スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「慰安婦」公式謝罪要求決議可決関係社説・報道、取りこぼし分 

アメリカ下院の「慰安婦」公式謝罪要求決議可決を受けての社説・関連記事など取りこぼし分のいろいろ。
引用文中の強調は、引用者によるものです。

琉球新報8/1 9:54社説より、「米下院慰安婦決議 やはり首相は説明不足だ
「(略)国内で求心力が急激に低下している中で、同盟国として頼みにしている米国の議会から、首相声明の形で謝罪するよう要求された。法的拘束力がないとはいえ、日米関係の悪化を招きかねない決議だ。」「同様の決議案は2001年以来、米下院で4度提出されている。昨年9月には外交委員会で可決されたが、共和党指導部が本会議の採決を見送ったため廃案になった」「参院選の歴史的大敗もそうだが、今回の米下院決議も、本はといえば安倍首相がまいた種である。」「ことし3月1日、首相が「(旧日本軍による従軍慰安婦動員の)強制性について、それを証明する証言や裏付けるものはなかった」などと記者団に発言したことが大きく影響した。韓国をはじめ米国、中国などでも反発が広がり、米議会の決議推進派を勢いづかせた。」「日本で言ったことと米国で話す内容が違っているのだから、二枚舌を疑われ、理解されなかったとしても無理はない。」「下院の決議は『従軍慰安婦制度は日本政府が第2次大戦中にアジア太平洋地域を支配した時代に行った軍用の強制的な売春』『日本にはこの問題を軽視しようとする教科書もある』などと非難」「文部科学省の教科書検定で沖縄戦の『集団自決』に関し日本軍の強制の記述が修正・削除された問題と本質的に共通」「どちらも、旧日本軍による非道な行為を可能な限り覆い隠し、都合の悪い歴史的事実を薄めたいとの意図が感じられる。」「日本政府に求められるのは過去の間違った行為を正当化することではない。歴史を直視し反省を踏まえ、過ちを繰り返さないことが何よりも大切だ。」「1993年の河野官房長官談話は『軍の要請を受けた業者が、甘言、強圧により、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くある。官憲などが直接、加担したこともあった』と日本軍の関与を認定し、謝罪した。政府は、この姿勢を堅持すべきだ。」
沖縄タイムズ8/1社説より、「よそ事とは思えない
「決議は日本政府に対して『歴史的責任を認め、公式声明で首相が謝罪すれば、今後この問題が再燃するのを防げるだろう』と公式謝罪を求めている。」「この件ではすでに政府が謝罪している。それなのになぜ再び謝罪を求めるのか、と疑問を抱く人もいるに違いない。」「だが、そうした過去の謝罪に対して疑問を呈したのは、ほかならぬ安倍晋三首相である。」「国会答弁や記者会見などで安倍首相は『当初、定義されていた強制性を裏付けるものはなかった』と語ったり、言葉を言い換えて『狭義の強制性はなかった』と否定するなど、談話見直しとも受け取れる発言を繰り返した。」「安倍首相はその後、米紙を含む海外からの反発を受けて河野談話を継承することを明らかにした。だが、その一方で、六月には首相に近い国会議員らが強制性を否定した広告を米紙に掲載した。」「実際のところ安倍首相は慰安婦問題をどう考えているのか。もう一度、国際社会と国民に向けて意を尽くして説明する責任がある。」「沖縄戦のさなか、県内にも旧日本軍用の慰安所が設けられ、朝鮮半島出身の女性たちが兵隊の相手をさせられた。戦後、身寄りもなく県内各地を転々としながら、異郷の地で生涯を終えた女性もいる。」「軍の『関与』や『強制』の事実を否定することは、尊厳の回復を求めてきた被害者にとっては、耐え難い苦痛であり、屈辱であるだろう。」「この問題は、『集団自決(強制集団死)』をめぐる日本軍関与の記述が教科書検定で削除された問題とよく似ている。」「従軍慰安婦にせよ『集団自決』にせよ、その態様は多様である。証言者の声に耳を傾け、歴史の事実に向き合うことが求められているのだと思う。」

asahi.com 2007年08月03日22時55分、「慰安婦問題、日本側の対応に理解 米国務副長官
「来日中のネグロポンテ米国務副長官は3日、(中略)『第2次大戦中に起きた女性の人身売買については、遺憾なことであり、重大な人権侵害だ。被害者に深い同情の念を覚える』と述べ、日本に歴史的な責任があるとの考えを示した。そのうえで、『日本政府は、この問題について、歴代の政府による謝罪を含めた措置をとってきた。昨年の10月に安倍首相は、過去の声明(河野官房長官談話)を再確認している』と述べ、日本側の対応に理解を示した。」

Sankei WEB 2007/08/04 05:02より、「【主張】ARF拉致問題 置き去りにされぬ努力を
「東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議が閉幕した。議長声明では、北朝鮮の寧辺核施設の稼働停止を歓迎する一方、拉致問題にも初めて言及された。しかし、「国際社会の人道上の懸念」との間接的な表現にとどまり、拉致問題が置き去りにされかねない懸念が強まっている。」「拉致問題は現在も続いている北の国家犯罪であり、慰安婦など過去の歴史問題とは次元が違う問題だ。外務官僚はこのことに加え、歴史問題でも、理不尽な主張には反論できるだけの見識を持ってほしい。」「ASEANの多くには、多額の政府開発援助(ODA)を供与しており、有効な外交手段になるはずである。」「自民党が大敗した参院選でも、拉致問題解決を強く訴えた候補者は高得票で当選した。安倍内閣は自信をもって、北に対する強い姿勢を維持すべきである。」…はーあorz


Sankei WEB 2007/08/05 12:36より、「次は米兵捕虜補償 中国系反日組織 ホンダ議員と会談」【ワシントン=山本秀也】
「(略)マイク・ホンダ議員(民主党)が、先月30日の決議採択後、「世界抗日戦争史実維護連合会」(GA)など、米国、カナダの中国系反日組織の主なメンバーと会談していたことが分かった。」…ぷぷぷっ「組織側は、第二次世界大戦中の米兵捕虜に対する補償問題を新たな対日活動の目標として取り上げる方針を示したほか、カナダ国会での慰安婦決議案採択も急ぐ構えだ。」「ホンダ氏は決議採択後の記者会見で、採択実現に向けた同連合会の支援に「感謝」を表明していたが、決議後の連携維持を示す会談はこれまで確認されていなかった。」「米国で発行される中国語紙「世界日報」によると、会談は国会内のホンダ議員の事務所で行われ、同連合会世界総会(サンフランシスコ)の張昭富氏らのほか、カナダで連帯活動を進めるジョセフ・ウォン(王裕佳)氏が参加」情報元は世界日報ですかっ!「出席者はホンダ氏への謝意を伝え、決議採択を「大戦の史実を示す活動にとり重要な一里塚だ」と評価」「ワシントンで活動する蔡徳●(引用者注;木へんに梁だとか)氏は、米兵捕虜に対する補償問題を筆頭に、各地の組織と連携して「日本の戦争犯罪」に関する案件に取り組む考え」「さきの大戦中の日本企業による米兵捕虜の強制労働は、過去にも元捕虜による米国内での対日訴訟やこれを支援する法案が米下院に上程されているが、『サンフランシスコ講和条約で解決済み』とする日米両政府の了解や、連邦最高裁の棄却判断(2003年)で沈静化」「カナダの中国系組織は棚上げ状態にある同様の決議案の採択を促す署名活動を展開、同国会での採択を目指す」「『日本は戦後のドイツにならい戦争犯罪を反省すべきだ』と訴えており、米下院での決議を弾みにした活動を展開する構え」とりわけ面白かった箇所は、文字を大きくしてみました^^

西日本新聞 2007年08月05日00時09分より、「安倍外交が試されている 米の慰安婦決議
「決議に法的拘束力はないが、日本の唯一の同盟国である米国の国民を代表する議会の意思表示だ。政府は決議を謙虚に受けとめ、この決議が日米関係や国際社会での日本の立場に悪影響を及ぼさないよう外交努力を求めたい。」「決議内容には国民感情として承服しがたい部分や「なぜ今、米国に非難されねばならないのか」という思いもある。」「慰安婦問題では、日本政府は1993年の河野洋平官房長官談話で、旧日本軍の関与を認めて『おわびと反省』を表明し、公式に謝罪している。」「95年には村山富市首相の呼び掛けで『アジア女性基金』を設立し、歴代首相の『おわびの手紙』を添えて元慰安婦たちに『償い金』を渡すなど、可能な限りの誠意も示してきた。」「過去4回廃案になった決議案が今回なぜ採択されたのか。そのことは真剣に考える必要がある。」「歴史認識をめぐる最近の日本の政府や政治家の動きに対する米国の懸念があることを見逃してはならない。」「決議に挿入された「(日本の)公職にある者が『官房長官談話』を軽視し、否定しようとしている」との文言が、そのことを示している。」「『河野談話』に関しては、軍の直接的な関与や強制をめぐって一部に異論や反発があるが、安倍晋三首相になってから『談話』を否定し、見直しを求める政治的な動きが一層強まっている。それは首相が掲げる『戦後体制からの脱却』路線と無関係ではあるまい。」「安倍氏自身も首相就任前は「河野談話」を批判してきた政治家だ。首相としては「河野談話」の精神を継承すると表明しているが、国会で「(官憲が無理に連行するような)『狭義の強制性』を裏づける証拠はない」などと答弁した。」「この発言で米議会の決議共同提案者が一気に増えたという。この事実を首相は重く受けとめ、「河野談話」が日本政府の公式見解であることを、あらためて世界に発信し理解を求めるべきである。」「静観していては、日本政府が戦争責任をも回避しようとしているように国際社会に受け取られる恐れがある。それは安倍政権にとっても本意でないはずだ。」…^^?「慰安婦問題で問われているのは、軍の要請で非人道的なシステムがつくられ、多くの女性が屈辱的な体験を強いられたという歴史の事実だけではない。先の戦争に対する日本政府の歴史認識と人権感覚である。早速、安倍外交が試される。」


朝鮮日報2007/08/07 11:22:15より、「韓・中・比が力を合わせ慰安婦問題解決を」(米下院外交委員会のエニ・ファレオマバエガ東アジア太平洋環境小委員会委員長(民主党)の朝鮮日報記者によるインタビュー)
「記事入力 : 2007/08/07 11:22:15
「慰安婦決議案が下院で採択されたとき、旧日本軍の被害者だった李容洙(イ・ヨンス)さんがまるで母のように思えました。そこで李さんを呼び出し、“永遠に一緒にいたい”という内容の歌『Let it be me』を歌ったんです」「決議案採択に貢献したファレオマバエガ委員長は、同日夜、在米韓国系グループの指導者たちの集まりに出席し、元慰安婦の李容洙さんの手を握りながら『Let it be me』を歌い、拍手を浴びた」「同委員長はインタビューで、李容洙さんのことを『ママ・リー』と呼んだ。『ママ・リーが到底口にできない苦難を公の場で証言したのは大きな勇気だ。私はまるで自分が彼女の息子のように思えた』と言った。」「ファレオマバエガ委員長は『国というものは成し遂げた業績ではなく、歴史に対しどのような見解を持ち、過去の過ちに対しどれだけ真摯(しんし)に謝罪できるかで評価される。経済大国の日本が過去の過ちに対し謝罪するのがそれほど難しいことだろうか』と批判」「『韓国・中国・フィリピンといったかつて日本から被害を受けた3カ国が協力し、“慰安婦”問題の解決を推進しなければならない。敏感な問題なので簡単ではないが、挑戦すべき』と語った。」

asahi.com 2007年08月04日、「従軍慰安婦は性奴隷か公娼か 2項対立的な語りに異論
「従軍慰安婦は『性奴隷』か『公娼』か。こうした2項対立的な語りに、関口すみ子・法政大教授(アジア政治思想史)が「論座」9月号(発売中)で、異を唱えた。」「ライセンスを持つ業者が女性を『人身売買』にかけ、逃れられない状況で売春を続けさせた江戸期の遊郭制度は『ある種の性奴隷制』だった」「『金を払えば』『強制ではない』ということもない」「売られた人間は、その人間にとっては強制的な(――逃れられない)仕事に従事する」「これに、他民族支配と、戦場での事実上の監禁(逃亡不可能性)という要素を加えれば、『慰安婦』の中の、『強制的に連行されたわけではない』女性たちのケースに似てくる」と指摘した。

共同通信 2007/08/08 08:39 、「慰安婦の証言、各地で上映 中国から班監督が来日
「中国・山西省で9年間にわたり元慰安婦の声を追い、ドキュメンタリー映画「ガイサンシーとその姉妹たち」を今年完成させた中国人映画監督班忠義氏が9日来日、各地で上映会が開かれる。」「『ガイサンシー(蓋山西)』は山西省一の美人の意味で、実在し日中戦争時に慰安婦となったある女性を指す。映画は同じ境遇の女性たちにインタビュー、過去を克服しようとしてきた人生を追うとともに、元日本兵の証言も集めた。」
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/08/08 18:30 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(3)

当時の公娼制度は奴隷制   No. 1715

しかも、帝国政府は廃止しようとしてできなかったわけで、表向きは公娼制を違法としておいて、思い切り黙認。今も一緒ですね。
Career women in Japan find a blocked path: NY Times
http://www.japantoday.com/jp/news/414455
コメ欄に注目

この記事も印象的でした。
Pro-Con: Should Japan apologize to 'comfort women'? Yes
http://www.kansascity.com/273/story/219808.html
Pro-Con: Should Japan apologize to 'comfort women'? No
http://www.kansascity.com/273/story/219805.html

沖縄タイムス以外の日本のマスコミは、日米関係のことばっかりで、元慰安婦の気持ちや苦しみはちっとも気にしてません。安倍となんら変わりない。
なんかまたまた『喉もと過ぎれば・・・』で、historical amnesiaに戻ろうとしてるんじゃないかと危惧しています。日本人が・・・
[ 2007/08/08 18:43 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 1725

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/08/08 23:46 ] [ 編集 ]

公娼関係エントリーは準備中なのですが(滝汗   No. 1728

>Stiffmuscleさん
>帝国政府は廃止しようとしてできなかったわけで、表向きは公娼制を違法としておいて、思い切り黙認。

帝国政府はあまりまじめに廃止しようとしていたようには見えないかと。奴隷禁止などの国際条約に加盟したから、形だけ人身売買ではなく前借金にしたものの、当時すでに(前借金は)実質的には人身売買と指摘されていたそうですし。
前借金で縛ることは違法との判決例はあったそうなのですが、前借金そのものは合法で返済義務があると判断されたそうです。訳わからん話です。


>『喉もと過ぎれば・・・』で、historical amnesiaに戻ろうとしてるんじゃないかと危惧しています。日本人が・・・

岡崎議員に、解決促進法案を再提出してもらわないといけませんね。

それと、無かった派がもっと騒いでくださるのを、実は奨励したいところなのですけど(^^; (歴史議連を心から応援してしまいそうです)。伊勢さん、がんばれ。NYタイムズでも取り上げてくれないかしら(そして上院でも…)。
情報源が電波な気がしますが、ヨーロッパ方面でも謝罪要求決議が動きそうという話はあるにはあるんですけどねぇ。少なくとも、オランダにはやって欲しいところです。

…そうして、とことん、世界中からはっきり目に見える形で非難されないと解らないんじゃないかと思えます。
[ 2007/08/09 12:15 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/222-277c15bf


キーワードは「もまた」?

産経新聞の迷名物記者 古森義久氏をおさわりしてみた。 ホンダ議員、慰安婦決議採択直後に明言 中国系団体が主導 (Sankei Web - 2007/08/03 ) 魚拓 ホンダ議員は7月30日の同会見で冒頭、「感謝」の対象として真っ先に在米中国系団体「世界抗日戦争史実維護連合会」
[2007/08/08 18:25] URL Stiffmuscleの日記

米下院「慰安婦」対日公式謝罪要求決議案採択に関する韓国メディアの社説(1)

ちょっと時間が過ぎてしまいましたが、米下院で日本政府に公式の謝罪を要求する決議案が採択されたことに対する韓国メディアの反応をヲチしてみます。あ、どうしよう。タイトルに“(1)”ってつけちゃった。ってことは、続きもあるのか?ま、時間と気持ちに余裕があったら
[2007/08/10 15:35] URL 薫のハムニダ日記












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。