スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

参議院選後雑感 

選挙前の話だが、流れているテレビコマーシャルがふと目に入った。
「12月までに、全ての国民の皆様に、年金の支払い履歴が届きます」
うろ覚えだけどこんな内容を言っていたか。
ふーん、厚生省かどっかの広報活動ね、と思っていた瞬間に目に入った場面でずっこけた。
気持ち悪いカメラ目線の人物と自民党の文字が見える。
なんと、このコマーシャルは「自民党」の選挙用コマーシャルだったようだ。

おいこら、ちょっと待て。
それは、選挙の結果がどうあれ、やらなきゃいかんことだろ?
何か勘違いしてないか?


そして、29日、参議院選の投票結果が出た。
自民党議席大幅ダウン。ピグリンったら難しいと言いつつ、お願い聞いてくれたのね(違!)。
しかし、安倍首相は続投表明。
その際の台詞(の一部、多分)がふと耳に入った。
「国民の皆様と約束した改革が途中だから、引き続き首相として」云々。

おいこら、ちょっと待て。
誰が誰と何を約束したんだ? 私が約束してないってだけの話じゃない。
アンタは、直接選挙で選ばれた大統領じゃないぞ。
国民の皆様に、自分は首相としてこうやりたいって訴えて選ばれた訳じゃない。
何か勘違いしてないか?

強いて解釈すれば、安倍氏が改革云々主張して選ばれたはずなのは、自民党の総裁選。まさか、自民党員=国民だと理解してるんじゃないだろうな。今回の結果は、アンタの言うところの改革なんかよりも他にやることあるだろっていう、国民の意思表示としてうけとる方が妥当ではないのか。
コミュニケーション不全の総理大臣ってことかなぁ。なんだかなぁ。。。


そしてさらに、やはりこれは注目しておきたい、東京都の改選5議席の一つに座ることになった丸川珠代氏。
07年5月21日付の日刊ゲンダイによると、金子勝・慶大教授との共著本「ダマされるな!―目からウロコの政治経済学」(ダイヤモンド社)にて、「自衛隊まで派遣した我々日本人のほうが、よっぽどオメデタイと思われてたりして」「規制緩和を進めれば、激しい競争が起きて、社会は一部の大金持ちと、たくさんの貧乏人に分かれてしまうのではないか。年金改革や医療改革を進めれば、給付が減り、負担が重くなって、ますます将来の不安が大きくなるのではないか」と、小泉政権や安倍政権の進める改革政策を批判する趣旨の発言を大いにしていたそうで、さらにはテレ朝アナウンサー時代のコラムで、投票率の低さに苦言を呈し政党のタレント候補の擁立に対して苦言を呈していたそうで…(笑)。
というようなことに注目して記事をまとめている「J-CASTニュース」が、受付窓口を通じて書面での取材を申し込んだところ、質問には全く関係のない「丸川珠代の決意 日本人でよかった」と題した出馬についての意欲を語った文章が返ってきて、その文章の最後に「権力が過ちをおかしたときには、もちろん獅子身中の虫となってその過ちを正す覚悟です。どうぞ皆さん、力を貸してください」と書いてあったそうで。
当選しちゃった以上、多分、この文章で意図したかったであろう意味に沿って(注1)すでにおかされた過ちを頑張って正してください。たくさんあるけど。

なお、翌30日の朝の報道番組で、テレ朝の電話取材に応じていた丸川氏、かなり厳しく批判されていた。そして、丸川氏の後にニューヨーク支局勤務から東京に戻ってきたというアナウンサー氏が、「会社から厳しく住民票をちゃんと移すように注意を受けるのだけど」と、硬い表情で発言していたのが印象的であった。

注1;「獅子身中の虫」とは、「(獅子の身中にすんで、これの恩恵を蒙っている虫が、かえって獅子の肉を食ってこれに害悪を与える意)仏徒でありながら仏法に害をなすもののたとえ。また内部にいて恩恵をうけながら、害をなすもののたとえ」広辞苑より。
…現職の保坂氏を接戦で破ったって事は、公約通り?

参考;
スポーツニッポン 2007年7月18日より、「丸川珠代さん:3年間投票せず 謝罪
「東京都の選挙権がないことが判明した自民党公認で、東京選挙区から立候補した元テレビ朝日アナウンサーの丸川珠代さん(36)が17日、府中市での街頭演説後、約3年間にわたり選挙の投票に行っていないことを認め、謝罪した。一方、住民税未納の疑いもかけられたが、源泉徴収票のコピーを取材陣に提示し、こちらの疑惑はシロだった。(中略)本人は帰国後に選挙取材も経験しており、投票の意思があれば自宅に投票所整理券が届かないことを疑問に思うはず。選挙に対しての基本的な姿勢が問われそうだ。」

スポーツ報知 2007年7月20日06時02分より、「丸川珠代氏大泣き
「元テレビ朝日アナウンサーの丸川珠代氏(36)=自民・東京選挙区=が19日、みそぎの黒いスーツ姿で涙を流し、選挙の投票に行っていなかった「選挙権問題」からの出直しを誓った。武蔵小山駅前の演説では涙をぬぐい、同行した片山さつき衆院議員に抱きつき、号泣。(後略)」


ちなみに;
Sankei WEB 2007/07/29 23:14より、「韓国メディアは地味な扱い 自民惨敗の行方注視
「(前半略)聯合ニュースは投票終了4分後に「自民惨敗」を伝えたが、敗北が事前に予想されていたためか、至急電扱いにはしなかった。MBCテレビは「年金スキャンダル」が自民党の敗因と分析。「これだけ負ければ(首相の)退陣論も拡大するだろう」と一般的な見方を伝えただけで、夜のニュース最後の項目という扱いだった。」
…この件に関しては、トップニュースをチェックしただけなんですけどー。他社では、韓国の反応は報道していないように見えるんですけどー。
何か、気にしてます? 産経さん?
スポンサーサイト
[ 2007/07/30 08:00 ] 四方山話 | TB(8) | CM(25)

同感   No. 1575

こんにちわ。ネットウヨクのmiracleさんです。
おそらく正反対の立ち居地にいるおいらですが、共感できるところがあったので、コメント残します。

>選挙前の話だが、流れているテレビコマーシャルがふと目に入った。
>「12月までに、全ての国民の皆様に、年金の支払い履歴が届きます」
>うろ覚えだけどこんな内容を言っていたか。
>ふーん、厚生省かどっかの広報活動ね、と思っていた瞬間に目に入った場面でずっこけた。
>気持ち悪いカメラ目線の人物と自民党の文字が見える。
>なんと、このコマーシャルは「自民党」の選挙用コマーシャルだったようだ。

>おいこら、ちょっと待て。
>それは、選挙の結果がどうあれ、やらなきゃいかんことだろ?
>何か勘違いしてないか?

件のCMに関しては全く持って同感です。政府の落ち度でやらなければいけない作業を公約のように訴え、支持を得ようという姿勢は如何なものかと思いました。
それに、そんな簡単に出来るとは思えません。時間をかけてもいいから確実なシステムを作ってくれと思います。このあたりはお考えも違うのでしょうが。

それをいうと民主党の「生活が第一」というコピーもちょっと気に入りません。有権者は手元に入るお金にしか感心がないかのようでいささか不満です。
今回の選挙はそういう意味では右から左まで有権者を舐めていたと考えますが、どんなもんでしょうか?
よろしければ、お考えをお聞かせいただければと思います。
[ 2007/07/30 16:23 ] 8pseZ2BU[ 編集 ]

ようこそ   No. 1576

>miracleさん (さんは、一つでいいんですよね? 違ってたらすみません)

コメントありがとうございます。

年金の支払い記録がどうにかなってしまった件に関しては、確実なシステムができるなら時間をかけても良いと思います。が、すでに、今時点で受給が必要な人達が、不安や不自由を感じないように運用して欲しいものと思ってます。それをどうすればベストかは、正直、解らないのですけど。


>民主党の「生活が第一」というコピーもちょっと気に入りません。有権者は手元に入るお金にしか感心がないかのようでいささか不満です。

「生活」と表現しているので(もちろん、先立つものがない生活は不安なものですが)包括的な表現として、私はあまり反感無く受け取っておりました。民主党のCMは大抵、、、特に船上編なんてセンスの悪いひどいものでしたから、今回のはまだマシな方だと思います。
今回の選挙における民主党への不満としては、結局タレント候補を擁立した点でしたね。擁立を打診する側は「プロの政治家」でしょうに、にぎやかしにアマチュアを引き込むやりようは、おっしゃるところの「有権者を舐めている」態度だと思いました。

なお、右とか左といった概念を、私はあまり理解しておりません(^^;
多分、私は他の方からカタカナで「サヨク」と呼ばれる言動をとっているのでしょうけど。だから、ネットウヨクと自ら名乗られる方が基本的にどういう考えでいらっしゃるのか解らずにお答えを書いておりますので、共通の前提が無くて通じにくい文章でしたら、すみません。
[ 2007/07/30 18:45 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

フェアな人は好き   No. 1577

基本的に、フェアな人は好き、です(^^;)。

「生活が第一」というのは「お金にしか関心がない」わけではありません。「衣食足りて礼節を知る」という言葉がありますが、その衣食が足りる「生活」が、まずあらゆることの基盤だということでしょう。

「美しい国」も、「たつき」が成り立ってこその話です。

「愛国」だけで生きてゆけるなら、それは仕合わせなことでしょうけど・・・ね。

[ 2007/07/30 18:50 ] Dgpr4blE[ 編集 ]

   No. 1578

>滴水さん

コメントありがとうございます。
お金が全てではありませんけど、安全な食べ物ほど高価なご時世ですし、医療にも費用がかかります。もちろん、住居にも。
それらを確保するのに足りる分の、安定した収入がない生活は辛いものと思っています。

世襲で政治家をしていると解りにくいでしょうけど、ね。
[ 2007/07/30 20:53 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

安部総理は苦労人ですよ   No. 1579

こんにちは

>碧猫さん

安部総理は世襲のボンボンだ、庶民の気持ちなんかわからないと言う批判を良く耳にしますが、私はそうは思いません。お金に苦労しながら懸命に政治活動に邁進してきた方ですよ、安部総理は。お金が無かった為に命の危険にさらされた事さえあるんです。
例えば指定暴力団・工藤会系高野組に選挙対策を頼んで、その代金が支払えなかったばかりに事務所に火炎瓶を投げ込まれたりうわなにをするやめorz
[ 2007/07/31 00:00 ] -[ 編集 ]

選挙雑感   No. 1580

>安倍首相は続投表明

ここまで大敗した(参院選とはいえ)のに続投を表明する安倍という男もいい度胸をしていますし、それを許す(?)自民党という政党も力が衰えたなと思います。

1989年の選挙の時は、まだ公明党は野党でしたから(いろいろなところで選挙協力はしていたはずですけど)、今回の結果はそのとき以上のひどさです。年金問題で自民党がずっこけたのは事実ですが、安倍の政治手法の稚拙さがなければ、ここまでの大敗はなかったと思います。彼は、そのことをどれだけ認識しているのかな。

余談ですが、長崎から出馬して落選した小嶺氏は、気の毒ですね。いい年した人の選択だから仕方ないですけど。彼が自民党から出馬すると聞いた時、「よせばいいのにな」と思ったんですけど、落選までしちゃったんですから、ほんとによせばよかったのにね。丸川だって、今回は当選したけど、次回はあるのでしょうか。
[ 2007/07/31 03:22 ] -[ 編集 ]

北海道は民主党の惨敗だったわけですがorz   No. 1581

えー、確かに生活とは直接的にはお金が大いに絡むにしても、例えば日々充実した仕事ができること、そして休日には安心して余暇を満喫できること、といったことだって、立派に「生活」の一環なのですから、社会基盤をきちんと整えること、という意味において、あたしは小沢代表の「政治とは生活である」という主張を高く評価したわけでございまして。

当選した小川勝也さんの陣営引き締めが効きすぎて多原香里さんへの票割りがうまく行かず、総体で2議席独占に十分な票を確保しながら1議席しか取れなかった北海道でした…流石に「今回の反省はしてね、鉢呂さん(民主党道連会長)」ってところです。

とくらさんをはじめ、多原さん、尾辻さん、天木さんと、いま国政に必要な候補が当選できなかったという意味において、そして十分野党完勝が可能だった北海道を落とした点において、あたしにとって今回の参院選は惨敗でしたが、糸数さんの当選はせめてもの慰めになりました。

この惨敗で総裁・首相の座に居座る安倍首相は捨て鉢なのか、それとも底知れぬ何かがあるのか…民主党から出ることが規定路線となった新・参院議長の議会運営に注目です。

そして、so1944さまのナイスなネタに座布団2枚。
[ 2007/07/31 06:42 ] UfXhsPQ6[ 編集 ]

安倍続投   No. 1582

続けざまのコメントすいません。

前の自民党なら、安倍で惨敗したのなら加藤紘一あたりを首相にするくらいの度量と変わり身のはやさと人材があったと思うんですけど、もうそんなことも不可能なのですかね。自民党リベラル派の衰退や極右政党化などいろいろな理由があるでしょうが、安倍みたいな馬鹿を首相にまつりあげているのは、自民党の政治家の世襲が激しくて、人材難なのも理由の一つでしょう。最近の首相なんて、世襲ばかりですものね。小沢一郎もそうですが。

[ 2007/07/31 07:44 ] -[ 編集 ]

本当の民主主義の勝利の日はまだ先なのか...   No. 1583

>「今回の反省はしてね、鉢呂さん(民主党道連会長)」ってところです。

そうそう、鉢呂さんはアベシ以上に反省すべきです。道連会長でもあるとは知りませんでした。(McRashさん新しい知識ありがとう。)民主党の選対委員長でもある人ですよ、この人。(←秘書課広報室などというところに勤めているとこんな日常生活に役に立たない知識が身についてしまう...)

マルカワの納税者意識と政治家としての力量(うぷ)はこれからたっぷり拝見させていただきましょう。
[ 2007/07/31 12:18 ] 6fyJxoAE[ 編集 ]

なるほど   No. 1584

>皆さま

ありがとうございます。なるほど「生活=金」というのは指摘の通りストレートな反応だったかなあと思い返しています。
個人的な思いだったのですが、今回は年金とか税金とか閣僚の失言とかそんなことは置いといて、堂々と憲法論議を与野党ともにしてほしく、与党も野党もそこから逃げたという感が否めません。だから自民のCMにも民主のCMにもカチンと来たのかなと自己分析しています。

一回、憲法を争点にガチで選挙を行うべきだという思いは改憲派のおいらも護憲派の皆さんもあると思うのですが、如何でしょうか。

# 憲法といっても幅が広いという話もありますね。

以下思うところなど

>碧猫さん

>今回の選挙における民主党への不満としては、結局タレント候補を擁立した点でしたね。擁立を打診する側は「プロの政治家」でしょうに、にぎやかしにアマチュアを引き込むやりようは、おっしゃるところの「有権者を舐めている」態度だと思いました。

これは自民もあんまりいえませんね。ただ、タレント=政治の素人だから×というのも偏狭かなという気がします。たぶん政治の玄人を求めるとするならば官僚か2世政治家だけになってしまうのではないかと思うのです。
あまりにも人気優先なのは如何なものかとも思いますが(大仁田はなあ)、通ってしまったあとの6年間を評価してから個々人に対し○×はつけていけばいいのではないかなと。

>滴水さん
>McRashさん

>「生活が第一」というのは「お金にしか関心がない」わけではありません。「衣食足りて礼節を知る」という言葉がありますが、その衣食が足りる「生活」が、まずあらゆることの基盤だということでしょう。

ごもっともです。ただ、衣食はおいらは十分足りているはずだと思うんですが、どこまで面倒見てもらえれば気が済むんだというもやもや感が残るのです。

自分の話で恐縮なのですがおいらは精神障害者で障害者自立支援法の被害を直撃した小泉改革の犠牲者ですが、それでも月2回の診察費用が400円から800円に上がったに過ぎません。この程度の負担も我慢ならない「弱者」とは一体何者? と思います。
そして、自分の生活をまかなう手段はいくらでもあるわけで、国に窮状を訴える前に働けよと厳しいですが思います。生活の基盤は国に面倒を見てもらうのではなく、自助努力でナントカするべきではないでしょうか?

>McRashさん

>前の自民党なら、安倍で惨敗したのなら加藤紘一あたりを首相にするくらいの度量と変わり身のはやさと人材があったと思うんですけど、もうそんなことも不可能なのですかね。

きっと今はその役目を民主党が担うべきとの有権者の意思ではないでしょうか? 党内派閥力学で上になったり下になったりするよりも選挙で有権者が決める今のほうがもっと健全でよいと思います。

>村野瀬玲奈さん

こんにちわ。
ところでとほほさんはgoog(以下略
[ 2007/07/31 18:06 ] 8pseZ2BU[ 編集 ]

   No. 1585

>so1944さん

ようこそ、コメントありがとうございます。
ああ!なるほど、カルト教団にまで気を遣って祝電を打ったり、気配りの苦労人なんですね。
え? あれ? so1944さん、どうかなさったのですか? お姿が見えませんけど。
…何か、重いものを引き摺ったような跡があるなぁ。あら、こっちにはタイヤ跡が。なんだか硝煙の匂いもするみたい。なにかあったのかしらん?



>Bill McCrearyさん

度胸の問題なのか、神経の接続が悪いのか、判断がつきかねると申しましょうか(^^;
安倍首相は、自分自身では「自分がいけてる」と思い込んでいるとどこかで(カマヤンさんのとこだったか)見た覚えがありますので、、、だいたい自分が駄目かもと思えば退陣するでしょうし、、、この場合、彼はもしかして自分を評価しない愚民どもが悪いと思っているのでしょうか。


>丸川だって、今回は当選したけど、次回はあるのでしょうか。

タイゾー氏と同じく、次はないと思うんですけど。さすがに。(私の評価ではマルカワ氏とタイゾー氏は現時点では同列)


>前の自民党なら、(中略)度量と変わり身のはやさと人材

「えぇ~退陣しないの」の大合唱でどう転ぶやらと思っているのですが、退陣しちゃうと次は麻生太郎氏でしょうか? それぐらいなら、安倍氏が首相を続けて自爆連鎖の方が自民党崩壊にいたりそうな気がしますねぇ。世襲には悪くない点もあるはずのような気もするのですが、どうした訳か弊害ばかりが目につくのが不思議です。
…自民党を離れて(不思議なことに)人相が良くなった面々に当面は期待したいところなのですが、どうなるんでしょうねぇ。ドイツの新聞に何か言われているみたいです↓
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007073190073754.html



>McRashさん

借り物の表現ですが、民主党を評価できるもっとも大きな点って「自民党ではない」点かな、と。だからあまり大きな期待はしていないんですけど。せめて、強行採決当たり前の異常事態はなんとかして欲しい。
安価で借りられる住宅ができるだけ恒常的に安定して供給されるなら、あるいは、安全な食べ物が同様に供給されるなら、手元に入る収入はそんなにいらないのですけどね。そうじゃないのが現状だと認識しているものですから、ねぇ。



>村野瀬さん

TB送って下さったじゃばさんの考察に首肯できるだけに、楽観できませんよねぇ。
丸川氏は強行採決時の壁としても役に立たないし、飾り物程度じゃないでしょうか。何か効果が出る方がややこしいかな、と。

ところで、西村眞悟衆議院議員が述べてらっしゃいます。
ttp://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi
「民意が乗り移ったかのような顔をして総理大臣に、『辞任するかしないか』を尋ねる解説者・評論家が昨夜からマスコミに登場しているが、安倍総理の辞任しないという発言は極めて正しく当たり前だ。そもそも、参議院の選挙は、総理大臣が辞任するかどうかを決める選挙ではない。それを決める選挙は衆議院である。」
衆議院議員が述べてらっしゃいます(笑)。

一方、7/2の党首討論で安倍首相は以下の発言をなさったそうです。
(via. 「花・髪切と思考の浮游空間」http://blog.goo.ne.jp/longicorn/e/cfb75582bbf645864f9caaa7d967e877 )
「参議院選挙は、今までの実績と今後進めようとしている政策を国民に問い、わたしと小沢代表のどちらが総理大臣にふさわしいかを考えていただく選挙だ」

かなり笑えます。
[ 2007/07/31 18:29 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 1586

>miracleさん
>今回は年金とか税金とか閣僚の失言とかそんなことは置いといて、

…おいておけない気分なのですよ。失言も、あれでは多すぎです。本音がぽろっと漏れたんでしょうけど、そんな本音をもっているのかという点以上に、そういう口の軽い面々が日本を代表する立場で外国とも渡り合うのではねぇ。ああいう人達に、ああいう立場にいてもらうのはいかがなものかと。そして、ああいう人達の主導下で改憲論議というのは、危なっかしいと思うのです。

>タレント=政治の素人だから×というのも偏狭かなという気がします。(中略)通ってしまったあとの6年間を評価してから個々人に対し○×はつけていけばいいのではないかなと。

個々人の評価はご指摘の通りですが、人気とり見え見えで声をかける執行部の根性が気にくわない、ということで。今回批判しているマルカワ氏も、まかり間違っていい仕事をするかもしれませんけど、二枚舌だと思います。
[ 2007/07/31 18:42 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 1587

すみません。もう少し意見の一致するところを確認させてください。

>碧猫さん

>…おいておけない気分なのですよ。失言も、あれでは多すぎです。本音がぽろっと漏れたんでしょうけど、そんな本音をもっているのかという点以上に、そういう口の軽い面々が日本を代表する立場で外国とも渡り合うのではねぇ。

ああ、ええ。ごもっともであります。安倍内閣の閣僚の失言癖は容認できないレベルといわれてしまっては返す言葉もありません。

つまり、今回の選挙は憲法判断をガチにやるレベル以前のところで与党に失策が多かったよ。という見解なのでしょうか?
「どんなに憲法がよくなっても閣僚があのレベルじゃダメじゃん」とは私も思いますが。

>個々人の評価はご指摘の通りですが、人気とり見え見えで声をかける執行部の根性が気にくわない、ということで。

これは全体の傾向としては賛成できます。ただ、私は某頭の悪そうなことで有名なタレント候補の選挙の手伝いをバイトでしたことがありますが、「この人政治家にしたら優しい政治をしそうだなあ」と思ったこともあるので、なんとなく私が有名人候補について甘いだけなのかもしれません。
[ 2007/08/01 01:26 ] 8pseZ2BU[ 編集 ]

安倍政権と今の政府与党は民主主義未履修ですよ   No. 1588

うー、なんかいろいろ書かなきゃいけないのかな。(^^;

まず、今の安倍政権と大部分の自民党議員は民主主義や立憲主義の原理にもとづいた憲法論ができていないし、憲法を擁護、遵守するという感覚に乏しいと多くの例を観察して思います。もちろんマルタマも含めてです。そんなセンセーに6年間のお試し期間の間高い歳費を払うほど日本の財政は裕福だとは考えません。立候補前に民主主義と立憲主義と憲法を理解しているかどうかの試験を課すべきとすら思います。

それから、「年金とか税金とか閣僚の失言とかそんなこと」ですが、これらに関する政府与党の言動に民主主義をどれだけ尊重しているかまたは軽蔑しているかがはっきりとあらわれます。私の採点では今の政府与党はその点失格で、そんな連中が改憲だ自助努力だ言うな、の一言です。

じゃばさんの考察、私もうなづけます。日本のように民主主義が血肉化されていない国では完全比例代表制か中選挙区制をメインにするのが望ましいように思っております。とりあえず今回は最悪を回避したけど、いつ逆に転ぶかわからないし、ここから民主主義への道は長いというのが実感です。

マルカワシは、アベシの脇で泣き崩れていれば誰もアベシに近づけないというボディーガード役はできるでしょうか?(うっ、きつい)

西村眞悟衆議院議員の発言ですが、私は賛成しません。衆議院選挙は政権選択の選挙、参議院選挙は内閣信任の選挙、と言っていいんじゃないでしょうか。今回の民意は安倍政権完全不信任です。これだけの不信任を突きつけられて首相が交代しないというのは、まさに自民党の大部分(と西村眞悟)が民主主義を理解していないことの証明です。

とりあえずこんなところで今晩はいいですか、純碧天使美人お姉さま?

>miracleさん

こんにちわ。
ところで「とほほ=村野瀬玲奈」理論の立証は(以下略
[ 2007/08/01 01:36 ] 6fyJxoAE[ 編集 ]

miracleさんへの補足   No. 1589

miracleさんのこの↓言葉を借りて補足。純碧お姉さまをさしおいてすみません。

>今回の選挙は憲法判断をガチにやるレベル以前のところで与党に失策が多かったよ。という見解なのでしょうか?

私の感覚は強いて言えばそれに近いですが、(碧猫さんをさしおいて)私なりにもう少し正確に補足すると、今回は「失策」というよりも「基礎力不足」という言葉がふさわしいと思うし、そもそも憲法判断は対立の中でガチで(たとえば、議論は不十分だけど「51対49」で基本的人権の縮小を決定、とか)やるものではない、ということだと思っています。

世論が大きく割れている案件を「民主主義の原則を尊重して」審議し採決にかけるときにどれほどの注意が必要か、よく想像することを特に「いわゆる改憲派」の方々にお願いしたいと常々思っています。それを説明する一つの例がフランスでの1981年の死刑廃止です。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-85.html

あと、「某頭の悪そうなことで有名なタレント候補」が誰なのかわかりませんが、政治家について重要なのは、知能という意味での頭の良し悪しではなくて、民主主義に対する理解があって実践が伴っているかどうかだと思います。「この人政治家にしたら優しい政治をしそうだなあ」という印象がその人の民主主義に対する理解や実践からくるものであれば、その人は知能という意味で頭がよくなくても良い政治家になれるポテンシャルがあると言えるのではないでしょうか。
[ 2007/08/01 02:08 ] 6fyJxoAE[ 編集 ]

   No. 1595

おっと、少し真面目に考えて見ますか。

>村野瀬玲奈さん

>立候補前に民主主義と立憲主義と憲法を理解しているかどうかの試験を課すべきとすら思います。

いや、どのような思想、信条を持つ人間であれ、立候補することは構わないと思います。要は村野瀬さんの嫌う民主主義と立憲主義と憲法を理解していない人間を当選させなければいいだけの話で。

ですから、そのような試験があるとするならばそれを課されるのは我々有権者であるべきだと思います。もちろん、立候補者もその中からでてくるのですからね。

>それから、「年金とか税金とか閣僚の失言とかそんなこと」ですが、これらに関する政府与党の言動に民主主義をどれだけ尊重しているかまたは軽蔑しているかがはっきりとあらわれます。私の採点では今の政府与党はその点失格で、そんな連中が改憲だ自助努力だ言うな、の一言です。

まあ、これはおいらの希望だったので当然皆さんの希望とは異なるわけなのですが、片方に憲法を変えたいという人がいて、片方に変えたくない人がいるのであれば、当然もっと選挙の争点として常に前面に出てくるべきだと思うんですよねえ。
ただ、有権者の中にどの程度か知りませんが「改憲」を望む層がいるのは間違いなく、何かの折に白黒つけたいなと思うんです。

今回はそれ以前の所で勝負が決まった感じがあるので「負けた負けたうぇ~へっへっへ」ときれいさっぱり酒飲んで忘れるということが出来ないんですよねえ。
なんかオランダがファンホーイドングとファンニステルローイへの放り込みサッカーをはじめてアイルランドに負けたというようなもやもや感が残るのです。まあ、愚痴の類ですな。

>ところで「とほほ=村野瀬玲奈」理論の立証は(以下略

これは長くなるのと、ここのローカルルールに抵触する恐れがあるのでよそでやりましょうやw

>そもそも憲法判断は対立の中でガチで(たとえば、議論は不十分だけど「51対49」で基本的人権の縮小を決定、とか)やるものではない、ということだと思っています。

ここは大きく考えが違うなあ。「51対49」でも、51の主張を通すべきだと思っています。でなければ何も決められませんし、何よりもそれが議会運営のルールだと思います。まあ、51の側も49の側もお互いの正当性をアピールすることはいいと思いますが、決はどこかで取らなければいけなくて、決まったことには従うべきです。

>世論が大きく割れている案件を「民主主義の原則を尊重して」審議し採決にかけるときにどれほどの注意が必要か、よく想像することを特に「いわゆる改憲派」の方々にお願いしたいと常々思っています。それを説明する一つの例がフランスでの1981年の死刑廃止です。

拝読しました。なるほど。このような高潔な人々を我々は議会に送り込むべきだと思います。採決の瞬間に委員長の口を塞いだり、羽交い絞めにするような野蛮人ではなく。
今の議員にそれが出来ないのであればそれは結局有権者たる我々の責任ではないでしょうか。

また、死刑廃止のような自国内で完結する案件は予算と時間の許す限りいくらでも時間をかけてもいい(かけるべきではなく)と思いますが、憲法9条のように他国の安全保障に関わるようなことはいつまでも悠長に話が出来る性質のものではないと思います。

>あと、「某頭の悪そうなことで有名なタレント候補」が誰なのかわかりませんが、

あー、誰でも知ってる人。すげえいい人でしたよ。芸能人ってもっとえらそうなのかと思った。

>「この人政治家にしたら優しい政治をしそうだなあ」という印象がその人の民主主義に対する理解や実践からくるものであれば、その人は知能という意味で頭がよくなくても良い政治家になれるのではないでしょうか。

民主主義に対する理解とか実践って結局人間の良心からでてくるものだと思うんですよ。良心に従い責任を果たす人は自ずから必要なことをなすと思うのです。んで、その人には良心があった。

私は安倍ちゃんの良心をまあ、信じている。皆さんは信じていない。そこは埋めがたい対立点なのですが、ここでは対立点を表に出すことよりも、一致できる、共感できる点をたくさん探したいと思っているので、そこには触れないでおきます。
[ 2007/08/01 13:30 ] 8pseZ2BU[ 編集 ]

   No. 1597

>miracleさん

空き時間に書きやすいところからレスを入れていますので、後先になりつつ遅くなっておりまして申し訳ありません。


>今回の選挙は憲法判断をガチにやるレベル以前のところで与党に失策が多かったよ。という見解なのでしょうか?

私よりよっぽどきちんと村野瀬さんが(私が同意している意見を)書いてくださっていますが。。。内容的にはかぶっているでしょうけど、私の文章として。
現在の憲法を順守した上で、国民の基本的人権等を守るためにはどうにも不都合といった事情が発生しているなら、関連する情報を国民と広く共有してオープンに議論をして、「憲法判断」をすべきだと思います。
でも、現在、公的な立場にあって改憲をおっしゃる方達が、憲法を…特に第98条や第99条を…誠実に順守した上で、改憲を提案しているようには見えないのです。そして、共有すべき情報を広く共有するための努力を怠りながら、古くなったから変えようと言い出されたら、白眼でにらみたくもなります。


>某頭の悪そうなことで有名なタレント候補

私も、その方がどなたかは解りませんが、「頭の悪そうなことで有名」だからって必ず実際に頭が悪いとは限りませんし、その他は村野瀬さんに同意です。
以下、後から頂いた方のコメントへ;


> 民主主義と立憲主義と憲法を理解していない人間を当選させなければいいだけの話で。ですから、そのような試験があるとするならばそれを課されるのは我々有権者であるべきだと思います。

妥当なご指摘だと思います。ただ、民主主義と立憲主義に関し公教育できちんと学ぶ体制があることが前提であり、それを怠っていないか、教育改革によってさらに遠ざける公教育にしむけていないか、といった点に疑念をもっています。


>私は安倍ちゃんの良心をまあ、信じている。皆さんは信じていない。

少なくとも私は、安倍首相に良心がないとは思いません。多分、私人として「いい人」だとも思います。でも、公人として、一国の総理大臣としては良心があるだけでは足りないとも思います。少なくとも、彼は、おそらくは生まれ育ちに起因しているのでしょうけど、あまり広い視野をもっているわけではなく、それを補う想像力も十分におもちだとは見えません。だから、アメリカの出方を読み間違うし、登用する閣僚が後から後から失敗をやらかすのだと思います。ご本人にも荷が重すぎる職務なのではないでしょうか。
なお、これもまた後先になってしまいましたが、私の提示しているローカルルールを尊重してくださってありがとうございました。



>村野瀬さん

詳細なレスをありがとうございます。m(__)m


>立候補前に民主主義と立憲主義と憲法を理解しているかどうかの試験を課すべき

試験官が理解していない場合はどうしましょう(^^;


>民主主義への道は長いというのが実感です。

その点って「せっかくファシズムから解放してやったお手本のつもりだったのにアテがはずれた」アメリカさんもほぞを噛んでいることでしょうね。


>西村眞悟衆議院議員の発言ですが、私は賛成しません。

(笑)賛成なさる可能性があると思ってご紹介した訳じゃありませんよ。
そして、これだけの不信任を突きつけられても、総理大臣に居座る安倍氏が、ますます評価を下げていっていますね。
赤城さんも、ついに辞表提出で受理ですかぁ。安倍政権発足時には、なんか派手なキャッチフレーズが飛んでた気もしますが、ここまでずたぼろになるとは予想していませんでした。海外の報道も派手ですねぇ。

[ 2007/08/01 18:03 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

わからないので教えてください   No. 1614

せっかくの機会なので、もし碧猫お姉さまのお許しが得られるなら、miracleさんにわからないことをここでは二つほど尋ねたいのですが、答えてくれるでしょうか。「ネトウヨ」と自称する方の考え方の筋道を理解できずに苦労している私の理解を助けていただけるかなと思いまして。

一つ目。miracleさんの事例がすべての人に当てはまるわけではないので、miracleさんの事例だけをもとに、すべての人について「自助努力でなんとかすべき」と全結論を一般化するのはいかがなものかと思うけどどうでしょう、という疑問です。(税金は社会全体を支えるものであり、社会再配分機能がありますから、一般論として、miracleさんがその恩恵を受けるのは正当な権利であると考えます。その「恩恵」の中身については深入りしないので、一般論としておききします。)

二つ目はここについて。
>自分の生活をまかなう手段はいくらでもあるわけで、国に窮状を訴える前に働けよと厳しいですが思います。生活の基盤は国に面倒を見てもらうのではなく、自助努力でナントカするべきではないでしょうか?

ネトウヨのみなさんが反日とか鬼畜とか評する日本共産党は政党助成金を受け取っておらず、企業献金もなくまさに自助努力で政治資金を捻出しています。逆に、その他の政党、特にネトウヨと自称する方の支持しているらしい自民党は税金から政党交付金を得ており、企業献金も得ています。ネトウヨを自称する方の論理にもとづけば、政治活動の基盤を国にめんどうをみてもらっている自民党は最低の評価でなければならず、自助努力の共産党は最高の評価でなければならないのになぜか逆の評価になっています。こういう論理が私にはどうもわからないのです。障害を持ち、きびしい状況におかれている人に自分で働いて自助努力でナントカしろと言う人々がなぜ「政治資金は自分で働いて自助努力でナントカするべき」と自民党に言う思考を持たないのか。そこがわからないのです。

論理的でもなく理解もできないことには私は賛成できませんので、これを機会にmiracleさんに教えていただければと思います。今回はこれだけですがよろしくお願いいたします。

No.1595のコメントについてはまた機会を改めて。
[ 2007/08/02 02:38 ] 6fyJxoAE[ 編集 ]

どうぞ   No. 1619

>村野瀬さん

でもバトルはご勘弁下さいね(いちいち、すみません、念のため)。
それと、基本的に、私はあっち方面の情報収集に時間を使いたいので放置モードになりますこともご了承下さい。
[ 2007/08/02 12:11 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

マターリ行きましょう   No. 1623

>碧猫さん
>村野瀬玲奈さん

お付き合いくださりありがとうございます。
おいらもせっかくの機会なので、知りたい事や共感できる部分を多く探したいと思います。

>碧猫さん

>現在の憲法を順守した上で、国民の基本的人権等を守るためにはどうにも不都合といった事情が発生しているなら、関連する情報を国民と広く共有してオープンに議論をして、「憲法判断」をすべきだと思います。

オープンな議論が出来ていないのであるならば、むしろ我々のほうに問題があるのではないかなと思います。
我々は普段から「戦争狂」とか「特亜の手先」とかレッテル貼りにいそしんで、議論以前で対立している相手をシャットアウトしているのではないかなと。それは議員さんに対しても思うのですが、対立党の意見だからといって問答無用で反対反対言うだけでは何も変らないと思います。

そして、そのような議員を選出しているのは我々なのです。
村野瀬さんの言うとおり政治家が「民主主義に対して基礎力不足」であるならば我々が再履修をするべきでしょう。その上で普段からもっとオープンな議論が出来ればいいとは私も思います。

ただ、情報の共有をもっと出来ればいいとは私も思うのですが、これについては配られたカードの中で最善を選択するしかないんじゃないのかなと考えます。ここが足りていないからダメとか言うことは容易いですが、そうもいってられないケースも存在するのではないかと。

>ただ、民主主義と立憲主義に関し公教育できちんと学ぶ体制があることが前提であり、それを怠っていないか、教育改革によってさらに遠ざける公教育にしむけていないか、といった点に疑念をもっています。

そうですね。それについては異なる立ち位置から相互に指摘をすることによってもっとよい環境には出来ると思います。民主主義ってクロスチェックが大事だと思います。今の教育改革がどうこうだけではなく、これからもずっとよい方策を探っていくべきだと思います。

>少なくとも私は、安倍首相に良心がないとは思いません。多分、私人として「いい人」だとも思います。でも、公人として、一国の総理大臣としては良心があるだけでは足りないとも思います。

良心があるだけでは不足かもしれませんが、良心がないともっと大変なことになると思います。もちろんこの一年間に数多くの失策があり、今回の結果になったとは思っていますが、まだリカバリが効くものもあると思いますし、反省すべきところは反省していただいてこれからの国政に当っていただければと思うのです。

>村野瀬玲奈さん

>せっかくの機会なので、もし碧猫お姉さまのお許しが得られるなら、miracleさんにわからないことをここでは二つほど尋ねたいのですが、答えてくれるでしょうか。

いいですよ。但しこれはおいらの考えであって、一般的にどうよというのとは違う可能性は考えてください。

>miracleさんの事例がすべての人に当てはまるわけではないので、miracleさんの事例だけをもとに、すべての人について「自助努力でなんとかすべき」と全結論を一般化するのはいかがなものかと思うけどどうでしょう

もちろんそう思います。自助努力でどうにもならない例が存在するのは事実です。しかし、社会の恩恵を受ける側が「おら、オレは弱者だから恩恵をさっさとよこせ」とか言い出すのはどうでしょう。私はそれは醜いと思います。

私は自分が社会の配慮を受けているという自覚がありますし、そのことに感謝もしています。けれども私が自助努力で何とかしようとする考えがなかったら、きっと社会は私に配慮をするのを多少嫌がると思うのです。もちろん制度なのだから嫌かどうかというのは関係ないのですが。それでもねえ。

なので、やっぱり私は弱者といえどもなるべく自助努力で何とかする姿勢をみせるべきだと思います。

>障害を持ち、きびしい状況におかれている人に自分で働いて自助努力でナントカしろと言う人々がなぜ「政治資金は自分で働いて自助努力でナントカするべき」と自民党に言う思考を持たないのか。そこがわからないのです。

一言で言えば企業献金を受けるのは自助努力に含まれると思っています。もちろん、共産党の金に対するあり方は自助努力の最たるもので、私はそこには敬意を持っています。学生時代に赤旗の勧誘がうざくて閉口しましたが。

そもそも、企業が活動しやすいように社会環境を整えることは悪いことだとは思えません。民間企業を通じて資本の集中をおこない、企業の事業によって多くの人々にまた利益が分配されるわけです。

また、大企業と言えども大企業だけでその事業は完結できません。実際には大企業は数多くの中小企業との取引関係の上でその事業は成立しています。「景気がいいのは大企業だけ」という台詞はこの参議院選の間に多く耳にしましたが、実際には大企業が潤うことによって多くの中小企業もまた潤っていると思います。

ですから、企業が事業を行いやすいように法整備を行うことを謳い、その事を期待して企業が政党に献金を行うことはその政党の自助努力というべきではないでしょうか。

もちろん、贈収賄や横領などの法に触れる行為はしないという前提です。それらの行為は社会のルール違反で、厳しく罰せられるべきです。

また、外国や外国人の勢力からお金をもらうことも慎むべきでしょう。日本の政党は日本人のために第一に働くべきで、誤解をもたれるような行為は控えたほうがよいと思います。

答えになっていればよいのですが。
[ 2007/08/02 13:55 ] 8pseZ2BU[ 編集 ]

   No. 1641

>miracleさん
>オープンな議論が出来ていないのであるならば、むしろ我々のほうに問題があるのではないかなと思います。

えーっと。miracleさんからそういうご返答を頂いて、、、驚いていたら失礼に当たるのかなと思いつつも驚いています(すみません)。


>対立党の意見だからといって問答無用で反対反対言うだけでは何も変らないと思います。

そういう風に見えつつ反対を唱えている場合もあるかとは思いますが、例えば、教育基本法改訂の時のタウンミーティングなどに関しては、意図的に必要な情報を出さず、やらせで世論を誘導して、それじゃまともな議論ができてないじゃないかとの声を無視して、最後は強行採決にでたと認識しています。
まぁ、確かに、「そのような議員を選出しているのは我々」なのはご指摘の通りですから、、、困ったなと思って、あの政治家のこんな所が変と、ネットの片隅でつぶやいているわけです(^^;


>良心があるだけでは不足かもしれませんが、良心がないともっと大変なことになると思います。もちろんこの一年間に数多くの失策があり、今回の結果になったとは思っていますが、まだリカバリが効くものもあると思いますし、反省すべきところは反省していただいてこれからの国政に当っていただければと思うのです。

一旦出直すという選択肢もありじゃないかと思うのですよね。エンドポイントを的確にはかるのも、指導的な立場には必要な事じゃないかとは思います。
[ 2007/08/03 20:08 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 1683

>碧猫さん

あれー、びっくりされちゃったよw

つーのは冗談ですがまあ実際のところそうであったかもしれないのですが、極力自分ではそうならないよう気をつけていますし、また、うちの常連さんもおいらがそういうことをはじめたら、馬鹿のおいらに分かりやすく止めてくれる方々がそろっていると思うのです。

そういう意味で、このような対話のチャンネルはなるべくあったほうがよいと思います。協力することは出来なくとも、理解は出来るんじゃないかなと。

んで、出来ればこちらの側も理解して欲しいし、そのための情報は提供しますよということです。

>まぁ、確かに、「そのような議員を選出しているのは我々」なのはご指摘の通りですから、、、困ったなと思って、あの政治家のこんな所が変と、ネットの片隅でつぶやいているわけです(^^;

ま、そうですね。「馬鹿を選んでいるのは自分達」と言う認識は常々必要だと思っています。馬鹿を選ぶのが嫌なら自分で立候補すればいいだけなのですから。
んでも私や碧猫さんのような忙しい人間は与えられた選択肢の中で最善を、また、選択肢がよりよくなるような努力をしなければいけないなと思うのです。

>一旦出直すという選択肢もありじゃないかと思うのですよね。エンドポイントを的確にはかるのも、指導的な立場には必要な事じゃないかとは思います。

正直、今回の参院選の結果は「退陣やむなしか」とも思いました。ただ、ここで退陣すると北朝鮮が喜ぶと思うと嫌だなと思うので、続投するなら頑張って欲しいと思いました。
正直安倍政権には拉致被害者の全員救出以外考えてもらいたくありません。逆にいえばそれさえやっていただければ、消費税が30%になろうが、年金がもらえなかろうが、どうでもいいとさえ思っています。
[ 2007/08/07 01:15 ] 8pseZ2BU[ 編集 ]

   No. 1698

>miracleさん

>出来ればこちらの側も理解して欲しいし、そのための情報は提供しますよということです。

miracleさんが代表してそちら側の考えの筋道を説明していただけるのであればそれはありがたいことです。理解できるかどうかは聞いてから申しますけど...。

>ここで退陣すると北朝鮮が喜ぶと思うと嫌だなと思うので、続投するなら頑張って欲しいと思いました。

安倍は六カ国協議でもどこからも相手にされていないようだというのが報道されることを見た私の感想です。本当のタフネゴシエーターが出てくるよりは安倍が退陣しない方が楽だと金正日に思われているようにも思いますが、どうなんでしょう。理解できる説明、お待ちしております。
[ 2007/08/07 22:53 ] 6fyJxoAE[ 編集 ]

   No. 1713

>miracleさん
>正直安倍政権には拉致被害者の全員救出以外考えてもらいたくありません。逆にいえばそれさえやっていただければ、消費税が30%になろうが、年金がもらえなかろうが、どうでもいいとさえ思っています。

拉致被害者の方の救出は大切なことですが、政権担当者がそれだけしか視野に入れないのでは、プロとして政治にあたるものとしての能力を問われるべきだと思いますけど。。。
[ 2007/08/08 17:04 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 1732

>村野瀬玲奈さん

代表するなどおこがましいですが、まあ自分の考えはきちんと話しますよということです。
納得される、されないは仕方のない部分ではありますね。

>本当のタフネゴシエーターが出てくるよりは安倍が退陣しない方が楽だと金正日に思われているようにも思いますが、どうなんでしょう。

正直拉致事件の解決って交渉じゃ無理ですよ。必要なのは平壌近郊に自衛隊を一個師団ばかし展開させて北朝鮮の政権崩壊を促すしかないと思っています。なので6カ国協議っておいらのような対北強硬派(と、めんどくさいから括ってしまおう)にはあまり意味を見出せないんですよ。

>碧猫さん

>政権担当者がそれだけしか視野に入れないのでは、プロとして政治にあたるものとしての能力を問われるべきだと思いますけど。。。

そこは優先順位の問題で、おいらはこう考えてるという話なので。まあ、自分がマルチタスク出来ないから人にも求めにくいという事情はあります。
他方碧猫さんのように「いや、他の事も大事だよ」という人がいて議論したり投票したりでなるべく多くの人が幸せになれる方策を短時間で見つけ出していくのが、民主主義のあるべき姿だと思いますよ。だから、異論は当然あるでしょうね。

話し合うベースと信頼関係を構築していかなければと思うのですよ。
[ 2007/08/09 13:04 ] 8pseZ2BU[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/213-082fee72


とくらさん、ありがとう

とうとう、参院選も終わってしまいましたね。 自民惨敗でも、私にとってはめでたさも中ぐらい、ではなく1/3ぐらいでしょうか。 なぜって、一つは応援していたとくらさんが落ちたこと、 もう一つは、改憲を主張する候補者
[2007/07/30 15:51] URL とむ丸の夢

参院選のニュース:世界編

集めてみました、気になる見出し。 日本の総理大臣は「やめまっしぇん!」 Japanese PM ’will not stand down’ (BBC News - July 30, 2007) http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/6921730.stm 歴史的退廃大敗の安倍首相、辞任問題でも汲々 Abe battles resign
[2007/07/30 17:37] URL Stiffmuscleの日記

「基本路線については多くの国民のみなさまに理解していただいている」だとさ!┐('~`;)┌

首相、改憲実現に固執 「基本路線、国民は理解」(asahi.com)と言うニュースを引用するまでもなく、昨夜の安倍晋三の記者会見には大笑いしちゃいました。はぁ?なに言っちゃってんの?理解なんか誰もしてねぇーーよ。独りよがり、オナニーショーなんか見た...
[2007/07/30 23:32] URL ザ・のじじズム

まるたまちゃん

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)村野瀬玲奈(ニュースキャスター): 2007年、テレビで言われていることを全部信じていらっしゃる視聴者のみなさん、こんばんは。今晩は、自公政権にへの逆風
[2007/07/31 01:40] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

「革新」系浮動層、共産、社民の大連立 

民主党が勝ったのは、自民党のここまでの失言などのミスと、自分の支持層を痛めつける改革をみれば当然のかと思うけど、選挙結果は留保のある好結果となりました。テレビを見てたら、田原だっけ、「先進国で二大政党は当たり前」みたいなことをいっていた。ヨーロッパの国は
[2007/07/31 01:42] URL みんななかよく

血に飢えた日本人?

参議院選挙はご存知の通りの結果になり、もちろん、自民惨敗は歓迎すべきことには違いないのですが、どこか心から喜べないものを感じている。
[2007/07/31 09:15] URL HERIKUTSUなる日々(by jabberwock)

8月7日~10日の臨時国会に向けて、常任委員会の委員長を護憲派議員にとらせるように参議院民主党に各自はたらきかけてみませんか

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)自民党の矢野哲朗参院国会対策委員長と民主党の郡司彰参院国対委員長が7月30日、国会内で会談し、参院正副議長人事などのための臨時国会を8月7日召集とすることで合意し
[2007/08/01 09:17] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

自軍の壊滅を前にして「ぼくがわるいんじゃない。兵隊がわるいんだ」とつぶやく『最高司令官』

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)普通の民主主義国では、選挙に負けた与党(大敗すればなおさら)のリーダーは潔くその座を退くものです...が。まずは民主主義について復習です。とむ丸の夢
[2007/08/03 00:47] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。