」「レイン・エバンス前民主党議員らは米議会に2度も「慰安婦」決議案を提出したものの、昨年12月に2度目の棄却が決まった時は暗たんとしていた。『パーキンソン病を患っていたエバンス議員でさえ、政界を引退していたので、これで決議案は永久に忘れ去られてしまうのでは…と考えたそうです。日本のロビイストたちの攻勢も強力なものでした』」
「エバンス前議員の『決議案のともしび』を受け継ぐことを宣言したマイク・ホンダ議員が今年1月、再び「慰安婦」決議案を議会に提出したのを機に、徐教授とWCCWはニューヨーク・チーム、ワシントン・チーム、ロサンゼルス・チームに分かれ米国市民や議員らを集中的に説得した。」
「『慰安婦問題は韓日両国ではなく、国際的な人権問題』という認識を植え付けるために努力し始めたのもこの時からだ。2月の聴聞会で韓国の元慰安婦だけでなく、オランダのヤン・ルフ・オヘルネさんを出席させたのもそのためだ。結局、6月26日に『39対2』という圧倒的な票差で『慰安婦』決議案は外交委員会で採択され、7月30日に満場一致で本会議でも採択された。しかし、もちろんこれが終りではない。『日本政府が公式に謝罪するまで戦わなければ。米国内の大学70校を回り、慰安婦問題関連セミナーを開いてきましたが、これも続けていくつもりです。若い世代も歴史の真実を知るべきです』」


5、YONHAP NEWS 2007/08/13 11:19 より、「小中高生11人、慰安婦問題めぐり東京で抗議デモ
「『平和を愛する韓国青少年の歴史の会』に所属する小中高校生11人が」「15日午前には東京・上野公園で、日本軍慰安婦に対する日本政府の謝罪と補償を求める抗議活動を行う。」「同日午後にはルーテル市ヶ谷センター前で抗議デモを行い、同センターで開催される靖国国営化阻止集会に参加する。」…14日には、靖国神社も訪問した模様。


6、取りこぼし分、北京週報2007年8月3日より、「中国の専門家、従軍慰安婦問題に関する決議案の採択を評価
「 上海師範大学歴史学科の主任でもある中国慰安婦問題研究センターの蘇智良主任は」「『これは、全世界の判断力を持つ人々が、真の歴史を忘れていないことを表している。中国の歴史専門家は、これに関する研究を速め、より多くの真実を発見し、人々に歴史の真相を伝えるべきだ』と述べた。」


7、取りこぼし分、朝鮮日報2007/08/01 11:59:56より、「慰安婦:『草の根運動が日本のロビー活動に勝利』
「 今回の決議案採択に深く関わった『韓人有権者センター』のキム・ドンソク所長は『李容洙(イ・ヨンス)さんら元慰安婦の方々が下院本会議場の傍聴席で決議案採択を見守ったことが、議員たちに対する力強いメッセージになった』と語った。」「キム所長はニューヨークやニュージャージー在住の韓国系の人々と共にバスを貸し切り、11回にもわたりワシントンの米議会を訪れ、決議案採択のための説得活動を行ってきた。キム所長は「在米の韓国系の人々による草の根運動が、日本の強力な採択反対ロビー活動に打ち勝った。これを機に今後も国際社会で日本による人権蹂躙(じゅうりん)問題が次々と提起されるだろう』と語った。」「『ワシントン汎同胞対策委員会』のホン・イルソン共同委員長も『正義が存在することを示した』と感激、『今回の決議案採択の原動力は、何よりも後ろから支えてくれた名もなき同胞たち』と評価した。そして、『韓国系の人々は物心両面で支援を惜しまず、中高校生も50ドル(約6000円)ずつ寄付をしてくれた』と紹介」「同日開かれた在米韓国系団体『決議案121連帯』の記者会見場には、在米韓国系団体だけでなく、これまで共に力を合わせてきた中国系やフィリピン系など他のアジア系米国人たちも姿を見せ、喜びを分かち合った。」「在米韓国系団体は、『日本の“性奴隷”犯罪を決議案採択により糾弾できたのは、同決議案の焦点を韓日関係でなく米国人が重視する人権問題に合わせたからだ』と話している。」


8、15日分もついでに。朝鮮日報2007/08/15 11:01:13より「黒田勝弘氏『慰安婦は貧しさのせい』(魚拓無し)
「 産経新聞の黒田勝弘ソウル支局長は、韓国のテレビ番組の収録で旧日本軍の『慰安婦』問題について『韓国の貧しさのせい』と妄言の数々を並べ立てた。」「『慰安婦は本当に自発的だったと思うか』というキム・グラの問いに、黒田支局長は『当時、日本では性の売買が違法ではなかった。韓国の経済的な事情、つまり貧しさのためそうしたのではないか』と答えた。」…アホ。。。、で、「『日本叩き』求む! 反日感情をあおるケーブルテレビ局(魚拓無し)」「右翼傾向の強い産経新聞の黒田勝弘ソウル支局長による妄言を受け、インターネット上で熱い論争が繰り広げられているが、これを収録したケーブルテレビ局が日本批判を公募するイベントを展開し、関心を呼んでいる。」なんて事になってます。


9、中央日報2007.08.15 11:46:34 より「日本軍慰安婦は“天皇制”で解ける
「イ・ヘミさんは24日、西江(ソガン)大学政治外交学部修士論文『日本軍慰安婦制度の普遍性と特殊性』で第2次大戦で慰安婦として動員された朝鮮人女性たちは“絶対価値”を持った天皇と最も距離が遠い存在と認識され、性奴隷としては当然視されたと主張した。」「当時、社会的位階によると男性は女性より優位で、男性のうち軍人は天皇に直属されてどんな集団より優位だった。日本民族は天皇の臣民とし、天皇の嫡子ではない朝鮮民族より優等だという。」「したがって男性-女性、軍人-民間人、日本民族-朝鮮民族が差別される天皇制国家の家父長主義、軍国主義、民族主義位階で最下位に置かれた朝鮮人女性は、切迫した戦争状況で何の遠慮もなく、政策的に動員することができた存在だったというのがイさんの分析だ。」「イさんは、戦争において売春で女性が犠牲となる悲劇が発生するという点を挙げ、慰安婦制度が意図的に企画、導入した政策だという事実を日本の右翼は隠そうとするが、天皇制国家のメカニズムから表れる特殊性をよく見れば、他国の女性の人権を憚りなく蹂躙するのに十分可能な発想だということが分かると主張した。」
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/08/14 08:30 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(19)

   No. 1807

>「南京大虐殺の犠牲者と生存者リストを発表」

どこが作成したものか載っていないのが残念ですね。
続報待ちでしょうか。
そして既に妄想発表会が始まっていますね。

それはともかく魚拓から渡辺恒雄氏へのインタビューへと飛べますね。

http://www.pekinshuho.com/yzds/txt/2007-08/10/content_72081.htm

『戦争責任を検証する』は読んでいないので評価はできませんが全体として特におかしいことを言っているとは思えませんでした。
やはり保守派とはいえ戦争体験がある世代は今の右派とは認識に大きな差があることを如実に示していると思います。
[ 2007/08/14 18:22 ] -[ 編集 ]

   No. 1808

>MKMさん

さらに探すと、こちらの方が少し詳しくて、
http://j.peopledaily.com.cn/2007/08/14/jp20070814_75235.html
「専門家による長年の研究成果を集め、南京大虐殺での被害者と生存者の一部の資料を収集した」「『南京大虐殺被害者名簿』は計3冊で、被害者8242人の資料を収録、うち50歳以上の高齢者は計1510人、子供は262人。『南京大虐殺生存者名簿』は計4冊で、生存者2592人の資料を収集、うち女性は1050人、男性は1469人、性別不明者は73人。」とありましたが、やはりどちらの仕事かが報道されてませんでしたので、、、思わず、質問書き込んできてしまいました(^^;

渡辺恒雄氏のインタビュー記事、ハムニダさんの米欄で紹介してらっしゃる方がいらしたので読んでおりまして、11日版のメモの米欄で言及していました。この記事そのものに違和感は無いながら、ならば「慰安婦」決議のでた後の読売の社説は何だろうという点がどうにも納得がいきません。読売的には、「慰安婦」の被害は、日本の戦争犯罪に数えないのでしょうか。

なお、同じくハムニダさんとこの米欄で紹介されていた、佐藤優氏の「慰安婦」問題に関する意見なんですが、
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2007/08/86_7611.html

実はこちらですでに佐藤氏の意見を読んでもおりました。
http://www.business-i.jp/news/sato-page/rasputin/200708080002o.nwc

どうにも、拳がグーになって仕方ありません。いまだに広義の狭義のと(怒
っつか、拉致監禁強姦もしているというのに。
だいたい、佐藤氏は、決議案を読んでいるのか、と。決議案ではアジア女性基金の取り組みを評価しているのに、佐藤氏の認識はそこをスルーしている様子。なんなんでしょう、これは?と思いました。
[ 2007/08/14 19:25 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

情報戦を口にする人ほど   No. 1809

情報戦に弱いというか、この件に関してのアメリカの調査能力を低く見積もりすぎなんじゃないかと。
日本軍って、戦後大量に証拠隠滅をしてますが、その反面、敗走する時に機密書類を処分しきれていないって話があります。それらはアメリカやら中国の手に渡っていたりするので、いつどんな”不発弾”が出てくるかわかったもんじゃないはず。たかをくくっていると痛い目にあうと思いますが。
[ 2007/08/14 21:53 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

読むべき資料を読んでから意見を言えと…   No. 1810

>うちゃさん

少なくとも、佐藤氏、、、それと「アメリカ下院議員を低能呼ばわりしている無かった派」のヒト達は、H.RES.121や4月のCRSレポートを、内容を理解しようとして読んだことはないんじゃないでしょうか。情報処理能力はかなり低そうです。
一方、日本政府は、93年の報告以降、まじめに調査はしていないようですし(報告の存在は聞いたことがありません)、非公開資料ばかりを握り込んで。
そーゆー事に気を止めないで、無かった無かったの大合唱。一体何がしたいんだか。

…佐藤氏の意見は、アメリカから問題視される原因をジェンダー視点の変化に押し込めているようですし、黄禍論まで持ち出してなんか言ってます。問題視されているのは「日本」であって、「アジア」じゃないのに。
[ 2007/08/15 02:09 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 1816

>碧猫さま

>さらに探すと、こちらの方が少し詳しくて、

ご教示ありがとうございます。
また質問お疲れ様です。
やはりまだ情報元はよくわからないようですね。

>11日版のメモの米欄で言及していました。

すみません。見落としてました。
言い訳させていただけるなら「マリ見て」とかの話に興味がなかったもので(^^;

>ならば「慰安婦」決議のでた後の読売の社説は何だろうという点がどうにも納得がいきません。

確かに読売の社説はひどいものでした。
私は読売の社説に渡辺恒雄氏がどのように関わっているか知りませんし、『戦争責任を検証する』で「慰安婦」問題がどのように扱われているかわかりませんので断定的なことはいえませんが、もし氏が関わっていてあのような社説なったとしたのであれば公娼性のある時代に育った男性特有の感覚の鈍さが一因ではないかと思っています。
「反戦老年委員会」さんというブログがありましてそこでも他の件については責任を認めているのに「慰安婦」問題については態度が違っていたりします。

http://masima-ik.mo-blog.jp/rhi/2007/03/post_eebd.html

これだけの例をもって何かを断定できるわけではないのですが良く言われる感覚の鈍さというものは影響しているのではないかと思ってしまいます。
また「慰安婦」問題は南京事件のように違法性がわかりにくい点も影響しているのではないかと。

佐藤優氏は記事の方のみ読みましたがなんというか「産経クオリティー」という言葉が頭をよぎりました。

>うちゃさま
>アメリカの調査能力

イラク開戦とか!?

[ 2007/08/15 17:16 ] -[ 編集 ]

   No. 1818

>MKMさま

エントリーの方も書き直しましたが、チャイナレコードにありました。「南京大虐殺史研究会・虐殺記念館らが共同で編集」したのだそうです。この組織を評価する情報は、私はもちあわせていないのですが。。。
虐殺被害者に1510人の高齢者と262人も子供がいる事、生存者の男女比がなぜか女性の方が少ないこと、だけをみても、捕虜の処刑なんて抗弁は通用しそうにないですね。


>読売の社説に渡辺恒雄氏がどのように関わっているか

確かにそうなのですが、渡辺氏の意向は、新聞そのものの編集方針なり社風に反映するだろうと判断しました。


>「反戦老年委員会」さんというブログがありましてそこでも他の件については責任を認めているのに「慰安婦」問題については態度が違っていたりします。

…「恥部をさらす話」ですか。秦郁彦氏あたりにも共通する感覚なのでしょうね。でも、そういう世代に多い目にいるだけでしょう、現実に周りを見渡すと。
どうして、この手の人達は、朝鮮半島より遠くが見えず、93年から時間が止まってるんでしょうね。


>「慰安婦」問題は南京事件のように違法性がわかりにくい点も影響しているのではないかと。

DVの何が悪いかを解ってない人も多い国ですからね。…あの手の人達は、たとえば公娼出身者相手なら何をしてもいいと思っていかねません。ちなみに、秦氏のフェミニズムへの怨念こもった記述には爆笑しました。


>佐藤優氏は記事の方のみ読みましたがなんというか「産経クオリティー」という言葉が頭をよぎりました。

某所で高く評価している人がいたので、密かに頭を抱えてました(^^;


そういえば、女性国際戦犯法廷に対する「右翼の攻撃」って、民衆法廷だから法的拘束力がないんだっていうことを中傷として使っていたと、西野留美子氏の講演録にありました。
…「法的拘束力がない」の大合唱。近頃よく見る光景です。
[ 2007/08/15 20:36 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

こいつらは   No. 1820

>あの手の人達は、たとえば公娼出身者相手なら何をしてもいいと思っていかねません。
一遍イラクなりアフガニスタンなりに派遣されて、二、三ヶ月ほど毎日”掘られ続ける”という生活をしてこいや、と言いたくなる時があります。もちろんちゃんと給金は出すから。
それでもまだ商行為だの公娼だのと言えるもんなら言って見ろ、ってね。
[ 2007/08/15 22:14 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

その場合   No. 1822

当然、募集時には業務内容の詳細な説明は無しで「レクリエーション要員急募」って感じでしょうか。話が違ったって帰るのは無しで、監禁状態ですね。戦地なんだから自由に出歩かせるわけはないって、世間も納得しちゃうわけで。給料は出ても現地通貨って感じでしょうか。額面は大きくても、日本国内では通用しなかったりしてね。体がもたないって「お仕事」拒否すると、武器を持った怖い人が凄むんですよね。

でも、それでもまだ足りない。
社会的なスティグマが等価かどうか。
[ 2007/08/16 02:27 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

和製ラスプーチン   No. 1823

後編がでてました。

http://www.business-i.jp/news/sato-page/rasputin/200708150001o.nwc

やっぱ、だめだ。こりゃ。
[ 2007/08/16 02:30 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 1824

記事拝見しました。

>、「日本人は弱い立場の女性に与えた痛みを感じ取ることができない人々」「日本は過去の軍国主義に対して反省していない国家」

これ本当のことですよね。現状の日本をみると僕は反論できない。

>東郷氏が現役ならば慰安婦問題に関する特命を与え、アメリカに対するロビー活動を展開させればよかった。

ロビー活動でなんとかなると思ってるところが認識が甘い。
机上の空論。

>そして、表の外交においては、国家主権を盾に取り「歴史認識は外交問題になじまない」という「薄っぺらい論理」をあえて強調して、入り口で議論を却下することだ。

単なる歴史認識問題ではなく人権問題だ。共通の価値観を持たない国とは健全な外交関係は持てない。といわれるだけですよ。そんな薄っぺらい論理が通じるわけないのに。。。
[ 2007/08/16 08:03 ] 1Enu3lsU[ 編集 ]

   No. 1825

>bolsaespanolaさん

>>「日本人は弱い立場の女性に与えた痛みを感じ取ることができない人々」「日本は過去の軍国主義に対して反省していない国家」
>これ本当のことですよね。

私も実際に本当のことだと思うのですが、佐藤氏の認識する日本ってどんなんなんでしょう?
ロビー活動は、資料(というか記事)をもってますけど、プロのロビイストを雇って、相当な金額をつぎ込んでやっていたそうですから、東郷氏を送り込んで状況が変わるとも思えません。今日の記事で挙げましたけど、(表向きにしても)アメリカがボク達を理解してくれてないという認識のようですね。
相手方に原因を求めているようでは、ね。


>単なる歴史認識問題ではなく人権問題だ。共通の価値観を持たない国とは健全な外交関係は持てない。といわれるだけですよ。

ご指摘の通りだと思います。
佐藤氏の「秘密裏に慰安婦問題に関する特命チームを設置し、インテリジェンスの手法で、慰安婦問題をめぐる情報収集と工作活動を行う」の意見の空疎さに目眩がしそうです。
特命チームで工作活動ですか、はぁ。


…Apemanさんの記事でも言及されていたんで、佐藤氏も言及している東郷氏の見解に興味を持っていたんですけど、雑誌を探しているうちにどうもすでに翌月号がでているみたいで(^^;
[ 2007/08/16 12:45 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 1828

碧猫さま

>エントリーの方も書き直しましたが、チャイナレコードにありました。「南京大虐殺史研究会・虐殺記念館らが共同で編集」したのだそうです。この組織を評価する情報は、私はもちあわせていないのですが。。。

情報ありがとうございます。私も南京事件に関する中国側の研究には詳しくないのですが(南京事件の証明には日本側の研究だけで十分なので)、これを機に中国側の研究にも多少は目を配っていこうかと思っています。

>生存者の男女比がなぜか女性の方が少ないこと

いろいろ教えてもらった上で重箱の隅をつつくような真似をするのは気が引けるのですが、これについては現時点ではまだ何といえない状況だと思います。
当時の南京の男女比がわからないこと(女性のみを逃がすという行動を取っていた可能性や生存者に当時兵士だったものが含まれている可能性など)やまだ当時南京にいたといわれる人口とは差がかなりあるので(南京城内の安全区だけで20万以上といわれています)。

老人と子供の方が含まれていることは言い逃れができないと思います。
まあ、マジックワード「捏造」を使われるかもしれませんが。
[ 2007/08/16 18:38 ] -[ 編集 ]

確かに   No. 1831

>MKMさま

ご指摘の点に加え、この数字が無作為抽出されたものかどうかも解らない訳ですよね。
全体を比例して反映しているかどうかという点については、老人や子供の犠牲者についても、言い出されたらキリがないでしょうし。

無かった派は、どんな理由をつけてもなかったというんでしょうけど。
[ 2007/08/16 18:47 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 1832

インテリジェンスとか工作とか、この人達の言葉には政治テクニックはあっても、「政治で何をするか」が空っぽなんですよね。
いや、本人にとっては政治的理想が「ある」つもりなのでしょう。でもそれは、他者と共有不可能な「オレ理論」だから、他者の目には「空っぽの目的のために動くロボット」に見える。

巨大な暴力の問題を、まるでテクニックだけで論じてしまう人間ってなんだろうと思ってしまいます。
昔、「現代戦における兵士の犠牲は10%に過ぎず、残り90%は非戦闘員」という国連報告にブチ切れた身としては特に。
[ 2007/08/16 18:51 ] 5X5MRA9A[ 編集 ]

スパイごっこは   No. 1834

小学生で卒業して欲しいと思います。
”とくめーちーむ”で”こーさくかつどー”って、どんなことやらせるつもりなんでしょうね。国内のアホ連中をなんとかしてからでないと、船底に象が通れるくらいの大穴が開いているのに、洗面器で水をかいだしているみたいなもんですけど。

[ 2007/08/16 22:01 ] awJco6Pw[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 1835

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/08/17 17:31 ] [ 編集 ]

   No. 1837

>人生アウトさん

フジ産経ビジネスでの「米国という社会で、いや、イギリスを含むアングロサクソンの世界、更には、欧米全体で、慰安婦問題がどのように受けとめられ」、ラジオでの「黄禍論」説あたりから、なんか、ものすごくタチの悪い人物という気がします。また、それがどういう効果をもったかの説明(ジェンダー視点か疑問の余地が大ありの説明はしていたけど)なしに「ジェンダーに関する問題が20年前と比較してアメリカでは全く異なった位置を占めている」。叩くためのわら人形として差し出しているのか?という疑問すら。



>うちゃさん

この人物、プロフィールに堂々と書いてあることによると「02年5月、背任などで逮捕。05年2月に執行猶予付き有罪判決」なんですよね。何をやったかはともかく、どういうつもりでやらかしたのやら。
The Factsより小マシであっても、記事やラジオの発言から推して、船底の穴をマッコウクジラがくぐれるようにしかねないような悪寒。
[ 2007/08/17 18:32 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 1838

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/08/17 19:45 ] [ 編集 ]

   No. 1840

>2007/08/17 19:45のコメント提供者さま

ちょっと「教えて君」かなと危惧はしたんですが、誘導先に入ったコメントを見て頭が痛いです。単なる「教えて君」の方が良かったかも。なぜああなるのかと呆然としています。あちらにはお詫びしておきましたが。

東京裁判関係の情報に強い人がたくさん、まずはStiffmuscleさんのところを覗いてくれないものかと、こっそり期待。。。
[ 2007/08/18 12:28 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/230-d8298412


リーバー法に対する誤解

南京事件の正当化をしたい人たちが、よく使う根拠として、リーバー法(Lieber Code)があります。典型的な主張http://www.janjan.jp/living/0503/0503204805/1.php?action=all&msg_id=7510&msg_article=24807[16736] 日時:2006/03/20 00:09? 「便衣兵の裁
[2007/08/15 03:29] URL 誰かの妄想

どくしょのじかん 12

どくしょのじかん 1で疑惑が起こっていた(エントリーおよびコメ欄参照) ”Composite Report on three Korean Navy Civilians List No. 78, dated 28 March 1945, ”Special Questions on Koreans” (U.S. National Archives).” についての続報です。 この経緯を、米国
[2007/08/15 12:56] URL Stiffmuscleの日記

戦友会の解散と兵士の証言

「ジャーナリスト」8月号から、月間マスコミ評・出版 「歴史認識の深化を促す企画」を掲載します。  JCJホームページにも掲載されています。  歴史認識の深化を促す企画              荒屋敷 宏 今年は日中戦争開始から76年、南京大虐殺70年
[2007/08/15 23:42] URL JCJ機関紙部ブログ












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。