スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「慰安婦」対日公式謝罪要求決議採決後の社説を収集 

アメリカ下院の「慰安婦」公式謝罪要求決議可決を受けての社説のいろいろ。
朝日と読売はこのエントリーにて既出

毎日新聞 2007年8月1日0時06分より、「慰安婦決議 歴史認識の溝を埋める努力を
「(前半略)『日本政府は歴史的な責任を公式に認め、謝罪すべきだ』という謝罪要求決議を採択した。日米関係に悪影響を及ぼさないよう両国政府の外交努力を促したい。」
「決議の重要性が高まったのは、安倍晋三首相が3月、国会で『狭義の強制性』を否定した答弁により、日米双方の関心が一挙に強まったためだ。決議に拘束力はなく、日本を一方的に批判するような内容には疑問もあるが、米議会の人権問題に対する懸念の深さと日米の歴史認識のずれを示す形になった。」
「理念の国米国にとって価値観や人権は譲れない原則であり、慰安婦問題を過去の話とみていない」
「ホンダ下院議員は3月の演説で『慰安婦の経験は棚上げされてすむ歴史のエピソードではない。世界ではいまも女性の人権は守られていない。日本政府は戦時下の女性への暴力を排除する目標に踏み出すべきだ』と呼びかけた。スーダン・ダルフールの女性被害を引用しながら、現在の人権問題として解決を迫る論理だ。いまの日米は価値観を共有するはずなのに、という問題設定でもある。民主主義や自由を世界に広める使命を重視する米国で決議案阻止の動きは少なかった。」
「さらに、日本の反応が公式と非公式の姿勢、あるいは建前と本音の間で食い違っているように受け止められた。安倍首相は強制性発言と4月訪米時の「おわびの気持ち」発言の間で大きな揺れをみせた。本心がどちらなのか釈然としない米国人は多いだろう。」
「旧日本軍の関与を認め謝罪した93年の河野洋平官房長官談話をよりどころに「謝罪してきた」と説明するのが日本の立場だ。だが、軍の強制の証拠はないとして河野談話の見直しを主張する一部の政治家の発言は米国にも伝わっている歴史修正主義と米国がみなす動きに対する警戒も出ている。」
「歴史認識のずれを埋める対話は米国ともアジア各国とも続ける必要がある。河野談話で示した謝罪と反省を、繰り返し丁寧に説明する努力を怠ってはならない。」

中日新聞 2007年8月1日より、「従軍慰安婦決議 歴史は学べ何度でも
「後世に裁かれる歴史というものがある。米下院が日本政府に公式謝罪などを求めた第二次大戦中の従軍慰安婦問題は、日本と日本人にとっても不幸な歴史だったともいえる。直視していくべきだ。」
「六月、下院外交委員会で対日謝罪要求決議案が採択されて以来、日本政府と日本に理解を示す共和党関係者を中心に本会議での採択回避の働きかけが行われてきた。」
「決議に法的拘束力はなく、米議会でよくある採択の一つとの見方がある。背景には韓国、中国系有権者を意識しての選挙絡みの思惑や決議に歴史事実の誤解があることも伝えられるが、決議は米国民を代表する議員の意思表示で、重い。重要な同盟国からの忠言のニュアンスもあり、真剣に受けとめるべきだ。」
「河野談話をめぐって一部の反発はあるが、軍による強制の有無以前にその意思に反して強いられた大量の従軍慰安婦が存在し、慰安婦システムそのものを黙認したこと自体が人道に反し、後世に裁かれるべき歴史の暗部であったことに異論はないはずだ。時代のせいにはできない。」
就任前の安倍晋三首相の河野談話への批判や就任後の「狭義の強制性」否定が反省なき日本という誤解を与えたといわれる。日本の反省が受けとめられず、対日非難が蒸し返されることに真の問題がある。」
「日中戦争の盧溝橋事件から七十年、加害の歴史は忘れがちだ。歴史は何度でも学ぶ必要がある。建設的未来のために。」

産経新聞論説2007/08/01 05:16付けより、「慰安婦決議 官民で事実誤認を正そう
「(前半略)日本の重要な同盟国である米国の議会で、日本非難の決議が出されたことは憂慮すべきである。」
「安倍晋三首相は4月末の日米首脳会談で、慰安婦に対する深い同情の念を示し、ブッシュ大統領はこれを評価した。加藤良三駐米日本大使は下院の枢要メンバーに対し、慰安婦問題で日本を非難する決議が採択されれば、日米関係に長期の有害な影響を与えるだろうという趣旨の書簡を送った。」
「採択の段階で、『日米同盟はアジア地域の要』とする文言が加えられ、民主党のマイク・ホンダ議員が提出した当初の決議案より表現が緩やかになっていた。しかし、『慰安婦制度は日本政府が第二次大戦中に行った軍用の強制的な売春』と決めつけるなど、基本的な誤りは全く訂正されていない。」
「慰安婦が第二次大戦中に辛酸をなめたことは同情に値する事実だが、彼女らは主として民間業者によって集められ、日本政府が強制的に集めて売春を行わせたのではない。それは、日本政府が2年がかりで集めた200点を超える公的文書などが証明している。」
「慰安婦決議をめぐり、櫻井よしこ氏ら日本側識者が慰安婦問題に関する事実関係を論証した意見広告を米紙に掲載した。『かえって米議会の反発を招いた』という批判もあるが、国際社会で何も反論しないことは、誤った史実を認めたことになりかねない。」
「慰安婦決議の背後で、在米中国系団体が下院の外交委員長に圧力をかけていた事実も明らかになった。この団体は中国政府と密接なきずなを持ち、歴史問題で日本を非難している。」
事実誤認を正すための官民の一層の努力が必要である。」…煽ってる?。

以下は韓国紙の社説;
朝鮮日報2007/08/02 06:58:44より、「慰安婦決議を採択に導いた功労者たち
「ホンダ議員は日系3世だ。そのためホンダ議員が今年1月、日本政府に対し日本の軍部による慰安婦の強制動員があったことを認め、謝罪するよう求める決議案を提出した際、日本では『米国の地で日本に恥をかかせようとしている』との反発が巻き起こった。」「しかしホンダ議員は『日本政府が謝罪して(被害者側と)和解することで、日本人の肩身が狭くなるわけではない。日本が謝罪し、韓国や中国がそれを受け入れるなら、韓日関係、中日関係はより強固なものとなる』とし、一貫した姿勢で臨んだ。」
「当のホンダ議員は決議案を採択に導く上で自分よりもレイン・エバンス前議員(民主党)や在米韓国人の関係者の貢献が大きかったとしている。」「挺身(ていしん)隊対策委員会、ニューヨーク・ニュージャージー韓国系有権者センターなどの在米韓国人団体が議会を訪問し、委員や補佐官らを説得しただけでなく、韓国系の中学生や高校生までが募金活動に参加した。」
「ホンダ議員は第2次世界大戦の際に米国の日系人強制収容政策により、14カ月間収容所での生活を経験している。ロナルド・レーガン大統領は 1988年に連邦議会が採択した決議案を受け、当時の強制収容政策について公式に謝罪した。ホンダ議員は『真の和解は、反省から生まれる』とするとともに、『決議採択はゴールではなく始まり』と語った。ホンダ議員は父の祖国である日本に対し、日本が責任を認めない限り、慰安婦問題に幕が下りることはないと諭しているのだ。」

中央日報2007.08.02 07:26:36より、「米下院‘慰安婦決議案’採択の影の主役 コトゥラー氏」(via bolsaespanolaさん
「ワシントンの非営利研究団体アジアポリシーポイント所長のコトゥラー氏は今年1月発議されたホンダ決議案の草案を作成し、2月には下院外交委慰安婦聴聞会でオランダ出身の元慰安婦オヘルンさんの証言を主導した主人公だ。」
「『研究してみると、日本は大きな罪を犯し、今でも反省していないということをはっきりと知ることができた。このため決議案は積極的に推進していかなければならないという意見を出した』。コトゥラー氏は先月31日、中央日報とのインタビューでこう語った。」
「コトゥラー氏は慰安婦聴聞会を控えて悩んだ。『韓国の女性だけでなく外国人の女性が証言すれば、大きな反響を呼ぶと考えた。(中略)オヘルンさんのことを思い出し、オーストラリアの所在地を把握して連絡した』。コトゥラー氏は彼女の証言を成功させるため旅行経費も負担した。」
「日本政府は決議案を阻止するため『日本は何度も謝罪し、歴史教科書にも慰安婦問題を記述している』という書簡を米下院議員らに2度送った。その度にコトゥラーさんは「明確な謝罪はしたことがなく、日本教科書は歪曲されている」という反論文と関連資料を下院議員らに提示した。」
「チェイニー副大統領室は6月、ワシントンポスト紙に『日本の責任ではない』という広告を出した日本議員40人余についてコトゥラー氏に尋ねた。コトゥラー氏は日本議員らの性向を分析しながら『日本議会主流の歴史認識がこのように歪曲されている』と指摘した。」
「コトゥラー氏は「日本側から何度も脅迫を受けたし、ワシントンの日本大使館はもちろん、彼らと一緒に働く米国人らから‘嫌がらせ’を受けたが、正しいことをしたので気にしていない」と語った。」

東亜日報AUGUST 02, 2007 03:05より、「米国の慰安婦決議案、日本の妨害をかわして議会通過まで
「(前半略)60、70才代のアジア系の老人3、4人が、議員事務所のドアをたたく。『どんな御用でしょうか』という質問に老人たちはつたない英語で「軍隊慰安婦問題」と答えるか、言葉なくカバンから資料を取り出して手渡す。(中略、補佐官と秘書たちは)彼らが下院に提出された決議案121号(日本軍隊慰安婦決議案)支持運動を展開する韓国系有権者だったことを知る。」「2日ほど経つと、議員や補佐官との面談を申し込む電話がかかってくる。今度は流暢な英語で、『韓国系有権者団体』と紹介し、「数日前、私たちの団体会員が貴事務所を訪問したが、説明したい」と要請する。老人たちが直接訪ねた気持ちを考え、議員や補佐官の大半が約束してくれる。」
「大型ロビー会社2社と大物ロビイストを多数動員した日本の妨害をかわして、決議案が通過されるまでには、このような在米韓国人の草の根運動が決定的な役割をしたというのが、同問題を見守る人々の一様の分析だ。」
「ホンダ議員は、『決議案が成功するには、被害者女性が証言する聴聞会を開かなければならない』と構想した。問題は費用だった。」「この知らせを聞いた篤志家たちが、財布をはたいてくれた。そのおかげで、韓国人の李ヨンスさん、金グンジャさんの外にも、オーストラリアに住むオランダ人被害者のヤン・ルフ・オヘルネさんをワシントン議事堂に招くことができた。」「金ドンソク所長が回顧する。『4月初め、日系大物政治家のダニエル・イノウエ上院議員が、決議案阻止のために動いているという知らせにみな不安を感じている時でした。ニューヨークのある理髪店で客の洗髪をする仕事をしているという60代半ばの老人が訪ねてきました。タクシー費を節約するために、遠くから歩いて来たそうです。200ドルが入った封筒と客300人から受けた支持署名が書き込まれたノートを渡して静かに帰りました。その老人の後姿を見て、みんな「また頑張ろう」と決心しました』」「教会や韓国人マートなどを中心に展開された署名運動には、米国全域で8万人が参加した。ダンボール箱いっぱいに入った地域区民たちの署名録は、議員たちには少なからぬ圧力になった。」
「日本側のロビイストたちが執拗に掲げた主要論理は、『なぜ米議会が、北東アジア国家間の葛藤に割りこむのか。慰安婦決議案を通過させれば、さらに中国が南京大虐殺問題を持ち出すかもしれない』ということだった。」
「実際に、急進的な一部の在米中国系団体は、慰安婦決議案問題を南京大虐殺問題に拡大しようと試みた。」「韓国の一部市民団体も『なぜ中国団体と連帯しないのか』と述べて、在米韓国人活動家たちを非難した。日本のメディアは、背後に中国系がいるという陰謀論を唱えた。」「このため、慰安婦決議案問題を韓日間の問題ではなく人権問題で接近しようとする在米韓国人活動家たちは、あちこちで困難を経験しなければならなかった。」

以下は中国紙の社説(日本語版が一つしか見つけられない…北京網はこれとおなじだし)
人民網日本語版2007年8月1日より、「『慰安婦』決議案――正義の要求
「米下院は日本政府に対し、『慰安婦問題』を公式かつ明確な形で認め、謝罪し、相応の歴史的責任を担うよう要求している。これは正義の要求であり、良知の要求である。決議案を最初に提出したのが日系人のマイク・ホンダ議員(民主党、カリフォルニア州)だったことは、正義と良知の要求は国家・民族・人種の壁を乗り越えるものであることを物語っている。」
「だが日本の内閣官房長官は『決議案の採択は残念』と述べた。1つの国家が歴史の事実、その歴史における『最も暗黒のページ』に敢えて向き合えないことは、道徳と勇気の欠如を示すものであり、これこそが『残念』なことだ。」
「百歩譲って、それが「恥」の文化の伝統によるもので、歴史の事実に向き合う勇気がないのだとしたら、あるいは沈黙を選ぶこともできよう。だが日本人の一部は、この最低ラインの下まで堕落している。今年6月14日、一部日本人は『ワシントンポスト』紙に広告を掲載し、『慰安婦』の生存者を誹謗した。この愚か極まる行為は、かえって普遍的な怒りをかきたてた。まさにラントス下院外交委員長の言葉の通り、過ちを被害者になすりつけるやり方は『吐き気を催させる』ものだ。米下院が決議案を35分で全会一致で採択したことは、一部日本人の恥知らずな行為に対する反応である。」
「ドイツのブラント首相はユダヤ人犠牲者の墓前に涙ながらに跪いた。ドイツは誠実に歴史に向き合い、当然の歴史的責任を担うことによって、国際社会の許しと理解を得、ドイツ自身も歴史における主体性を獲得した。」
「ひるがえって日本を見ると、日本は歴史の事実に向き合う勇気がなく、歴史「健忘症」を繰り返し、たびたび被害者の感情を傷つける恥知らずな行為に出ており、このためにまた長い間、歴史と道徳において受動的な立場に置かれ、歴史と道徳の審判の前に立たされ続けている。」
「米下院で決議案が採択されたことは1つの強烈なシグナルであり、日本の誤った歴史観が一層の国際的反発を招いていることを示している。これはまた、始まりであって終わりではない。日本は回避できない道義的選択を迫られている。これは、国の未来の道の選択でもある。」
妥当な指摘なんですが…自爆の人達が受け入れられないだろうなと…(^^;
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/08/02 23:59 ] 四方山話 | TB(3) | CM(6)

日本の新聞って   No. 1642

はっきり論理的に主張できないんですね。読売と産経は異世界通信だとしても、朝日の腰抜けぶりに一番腹が立ちます。安倍や"THE FACTS"組みをなぜ徹底的に糾弾できないのでしょう(期待はしてませんでしたが・・・)。

韓国の記事は、すごく説得力があり、筆に力がみなぎってるし、視点が元慰安婦の幸せメインですから、言葉の重みがすごい。
韓国ってやっぱ民主化進んでるって思います。それ以上の速度で民主化が後退している日本・・・嫌韓してる場合じゃないんですが、厨には理解できないんでしょうね。
[ 2007/08/03 20:15 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

大手では朝日が一番マシなようではありますが、   No. 1646

>Stiffmuscleさん

一時期「よみあさるまい」の合い言葉(だっけ?)を掲げているブロガーさんも多かったぐらいですからねぇ。朝日を含め大手は期待するだけ無駄でしょう、振るための尻尾がついている様子ですから。

韓国紙の社説もいいですが、クールに指摘してくる中国紙の社説も説得力があります。政府があまり突きたがってない話題だから感情を煽らない様に気をつけつつ指摘するとこはする、みたいな雰囲気で、なおかつ行間から「馬鹿がいるのは知ってるけど、日本人全体が馬鹿ばっかりと思っている訳じゃないから」というメッセージもこめられているようで。


>韓国ってやっぱ民主化進んでるって思います。それ以上の速度で民主化が後退している日本・・・嫌韓してる場合じゃないんですが、厨には理解できないんでしょうね。

せっかく、アメリカが日本を「民主主義を広めたお手本」にしたがっているのにアテがはずれっぱなしですね。

それはそうと、余計なことをしてくれますね。
http://www.news.com.au/heraldsun/story/0,21985,22170271-5005961,00.html?from=public_rss
まぁ、これも「河野談話」堅持が前提でしょうけど。
[ 2007/08/04 02:05 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 1647

>櫻井よしこ氏ら日本側識者が慰安婦問題に関する事実関係を論証した意見広告を米紙に掲載した。『かえって米議会の反発を招いた』という批判もあるが

だからくりかえし、いろいろな人が指摘している通り、あの広告は、『かえって米議会の反発を招いた』以外のものではないって。櫻井よし子らがどう考えているか知りませんが、一定レベルの教養の持ち主なら、あんな恥知らずの広告を読んだら、怒るか、呆れるか、馬鹿にするかの反応しかないでしょう。あれで事実関係を論証したなんて、でたらめもいいところです。この筆者が本気でこんな文章を書いているのかどうかはともかく、少しは稚拙な戦略を反省するべきです(さまざまな意味で)。

>加藤良三駐米日本大使は下院の枢要メンバーに対し、慰安婦問題で日本を非難する決議が採択されれば、日米関係に長期の有害な影響を与えるだろうという趣旨の書簡を送った。

ぜんぜん相手にされなかったじゃないですか。まあ、出来もせずやる気もないことで(形式的に)脅すというのも何とも空しいものがあります。こんなこと、社説にのっける話じゃないよね。余談ですが、加藤大使が もしまともな人間だったら、こんな書簡を送るのは、職務とはいえ彼の人生でも最高レベルの恥でしょう。(勝手に)同情を申し上げます。
[ 2007/08/04 04:46 ] -[ 編集 ]

異世界通信だそうですから(^^;   No. 1648

>Bill McCrearyさん
>あの広告は、『かえって米議会の反発を招いた』以外のものではないって。

逆接をつけた上で「国際社会で何も反論しないことは、誤った史実を認めたことになりかねない」ですよ。しかも、この筆者が認識しているところによると(決議が)「軍用の強制的な売春と決めつけるなど、基本的な誤り」があるそうなので、、、さすがに【強制連行】の言葉を使ってない点だけは微かな進歩なのかもしれませんが、何を根拠に「軍用強制売春でない」と言えるのかは巨大な謎ですからねー。全然解ってない方にすーぱーひとし君。


>あんな恥知らずの広告を読んだら、怒るか、呆れるか、馬鹿にするかの反応しかない

そう、反応されちゃいましたね(^^;
中国紙社説で「日本人の一部は、この最低ラインの下まで堕落」「一部日本人は『ワシントンポスト』紙に広告を掲載」って、毎回きちんと「一部」をつけてくれたのがありがたくて。


>加藤大使がもしまともな人間だったら、こんな書簡を送るのは、職務とはいえ彼の人生でも最高レベルの恥でしょう。

一部を以て全体を推し量るのはいかがなものかと思いつつも、麻生大臣個人ではなく外務省の企画でちょんまげタローズブートキャンプをやらかしたように見えますからね。実際に書簡を発送したことと併せて判断するに、「もし」以下の仮定節が現実を反映していない可能性もありますね。
[ 2007/08/04 12:47 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

たしかに   No. 1684

「決議案を最初に提出したのが日系人のマイク・ホンダ議員(民主党、カリフォルニア州)だったことは、正義と良知の要求は国家・民族・人種の壁を乗り越えるものであることを物語っている」……この文章など、なかなか格好良いですねえ……中国に負けるって。
[ 2007/08/07 05:12 ] -[ 編集 ]

韓国にも負けてますけど(^^;   No. 1687

>ほっけさん

この文章が「日本語版」として公表されちゃっているところに、強烈なメッセージを感じます(汗)。

「百歩譲って、それが「恥」の文化の伝統によるもので、歴史の事実に向き合う勇気がないのだとしたら」

内心、滝のような冷や汗が流れるんですけど。。。
[ 2007/08/07 12:47 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/218-cd81b906


「君達の負債を支払え」

 戦後補償の問題というとアジア諸国ばかりに関心が集中しがちですが,火種は欧州でもくすぶっているようです。 右画像は私がさっき検索で見つけたもので,2000年5月の天皇訪欧の際,オランダのハーグでおこなわれた抗議行動の様子です。画像からリンクしているサイトでフ
[2007/08/03 23:04] URL 人工樂園

A級戦犯合祀「深い禍根残す」 昭和天皇が懸念

昭和天皇のA級合祀反対 『関係国と禍根残す』元侍従長発言、歌人に語る(2007/08/04 東京新聞 キャッシュ)靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に対する昭和天皇の考えとして「戦死者の霊を鎮めるという社(やしろ)の性格が
[2007/08/04 12:10] URL ◆ 美しい壺日記 ◆

【J-CASTニュース】ミスリーディングな慰安婦報道

 J-CASTニュースの「慰安婦決議で新聞『猛反発』 朝日社説だけが『孤立』」(8月1日)は,池田信夫氏のブログで教えられたものなのだが,この記事における毎日新聞社説の紹介の仕方はちょっとおかしい。 記事では,讀賣や産経の社説を紹介したのに続けて, また、毎日
[2007/08/05 01:24] URL 人工樂園












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。