スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「慰安婦」問題関連、いくつか 

7/10付けで、アメリカ下院の「慰安婦」非難決議の共同提案者は153名に達しました(参考、こことか、ここ)。
…歴史議連の働きかけ関係の話題がどうなっているのか、気になりますが拾えません。

一方、7/8付けの京都新聞で「『慰安婦は軍用船で戦場に』中京戦争の真実語る集い」という報道がありました。
7/7に、京都で「従軍慰安婦問題を考える『戦争の真実を語る講演の集い』」が開催され、1942年に陸軍通訳としてシンガポールにいた89歳の男性が、「隊長の命令で朝鮮から来た慰安婦に日本語を教えていたら、『シンガポールの日本軍の食堂の給仕として連れられてきた。軍の船に乗せられ、着いたら慰安婦をやれと言われた』と打ち明けられた」と証言し、「強制連行だったり、だまされたり、いろいろな形の慰安婦がいた。いずれにしても、戦場には軍用船で連れてきた。日本軍が関与していないとは言わせない」と語ったとのこと。また、神戸女学院大でゼミ研究として「慰安婦問題』に取り組んでいる学生さんが「元従軍慰安婦が生活する韓国の『ナヌムの家』」を訪ねた時の様子を報告し、「わたしたち若者が慰安婦問題に向き合わないと、今も被害を受けた女性を苦しめている日本の政治は変わらない」と訴えたとのこと。

この学生さんたちの活動は、7/9の朝日でも「従軍慰安婦問題を学び発信する女子学生たちの活動が本に」として報道されています。
_____________引用開始
 女子学生たちが従軍慰安婦問題について、ゼミで学び、韓国に足を運んで交流した体験を講演会で話し続けている。周囲から「就職に不利になる」と言われたこともある。でも、被害者のハルモニ(おばあさん)に会って「彼女が負った傷は消えていない。過去の話ではない」と思った。(中略)
 「自分たちと同じ年頃の女性がどんな目にあわされたのかを想像し、ショックで倒れた人もいました」(中略)
 テーマは戦争の真実。「政治に興味がない私でも、何でこんなひどいことをされないといけないのかと。ひどい、悲しい、許せないと思うようになった」。約1時間、約100人を前にゼミで学んだことや、韓国での見聞を話した。(中略)
 併設された日本軍慰安婦歴史館には軍が配給した避妊具や、女性が体を洗った金だらいが展示されていた。再現された狭くて暗い部屋に2~3人ずつで入り、部屋を出た所でショックのあまり倒れた学生もいた。(中略)

 15歳で連行されたというハルモニの話を聴いた。毎日続いた暴行。ハルモニは日本政府に謝罪を求めながらも、「日韓の若い世代は仲良くしてほしい」と訴えた。

 ナヌムの家にある宿泊施設に泊まった。Uさん(21)(引用者注;当ブログ内では個人名は伏せます)は「日本の過去を責められるんじゃないか」と不安だったが、韓国を去る前日、ハルモニの一人が笑顔で握手を求めてきた。しわだらけの小さな手は力強かった。帰りのバスで、韓国訪問を単なる思い出にしないために何ができるか話し合った。(中略)

 この春、Tさん(22)は大手金融機関の面接を受けた。面接官から「ゼミで勉強した内容と、安倍首相の考えは違うが」と問われた。自分が学び、体験した考えに揺らぎはないと伝えて内定を得た。誠実に聞いてくれた面接官の態度が何よりうれしかった。

 慰安婦問題が米議会で取り上げられて米国で「申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と述べた安倍首相に、Tさんは違和感を覚えた。「米国の国会議員ではなく、あのおばあちゃんたちに謝るべきなのに」

 学生たちの活動ぶりをまとめた本は「『慰安婦』と心はひとつ 女子大生はたたかう」(かもがわ出版)。6月中旬に出版された。
_____________引用終了

なお、この報道で紹介の書籍は、山木さんがすでにご紹介でした。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/07/11 18:38 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(8)

あした   No. 1347

米下院外交委員会への要望書送付と米大使館提出についてご周知のとおり、2007年6月26日、米下院外交委員会は、慰安婦問題に関する対日非難決議案を可決しました。この決議案は、誤った歴史認識と悪質な政治的意図のもとに、我が国の首相に対して公式謝罪を要求するものであり、誇りと名誉を重んじる日本人として、到底承服しがたい決議です。
そこで、私たちはアメリカ大使館とアメリカ下院の全議員に対して、抗議と歴史的事実の再検証と決議撤回を要求する文書を送付することにいたしました。

米下院外交委員会への抗議書

短期間ではありますが、多くの国会議員、地方議員、日本を代表する文化人・ジャーナリストからの賛同を得られました。
現在(平成19年7月10日)の時点の数字です。

国会議員 12人
地方自治体首長 2人
地方議員  128人
文化人・ジャーナリスト 75人

賛同文化人・国会議員・首長一覧(平成19年7月10日現在)
地方議員賛同者一覧(平成19年7月10日現在)

さらに、平成19年7月13日(金)に、在日米国大使館に要望書を提出後、記者会見を行います。

(記者会見詳細)
日時:平成19年7月13日(金) 15時~16時
場所:虎ノ門パストラルホテル 新館4F「アイリスガーデン」
http://www.pastoral.or.jp/access/index.php
出席:文化人代表、地方議員代表、国会議員代表(予定)

なお、この記者会見の模様はチャンネル桜でも放送いたします。

                 平成19年7月吉日

   映画「南京の真実」製作委員会代表  水島 総
              (日本文化チャンネル桜)
            杉並区議会議員  松浦芳子
      誇りある日本をつくる会会長  田形竹尾

[ 2007/07/12 17:05 ] -[ 編集 ]

とりいそぎ   No. 1348

>やれやれ様

情報提供ありがとうございます。
おかげさまで、抗議文もみつけました。
[ 2007/07/12 17:38 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

待ちに待った、とどめの自爆!   No. 1377

やった~っ♪
これで、米下院での「121」への賛同者はさらに増えるでしょう。
決議案は本会議での通過も確定だ!
[ 2007/07/14 01:22 ] -[ 編集 ]

まだでしょう   No. 1382

もう一件、歴史議連が同会で検証した事実でもって反論声明を準備しているはずですよ。
いや、ホント、自爆がお好きな方々で。
[ 2007/07/14 12:29 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

無題   No. 1406

碧猫さま
No.1347 に Ch桜HPのコピペだけをブン投げてしまい、失礼しました。乱暴な投稿で、上品なこのブログを汚してしまったような気もします。
No.1347は、別のスレッドで碧猫さんが改めて内容を紹介なさっているので、もう削除するなり、碧猫さんの独断で短縮編集されるなりしてくださって結構です。
その場合は今のこのコメントも削除したほうが、すっきりするでしょう。おまかせします。
[ 2007/07/17 12:10 ] -[ 編集 ]

非常に感謝しています   No. 1408

>やれやれさま

「チラシの裏」を明記しているへたれブログですので、お上品に運営などしておりません(苦笑)。情報を頂けたことに大変感謝しています。
FCの仕様だと、ブログ主にできる事は削除になってしまうため、もったいなく思いますのでそのままにさせていただいてよろしいでしょうか。あえて削除をご要望でしたらお知らせ下さい。
なお、コメント入力時にパスワードを入れていただきますと、コメント提供者様ご自身で後からコメントの編集ができます。

…また何か情報を頂けることができましたら是非ともお願いしたい次第です。今後ともどうぞよろしくお願いします。
[ 2007/07/17 12:53 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ありがとうございます   No. 1410

碧猫さま
No.1347 も含めてブログ内の貴重なスペースを無駄に大きく使ってしまっていることを反省しております。
ここの仕様やパスワード機能なども知りませんでした。
これから気をつけます。
先の投稿の扱いについては碧猫さんにおまかせします。
[ 2007/07/17 13:25 ] -[ 編集 ]

残させてくださいね   No. 1411

ご了承下さいませ。
[ 2007/07/17 20:24 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/195-41e938d3


「女性は男性の未来」 (ルイ・アラゴン)

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)ルイ・アラゴンはフランスの作家、詩人(1897-1982)。「女性は男性の未来である」という、フランスでは有名な彼の言葉があります。[...] dans un m
[2007/07/12 01:34] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。